イコライザーのシネマレビュー、評価、クチコミ、感想です。

Menu
 > 作品
 > イ行
 > イコライザー
 > (レビュー・クチコミ)

イコライザー

[イコライザー]
The Equalizer
2014年【米】 上映時間:131分
平均点:6.76 / 10(Review 67人) (点数分布表示)
公開開始日(2014-10-25)
アクションサスペンスシリーズもの犯罪ものヤクザ・マフィアハードボイルドTVの映画化バイオレンス
新規登録(2014-08-18)【miki】さん
タイトル情報更新(2018-08-27)【たろさ】さん
Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索
Twitterにて検索
ブログに映画情報を貼り付け
監督アントワン・フークア
キャストデンゼル・ワシントン(男優)ロバート・マッコール
マートン・ソーカス(男優)テディ・レンセン(ニコライ・イチェンコ)
クロエ・グレース・モレッツ(女優)テリー
ビル・プルマン(男優)ブライアン・プラマー
メリッサ・レオ(女優)スーザン・プラマー
デヴィッド・ハーバー(男優)マスターズ
ヘイリー・ベネット(女優)マンディ
大塚明夫ロバート・マッコール(日本語吹き替え版)
山路和弘テディ・レンセン(ニコライ・イチェンコ)(日本語吹き替え版)
潘めぐみテリー(日本語吹き替え版)
安原義人ブライアン・プラマー(日本語吹き替え版)
高島雅羅スーザン・プラマー(日本語吹き替え版)
桜井敏治(日本語吹き替え版)
原作マイケル・スローン(脚本・1946年生)(原案)(「ザ・シークレットハンター」に基く)
脚本リチャード・ウェンク
音楽ハリー・グレッグソン=ウィリアムズ
主題歌エミネム"Guts Over Fear ft. Sia " (Universal Music)
撮影マウロ・フィオーレ
製作メイス・ニューフェルド
アレックス・シスキン
マイケル・スローン(脚本・1946年生)
スティーヴ・ティッシュ
リチャード・ウェンク
製作総指揮エズラ・スワードロウ
デンゼル・ワシントン
配給ソニー・ピクチャーズ・エンタテインメント
衣装デヴィッド・C・ロビンソン[衣装]
あらすじ
ボストンのホームセンターで働くマッコール(デンゼル・ワシントン)は、夜は喫茶店で紅茶を飲みながら読書をする事が日課で、ささやかな暮らしを送っている。喫茶店で出会った娼婦・テリー(クロエ・グレース・モレッツ)と話をするようになるが、ある夜、彼女がロシアンマフィアから酷い扱いを受けている事を知る。
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)

