トロピック・サンダー/史上最低の作戦のシネマレビュー、評価、クチコミ、感想です。

Menu
 > 作品
 > ト行
 > トロピック・サンダー/史上最低の作戦
 > (レビュー・クチコミ)

トロピック・サンダー/史上最低の作戦

[トロピックサンダーシジョウサイテイノサクセン]
Tropic Thunder
2008年【米・独】 上映時間:107分
平均点:5.50 / 10(Review 52人) (点数分布表示)
公開開始日(2008-11-22)
アクションコメディアドベンチャー戦争ものパロディ
新規登録(2008-10-15)【Sgt.Angel】さん
タイトル情報更新(2018-04-01)【イニシャルK】さん
Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索
Twitterにて検索
ブログに映画情報を貼り付け
監督ベン・スティラー
キャストベン・スティラー(男優)タグ・スピードマン
ジャック・ブラック(男優)ジェフ・ポートノイ
ロバート・ダウニー・Jr(男優)カーク・ラザラス
ブランドン・T・ジャクソン(男優)アルパ・チーノ
ニック・ノルティ(男優)ジョン・"フォーリーフ"・テイバック
スティーヴ・クーガン(男優)デミアン・コックバーン
ジェイ・バルチェル(男優)ケヴィン・サンダスキー
マシュー・マコノヒー(男優)リック・ペック
ビル・ヘイダー(男優)ロブ・スロロム
トム・クルーズ(男優)レス・グロスマン
ダニー・マクブライド〔男優〕(男優)特殊効果担当(爆破係) コディ
エイミー・スティラー(女優)スクリプト・スーパーバイザー
クリスティーン・テイラー(女優)レベッカ
レジー・リー(男優)ビョング
ケヴィン・ポラック(男優)司祭長(ノンクレジット)
堀内賢雄タグ・スピードマン(日本語吹き替え版)
桐本琢也カーク・ラザラス(日本語吹き替え版)
志村知幸コディ(日本語吹き替え版)
瀧本富士子トラン(日本語吹き替え版)
森田順平リック・ペック(日本語吹き替え版)
森川智之レス・グロスマン(日本語吹き替え版)
廣田行生ジョン・"フォーリーフ"・テイバック(日本語吹き替え版)
出演ジョン・ヴォイト本人役
ジェイソン・ベイトマン本人役
ランス・ベース本人役
タイラ・バンクス本人役
ジェニファー・ラヴ・ヒューイット本人役
アリシア・シルヴァーストーン本人役
トビー・マグワイア本人役(ノンクレジット)
原作ベン・スティラー(脚本原案)
ジャスティン・セロー(脚本原案)
脚本ベン・スティラー
ジャスティン・セロー
音楽セオドア・シャピロ
編曲ピート・アンソニー
ジョン・キュール
ジョン・アシュトン・トーマス
撮影ジョン・トール
製作ベン・スティラー
エリック・マクレオド
スチュアート・コーンフェルド
ドリームワークス
製作総指揮ジャスティン・セロー
配給パラマウント・ジャパン
特殊メイクマシュー・W・マングル(ベン・スティラーの特殊メイクのデザイナー)
辻一弘
特撮ジェイミー・ディクソン〔特撮〕(視覚効果スーパーバイザー)
ロバート・ストロンバーグ(ヴィジュアル・エフェクツ・デザイナー)
アサイラムVFX(視覚効果)
衣装マルレーネ・スチュワート
編集グレッグ・ヘイデン
スタントジョン・コヤマ
ツヨシ・アベ[スタント]
その他マイケル・デ・ルカ(サンクス)
あらすじ
ヴェトナム帰還兵の回顧録が映画化されることになり、落ち目のアクションスター・タグと下ネタ中心のコメディ俳優・ポートノイ、そしてオスカー俳優のラザラスの3人が主演を勤めることに。しかし、タグの我儘やらスタッフの暴走で撮影は5日目にして頓挫。プロデューサーの脅しに対し、より優れた映像を作り上げようと監督は俳優たちをジャングルの奥深くに送り込むことになった。しかし、送り込まれた先は、麻薬取引が頻発し銃弾が飛び交う、まさに戦地のような場所だった。彼らは生きて生還できるのか?
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)

