ルパン三世 1$マネーウォーズ<TVM>のシネマレビュー、評価、クチコミ、感想です。

Menu
 > 作品
 > ル行
 > ルパン三世 1$マネーウォーズ<TVM>
 > (レビュー・クチコミ)

ルパン三世 1$マネーウォーズ<TVM>

[ルパンサンセイワンダラーマネーウォーズ]
2000年【日】 上映時間:92分
平均点:6.17 / 10(Review 12人) (点数分布表示)
アクションコメディアドベンチャーアニメTV映画シリーズもの犯罪もの
新規登録(2004-01-11)【バカ王子】さん
タイトル情報更新(2019-10-28)【イニシャルK】さん
Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索
Twitterにて検索
ブログに映画情報を貼り付け
栗田貫一ルパン三世
小林清志次元大介
井上真樹夫石川五ェ門
増山江威子峰不二子
納谷悟朗銭形警部
小山茉美シンシア・クレーモフ
松本梨香サンディ
中田譲治アレクセイ・ナビコフ
峰恵研
田原アルノ
秋元羊介
松岡文雄
永田亮子
原作モンキー・パンチ
脚本柏原寛司
飯岡順一(脚本プロデューサー)
音楽大野雄二
鈴木清司(音楽監督)
作詞奈良橋陽子「Life's a Flame」
作曲大野雄二「Life's a Flame」/「TAKE ME (ラブ・スコール)」/「ルパン三世のテーマ」
編曲大野雄二「Life's a Flame」/「TAKE ME (ラブ・スコール)」/「ルパン三世のテーマ」
挿入曲大野雄二大野雄二トリオwithリレット「TAKE ME (ラブ・スコール)」
撮影白井久男(撮影監督)
製作トムス・エンタテインメント
企画日本テレビ
制作日本テレビ
作画平山智(作画監督)
西村貴世(原画)
大杉宜弘(作画監督)
編集鶴渕允寿
録音加藤敏(録音監督)
東北新社(音響制作)
その他東京現像所(現像所)
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)

