黒蜥蜴(1962)のシネマレビュー、評価、クチコミ、感想です。

Menu
 > 作品
 > ク行
 > 黒蜥蜴(1962)
 > (レビュー・クチコミ)

黒蜥蜴(1962)

[クロトカゲ]
1962年【日】 上映時間:102分
平均点:8.00 / 10(Review 8人) (点数分布表示)
ドラマサスペンスラブストーリーミュージカル犯罪もの小説の映画化戯曲(舞台劇)の映画化
新規登録(2004-11-16)【蝉丸】さん
タイトル情報更新(2016-07-19)【イニシャルK】さん
Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索
Twitterにて検索
ブログに映画情報を貼り付け
監督井上梅次
キャスト京マチ子(女優)緑川夫人(黒蜥蜴)
大木実(男優)明智小五郎
川口浩(男優)雨宮潤
叶順子〔1936年生〕(女優)岩瀬早苗/にせものの早苗
三島雅夫(男優)岩瀬庄兵衛
藤山浩二(男優)用心棒
北城寿太郎(男優)用心棒
丸井太郎(男優)用心棒
大川修(男優)用心棒
久里千春(女優)女中夢子
杉田康(男優)北村
中条静夫(男優)松吉
目黒幸子(女優)岩瀬夫人
三角八郎(男優)御用聞五郎
原作江戸川乱歩「黒蜥蜴」
三島由紀夫(劇化)
脚本新藤兼人
音楽黛敏郎
作詞三島由紀夫
撮影中川芳久
製作永田雅一
企画土井逸雄
配給大映
美術間野重雄
編集鈴木東陽
録音橋本国雄
その他東京現像所(現像)
あらすじ
女盗賊黒蜥蜴はアラビヤの星を手に入れるべく宝石商の娘を誘拐した。名探偵明智小五郎と繰り広げられる戦いの中でいつしか黒蜥蜴は好敵手明智に惹かれ・・・
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)

【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
8.《ネタバレ》 2時間ドラマの天知版明智小五郎ドラマが好きなので、同じテイストのこの映画は好き。美輪版より好き。
にけさん [映画館(邦画)] 8点(2019-01-17 17:16:59)
7.《ネタバレ》 京マチ子が鞭を振るいながら踊るインパクト、騙し合いによる騙し合いの攻防、明智小五郎を葬ろうとして成功したと思い込む京マチ子演じる黒蜥蜴、本物の早苗、偽物の早苗、そして黒蜥蜴こそが本物の宝石だと死んだ彼女の美しい死顔、死体を運んで去っていく明智小五郎と色んな意味でこの映画は見所十分です。一見B級映画の様で中身はきちんとしている。嘘で固められる世界観、怪しげな江戸川乱歩の変わった雰囲気などもこの映画の魅力の一つである。そしてやはりこの映画は京マチ子の演技が醸し出す一人舞台、京マチ子を観るだけでも観るに値する映画だ。
青観さん [CS・衛星(邦画)] 8点(2018-08-26 17:32:11)(良:1票)
6.《ネタバレ》 ずいぶん昔、テレビの深夜放送で初めて観ました。予想に反して、かなり面白かった印象があります。細かいシーンや内容は忘れてしまいましたが、「♪く~ろ~と~か~げ~」という歌が、今も耳から離れません。
ramoさん [地上波(邦画)] 7点(2011-07-09 01:43:00)
5.《ネタバレ》 濃厚な映画ですね。とくに京マチ子さんがスゴイ! 好きなシーンは、京マチ子さん演ずる黒蜥蜴が男装してホテルから逃亡するところ。ミュージカル調になっていて、ホテルの廊下を踊りながら歩いてエレベーターに乗り込むんですが、ある意味でお見事! ちょっとふくよではありますが、京マチ子さんの淫靡な乱歩の世界に引き込まれちゃいました。明智小五郎役の大木実さんも渋くていいけど、京マチ子さんの前では引き立て役にすぎないんじゃないでしょうか。超個性派の艶やかな叶順子さんもかすんでいました。ただ、用心棒の歌のところは、少しイタイ感じがしました。あの握り飯は、ないよなぁ。
上野若宮深さん [地上波(邦画)] 8点(2008-07-22 00:35:35)
4.冒頭の主題歌と京マチ子が鞭を振りながら現れるタイトルバックがしばらく頭から離れない。さらに劇中でも登場人物が唐突に歌い踊る。インパクトある映像とシュールな展開が飽きさせない。深作欣二のリメイク版も機会があれば見てみたいと思う。
イニシャルKさん [ビデオ(邦画)] 9点(2005-02-27 17:11:37)
3.江戸川乱歩原作の特異な世界観の舞台をそのまま映像化したような映画世界に引きずり込まれる。京マチ子の黒蜥蜴、大木実の明智小五郎それぞれの神妙でどこかセクシーな語り口に陶酔する。……と、この映画だけを観たのならば、おそらく手放しで絶賛したであろう。がしかし、そうするにはやはり無視することができないものが存在する。それは、同原作1968年製作深作欣二版「黒蜥蜴」である。京マチ子は素晴らしかったと思うが、深作版の美輪明宏(丸山明宏)の存在感と比べると圧倒的に迫力不足な感じがする。そして、完全なる“映画としてのパワー”に溢れる深作版に対して、“舞台を再現”した感が漂う今作には全体的にチカラの弱さを感じてしまった。
鉄腕麗人さん [DVD(邦画)] 7点(2005-01-31 21:46:06)
2.江戸川乱歩の原作を三島由紀夫が舞台化。これはその戯曲を元に、ほぼ舞台と同時進行で製作されたという大映作品。この映画の主役は明智小五郎ではなく、女賊・黒蜥蜴でもなく、完全に京マチ子その人、当時38歳。「不眠症~の星、死体~の瞳、くーろとーか~げ」という三島作詞の怪し過ぎる主題歌に乗って、大胆ドレス、令夫人、令嬢、女王様、店員のおばさんと、タイトルバックからコスプレで大活躍してます。果ては男装でのダンスまで披露(驚くべきことに、一部はミュージカル仕立てなのです)。三島の書いた間の抜けた展開や不条理な台詞の数々、井上梅次のシュールな演出等もあって、本作には馬鹿映画の称号を与えても差し支え無いでしょう。嗚呼、黒蜥蜴様、私にも爬虫類の称号をお授け下さい、7点献上。
sayzinさん 7点(2004-12-07 00:03:56)
1.インパクトは10点!オープニングの鞭の鳴る音と音楽でぐいっと映画に引き込まれてしまった。明智と黒蜥蜴がお互いに相手のことを語りながら最後で同じ台詞を言うシーンがあるのだが、その映像が秀逸です。海に出て船を遠景で撮るところなどはかなりのちゃちさを感じるのだがそれを補うパワーがある。黒蜥蜴のコレクションである人間の剥製が想像の中で踊り出す所は度肝をぬかれる。映像的にとても新鮮に感じた。一度見られることを是非お薦めする。
蝉丸さん 10点(2004-11-17 19:49:37)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 8人
平均点数 8.00点
000.00%
100.00%
200.00%
300.00%
400.00%
500.00%
600.00%
7337.50%
8337.50%
9112.50%
10112.50%

【その他点数情報】

No名前平均Review数
1 邦題マッチング評価 Review0人
2 ストーリー評価 7.00点 Review1人
3 鑑賞後の後味 8.00点 Review1人
4 音楽評価 10.00点 Review1人
5 感泣評価 Review0人
chart

■ ヘルプ
© 1997 JTNEWS