空飛ぶタイヤのシネマレビュー、評価、クチコミ、感想です。

Menu
 > 作品
 > ソ行
 > 空飛ぶタイヤ
 > (レビュー・クチコミ)

空飛ぶタイヤ

[ソラトブタイヤ]
2018年【日】 上映時間:119分
平均点:6.33 / 10(Review 12人) (点数分布表示)
公開開始日(2018-06-15)
公開終了日(2019-01-09)
ドラマ小説の映画化
新規登録(2018-03-04)【にゃお♪】さん
タイトル情報更新(2019-02-03)【イニシャルK】さん
Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索
Twitterにて検索
ブログに映画情報を貼り付け
監督本木克英
キャスト長瀬智也(男優)赤松徳郎
ディーン・フジオカ(男優)沢田悠太
高橋一生(男優)井崎一亮
深田恭子(女優)赤松史絵
岸部一徳(男優)狩野威
笹野高史(男優)宮代直吉
寺脇康文(男優)高幡真治
小池栄子(女優)榎本優子
ムロツヨシ(男優)小牧重道
中村蒼(男優)杉本元
柄本明(男優)野村征治
佐々木蔵之介(男優)相沢寛久
和田聰宏(男優)室井秀夫
木下ほうか(男優)柏原博章
浅利陽介(男優)柚木雅史
六角精児(男優)谷山耕次
大倉孝二(男優)高嶋靖志
津田寛治(男優)濱中譲二
升毅(男優)巻田三郎
谷村美月(女優)柚木妙子
近藤公園(男優)長岡隆光
村杉蝉之介(男優)野坂康樹
渡辺大(男優)小茂田鎮
田口浩正(男優)平本克幸
斎藤歩(男優)浜崎紀之
岡山天音(男優)加藤宏芳
矢島健一(男優)真鍋敏彰
津嘉山正種(男優)ホープ銀行頭取
原作池井戸潤「空飛ぶタイヤ」(講談社文庫・実業之日本社文庫)
脚本林民夫
音楽安川午朗
作詞桑田佳祐「闘う戦士(もの)たちへ愛を込めて」
作曲桑田佳祐「闘う戦士(もの)たちへ愛を込めて」
主題歌サザンオールスターズ「闘う戦士(もの)たちへ愛を込めて」
撮影藤澤順一
製作松竹(「空飛ぶタイヤ」製作委員会)
木下グループ(「空飛ぶタイヤ」製作委員会)
日活(「空飛ぶタイヤ」製作委員会)
ジェイ・ストーム(「空飛ぶタイヤ」製作委員会)
講談社(「空飛ぶタイヤ」製作委員会)
朝日新聞社(「空飛ぶタイヤ」製作委員会)
企画松竹
配給松竹
編集川瀬功
照明長田達也
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)

【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
12.<原作未読、WOWOWのドラマ版も未見>池井戸潤の原作を基にした映画作品。池井戸潤といえば「倍返しだ!」っていう最終回視聴率42.2%を記録したドラマが真っ先に思い浮かぶけど、こちら「空飛ぶタイヤ」に似たようなノリを少しでも持ち込む意味が分からない。死者が出た事故を扱っているわけで、香川照之の顔芸を楽しむあのドラマを意識する必要なんて全くなかったんだ。原作があることだし、プロットベースでは面白いと思うけれども、端役の演技等々、細部の演出が気になって高い点数は付けかねるという… まあ、勿体なかったな。サザンのED曲は割と好き。
リーム555さん [CS・衛星(邦画)] 6点(2019-06-13 00:30:14)
11.テンポ良く展開されていくので見やすい所は評価出来るが。逆に言うとそれだけかな。
ドラマ的にはもう一つ。池井戸潤原作のワンパターンというかひねりが無いと言うか。
人々の過剰な反応に「そんなわけねーだろっ」て突っ込みたくなるのはいつもの事だけど
そんな突っ込みをも吹き飛ばす上回る熱いドラマや驚くような逆転劇の仕掛けがあれば良いのだが、
この作品にはそれが無いからただの駄作にしか感じないかなぁ。
デミトリさん [DVD(邦画)] 4点(2019-05-13 17:08:32)
10.原作既読。
かなり駆け足で資金繰りとかの掘り下げが足りないなぁ。
言いすぎかもしれないが、予告編の方が面白かった。
あきぴー@武蔵国さん [DVD(邦画)] 5点(2019-05-02 20:16:41)
9.《ネタバレ》 何年か前のテレビ版でも、かなり泣いたなぁ。
DVDまで買っちゃったもんね。
でも買ってから、一度も観てないなぁ・・

今作は、コンパクトにまとまってて、組織劇に焦点置いてるね。
だから女性はほとんど出てこない。
だから最後のサザンの「戦う者たちへ愛をこめて」が効いてくる。
それでも、やはりラストの方ではウルッときた。

う~ん、もう一度、テレビ版観てみようかなって気になった。
トントさん [DVD(邦画)] 7点(2019-04-14 00:04:44)
8.ちょっとあざとい台詞や小芝居が気になる演出(主人公(長瀬)の子供や妻(深田)が絡むシーン)..ただ、松竹らしい ベタで泣かせるエピソードに..まんまと 涙腺がゆるんでしまった..もったいないのは、監督のセンスのなさ..脚本も頂けない..もっと上手い脚本、演出で、観たかった...
コナンが一番さん [DVD(邦画)] 7点(2019-03-31 09:35:30)
7.池井戸潤原作のドラマっていったら、過剰演出ってイメージですけど、そんなことなくて、終始シリアスでした。
それ故、ちょっと盛り上がりどころがなかったかなって感じです。
へまちさん [DVD(邦画)] 6点(2019-02-17 13:43:12)
6.空からタイヤが降ってきて自分に当たったら・・・・
想像するとゾッとします。
そういう事態が起こる可能性がありながら、隠されていた真実。

