刑事物語のシネマレビュー、評価、クチコミ、感想です。

Menu
 > 作品
 > ケ行
 > 刑事物語
 > (レビュー・クチコミ)

刑事物語

[ケイジモノガタリ]
1982年【日】 上映時間:112分
平均点:6.62 / 10(Review 39人) (点数分布表示)
アクションドラマコメディカンフーシリーズもの刑事もの
新規登録(不明)【シネマレビュー管理人】さん
タイトル情報更新(2018-05-28)【イニシャルK】さん
Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索
Twitterにて検索
ブログに映画情報を貼り付け
監督渡邊祐介
助監督杉村六郎(監督補)
キャスト武田鉄矢(男優)片山元
田中邦衛(男優)村上努
樹木希林(女優)矢代スミ
三上真一郎(男優)田沢
岡本富士太(男優)沢木刑事
梅津栄(男優)田中補導係
仲谷昇(男優)九鬼刑事課長
小林昭二(男優)藤堂係長
草薙幸二郎(男優)秋吉一人
河原さぶ(男優)三木本伸吉(クレジット「河原裕昌」)
初井言栄(女優)管理人
室井滋(女優)スナックの女
花沢徳衛(男優)工藤卓
西田敏行(男優)種井
高倉健(男優)三上刑事(ノンクレジット)
原作武田鉄矢(ペンネーム「片山蒼」)
脚本武田鉄矢
渡邊祐介
音楽吉田拓郎
武田鉄矢
中牟田俊男
千葉和臣
作詞吉田拓郎「唇をかみしめて」
武田鉄矢「陽射しに灼かれて」/「駅におりたら」
作曲吉田拓郎「唇をかみしめて」
主題歌吉田拓郎「唇をかみしめて」
海援隊「駅におりたら」
挿入曲海援隊「陽射しに灼かれて」
撮影矢田行男
製作黒井和男
配給東宝
編集小川信夫
照明大西美津男
高屋齋
豊見山明長
あらすじ
博多。組織売春のガサ入れが失敗し、刑事の片山元(武田鉄矢)は、沼津署へ転属させられてしまう。知り合った聾唖のトルコ嬢・久子の身柄を引き受け、彼は一緒に静岡へ。鈍臭そうな外見、優しい性格とは裏腹に、片山は蟷螂拳の使い手だった。沼津署の威信を回復するため、彼は女性連続殺人の捜査に参加するが……。主演の武田鉄矢が、片山蒼名義で原作・脚本も担当。シリーズ第一作。
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)

【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
12
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
39.《ネタバレ》 懐かしい面々、武田鉄矢さんのプロモーション作品的な先入観がありましたが、脇を支える方々が豪華でもうそれだけでも満足でした。
トルコ風呂だなんて、そういえばそんな言葉もあったものよと思い返したり、沼津のまちはこんな雰囲気だったのかと思いを馳せたり。
高倉健さんの登場には思わずニヤリとさせられました。
もちろん製作当時は懐古的なものであろうはずもなく、エンタテインメント作品としてつくられたことは当然で、実際おもしろかったです。
風俗や障害者についても考えさせられましたしね。
久子役の女優さんも美しかったし、田中邦衛さんのネタバレも演技力がもたらす説得力で作品を大いに盛り上げてくれました。
なんだかうれしくなりました。
やはり自分が生きた40年前の映画とそうでない作品とでは、思い入れみたいなものが違いますね。
映画関係者のお仕事って、うらやましいなと思いました。
ろにまささん [CS・衛星(邦画)] 7点(2021-05-07 08:02:05)
38.楽しめたけど次回作からはもう観ないかな。聾唖の娼婦役の彼女、これ1本で引退されちゃった様ですね、勿体無い逸材だなぁ。
movie海馬さん [CS・衛星(邦画)] 5点(2016-05-17 01:54:37)