【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1234
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
47.2017.12/14 BS鑑賞。スタートから暗くもう一つ入り込めなかった。焦点が判らないし惹きつける展開も要素もない。一人よがりの映画と言える。無駄な画面が多く冗長。再度観る必要は?
ご自由さんさん [CS・衛星(字幕)] 4点(2017-12-15 18:46:33)
46.《ネタバレ》 ​悪党に名乗る名はない。そう、奴は平和と正義の使者。
奴の目に見過ごせない悪があるのなら徹底的な正義の鉄槌が下される。銃も持たずに敵陣へ切り込み死体の山を築いていく、彼の立ち回りはまるで忍者。手際が良い所の話ではない。仕事が早い。頭もキレる、決して証拠は残さない、決めたらブレない迷わない。その目は全てを見通し完全必殺を敢行する。強い。強すぎる!そして完全なる平和を望む者!その凄まじさと彼の語る正義への深い信念こそがその強さの源なのか!?
次々と必殺術で敵を倒し、次々と巨大マフィアの柱を軽々と崩していく様はまさに痛快!サミュエルの強さにもちゃんと説得力がありまし、敵役のマートンもイカれたベテラン殺し屋っぷりを遺憾なく発揮してくれました。ただ二人の直接対決が意外とあっさり決着がついちゃったのが残念かな。むしろ後半はサミュエルに押されっぱなしでだいぶ序盤の勢いが無くて小物と化してるのが悔やまれます。ホームセンターでの兵隊の数ももう少し多くてもいい気はしましたね。どうみても強すぎる相手に対してあの量は少なすぎます。にしても自由にDIY武器が作れるホームセンターでの戦いはわくわくしますね。最高です。
本作は真っ直ぐと正義と平和を語る影のヒーローを描いた超映画でした。素晴らしかったです。
えすえふさん [ブルーレイ(吹替)] 7点(2017-06-18 15:43:00)
45.《ネタバレ》 同じバイオレンス系アクションでありながらも、『エンド・オブ・ホワイトハウス』と同じ監督とは思えない、静かでスタイリッシュな本作。名優デンゼル・ワシントンの起用は大正解で、静かな所作を積み重ねても「ただ者ではない感」満載の冒頭のシークエンスから、最後のロシア・マフィアとの対決まで、独特の緊張感を携えたデンゼルの目の演技は、「サイコなのにいい人」という独自の領域を切り開いてしまったと思います。そして、その笑っちゃうくらいの無敵ぶり。敵役のニコライもけっこうヤバいやつであることが次々と描かれて、これとマッコールが対決したらどうなる・・・と思わせて、あっさり完勝してしまう完全無双。ただ、ラストのホームセンターの対決では、同僚を人質に取ったことが全く活かされていないのはちょっと残念。この辺は、前作『エンド・オブ・・・』でも露呈したフークア監督おなじみの詰めの甘さ。あそこでマッコールを追い込みながら、きっちりとしたロジックで逆転する様を描ければ、アクション映画の新しい傑作になったと思う。
ころりさんさん [CS・衛星(字幕)] 6点(2017-02-16 13:26:22)
44.《ネタバレ》 「96時間」のリーアム・ニーソンや、元をたどればセガールに行き着く最強オヤジ映画のデンゼル版。器用なDIY系大量殺人鬼として現代にはびこるワルどもを恐怖のドン底に叩き落としてくれます。ズボンの腰の位置がやや高めな見るからに中年ボディでありながら、鮮やかな手練れで死体の山を築き上げて行く様は爽快。「16秒だ」と、キメ顔で敵を全滅させるタイムを予告しておきながら全然外しちゃう可愛さも併せ待っており好感度は非常に高い。さらにこの一本でクロエ・モレッツちゃんのビッチと良い子のバージョン違いも楽しめるので、スニッカーズぐらいたしかな満足感が得られます。
けんじマンさん [CS・衛星(字幕)] 6点(2017-01-06 18:55:43)
43.《ネタバレ》 大人しい雰囲気が漂うが、凄く強いヒーロー(?)が際立っている。
強い相手にもピンチがほとんど無い。これはこれで気持ちよく観られる。続編が作れそうだが、どうだろう。
simpleさん [CS・衛星(吹替)] 6点(2016-09-24 19:16:48)
42.《ネタバレ》 社会派のイメージが強かったデンゼルワシントンがパーフェクト殺人マシーンに。経歴を抹消してまで静かな暮らしを選んだ彼が、軽く知り合った程度の少女のために情のみで大量殺人を決行し、結果的に悪の組織を壊滅させていく。矛先が自分に向くや、やはりパーフェクトに撃退し続ける。他のヒットマン映画と明確に違い且つ魅力となっている点は、自前の銃を用意せず、有り合わせの道具と創意工夫で危なげなく完璧に目的を果たしていくという器用さにある。還暦を迎えようかというデンゼルがここまでアクションが出来るという点も感動。個人的にクロエグレースモレッツのファンなだけにキャスティングも完璧。ぜひ続編を。
にしきのさん [CS・衛星(吹替)] 7点(2016-05-03 20:24:15)(良:1票)
41.《ネタバレ》 見終わって直ぐは、なんだこの程度の映画か・・という感じでしたが
後で記憶をたどっていたら、無性にもう一度見たくなりました。
結果3回は見たかな・・。

やはり悪いやつをコテンパンにというのは、ツボですよね。
水戸黄門を何十年も見てしまう老人の心理と同じなんだろうなー
もっとも悪いやつのレベルも、コテンパンのレベルも段違いです。
スタローン、アーノルド、ステイサムとは違い、アクションは地味で
渋いけど、結果は全員抹殺なのでスッキリ。