【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
12.《ネタバレ》 テレビスペシャル第12作。今回は敵である銀行頭取が女性であることがやや斬新に感じるし、その頭取が戦争を利用して金儲けを企んでいるところなどは妙にリアルに感じる。ルパンとのラストの対決もみごたえがあり、女は殺さないがだからと言って容赦はしないというルパンのキャラクターがよく出ていて、テレビスペシャルほかの作品ではここらへんがブレているものもあるのでテレビスペシャルではけっこう貴重かもしれない。ただ、ルパンとこの頭取の対決は確かに面白いのだが、ほかのゲストキャラの印象がイマイチで、ナビコフなんかはわりと好きそうなキャラクターだっただけに少々勿体なく感じた。登場人物を絞ってルパンと頭取の対決をもっと全面に出しても良かったと思うのだが、30分枠なら可能でも90分のスペシャル版だとほかにいろいろ要素を入れる必要があり、難しいのかもしれない。(でも、今回の五右衛門が宗教にハマるエピソードは削ったほうが絶対良かった気がする。というか、五右衛門いつもこんな感じだし。)それを考えるとやっぱりテレビスペシャルよりも週一レギュラーの30分アニメのほうが良いなと感じてしまう。
イニシャルKさん [DVD(邦画)] 6点(2019-10-26 23:18:26)
11.《ネタバレ》 今回のルパンは知略でお宝をいただく。
死んだフリをかまして最後の最後でかっこ良く登場するルパンは良いな~。ルパンが死んでも仕事をやり遂げようとする次元は最高の相棒。
不二子と五エ衛門の掛け合いやとっつぁんも美味しいところを持っていく。ラストの「ひど
い男ね」のセリフもグッとくる。女は殺さないが殺さないというだけで容赦はしない。この非情さだからこそルパンはカッコイイ。
ただ他の敵の印象がちょっと弱いので、シンシアとルパンの頭脳戦だけで終始魅せる展開ならもっと良かったかも。
すかあふえいすさん [地上波(邦画)] 9点(2014-12-28 18:22:38)
10.《ネタバレ》  ゲストヒロインが敵側のラスボスと言う珍しい設定、しかも結構魅力的。
 極悪冷血かつ優秀な守銭奴、そんな孤高の彼女の前に現れた初めて『対等』の存在になりうる可能性を秘めたルパンはさぞかし魅力的だったのでしょう。そう言う意味では後半の軽率な行動も、正に『悪い男に騙された』典型ながら納得できるしそのギャップがまた可愛い。
 彼女以外に敵側に『小物』しか配置しなかったのも、彼女がいかに孤独な存在であるかを引き立たせる効果になっているので結果オーライ。
 そして同時に、ここまで女性に対して無慈悲に徹底的に突き落とす(まぁ戦争で儲けようとしてる女ですから自業自得)ルパンもハードボイルド全開で非常に格好良し(シリーズの前か後で女性を殺してしまう回もあったが、ルパンの心情(アニメ設定ですが)である『女性不殺』を理解してない馬鹿作品なので無効)。ラストの、無一文になった彼女に最後のチャンスを与えながら容赦無く負かすあたりまたシビれる。
 ちょっとだけ出るゲストヒロイン2の存在も、『あの女もこうだったらルパンに惚れてもらえたのに』的な比較対象として十分役割は果たしてると思います。
 あとキャラデザ(目の描き方)も気に入りました。電話で必死に抗議するとっつぁん可愛い。
ムランさん [地上波(邦画)] 7点(2010-12-23 23:46:11)
9.TVシリーズ パート2のBGMを使ってくれると、それだけで+2くらいするのに。
なたねさん [DVD(邦画)] 6点(2009-12-13 20:32:55)
8.ラストシーンはルパンのカッコよさが凝縮されている。
あるまーぬさん [地上波(邦画)] 7点(2007-07-31 19:49:36)
7.《ネタバレ》 ルパンの意外な変装能力が伺える。
哀しみの王さん [地上波(吹替)] 10点(2007-03-31 13:40:06)(笑:1票)
6.まぁ、いつもの通りですね・・・
あきぴー@武蔵国さん [DVD(邦画)] 5点(2006-07-23 16:42:10)
5.変なめがねかけて「エー、当社は・・・」とか言ってる次元や、万能カッター以上でもそれ以下でもない五エ門や、始終酔っ払いっぱなしの銭形にちょっと力が抜けたものの、まだこの頃まではテレスペが楽しみだった・・・気がする。最後の、コインを投げるシーンに+1
海棠ルチアさん 6点(2004-11-09 20:31:12)
4.普通に見れない事は無いが他の作品と比べてこんなもんかな
諸星わたるさん 4点(2004-03-08 07:38:16)
3.相変わらず、TV映画シリーズは作りが軽いな~。ルパン特有のリアリティ無視の展開や、ご都合主義の連続には突っ込む気力も萎えた。今作の一番の不満点は、五右衛門の扱い方。いつもの事という気もするが、今回は特にひどい。あっさり新興宗教にハマってしまう五右衛門には納得いかない。しかも本編とまったく関連もしないし。まあそれでも一部、かっこ良いセリフやシーンがあるので+1点。
FSSさん 5点(2004-02-17 18:16:30)
2.そうそう厚みのないテレビスペシャル版であるけども、もはやルパンといえばこういうテンションということかもしれない。小気味いい展開や台詞回しは楽しめるので、それで良しなのかもしれない。
鉄腕麗人さん [地上波(邦画)] 4点(2004-01-11 23:52:49)
1.《ネタバレ》 タイトルの1$がいろいろと伏線になってますが、オークションで1$で競り負けたってのはチョット。ヤフオクじゃないんだから…。
ロカホリさん 5点(2004-01-11 16:18:39)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 12人
平均点数 6.17点
000.00%
100.00%
200.00%
300.00%
4216.67%
5325.00%
6325.00%
7216.67%
800.00%
918.33%
1018.33%

【その他点数情報】

No名前平均Review数
1 邦題マッチング評価 9.50点 Review2人
2 ストーリー評価 9.50点 Review2人
3 鑑賞後の後味 9.50点 Review2人
4 音楽評価 9.00点 Review3人
5 感泣評価 7.50点 Review2人
chart

■ ヘルプ
© 1997 JTNEWS