37.おもしろい、と思い込んでいたのか、もひとつだった。
よくこの平成の世の中で深夜とはいえテレビ放送したな。
もっとアクションがあるのかと思ったけど、それはたぶんシリーズのもっと後のことなんだな。
役者がえらく豪華な割に、もうひとつ盛り上がりに欠けて、
ストーリーもすっと入ってこなかった。
Skycrawlerさん [地上波(邦画)] 6点(2016-01-10 02:33:51)
36.《ネタバレ》 シリーズ第1作、ハンガーヌンチャク誕生秘話(という程でもないけど)が描かれてます。そう、この武器はたまたま敵の商売道具としてそこにあったもの。これがもし、敵の商売がほかのもの、例えば・・・すみません、面白いコト何も思いつきませんでした。
それはともかく、ユーモアあり、アクションあり、涙ありの、娯楽作品、にしては少々モッチャリしたところもありますが。それでもこの作品、物事の「微妙な境界」という事に関しては、よく押さえています。例えば、“個室付き特殊浴場”を取り上げることで、性的な要素を描いておりますけれども、不幸にも風俗産業に身売りされ不本意に働かされているヒロインを描く一方で、必ずしも不幸一点張りでもない(むしろある種の自信すら感じさせる)ヒメコさんという風俗嬢も登場させてみたり。片山刑事が女子高生に説教とも懇願ともつかぬ語りかけを行うのも、倫理というべきなのか、それとも単なる願望というべきなのか。ヒロインに喫茶店の仕事を進める際、片山は、(風俗店と違って)キチンとした真面目な仕事、と言うのだけど、風俗が不真面目であるかのような言い方の一方で、風俗に救いを求める片山の姿もあったり。しかし、必要悪として風俗産業を全面的に認めてしまえば、その先にはやっぱり様々な不幸が生まれるだろう、ってのが今回の事件でもある訳ですね。
世の中、そういう線引きの難しさってのがあり、ときにはその境界において矛盾とも向き合わねばならないこと。本作では、もうひとつ大きな問題が取り上げられていて、障がい者であるヒロインと、彼女を思いやる片山刑事とが、描かれるのですが、相手を思いやる気持ち、支えてあげたい気持ちというものが、どこまで相手を尊重することでありえるのか。これについては、ラストの片山の、一抹の悲しみを湛えた祝福と反省の言葉によって、作品のもうひとつのテーマであったことに気づかされます。いい映画です。
鱗歌さん [CS・衛星(邦画)] 7点(2015-12-26 16:13:41)
35.刑事モノとしては話がつまらないし、人情モノとしても奥深さがないし、武田鉄也には魅力がないし、すべてが中途半端であり、これでは寅さんには勝てないな。説教くさくて笑いが足りないし人間ドラマにもなってない。よくシリーズ化できたと思う。トルコ風呂を平気でTV放映したという時代の変遷と高倉健の出演のみに加点。
東京50km圏道路地図さん [CS・衛星(邦画)] 3点(2015-12-18 11:01:33)
34.しっかりとしたアクションもできるし、役者として新しい境地を開拓した感のある映画。久子がとても可愛らしかったのが一番印象的。
nojiさん [映画館(邦画)] 6点(2015-10-18 22:27:00)
33.《ネタバレ》 高倉健までゲスト出演するような豪華なキャストに比べると、内容はややドロドロとしていて娯楽作品としてはちょっとイマイチですかね・・・・。
TMさん [DVD(邦画)] 6点(2014-01-26 21:58:46)
32.《ネタバレ》 鬱陶しい位(褒めてます、勿論)位にベタな武田鉄也を満喫出来る作品。
今見ると放送禁止用語/描写のオンパレードなので、残念ながらTV放送は出来ないと聞いた事が有る。物語自体は直球勝負の良い話しなので残念な事。
金八先生を観て感動した事のある人なら、DVDを借りて観ても損はしません。