【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
123
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
52.ベトナム戦争映画への愛にあふれてる。地獄の黙示録、ランボー2、プラトーン・・・。みんな好きなんだね。
センブリーヌさん [インターネット(字幕)] 6点(2018-04-28 16:05:33)★《更新》★
51.《ネタバレ》 畑違いの監督に大作を任せる、酷評された作品が海外では大絶賛、人種を変えるほどの行き過ぎた役作り・・・迷走するハリウッドへの痛烈な風刺と警鐘と憂いを織り交ぜながらも、「それでも俺達はハリウッドが大好きなんだ」とラブレターを送る。ハリウッドで絶大な支持を得たベン・スティラーだからこそ出来た、映画愛に満ちた作品だろう。ただ、アメリカンコメディらしいノリが強く、予告編のような笑いには期待したが正直厳しい。マニアックでブラックな内幕ものとして振り切っている分、ある意味清々しいが・・・。監督爆死→本物のゲリラを俳優だと勘違いするコントみたいなやり取りが唯一の笑いどころ。
Cinecdockeさん [映画館(字幕)] 4点(2017-11-27 19:20:08)
50.《ネタバレ》 笑えるという触れ込みで見たのだが、あまり笑えず。
単にブラックなだけで、自分には合わなかった。
監督がトム・クルーズに似ているなぁ、と思っていたら本人だったという事で精一杯の5点
チェブ大王さん [DVD(字幕)] 5点(2015-10-15 23:07:11)
49.《ネタバレ》 もっとハチャメチャな映画かと思って期待しすぎました。ほとんど笑えず退屈でした。死体いじりには嫌悪感、抽象的な言葉のやりとりや、クライマックスでサッサと逃げずにつまらない展開にはイライラしました。『プラトーン』のパロディも既視感たっぷり。あと時々“字幕の女王”を意識したっぽい字幕も出てきたりしましたが、これも笑えませんでした。でも大爆発は見ていて気持ちいいですね。
リンさん [DVD(字幕)] 5点(2015-01-14 20:37:55)
48.《ネタバレ》 ○パロディ元が分かればより楽しめる作品。○冒頭のグロなどの要素はどう考えても不必要だと思う。○それぞれのキャストのキャラがはっきりしていてそれも楽しめる。特にトム・クルーズの存在感。たまーにしか見られない役だがさすが。
TOSHIさん [CS・衛星(字幕)] 7点(2014-05-10 13:26:53)
47.アクション映画としてなかなかの出来。大量の火薬が使用されているだけで、もうちょっと嬉しいです。制作費を存分につぎ込んだ悪ふざけ。いいじゃないですか。役者もご贔屓の芸達者ばかり。当然文句はありません。でも残念ながら笑えませんでした。「ここは笑うところ」というポイントは理解できます。でも冷静にそう思っている時点で楽しめてない証拠。これは完全に自分に非がありました。パロディの元ネタとなるオリジナル戦争映画をほとんど観ていないのです。気づいたのは『プラトーン』くらい。本作は見た目以上に間口の狭い映画と考えます。戦争映画をもう少し鑑賞してから再度挑戦してみたいと思います。
目隠シストさん [映画館(字幕)] 6点(2014-04-12 22:25:19)
46.《ネタバレ》 うーん、面白くない!
詰め込みすぎだよね。かといって、詰め込んだものも、面白くない。
寝そうになるのを何度かこらえました。
ここまで笑えないコメディは久々です。
kontikiさん [DVD(字幕)] 3点(2013-09-01 18:12:51)
45.役者が本物の戦闘に巻き込まれるというありがちな物語ではあるのですが、ベン・スティラーの人脈を駆使して揃えられた豪華キャストによって他作品との差別化が図られています。『オーシャンズ11』や『エクスペンダブルズ』を見ればわかる通り、この手のオールスター映画はキャストの動かし方が難しいのですが、本作は遊んでいるキャストがいないという点で感心します。コメディを本業としている俳優達は専らサポートに回り、コメディとは無縁の大物に思い切った役柄を割り振るという配置は、なかなか斬新でもありました。。。
とにかく凄いのが、トム・クルーズとロバート・ダウニー・Jrの大暴れです。トムが演じるのは、ジョエル・シルヴァーをモデルにしたと思われる映画プロデューサー。このキャラの狂い方が非常に素晴らしくて感動してしまいます。とにかく勢いで捲し立て、相手に反論の隙を与えず強引に話を結論に持っていく。本格的なコメディは初となるトムのハジケっぷりは楽しいし、「笑わせようとしてはいけない。不真面目な設定を真面目に演じることが笑いにつながる」という鉄則を守った演技には感心させられました。『マグノリア』でも感じたのですが、この人は脇に回るととんでもない演技と存在感を披露します。。。
一方ダウニー・Jrが演じるのは、サミュエル・L・ジャクソンになりきろうとするラッセル・クロウ(笑)。得意げな表情でブラザー言葉を使い、語尾で「メ~ン」と言う様には笑ってしまいました。かつてはメソッド演技を極めた実力派として名を馳せていたダウニー・Jrが、メソッド演技のやりすぎで自分を見失ってしまった俳優を演じるというセルフパロディとなっている点にも注目なのです。。。
最後に、本作の字幕の酷さについて触れます。笑いを理解していない人が字幕を担当したようで、せっかくの笑いどころがことごとく潰されています。例えば、「retard(知恵遅れ)」という言葉が「愚か者」と訳されているため、あえて差別用語を使った作り手の意図が伝わっていません。英語のジョークを原語で理解できる方以外は、本作を吹き替えで鑑賞されることをオススメします。笑いの量が3倍に増えますから。
ザ・チャンバラさん [ブルーレイ(吹替)] 8点(2012-12-12 00:51:30)
44.まったくといっていいほど、記憶に残らんであろう、だめ映画。ジョークはまぁ面白いが、ブラックな感じは否めない。公開に関していろいろな意味も含めた話題を呼んだのは当然だと思う。トムがよかった。
バトルコサックさん [DVD(字幕)] 3点(2012-05-29 03:06:48)
43.《ネタバレ》 壊れている。大事な部分が壊れている。
黒猫クックさん [DVD(字幕なし「原語」)] 8点(2012-03-23 05:43:06)
42.《ネタバレ》 とても悲しいことがあって、こういう時だからこそ敢えて理屈抜きに大笑いできる映画を観ようと思った。
普段は積極的にこの類いの“コテコテ”のコメディ映画は観ない。だからベン・スティラーの映画を観るのも本当に久しぶりだった。