ホームセンターの店員が元はキラーエリートで、世直しヒーローに
立ち上がる、ベタな物語ですが、これで良いんです。
襲ってくるマフィアの殺し屋との戦いで終了かと思ったら、そこまで
やりますか?ていうラスト・・
更にアンコールでクロエちゃんが再登場してハッピーエンドの大サービス。

しかし、レジの金奪った強盗から、形見の指輪を取り返すのに使った
売り物のハンマーを、血を拭きながら店に返却って・・荒過ぎですう
グルコサミンSさん [DVD(字幕)] 8点(2016-04-06 23:55:07)
40.《ネタバレ》 予告編で大いに期待して観た作品。うん、期待どおりだった。ひさびさにカッコいいワシントンおじさんを見させていただいた感じ。復讐モノはいいな。主人公のやってることが少しばかりヒドクたってOKな気分でいられるし。てか、ヒドイ方が溜飲下がるし。あぁスッキリ♪ あ、細かいこと言わないって条件付きですけどね。
ぽこたさん [DVD(字幕)] 8点(2016-02-14 11:01:20)
39.寡黙で強すぎる男のテンポの良いお話。デンゼル・ワシントンの「自分を疑えば失敗する」というセリフが良かった。
六爺さん [DVD(字幕)] 8点(2016-01-26 14:48:33)
38.こんなに勧善懲悪な映画は現代では珍しい。それにしても強すぎです。デンゼル・ワシントンの映画は久しぶりに観た。娼婦がクロエちゃんとは最後まで気がつかなかったなあ。 
kaaazさん [ブルーレイ(字幕)] 7点(2016-01-11 02:28:14)
37.《ネタバレ》 哲学のないご都合主義の凡作。
テンポは良い!暇つぶしに。
カッコつけてるけど、全く逆境なく終わりました。
glxynt2さん [CS・衛星(吹替)] 2点(2015-12-27 10:52:01)
36.実は“殺人マシーン”だった主人公が、憎き悪党と真向かい、直接的に、淡々と、「宣戦布告」する。
それを演じるデンゼル・ワシントンの“目”がヤバい。“ヤバい”とはいかにもチープな表現だが、本当にヤバいのだから仕方がない。
正義の鉄槌を振るうことを心に決めた主人公のその“目”は、完全に異常者のそれであり、主演俳優のその表情を観ることこそが、この映画を観る価値だと断じてしまっても過言ではない。

何かしらの過去を背負いつつ、平穏に暮らす主人公が、突如として復讐鬼と化すというこの手のジャンルムービーは昨今目立つように思う。
いわゆるビジランテ(=自警団)ものが流行らざるを得ないのは、真っ当な正義が存在しないこの社会の病理性の表れだろうか。
誰も守ってくれない。誰も裁いてくれない。誰も怒ってくれない。
ならば自ら鉄槌を振るうほかないではないか。
という悲鳴がそこかしこから聞こえてくるようだ。

と、まあ、そんな悲観的な考察は抜きにして、流行りのジャンルムービーの中でもこの映画のクオリティーの高さは確かなものだと思う。

やはり魅力的なのは、デンゼル・ワシントン演じる主人公のキャラクター性だろう。
日々眠れぬ夜を近所のダイナーで過ごす主人公、観客としては当然ながら彼の正体がいかなるものかということを大体知っているわけだが、それでも物静かなこの男が、文字通りの殺人マシーンへと変貌する様は娯楽性に溢れている。
それは、この映画のストーリー自体がこの先どう転じていくのかという娯楽性とも合致し、楽しい。

過去に捨て去ったはずの血塗られた仕事を再開することで、自分の生きる価値を改めて見出し、みるみる活き活きとしていく主人公の様は、実は笑えない。

ただ、そういう役を演じるデンゼル・ワシントンはいつも大体「最高」である。
鉄腕麗人さん [CS・衛星(字幕)] 8点(2015-09-22 22:46:11)(良:2票)
35.《ネタバレ》 現代版必殺仕事人(無報酬だけど)。ホームセンターの平凡な男が元CIAの凄腕で悪人をガンガンやっつける。勧善懲悪でアクションの連続。スカッとしますな。パート2も作るのかな。面白かったです。
ぽじっこさん [CS・衛星(字幕)] 7点(2015-09-19 23:00:19)
34.《ネタバレ》 19秒で世の不正を完全抹消する。