たくわんさん [地上波(邦画)] 7点(2013-05-16 10:44:56)
31.《ネタバレ》  ひっさしぶりに観たわ。
 当時、東宝は、寅さんに対抗するシリーズにするつもりだったと何かで読んだが、こちらは犯罪事件が基本で全体的にちょっと暗めなためか、長く続かなくて残念なことだった。
 モテない割に女にはめっぽう優しい、蟷螂拳の達人刑事の物語。いいキャラクタだったんだけどなあ。
 こんないい人の力の源が、「憎むこと」なのは考えてみると意外だが、その台詞を言う前の段階で、この人は相手を憎んでいる、と分かっちゃう武田鉄矢の芝居に驚かされる。この、女に優しく毎回誰かを愛してはフラれ、を繰り返している刑事と、力を発揮するときには相手を憎む、と言う部分の関係についてのドラマをもっと観たかった。

 ところで、ラストに流れる主題歌「唇をかみしめて」は、ホントにいい曲だ。スナックのカラオケでたまに歌うと、大抵のおじさん達が褒めてくれる。歌唱ではなく、歌の内容を。
Tolbieさん [DVD(邦画)] 7点(2012-10-14 15:13:30)(良:1票)
30.途中から金八先生化するところは愛嬌か。福岡出身の自分には懐かしく感じられ楽しめた。トルコの描写も楽しい。いきなりの健さんには驚いた。それにしても立派なハンガー。
reitengoさん [DVD(邦画)] 5点(2012-10-11 18:14:27)
29.《ネタバレ》 ストーリーがざっくりし過ぎ。恋愛部分も事件部分も中途半端で物語の描き方が浅すぎて、印象に残らない。見終わって、いったい何の事件の捜査だったのか、はっきり頭に残らなかった。武田鉄矢のカンフーとかは良かったが、なんで強いのかの説明が欲しかった気が。あと、主人公のキャラと言う点では微妙だった。やさしいのかと思えば、かなり厳しいやつで、堅物な印象もあるし、いろんな意味で暴走気味な感じも。結果的には仕事してる間に別の男に好きな人を奪われた形になってしまった主人公がやや気の毒ではあった。ただ、邦衛さんが悪いやつでなくって良かったが。この作品で一番印象に残ったのは、今では使われなくなったトルコ風呂と言う言葉だったかもしれない。まぁ、内容はそんなもんだったと言うこと。
スワローマンさん [DVD(邦画)] 3点(2012-01-21 22:33:06)
28.序盤は主人公の描写が丁寧に描かれていて、いい印象を持てたんだけど、
金八先生のようなシーンが出てきてからは、彼のキャラが妙にくどくて暑苦しくなった。
思い込みが激しい猪突猛進型の人間は、現実の世界でも苦手なんで。
物語の核となる事件に関してはかなり浅薄で、TVの刑事ものの1エピソードと同じようなもの。
キャラで見せるタイプの映画なので、この主人公に好感を持てれば楽しめるんじゃないかと。
蟷螂拳の使い手という設定は面白かった。
MAHITOさん [DVD(邦画)] 3点(2011-08-16 07:14:16)
27.《ネタバレ》 こら鉄矢!なんばしよっとかいな そげん沼津とか青森とか遠かとこまで行かんでよかけん さっさと博多に帰ってこんね 雑餉隈に帰ってこい。 好きな人ば邦衛さんに獲られちまったとね なんしよっとかいな てれ~っとしてから。まあ仕方がないたい またこっち帰ってきてからでもよかおなごば探せばいいたい こっちにだってよかおなごはちかっぱおるっちゃけんが。なんとかなるやろ 中州とか親不孝とかほうつけば。 でもさ、あんたくさ、まさか顔で選ぶよとか言わんめーもん あんたひと様のこと あげんやけんとかこげんやけんとか文句ば言える顔じゃないっちゃけんさ そのへんちゃんと分かっとっちゃろーもん いい歳こいてさ、ハンガー持ってあちょーとか こちょーとかやっとる場合ぢゃなかっちゃけんさ ほんなこつとよ  でもさ、いいたい 許しちゃるたい ちぃとは面白かったから。2でも3でも頑張りぃ また見てやってもいいけんさ