どのジャンルの映画においても同じことが言えようが、コメディ映画というジャンルは特に観る者によって好き嫌いが大別される。故に笑いどころのポイントが合わなければ、その人にとっては駄作以外の何ものでもなくなってしまう。
それはもう丁半博打のようなものだけれど、幸運にもこの映画は大笑いできる映画だった。サイコーである。

ある程度あらゆる映画を見続けている人であれば、映画の冒頭から本当に可笑しくて仕方なくなってくるのではないかと思う。
戦争映画のパロディというよりも、ハリウッドの映画産業自体を風刺しパロディ化した映画世界は、凄まじいほどにきちんと作り込まれていて、笑いと同時に大いに感心してしまう。
数多の戦争映画で描かれてきた戦場における狂気の様と、ハリウッドのメインストリートの住人たちの滲み出る狂気が絶妙にリンクしていく描写は、ストーリーとしてもとても優れていた。

世界中にコメディ映画は溢れているが、本当に優れた可笑しさは、ストーリー的にも映像的にも徹底したクオリティーの高さの中にこそ生まれるということを、この映画の作り手は熟知しているのだと思った。

ブラックで時にどギツイシーンも連発されるが、豪華な出演陣のパフォーマンスをはじめ、常に“中途半端”であることを避け、すべてにおいて“振り切っている”ことが、決して居心地の悪さを感じさせない理由だろう。

鬼畜豪腕プロデューサーの意味不明な“ラストダンス”も含め、問答無用にテンションを上げてくれる“今の自分”に相応しい映画だったと思う。


個人的に惜しむらくは、鬼畜豪腕プロデューサー役のキャスティングに最後のクレジットまで気付かないでいられたなら、最終的なテンションの上がり方はもっと劇的になっただろうなと思ったこと。
某スパイ映画の最新作を含め、「彼」の映画を最近立て続けに観たばかりだったので、“眼”と“動き方”から気付かずにはいられなかった……。
鉄腕麗人さん [ブルーレイ(字幕)] 8点(2012-01-14 16:17:03)
41.僕にはどこもおもしろくなかった 
 
