女王蜂(1978)のシネマレビュー、評価、クチコミ、感想です。

Menu
 > 作品
 > シ行
 > 女王蜂(1978)
 > (レビュー・クチコミ)

女王蜂(1978)

[ジョウオウバチ]
1978年【日】 上映時間:139分
平均点:5.15 / 10(Review 47人) (点数分布表示)
公開開始日(1978-02-11)
サスペンスシリーズもの犯罪ものミステリー小説の映画化
新規登録(不明)【シネマレビュー管理人】さん
タイトル情報更新(2022-05-02)【イニシャルK】さん
Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索
Twitterにて検索
ブログに映画情報を貼り付け
監督市川崑
松林宗恵(協力監督)
キャスト石坂浩二(男優)金田一耕助
中井貴恵(女優)大道寺智子
仲代達矢(男優)大道寺銀造
高峰三枝子(女優)東小路隆子
岸恵子(女優)神尾秀子
司葉子(女優)蔦代
萩尾みどり(女優)大道寺琴絵
沖雅也(男優)多門連太郎
加藤武(男優)等々力警部
伴淳三郎(男優)山本巡査
神山繁(男優)九十九龍馬
小林昭二(男優)木暮刑事
佐々木剛(男優)駒井泰次郎
石田信之(男優)遊佐三郎
高野浩幸(男優)文彦
大滝秀治(男優)加納弁護士
坂口良子(女優)おあき
常田富士男(男優)農夫
三木のり平(男優)嵐三朝
草笛光子(女優)お富
佐々木勝彦(男優)日下部仁志
白石加代子(女優)速水るい
冷泉公裕(男優)黒沢刑事
中島久之(男優)赤根崎嘉文
武内亨(男優)
原作横溝正史「女王蜂」
脚本日高真也
桂千穂
市川崑
音楽田辺信一
大橋鉄矢(音楽ディレクター)
作詞松本隆「智子のテーマ愛の女王蜂」
作曲三木たかし「智子のテーマ愛の女王蜂」
編曲田辺信一「智子のテーマ愛の女王蜂」
撮影長谷川清
木村大作(ノンクレジット)
製作馬場和夫
東宝映画
企画角川春樹事務所
配給東宝
美術阿久根巌
編集小川信夫
長田千鶴子
南とめ(ネガ編集)
録音矢野口文雄
宮内一男(録音助手)
斉藤禎一(録音助手)
照明佐藤幸次郎
その他IMAGICA(現像)
土屋テル子(記録)
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)

【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
123
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
27.《ネタバレ》 前作といい、これといい、「この役いらないんじゃないかいな?」と思う人が・・・。
中井貴恵は、新人だし・・・台詞少ないし・・・まあ、いんじゃないでしょうか。
あれ以上台詞があったらイカンが。
それにしても岸恵子さん、キレイですねぇ~。
いや、当時の女優さんってキレイですよね。
でも仲代達也の学生服姿は・・・・いただけません。
あずきさん [CS・衛星(字幕)] 4点(2007-05-03 22:37:20)
26.《ネタバレ》 4作目ということで、マンネリズムと安心感みたいな雰囲気は感じてしまう。で、相変わらずの複雑な人間関係に練られたストーリー。DVDで見ていたら、ちょっと待って、もう一度、ってできるけど、映画館じゃ無理ですね。テレビも。大物俳優に有名女優が次々と登場するから、結局犯人はこのうちの誰か、って思わざるを得ない。まあ、犯人はわかった後でも、この複雑な設定を紐解くのもシリーズの魅力になっている。なるほど、そういう悲しい過去が、とシンミリ来ますね。色彩の鮮やかさとドロドロ感は健在。
パセリセージさん [CS・衛星(邦画)] 6点(2007-05-03 00:09:41)
25.確かに、他の市川・石坂金田一作品と比べると見劣りしてしまいますが、
ヒロインのイモさに目をつぶれば、それなりに楽しめます。
岸・仲代の二人に依るところが大きいと思いますが。

