ひとごろしのシネマレビュー、評価、クチコミ、感想です。

Menu
 > 作品
 > ヒ行
 > ひとごろし
 > (レビュー・クチコミ)

ひとごろし

[ヒトゴロシ]
1976年【日】 上映時間:82分
平均点:5.33 / 10(Review 12人) (点数分布表示)
コメディ時代劇小説の映画化
新規登録(2003-10-16)【モートルの玉】さん
タイトル情報更新(2015-06-27)【イニシャルK】さん
Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索
Twitterにて検索
ブログに映画情報を貼り付け
監督大洲斉
キャスト松田優作(男優)双子六兵衛
丹波哲郎(男優)仁藤昂軒
高橋洋子(女優)(女優)およう
五十嵐淳子(女優)かね
岸田森(男優)加納平兵衛
桑山正一(男優)宗方善兵衛
沖時男(男優)
藤川準(男優)
堀北幸夫(男優)
石原須磨男(男優)
原作山本周五郎「ひとごろし」
脚本中村努
音楽渡辺宙明
撮影牧浦地志
製作永田雅一
徳間康快(製作協力)
大映
企画西岡善信
配給松竹
美術西岡善信
編集山田弘
録音佐々木稔郎
照明美間博
その他IMAGICA(現像)
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)

【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
12.《ネタバレ》  昨年鑑賞した『びっくり武士道』の真面目版。といったら、かの作に失礼だが。あ、シリアス版と言えば良いか。

 原作を読んでいないので言い辛いが、そもそも「ひとごろし!」と叫んで周りの人間が逃げる、という大元の部分が非常に漫画的というか非現実的なので、シリアスにすると余計にその部分が引っ掛かる。
 しかも昴軒さん、ちっとも悪くない。闇討ちしたのは相手側だし、誹謗による周りの人たちの行動が気持ち的に受け入れられないのと相まって、この人に同情の念さえ抱いてしまう。

 それと、昴軒が追いつめられているという感じが薄い。腹を切ってしまおうとするほどの困り様には見えないし、それほどの剣豪で「武士」を強調する人が、(髷とは違うらしいが)髻を取られる事に、恥を感じないというのも、ちょっとチグハグな感じがする。まあ、これは時代劇でしか、それを知らない自分が言うのもなんだが。
 