予告編でこのキャッチ見たときはかっこいいなーと^ ^

で、鑑賞すると全然19秒でもない(^_^;)

しかし、中年デンゼルさんの強いこと強いこと(≧∇≦)トムクルーズ真っ青!話は荒唐無稽。主題なんざありません状態。なのに中年の私の心をわしづかみにするアクションアクションアクション(^O^)/

男は過去を消し、ホームセンターで地味に働く。周囲とも仲良い。住む部屋は片付けられ荷物もない。たくさんの本を除いて。常に時計のストップウォッチで時間を測る。夜は行きつけのダイナーの決まった席に本を持ち込む。

そんなダイナーで知り合うのがクロエちゃん。(実は腕の太いこのかわいい太っちょ。はじめ誰だかわかりませんでした。あ…あの、クロエちゃん⁉️)この娘が抱える問題から男は事件に突入していきます。男の本当の正体は全くもって伏せられた状態で…。

もしも本作に構造や起承転結を求めるのであれば微妙な作品です。でも粋なセリフと強烈なさ・つ・じ・んアクションを堪能したいのであれば…絶好調にオススメです^ ^

スーパーヒーロー誕生!
JFさん [DVD(字幕)] 6点(2015-09-13 23:27:37)
33.《ネタバレ》 再就職したばかりのホームセンターで、地味な仕事に就く中年男性マッコール。真面目で面倒見の良い彼だったが、過去の経歴はほとんど謎に包まれている。古いアパートで独り暮らしをしているマッコールの唯一の心の慰めは、深夜のファミレスで紅茶を飲みながらの静かな読書だ。ある日、彼はそこで荒んだ生活を送っている若い娼婦テリーと出会う。「ねえ、どうして本ばかり読んでいるの?」。これから客と会う憂鬱を紛らわすかのように、彼女はそんなマッコールに話しかけてくるのだった。お互いの孤独を埋め合わせるように次第に仲良くなっていく2人。やがて、マッコールは昔最愛の妻を亡くしたことを、テリーは実は歌手を目指していることを打ち明けるのだった。だが、ある夜、テリーは顔を腫らして店へとやって来る。「あたし、客とトラブっちゃった…」と話す彼女に心配を募らせるマッコールだったが、数日後、売春婦たちの元締めである冷酷なロシアン・マフィアによってテリーは半殺しの憂き目に遭い、病院に入院したことを知るのだった。悪い奴らは絶対に許さない。マッコールは、葬り去っていたはずの過去の記憶を甦らせて、単身、そんな街のゴミのようなロシアン・マフィアたちの根城へと乗り込んでゆく…。静かな怒りを胸に秘めた寡黙な男が、哀しい娼婦の無念を晴らそうと取った行動をきっかけにして、どんどんと拡大していく暴力の応酬をスタイリッシュに描き出すハードボイルド・アクション。昔から、このアントワン・フークワって監督さん、こんな感じの男臭~~~いまさに僕好みの男の男による男のためのエンタメ映画の良品を幾つも撮ってきた人で、そんな彼がこれまたまさに“漢”を演じさせたら右に出る者の居ないデンゼル・ワシントンと再びタッグを組んで製作したという本作だったので、けっこう期待してこの度鑑賞いたしました。結果は…、すんません、僕はちょっとノレませんでした、これ。うーん、なんだかこのD・ワシントン演じる主人公があまりにも無敵すぎやしません?たった一人でロシアン・マフィア5、6人を19秒で皆殺しにしちゃうまではよかったのですが、そこから悪徳警官は懲らしめちゃうし、組織から送り込まれてきた凄腕の殺し屋たちにたった一人で立ち向かっちゃうし、本筋とは無関係の単なる強盗もきちんとやっつけちゃうし、石油タンカーは爆破しちゃうし、挙句本国にまで乗り込んでボスまで殺しちゃうって…、どんなけスーパーマンやねーん(笑)。ちょっとあまりに荒唐無稽すぎて、僕はいまいち楽しめませんでした。それに、クロエちゃんの出番、少なすぎっす!!プンプン(笑)。てか、物語の発端となる彼女が途中から完全にどっか行っちゃって、最後に申し訳程度に再登場するのも脚本的にどうなのかななんて僕は思っちゃいました。ま、これは好みの問題なのだろうけど、僕はもっとリアリティに裏打ちされた作品の方が好きっす。フークワ監督の次回作に期待!