でも寒くはなかった だるかった
 
アメリカンジョークのゆるいとこを連発したんだろーから 通な人 アメリカナイズされた人におすすめ
おでんの卵さん [DVD(字幕)] 3点(2011-07-17 12:44:42)
40.《ネタバレ》 自分は好きな感じですが、ヒトに勧められるかと云われれば微妙。地雷踏んで爆発するシーンが自分的には最高潮で「これから更にグロくなるのかしら?」と思っていたが、そこまではイかず。キャストは豪華!
キノコ頭さん [DVD(字幕)] 5点(2011-06-29 19:54:39)
39.ブラックなのはいいとしても、何だかノリの悪いコメディ。でもどうしてもこの映画を作りたかったのね。どうやら映画業界に対して相当、鬱憤が溜まっているようですね。そう思って観ると、同情を感じてしまいますが、でもこんなにストレートに鬱憤を映画にぶつけられたんじゃあ、今度はコチラの鬱憤が溜まってしまうではないですか。
鱗歌さん [ブルーレイ(字幕)] 5点(2011-02-14 23:25:30)
38.《ネタバレ》 個人的にコメディで人が死ぬブラックユーモア的なのは笑えないので、ちょっといや~な予感はあったのですが、意外と普通に楽しめました。でもグロい。ブラックに終始するこの手の映画は中盤過ぎたくらいでお腹一杯になる。後半グロ描写は少なくなりましたが、子どもを放り投げるシーンなど、またこれも笑えない。平和な日本で生きてる私にはちょっと受け付けないシーンも多数。
でも実際の映画をベースにした映画論みたいなものは面白かった。『レインマン』と『アイアム・サム』をくらべてオスカーを獲れただの獲れなかっただのという、一種映画雑誌の特集のような会話は興味深く、ネイティブの人たちが一般論的にそういった映画をどう見てるのかがわかってよかったです。

今さっきシネマレビューでキャストをチェックしたところ、あのハゲがトム・クルーズさんだったことや、ニセ黒人がロバート・ダウニー・Jrさんだったことは普通に驚き。ジェニファー・ラブ・ヒューイットさんも出てたり、キャストにお金はかかってる印象。てかよく出たね、これに(笑)。ラストにジェニファーさんを出すくらいならもっと作中に女っ気も欲しかったね。
TANTOさん [DVD(字幕)] 5点(2011-02-08 10:43:37)
37.《ネタバレ》 いやあ面白かった。笑った。金かかったコメディアクションってのは気持ちいいな。それにしても、あの踊るイカレタハゲが、あの人とはねぇ。言われても別人にしか見えない。パリ恋のトラボルタみたいだもん。まあ、笑いの要素がほとんどグロ、パロディ、不謹慎だから笑えないという人が多いのも頷ける。
すべからさん [DVD(字幕)] 8点(2010-12-05 19:29:20)
36.《ネタバレ》 もっとふざけた感じかと思ってましたが、結構マトモでした。色々小ネタも仕込まれてて面白かったです。一番のオチは、やはりトム・クルーズですね。
よりさん [ブルーレイ(字幕)] 6点(2010-07-11 00:31:31)
35.もっと笑わせてくれることを期待したからか、面白みにかけました。
映画の名シーンをパロっているところもいまいちならば、ギャグシーンもどこかで観たようなものばかりで笑えませんでした。
ぬーとんさん [CS・衛星(字幕)] 4点(2010-06-29 01:11:42)
34. どう見ても下らない内容だけど、会話とか細かいネタにちょくちょく笑わせてもらいました。
 
 特筆すべきは、ロバート・ダウニーJr.の面白さ。
本気で黒人に成りきってるから困る。(笑)

 あと、ジャック・ブラックは相変わらずコミカルだった。

 とにかく、ロバート・ダウニーJr.を見てれば笑えます。 
タックスマン4さん [CS・衛星(字幕)] 6点(2010-06-21 02:35:13)
33.《ネタバレ》 もっと爆笑できる作品かなと期待して見たんだけどほとんど笑えずじまいだった。最初の偽映画の予告編はまだ面白かったけど。この踊る禿げオヤジはなんだよと思って見てたけれど、最後トムクルーズだったと知って驚いた。それだけの映画かな。
ほかろんさん [DVD(字幕)] 4点(2010-06-05 23:16:21)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
123
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 52人
平均点数 5.50点
000.00%
111.92%
223.85%
3815.38%
459.62%
5611.54%
61325.00%
7917.31%
8611.54%
923.85%
1000.00%

【その他点数情報】

No名前平均Review数
1 邦題マッチング評価 5.66点 Review6人
2 ストーリー評価 3.87点 Review8人
3 鑑賞後の後味 4.57点 Review7人
4 音楽評価 7.00点 Review6人
5 感泣評価 3.25点 Review4人
chart

【アカデミー賞 情報】

2008年 81回
助演男優賞ロバート・ダウニー・Jr候補(ノミネート) 

【ゴールデングローブ賞 情報】

2008年 66回
助演男優賞ロバート・ダウニー・Jr候補(ノミネート) 
助演男優賞トム・クルーズ候補(ノミネート) 

■ ヘルプ
© 1997 JTNEWS