3737さん [CS・衛星(邦画)] 7点(2011-05-18 21:18:53)
26.《ネタバレ》 知ってはいたけどあいまいだった刑事物語 今回改めてビデオ購入し改めてマジメに鑑賞致しました  武田鉄矢といえば、どうしても金八先生を思い出してしまう(たぶんそういう人多いと思う)ワタシ的に こんなアクションが出来る人とはすごく意外 不器用ながら人情味あふれる片山刑事 いやぁ~いいじゃないですか(当然ながら自然な博多弁がこれまたいい!) 優しい語り口と怒りのシーンのテンションの高低差がすごい なぜハンガーかも分かったし 全体的に面白い まぁ強いて言えば 蟷螂拳+ハンガーヌンチャクのシーンが暗めでもうちょっとはっきりみたかったかな ストーリーの荒さはちと気になるけどいいシーンが多くて(ラストの歌もいいねぇ)記憶に残る作品です でもしかし健さんあれだけ?(笑) ある意味なんとも豪快な映画でアリマシタ
Kanameさん [ビデオ(邦画)] 7点(2010-12-03 08:34:53)(良:1票)
25.《ネタバレ》 武田鉄矢って、こうなんて言えば良いのか?どこから見ても冴えない男の哀愁が漂わせていて、改めて良い役者であることが解る。男は顔じゃないぜ!いくら顔が良かろうが、女たらしで二枚目気取りな男よりもこの武田鉄矢の片山刑事のように三枚目でも、人情に厚く、まるでどこか男はつらいよの寅さんに通じるものこそが男であると言いたくなるほど、格好良い。あの売春で歩道される少女への土下座、あれなんか女の人から見れば、バカじゃないの!てなるかもしれないけど、男からしたらあれが男の哀しさであり、刹那さであって、男の男にしか理解出来ないであろうバカ正直さがたまらなく好きだし、泣かせるではないか!マドンナ的存在の女性が出てくる辺りも寅さん映画のようです。それにしてもこのシリーズ、初めて見たけど、ここまで男らしくて格好良い武田鉄矢を私は初めて見たような気がする。そういう意味でもこれは武田鉄矢というこの俳優の良さを知る上で最高のシリーズの始まりであるように思う。武田鉄矢以外の俳優にしても西田敏行、田中邦衛に高倉健って、おう!なんて贅沢なキャスティング!色んな意味で正にこれぞ邦画の楽しさがつまった愛すべきシリーズ第1作!果たして傑作か?と言われるとけして、傑作であるとは思えないものの、こういう三枚目でバカ正直な熱い男が主人公の作品は私は好きである。これを機会にこのシリーズの残りの作品も全部観たくなってきた。最後にもう少しだけ言わせてくれ!世の女性達に!「男は顔じゃない」「性格である」
青観さん [DVD(邦画)] 8点(2010-04-14 21:44:53)(良:1票)
24.今、観ると。ベタで、古く、話も無理があるけど。懐かしさ込みでまぁ楽しめます。
武田鉄也の抑え気味の演技にも好感が持てるし、主演の女優さんも頑張ってます。夜汽車での移動なんて、風情があっていいなぁ、映画の中で使うと移動している感じと時間や心境の変化が実感しやすいな、最近の映画ではあまり見ない光景。
展開にツッコミ所は多いが、やさしく見守りたい映画です。
カーヴさん [DVD(邦画)] 5点(2010-04-01 10:04:21)
23.《ネタバレ》 ワタシ、武田鉄矢さんのファンなんですが、アンチ鉄矢派の方の気持ちが、この映画を見てようやく分かりました。売春女子高生への涙の土下座、夜汽車の中の独白。オブラートに包まないメッセージが、そのまま観客に向かってきます。高倉健さんのシーンのみの評価で2点献上。
なたねさん [DVD(邦画)] 2点(2009-11-27 23:50:39)