ラストシーンの美しさはシリーズ屈指ではないでしょうかね。
彬彬さん [DVD(邦画)] 8点(2006-12-21 09:51:12)
24.このシリーズの中でダントツに酷評されてるこの作品、実はシリーズの中で好きなほうに入ります。たしかに中井貴恵は男を惑わす令嬢のイメージからほど遠いうえに演技もダメダメっていうのは救いがたい汚点だし、沖雅也はただ出てるだけで全然絡まないしかといって謎めきもしないし、もう終わっているのに遺書によって丁寧に説明されるのもくどい。でもこのシリーズ特有のあの短いカットをパラパラパラって見せるやつ、はっきり言って他の作品のはあざとさのほうが勝っちゃってるんですがこの作品のは実に効果的にそのシーンの意味深さとその後の惨劇を予感させる雰囲気を作り上げていたと思う。それだけかよ!と言われれば、それだけだよ!としか言えないのですが、それだけで満足しちゃったからしょうがない。
R&Aさん [DVD(邦画)] 5点(2006-07-13 13:25:55)
23.《ネタバレ》 今回の注目は仲代達矢もあるけど、やっぱり高峰三枝子・岸恵子・司葉子の三人! このキャスト実現させてるだけで感激。内容の方は4作目までくるとお約束に慣れてきたせいか気になるところもまぁ流せる。でも仲代達矢が学生服って...。あとは相変わらず画面が暗いのが見にくいかなぁと。
バカ王子さん [CS・衛星(邦画)] 7点(2006-03-21 23:55:33)
22.《ネタバレ》 言われているほど悪くありませんが、ヒロインに華が足りない気がします。
yu-miさん [映画館(字幕)] 5点(2005-10-06 13:14:51)
21.《ネタバレ》 市川崑と石坂浩二による金田一シリーズ4作目。前3作に出演した女優三人が出演していて、出演者はなかなか豪華。だが、肝心のストーリーのほうは全5作中で最もつまらない。これがデビュー作となる本作のヒロイン智子役で出演してる中井貴恵の演技は見てて辛くなるほど下手で、映画を見てて初めて「下手な女優やなあ。」と思ってしまった。
イニシャルKさん [ビデオ(邦画)] 4点(2005-03-22 02:04:46)★《更新》★
20.《ネタバレ》 なにか物足りなさを感じる。大好きな仲代達矢の魅力が引き出されていない。犯人も甘ちゃんだし。(犯人じゃない岸恵子の方がよっぽど犯人よりしたたかだし)わざわざ金田一が出てくるほどの難解な事件でもない。等々力警部でも解決できるんではないかと思ってしまう。
目白沈寝さん [映画館(字幕)] 5点(2005-03-20 15:53:19)
19.この作品に限って言えばテレビ版の片平なぎさ+岡田茉莉子+古谷一行のが良かったです。ヒロインは絶世の美女って設定なんだから野暮ったいイメージの女優じゃこの話は成立しないでしょうそもそも。高峰三枝子、司葉子、岸恵子がズラッと居並ぶシーンは壮観だったけどね。
放浪紳士チャーリーさん 5点(2004-10-11 10:45:23)
18.《ネタバレ》 事件の必然性も弱いし、犬神家の一族、獄門島、悪魔の手毬唄にある、
死体に込められた強い意識がないため、
ただの三文サスペンスドラマという感じがします。
それを中井貴恵のヘタな演技が、更に助長しています。
沖雅也の存在も全く意味がない...
この作品を見ると、
「犬神家の一族」がいかにすばらしいかを実感できます。
fragileさん 3点(2004-04-10 23:56:15)
17.このシリーズのファンなんですが正直、市川監督作品としては期待外れでした。色々思いますが、大方みなさんが言ってる事で間違いないです。仲代達矢の顔が怖かったなぁ…。
ゆうしゃさん 5点(2004-03-25 10:37:56)
16.《ネタバレ》 無理に映画化しなくてよかったような…。とにかく、動機が弱い!、の一言に尽きる。それは、全て中井貴恵の魅力の無さが原因。銀蔵が、愛した琴絵と生き写しのごとく綺麗になっていく娘を他人に取られたくない、という動機が全くもって成り立たなくなった。観ている人達が納得するくらい、もっと魅力ある、演技力のある女優さんを使って欲しかった。しかし、過去の犯人役を演じた高峰・岸・司の3人は、さすがに物凄い存在感があった。特に岸恵子が。