かたゆきさん [DVD(字幕)] 5点(2015-08-06 22:01:50)
32.《ネタバレ》 とにかく、デンゼル・ワシントンが渋い。
隠居生活を送る前、彼が何らかの組織でどの様な事をしていたのか具体的な描写は一切無く、
全てを彼の行動で判らせる演出が心地よい。
求む続編!!
たくわんさん [CS・衛星(字幕)] 7点(2015-08-04 17:22:11)
31.《ネタバレ》  哀れな少女の娼婦を孤独なヒーローが救うって、これタクシードライバーへのオマージュじゃないかと考えたのは自分だけですか?
まあこちらは冒頭、あちらはラスト、こちらは黒人がロシア人を殺す、あちらは白人がインディアン風の人物を殺す、こちらは誰にも慕われる穏やかな人物、あちらは孤独のとんがった人物、まあ時代の変化かな、最近このサイトで薦めていただいた町山智浩の『映画の見方がわかる本』(洋泉社)という本を読んだばかりなので、感慨がひとしおでした。ただできたら、「おれはクロエを救うんだ」と叫んで大統領を暗殺しようとする人物が現れないことを心から願います(笑)
まあ、クロエ可愛かったし、アクションも良かったんですけど、ただ一点、ある一つの民族を悪の根源みたいに描くストーリーって、ちょっと知性に疑問を感じますね。
日本でリメイクして、元自衛隊の特殊部隊出身者が、韓国系暴力団殺しまくる映画作ったら一部の人に超受けるかも(笑)
rhforeverさん [CS・衛星(字幕)] 6点(2015-07-25 17:58:56)
30.自分がおじさんになったせいか、おじさんの活躍する映画ってこともあってか、こういうの結構好きです。「96時間」とかみたいな、ダークヒーローな感じでよかったです。クロエちゃんの出番が少ないのが、大変残念でした。
木村一号さん [CS・衛星(字幕)] 8点(2015-07-25 16:12:35)
29.一見、普通のおっさんが巨悪を叩き潰す。そんだけの映画です。でも面白かった。敵がものすごい強敵なので、それをテキパキと徹底的に潰していくのに溜飲が下がる思いで観てました。単純にスカッとします。そこまでやる?的に。
なにわ君さん [DVD(吹替)] 10点(2015-06-10 17:34:32)
28.《ネタバレ》 ウォー、新しいヒーロー誕生じゃないですか。今までのヒーローと比べると、一枚も二枚も上手(うわて)の主人公のやることなすこと、うまい敵役と相まってすべてかっこいいじゃないですか。「償いをしろ」のシーンが特に好き。駆けずり回るでもなく、グチをこぼすでも、雄叫びをあげるでもないお茶と読書が好きなヒーロー。ワタシ、これは、なんというか「ジョン・マクレーン(1作目)の逆」というふうにとらえました。惜しむらくは、いかにも「2」がありそうなエンディングだったこと。もう1回、これやっちゃうと「おいおい、それじゃデューク東郷みたいだろ」ってことになりますから。
なたねさん [DVD(字幕)] 8点(2015-06-06 23:43:14)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1234
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 67人
平均点数 6.76点
000.00%
100.00%
211.49%
311.49%
422.99%
557.46%
61725.37%
72029.85%
81826.87%
911.49%
1022.99%

【その他点数情報】

No名前平均Review数
1 邦題マッチング評価 6.50点 Review4人
2 ストーリー評価 7.40点 Review5人
3 鑑賞後の後味 7.40点 Review5人
4 音楽評価 6.50点 Review4人
5 感泣評価 7.00点 Review3人
chart

■ ヘルプ
© 1997 JTNEWS