22.《ネタバレ》 シリーズ第1作。このシリーズは中学の頃によくテレビで見ていてかなり好きだった(今でも武田鉄矢といえば片山刑事のイメージが個人的には強い。)が、なぜかこの1作目だけは全く放送されず見る機会がなかった。それを今回、DVDにてようやく見ることが出来た。約13年ぶりの片山刑事との「再会」だったが、武田鉄矢演じる片山のキャラクターやハンガーアクションはとても懐かしかったし、基本的にシリアスなストーリーながら高倉健ファンの女刑事を演じる樹木希林や、西田敏行とのやりとりなどこの1作目から笑える部分もあり、それでいて、片山とヒロインである聾唖の女性との恋愛エピソードは切なく感動的で、この部分の武田鉄矢の熱演もそうだが、ヒロインを演じる有賀久代の演技が素晴らしく、彼女の演技がこの映画に深みを与えているのだと思う。片山が彼女から田中邦衛扮する恋人を紹介されるラストシーンが特に感動的で片山の涙いっぱいの笑顔が最高に切なく、本当にいいシーンで、以前このシリーズは「男はつらいよ」シリーズを参考にしていると聞いたことがあったが、このラストシーンはまさしく「男はつらいよ」を思わせているし、榊原るみ扮するマドンナが知的障害者という設定だった「男はつらいよ 奮闘篇」で養護教諭を演じていた田中邦衛を起用しているあたりにも「男はつらいよ」シリーズの影響が見られ、やっぱり相当意識して作っているのがよく分かる。全体的に見て映画の完成度自体はそれほど高くないと思うものの、じゅうぶんな佳作といえる映画になっていてとても面白かった。(主題歌の「唇をかみしめて」もやはり名曲。)続編も見直したいが、どうやら本作しかDVDが出ていないのが残念。ぜひ、続編4本もDVD化を願うところだ。
イニシャルKさん [DVD(邦画)] 8点(2009-10-22 15:18:39)(良:3票)
21.《ネタバレ》 祝DVD化!
鉄矢のなんちゃってカンフーはそれなりに楽しく、シリアスな鉄矢のせいで一人お笑い担当として活躍する樹木希林は可笑しい。
しかし、いかにも低予算って感じで刑事物なので、派手な銃撃戦やカーチェイス、ましてや爆発なんて全然ないし、ハラハラドキドキするようなところもない。ストーリーは全然面白くない。
しかしラストの素晴らしさと言ったら、もう!
強く優しいのに、報われない。切ない笑顔が素敵な片山さんを誰が嫌いになれるだろうか。いくらショボいからといってこの映画を嫌いになどなれないのだ。
主題歌の「唇をかみしめて」が良いっ!
高倉健より武田鉄矢のがカッコ良いと思うぞ。(この映画では)
すべからさん [DVD(邦画)] 7点(2009-10-21 15:06:54)(良:2票)
20.今作はトルコ風呂の関係などで、テレビ放送が極端に少なかったらしいので初めて観ました。武田鉄矢の男気溢れる演技も良いが、ヒロインの演技もとても素晴らしく、心を打たれました。続編もぜひDVD化されてほしいです。
真尋さん [DVD(邦画)] 9点(2009-10-17 00:02:43)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
12
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 39人
平均点数 6.62点
000.00%
100.00%
212.56%
337.69%
400.00%
537.69%
6717.95%
71538.46%
8615.38%
937.69%
1012.56%

【その他点数情報】

No名前平均Review数
1 邦題マッチング評価 6.00点 Review1人
2 ストーリー評価 5.50点 Review4人
3 鑑賞後の後味 6.50点 Review4人
4 音楽評価 8.75点 Review4人
5 感泣評価 8.00点 Review2人
chart

■ ヘルプ
© 1997 JTNEWS