なおてぃーさん 5点(2004-02-10 19:07:46)
15.泣きの演技がくどいね!
kさん 4点(2004-01-26 12:28:14)
14.《ネタバレ》 一緒に観ていた友人が、「犯人の動機がやや弱」だと。同感。しかし「野点」は拙いでしょ。「服毒」の予感しかしないし。ま、この「お約束感」が、グッとくるんだけど、ね。笑。しかし、ロケーションは、見事です。美しい。 
aksweetさん 6点(2003-12-09 00:30:27)
13.場所を月琴の里から京都へとなんとなく中途半端に話が広がってしまい落ち着かなかった。やっぱり中井さんはミスキャスト。大道寺智子は作中にあまり登場せず、チラッと出てきて絶世の美女らしく場を締める存在であってほしかった。個人的には「病院坂」の桜田淳子をもってくればかなり違ったと思う。
パンツァー・フォーさん 6点(2003-11-24 17:58:43)
12.《ネタバレ》 映画のカラーをきらびやかに、というコンセプトは、金田一シリーズのイメージとの食い合わせの悪さを生じ、激しく消化不良状態にもがく事になっちゃいました。化粧品メーカーとのタイアップが、映画全体をぎくしゃくさせちゃったんじゃないでしょうか。それぞれのエピソードが上手く繋がってない感じで、間延びしまくってます。冒頭こそ、いきなり殺人現場から始まって、一気に引き込む導入部となっていましたが、中はぐだぐだ。殺人シーンはそんなのアリ?みたいなのもありますし(天井からナイフがずどずどずどっ!って、ええ~?)。市川=石坂金田一もので唯一イメージソングが存在するこの映画、宣伝効果もあって、満員でしたが、ホラーものと勘違いした小学生達が、ダレダレ~ン、となっていたのが印象的でした。
あにやん‍🌈さん [試写会(字幕)] 5点(2003-11-22 13:56:10)
11.なにが怖いって仲代達也の学ラン姿が一番怖かった。
亜流派 十五郎さん 5点(2003-11-16 11:37:19)(笑:1票)
10.やはりどう考えても中井貴恵はミスキャストですね。それだけでこの作品の印象がかなり変わってしまうのが惜しいです。この役はもっと艶やかな感じのゆるいパーマがかかった長髪の美人の印象が個人的にあります。仲代達矢の学生服姿も確かにあららら・・・って感じでした。最初の方の自転車クラッシュを冷たくあしらう高峰三枝子とか細かいカット割り等は面白かったです。
JEWELさん 6点(2003-10-10 23:05:03)
9.《ネタバレ》 『きみには、ことえさんを、しあわせには、できないぃっ!!(ずばぁーっ)』 by 学生服のたっちゃん ・・・てな感じだったような。
じゃん++さん [地上波(字幕)] 5点(2003-08-25 21:44:54)(笑:1票)
8.市川昆監督の作品に興味を持ち、「犬神家の一族」からこのシリーズも見ている。どのシリーズも面白かったが、これは印象が薄い。犯人すぐ分かるし、これだけ豪華な面々が出ているにもかかわらずやる気のなさそうな中井貴恵しか覚えていない
リトルさん 5点(2003-07-20 22:10:05)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
123
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 47人
平均点数 5.15点
000.00%
100.00%
212.13%
324.26%
41123.40%
51429.79%
61531.91%
724.26%
824.26%
900.00%
1000.00%

【その他点数情報】

No名前平均Review数
1 邦題マッチング評価 4.00点 Review1人
2 ストーリー評価 5.50点 Review2人
3 鑑賞後の後味 5.33点 Review3人
4 音楽評価 4.66点 Review3人
5 感泣評価 1.50点 Review2人
chart

■ ヘルプ
© 1997 JTNEWS