小さいおうちのシネマレビュー、評価、クチコミ、感想です。

Menu
 > 作品
 > チ行
 > 小さいおうち
 > (レビュー・クチコミ)

小さいおうち

[チイサイオウチ]
The Little House
2013年【日】 上映時間:136分
平均点:6.31 / 10(Review 48人) (点数分布表示)
公開開始日(2014-01-25)
ドラマラブストーリー戦争ものミステリー小説の映画化
新規登録(2013-10-13)【イニシャルK】さん
タイトル情報更新(2016-03-11)【イニシャルK】さん
Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索
Twitterにて検索
ブログに映画情報を貼り付け
監督山田洋次
助監督平松恵美子
キャスト松たか子(女優)平井時子
黒木華(女優)布宮タキ(青年期)
倍賞千恵子(女優)布宮タキ(晩年)
片岡孝太郎(男優)平井雅樹
吉岡秀隆(男優)板倉正治
妻夫木聡(男優)荒井健史
橋爪功(男優)小中先生
吉行和子(女優)小中夫人
室井滋(女優)貞子
中嶋朋子(女優)松岡睦子
ラサール石井(男優)柳社長
あき竹城(女優)カネ
笹野高史(男優)花輪和夫
松金よね子(女優)花輪の叔母
螢雪次朗(男優)酒屋のおやじ
林家正蔵(九代目)(男優)治療師
小林稔侍(男優)荒井軍治
夏川結衣(女優)荒井康子
木村文乃(女優)ユキ
米倉斉加年(男優)平井恭一(晩年)
北山雅康(男優)
岡本茉利(女優)
原作中島京子「小さいおうち」
脚本山田洋次
平松恵美子
音楽久石譲
撮影近森眞史
製作松竹(「小さいおうち」製作委員会)
テレビ朝日(「小さいおうち」製作委員会)
博報堂DYメディアパートナーズ(「小さいおうち」製作委員会)
博報堂(「小さいおうち」製作委員会)
朝日放送(「小さいおうち」製作委員会)
大谷信義(製作代表)
冨木田道臣(製作代表)
平城隆司(製作代表)
製作総指揮迫本淳一
プロデューサー深澤宏
制作松竹
配給松竹
特殊メイク江川悦子
特撮浅野秀二(VFXプロデューサー)
佛田洋(VFXスーパーバイザー)
美術出川三男
編集石井巌
録音岸田和美
東京テレビセンター(オプチカルレコーディング)
照明渡邊孝一
その他松竹衣裳株式会社(協力)
東京現像所(現像)
あらすじ
布宮タキ(黒木華)はモダンな赤い屋根の平井家に女中として仕えている。昭和11年の正月、若手デザイナー・板倉正治(吉岡秀隆)が年始の挨拶に訪れる。いくつかの出来事を経て、板倉と時子夫人(松たか子)は心を通わせていく。
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)

【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
123
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
48.《ネタバレ》  初め、タキは東北弁を話す板倉が初恋の相手だったのではないかと思った。時子の手紙を板倉に届けなかったのは、平井家への忠誠心というよりは、自分の恋心から2人を会わせたくなかったから。相思相愛の彼らが生き別れになってしまった責任を強く感じて、独身を通し罪悪感を抱き続け、贖罪の意で自叙伝を書き、辺りをはばからず号泣したのだろう、と。それにしては、彼女が生死を強く案じていた相手は板倉ではなく、夫妻だったし、30のキムリンさんのご指摘のように、時子の素足を手で触る行為が描かれている以上、タキの思い人は、時子だったのだと思う。小さいおうちの中、つまり、広く世間に出て異性との愛を知ることなく狭い世界の中で青春を過ぎてしまったタキの物語、という作品なのではないか。