窮地に立たされた赤松社長は、粘り強く真面目に真実を追求します。
ぐっと我慢しながら黙々と進んでいく。
出演者それぞれのこらえた姿が、あたかも現実の苦労のように感じられました。
我が家も作業服の仕事の人ばかりなので、身内の会社の苦労のように思えました。

現実では会社経営はこうはいかないでしょうが、それでも、ダメなものはダメと筋をきちんと通す。
日本の会社ではそうあって欲しい、と思わせて貰えました。
たんぽぽさん [映画館(邦画)] 8点(2018-08-09 12:08:16)
5.《ネタバレ》  面白いのは面白いんだけど、でも、キャラはみんなステレオタイプってカンジで、あーんまり新しい何かを見てるって感覚は得られなかったわね。

 深キョンなんか、この手の「苦境に遭遇して奮闘する旦那を支える、やたら物分かりのいい奥さん」のパターンをそのままなぞっているような感じで、ドラマの足を引っ張らないのはいいけれど、印象に残る個性を発揮できてなくて可哀想、みたいな。あれじゃ都合の良すぎるキャラだわよね。
 それから、ディーン・フジオカが流れ全体の中での推移の問題で、かなりニブい、トロいキャラに見えちゃう。彼がもし頭のキレるキャラだったとしたら、さっさと映画が終わっちゃうでしょうけど。

 それでも、巨大な組織の悪に立ち向かう人々の物語は見応えがあったわ。
 大きな組織、小さな組織、それぞれの中にあって、人として正しいことに向き合い、間違ったことには間違っていると声を上げる、その難しさ、大変さが描かれ、見ているこちらは共感し、身につまされて。
 長瀬くん、ずーっと若いお兄ちゃんってイメージがあったけど、こういう役が演じられるような渋みが出てきたんだねぇ。

 今の社会に斬り込むような社会派ドラマを期待してしまうと、その娯楽映画っぷりにちょっと肩透かしを食っちゃうかもしれないけど、うまくバランスを取って見やすく出来ている映画だったかな。

 サザンの主題歌はなんだかおふざけ気味で映画本編のイメージとちょっと違う感じがしたわ・・・
あにやん‍🌈さん [映画館(邦画)] 6点(2018-07-25 21:22:00)
4.《ネタバレ》 最後は一通り丸く収まるので、後味は悪くないのだが、いかんせん全体的に展開が駆け足過ぎた。

テンポがいいというより、掘り下げが甘いという感じ。

原作がこうなのかしら。

まあ、可もなく不可もない出来という感じ。

話題のイケメン俳優が多かったので、女性ファンはたまらないのではないか。
2年で12キロさん [映画館(邦画)] 5点(2018-07-22 19:40:57)
3.《ネタバレ》 どうしてタイヤがお空を飛んじゃったんだろうか。中小企業の熱血社長が従業員や銀行、ライバルをも動かして巨大組織を追い詰めていく。池井戸ドラマはいつもパターンは同じだけど心揺さぶられるよね。良作。
獅子-平常心さん [映画館(邦画)] 7点(2018-07-08 00:42:12)
2.おもしろかったです。 でも、ちょっと豪華な出演者が出ている2時間ドラマ程度の作品のように感じました。 長瀬氏の熱演は見事でしたが、やっぱり、どこかクサイように感じました。 一番おいしい思いをしたのは高橋氏かな、出演シーンは少ないながらも、印象的な役柄でしたし。 作品のヘビーな内容を考えたら、120分で話を収めるのは短かったのかもしれません。 それでも、社長以外の従業員の働いているシーンが少なすぎるし、どんどん困窮していく赤松運送なのに、従業員は減らすこともなく営業を続けているのは、ちょっとウソくさかったなあ。
ミスプロさん [映画館(邦画)] 7点(2018-06-21 19:10:58)
1.《ネタバレ》 富山ロジスティックの事故で、「原因は整備不良だ!確認したのか?」、「確認していない・・・」、「確認もしないで何を言う」、「確認する必要は無かった。新車だったんだ!」で、おおーっ!いけいけ!!といきなりの盛り上がりをみせたが、結局、赤松運送は善戦むなしく窮地へ・・・。が、さあここからV字回復の反撃だっ!と思ったとたんに、ホープ自動車に捜査の手が入るという展開がいきなりの感じでちょっと拍子抜け。
120分を135分ぐらいにして、裏での沢田のとどめの活躍がもう少し描かれると、もっともっと盛り上がったと思うのだが。。。
でも、上手に120分に纏めてあって面白かったです。
それから、岸部一徳さんのパーマはとても新鮮でした。
リニアさん [映画館(邦画)] 8点(2018-06-15 23:14:36)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 12人
平均点数 6.33点
000.00%
100.00%
200.00%
300.00%
418.33%
5216.67%
6325.00%
7433.33%
8216.67%
900.00%
1000.00%

【その他点数情報】

No名前平均Review数
1 邦題マッチング評価 Review0人
2 ストーリー評価 6.00点 Review1人
3 鑑賞後の後味 7.00点 Review1人
4 音楽評価 6.00点 Review1人
5 感泣評価 6.00点 Review1人
chart

■ ヘルプ
© 1997 JTNEWS