星の王子ニューヨークへ行く2のシネマレビュー、評価、クチコミ、感想です。

Menu
 > 作品
 > ホ行
 > 星の王子ニューヨークへ行く2
 > (レビュー・クチコミ)

星の王子ニューヨークへ行く2

[ホシノオウジニューヨークヘイクツー]
Coming 2 America
2021年【米】 上映時間:108分
平均点:6.75 / 10(Review 4人) (点数分布表示)
公開開始日(2021-03-05)
コメディシリーズものロマンス配信もの
新規登録(2021-03-08)【alian】さん
タイトル情報更新(2021-03-10)【イニシャルK】さん
Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索
Twitterにて検索
ブログに映画情報を貼り付け
監督クレイグ・ブリュワー
キャストエディ・マーフィ(男優)アキーム・ジョフィ王子/ランディ・ワトソン/クラレンス/ソウル
アーセニオ・ホール(男優)セミ/モーリス/ブラウン牧師/ババ
ウェズリー・スナイプス(男優)イジー将軍
ジェームズ・アール・ジョーンズ(男優)ジョフィ・ジャファ王
ジョン・エイモス(男優)クレオ・マクドゥーウェル
トレイシー・モーガン(男優)リーム
山寺宏一アキーム・ジョフィ王子/ランディ・ワトソン/クラレンス/ソウル(日本語吹き替え版)
高木渉セミ/モーリス/ブラウン牧師/ババ(日本語吹き替え版)
江原正士イジー将軍(日本語吹き替え版)
勝部演之ジョフィ・ジャファ王(日本語吹き替え版)
深見梨加リサ・マクドゥーウェル(日本語吹き替え版)
武内駿輔ラヴェル(日本語吹き替え版)
麦人クレオ・マクドゥーウェル(日本語吹き替え版)
乃村健次リーム(日本語吹き替え版)
茶風林オーハ(日本語吹き替え版)
製作エディ・マーフィ
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)

【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
4.《ネタバレ》 前作、星の王子ニューヨークへ行く(1988)の公開からなんと33年! (いつのまにそんなに時間がたってしまったんだ!!時が経つのは早いですなぁぁ) 作中のニューヨークも変わってしまったようにかなり世の中も変わりました。そして、の、コロナ禍でもあります。 しかし、エディ・マーフィー始めあの懐かしい面々が帰ってきた! やっぱりというか当然皆さんお歳をとられたが、あの楽しいノリそのままで大いに楽しめました^^ おそらく色々な製作方針が検討されたと思いますが、この方向性は大正解。そしてプラスのサプライズな出演者も見どころですね、ちょっとミュージカル調なのは気になったけどまぁいいでしょう(笑) それにしてもエディ・マーフィー歳取ってませんね(そんなことはないw) とっても面白かったです、8点。
Kanameさん [インターネット(吹替)] 8点(2021-05-07 21:08:46)《新規》
3.面白かったけど、セットのシーンが長くて劇場クオリテイにはなかった気がするなー。そもそも笑える映画ではなく、家族の成長の物語だね。前作とはテイストが違う。
センブリーヌさん [インターネット(字幕)] 6点(2021-03-30 00:05:11)
2.《ネタバレ》 星の王子、小さい頃から大好き。
25年ぶりの続編ということで、ワクワク鑑賞。
2を見る直前に1をみて細部まで復習。直前に1をみたことによって、感動が高まった!だって脇役の方たちまで25年前の人たちがそのままでてるんです☆それだけで感動です。四半世紀をこえてもなお同じメンバーでできるなんて(>_<)
そして、暗さや嫌みのない明るい作品であることに変化はなく、重たい作品を見続けたあとなどにはリフレッシュに最高の作品です☆
何だか悪役の人たちがミュージカルみたいでそこも楽しかったです☆
ブリーバンデカンプさん [インターネット(字幕)] 6点(2021-03-18 09:55:55)
1.30年ぶりの続編。30年の月日を経ても変わらない“エディ・マーフィ”というエンターテイメント力が圧巻で、懐かしさを存分に携えた爆笑は、次第に週末の夜のささやかな多幸感へと変わっていった。

30年後の続編という企画において、敢えて新しいことに積極的に挑まず、オリジナル作品のキャラクター性や映画的な雰囲気の「再現」に努めた制作陣の意向は正しかったと思う。
必然的に“新しさ”なんてものはなく、ほぼオリジナル作品のファン層のみをターゲットにした“同窓会映画”であることは否めないが、そうすることが、この映画が持つエンターテイメント性を過不足無く引き出していると思える。

何よりも嬉しかったのは、エディ・マーフィをはじめとするオリジナルキャストが勢揃いしていたことだ。
主人公の親友役セミを演じたアーセニオ・ホールは勿論、ヒロインのシャーリー・ヘドリー、父国王のジェームズ・アール・ジョーンズ、バーガーショップ経営者(義父)役のジョン・エイモスら、懐かしい顔ぶれが見られただけでも、感慨深いものがあった。
そして勿論、エディ・マーフィとアーセニオ・ホールによる“一人四役”も健在で、楽しかった。

新キャラクターでは、主人公の婚外子として登場するラヴェルのビジュアルが、完全に「ブラックパンサー」の“キルモンガー”パロディで愉快だったし、3姉妹の娘たちもフレッシュな魅力を放っていたと思う。
そして、隣国の独裁者として登場する“イギー将軍”に扮するのはウェズリー・スナイプス。鑑賞前にクレジットを見ていなかったので、90年代を代表する黒人アクションスターの登場には、益々高揚感を高められた。演じるキャラクターのバカぶりも最高すぎた。


繰り返しになるが、二つほど時代を越えて制作された「続編」として、何か新しい発見や挑戦がある類いの映画ではないし、オリジナル作品のファン以外が観てもピンとこない要素も多いのかもしれない。
ただ、かつて週末の民放ロードショーで「星の王子ニューヨークへ行く」を観て、エディ・マーフィというエンターテイメントを楽しんだ世代としては、問答無用に爆笑必至だった。

今作はパンデミックの影響で劇場公開が断念され、Amazonでの配信と相成ったとのこと。
制作陣やキャスト陣にとっては残念なことだっただろうけれど、かつてオリジナル作品を観たときと同様に、週末の夜、自宅で、“日本語吹替版”で観られたことは、ファンにとってある意味幸福な映画体験だったと思うのだ。
鉄腕麗人さん [インターネット(吹替)] 7点(2021-03-15 12:14:15)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 4人
平均点数 6.75点
000.00%
100.00%
200.00%
300.00%
400.00%
500.00%
6250.00%
7125.00%
8125.00%
900.00%
1000.00%

■ ヘルプ
© 1997 JTNEWS