 つまり全体的に言うと、物語の説得力ゼロなのだ。残念ながら、これに関しては、喜劇の世界観でそこんところ上手く丸め込んだ『びっくり武士道』に軍配を上げざるを得ない。
Tolbieさん [DVD(邦画)] 4点(2013-03-03 05:47:53)
11.これは、あかん..つまらない限度を超えている..観る価値なし!! 優作さん..出る映画はちゃんと選ぼうよ~..
コナンが一番さん [CS・衛星(邦画)] 0点(2012-05-22 15:08:57)
10.主人公が武士のくせして陰湿で卑怯な方法を延々と繰り返すというのは新鮮味があったが、結局はそれの繰り返しというか、アイディア一発で終わってしまった気がする。そういうアホな設定だからこそ、周辺人物の背景はきちんと作り込んでほしかったと思うのだが。
Oliasさん [CS・衛星(邦画)] 5点(2011-10-16 03:48:50)
9.《ネタバレ》 個人的には、丹波哲郎大先生と松田優作の競演だけでも観る価値あり。派手な立ち回りやカタルシスを望まなければ、なかなか愉しい一品。ペキンパーの『ケーブルホーグのバラード』に通ずるテイスト。
伊達邦彦さん [CS・衛星(邦画)] 6点(2011-09-10 04:28:50)
8.松田優作が何とも不思議な感じの変な時代劇風コメディ演技で所々で笑わせてくれる。観る前はてっきりドロドロした感じの内容かと思ったけど、何しろタイトルがタイトルだけに、しかし、そんな不安を感じさせない。良い意味でコミカル、悪く言えば時代劇にしては緊張感がない。ただこの映画は松田優作と丹波哲郎の面白さを楽しむ内容であって、そう考えればなかなか面白い作品ではあるし、それにやっぱり松田優作って「家族ゲーム」でもそうだけどコメディでも見せてくれる上手さを持っていたんだと改めて思った次第で、僅か40歳という若さで亡くなってしまったことがとても残念である。まだまだ健在であったなら山田洋次監督の人気シリーズ「男はつらいよ」シリーズの中で渥美清と一度で良いから共演する所を見たかった。映画ファン、それも邦画ファンにとって松田優作と渥美清が絡むとどうなるか?結局その願いは叶わないまま終わってしまっているのたが、この映画の松田優作のコミカルな演技は間違いなくコメディ俳優としての才能、素質を持っていると思わずにはいられなくなる。
青観さん [DVD(邦画)] 7点(2010-11-07 12:10:02)(良:1票)
7.松田優作を時代劇で見るのは黒木和雄監督の「竜馬暗殺」の右太役に続いて二度目。「竜馬暗殺」では助演ながらギラギラした存在感を見せていてとても印象に残っているが、時代劇初主演となった本作では、臆病者の腰抜け侍をコミカルに演じている。日本テレビの「探偵物語」でも主人公・工藤俊作をコミカルに演じていたが、本作ではダンディーさが全くない分すごく新鮮に感じた。丹波哲郎とのやりとりもかなり笑えて、「ひとごろし」という物騒なタイトルなのに軽く楽しい映画になっていて面白かった。見るからに低予算な感じの映画だが、スタッフがほぼ大映のチームだからだろうか全体的に作りが丁寧で、その面でも安心して見ていられた。しかし、やはりラストが唐突すぎて何の余韻も感じられなかったのは残念だったかな。ちなみに本作と同じ原作はこれ以前に野村芳太郎監督がコント55号主演で映画化(「初笑い びっくり武士道」)しているらしいので機会があれば見てみたいなあ。
イニシャルKさん [DVD(邦画)] 7点(2009-12-03 13:47:27)
6.なんともおかしな映画でした。役者が仕事とはいえ、松田優作も丹波哲郎もバカバカしいと思いながらやったんじゃないでしょうか?!
白い男さん [インターネット(字幕)] 5点(2009-08-14 15:30:15)
5.犬嫌いで、甘党で、臆病で、卑怯者な主人公なのに、キチンと愛せる隙間が存在しているの点が、面白い。私もビビリで甘党で犬が嫌いだからだろうか?主人公に対して妙に感情移入できてしまった。複雑です。笑。

ちょっと難点といえばラストの余韻のなさと、渡辺宙明の80年代特撮風音楽か。渡辺宙明サウンドって、時代劇にはイマイチ合わないような。
aksweetさん [DVD(邦画)] 7点(2008-05-10 00:42:21)
4.ほとんどコメディ。ラストがいきなり終わった感じがあって驚いた。松田優作はあまりみたことなかったので、こういう役は意外な気もした。ちょっと過剰なところがおもしろいと思う。
バカ王子さん 6点(2004-04-04 23:32:06)
3.松田優作の珍しい時代劇、コミカルで面白いんだけどラストがバッサリと終わってしまい、なんか不愉快でした。
亜流派 十五郎さん 5点(2004-03-11 21:13:29)
2.優作ファンなので甘めに…まあコメディです!ストーリーはいいねんけど…もう一工夫欲しい!!まあこんな優作さんもありか~
レスマッキャン・KSKさん 5点(2004-02-07 02:02:13)
1.松田優作扮する腰抜け侍がかなり可笑しい。松田優作が主演した中では最も笑える映画ではないだろうか。
北海道日本ハム優勝さん 7点(2004-01-14 01:01:43)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 12人
平均点数 5.33点
018.33%
100.00%
200.00%
300.00%
418.33%
5433.33%
6216.67%
7433.33%
800.00%
900.00%
1000.00%

■ ヘルプ
© 1997 JTNEWS