 そう解釈したら、この映画もそう悪くはない。確かに心には残った。ただ、やはり山田洋次監督作品は、私には肌が合わず何度も苛立った。健史の描き方があざとい。勉強もバイトも恋人とのデートも自由にできる。平和な治世となり、人生で最も好奇心に満ちた大学時代を送る彼が、直系の身内でもない一人暮らしの高齢者が書く自伝を、早く書け書けとせがむなど、年寄り目線もいいところだ。同じような雰囲気で始まる『ジョゼと虎と魚たち』の妻夫木聡の興味の対象は、少なくとも同世代の女性だった。寂しいことではあるけれど、新しいものを吸収するのに忙しい若者は、高齢者のセピア色の話など聞く耳を持たないものだ。それを老監督はこれっぽっちもわかっていない。『風が吹くとき』の絵本をチラ見させているシーンも不自然極まりなく、作り手のメッセージがこれ見よがしだ。例の手紙に至っては、最重要アイテムであるにもかかわらず、健史が無責任にもぺらぺら読み上げ、繊細な余韻が台無しに。むしろ、彼が時子の息子に封書を転送、恭一本人が自身の目で直接読んで文章の意味や未開封の理由を理解し、母ではなくタキの墓参りに行けば、もっとずっと深いラストになった。
tonyさん [インターネット(邦画)] 6点(2018-06-06 11:23:25)
47.黒木華が出ているという理由だけで観た。彼女の演技はとても良かったものの、ストーリー自体がつまらない。もっと先が気になるような物語だったなら飽きずに観れたと思いますが、そこまでの力はなかったですね。
丁寧に作られた良い映画だとは思いましたけど。
ヴレアさん [DVD(邦画)] 6点(2016-06-03 23:41:12)
46.最後の手紙は、回想を観ていれば何なのか誰でもわかると思うので、読んだ登場人物は驚くシーンだったのだと思いますが、観ている観客としては完全に置いてけぼりなのではないでしょうか?しかも、死ぬまで悩み続けるほどのネタとはとても思えない。不倫しまくったカップルにとっての一回やったかやらなかったかの違いだけでしょ。
それと、あの家自体「目立つ」のではなくて、大きな「違和感」を感じてしまいました。
マー君さん [DVD(邦画)] 5点(2016-04-29 13:29:40)
45.《ネタバレ》 板倉さんに夢中になるでしょうか。いや、これは個人的趣味の問題なのかも。吉岡さんのファンの方ごめんなさい。だけどそれが要の部分でもある気がする。カッコ良すぎじゃ逆に嘘くさいけれど、もう少し向いてた人がいたと思うと残念です。小さいおうちはとっても可愛くて私も好きな感じのお宅でした。時代背景も良い感じで描かれていました。松さんと華さんはとっても良かったし。板倉さん、、、残念。
movie海馬さん [CS・衛星(邦画)] 5点(2016-04-15 16:21:33)
44.印象の薄いちょっと退屈な作品
マンデーサイレンスさん [CS・衛星(邦画)] 5点(2016-04-02 13:53:00)
43.《ネタバレ》 山田洋次監督で不倫物、しかも戦争の話が絡む中での不倫とは異質である。仕事だから、会社命令だからといって見合いをする気がない者に無理やり見合いさせようとする時子の亭主が見ていて腹が立つ。そんな夫を尻目に夫の部下である板倉に想いを寄せる時子とその事を知り、時子の夫に知られないようにとするタキ演じる黒木華の演技が上手い。話の内容からどろどろしてもおかしくないのにさほどどろどろした感じを受けないのは山田洋次監督作品だからといっても良い。ミステリアスな世界、そんな世界を丁寧に描いていて普通に見る事が出来る。そんな中で賠償知恵子のナレーションが説明のし過ぎでそこまでやらないといけない?それは泣く場面もです。ストーリーだけ見て普通に感じ取らせて欲しい。そういう不満を感じての点数です。
青観さん [CS・衛星(邦画)] 6点(2016-03-06 12:08:50)(良:1票)
42.《ネタバレ》 ○戦時中に不倫とはと思うが、どの時代にも付き物なんでしょう。それを半世紀越しに知る息子。戦争に割にライトな雰囲気とは裏腹の内容。○語りを中心に進んでいく中で、所々に顔を出すCGは必要だったかな。
TOSHIさん [CS・衛星(字幕)] 6点(2016-02-22 22:33:19)
41.《ネタバレ》 私の母は「女中さんじゃないんだから」が生涯の口癖で長らく意味が良く分かりませんでしたが、本作は今より二世代前の生活様式がよく描写されていたため時間旅行のようでとても参考になりました。タキが時子夫人に強い口調で自分から提案した(予告編のシーン)事を実行せず運命が決まってしまったため、二人は信頼関係になかったという事で感動も無くわざわざ映画を作る内容だったのかと思いますし、映画としての満足度は低くなってしまいました。原作だとタキは時子夫人に恋していたという事ですが、残念ながらその複雑さは表現しきれなかったようです。60年も経てばあの時何故そのような行動をしたかの理由というかストーリーが自分の中で出来上がって言い訳がましく語る事もできると思いますが、それも無かったので薄っぺらい印象です。
DAIMETALさん [DVD(邦画)] 4点(2015-10-23 08:06:50)
40.《ネタバレ》 一部レビューに批判としてありますが妻夫木に「南京大虐殺があった」と語らせるシーンは私も興冷めしました。思想・信条(良心)の自由は憲法で保障されているとはいえ娯楽映画に持ち込むのは反則です。そもそも唐突・決め付け過ぎます。倍賞の「南京陥落の戦勝セールが楽しかった」という回想に言い返す場面なのですがそれなら「戦争は殺し合うものなんだからいくら勝ったからと言ってセールをして楽しむのは人として間違ってないかな?」程度が自然です。それから逆に吉岡はミスキャスト(松が惚れる魅力がない)、との批判には疑問です。美女は醜男に惚れる、のは定説ですしむしろ影のあるいかにもという俳優が演じたらちょっと臭さを感じます。各論から触れましたが総じてさほど感情移入できる物語ではありませんでした。松が書いた手紙を実は黒木は吉岡に渡さなかった、のがラストの見どころのようですがそれとて特に感動的でもなく「それがどうした?」感がありました。感性が鈍いのでしょうか。そんなこんなで5点とさせていただきました。
yoroshikuさん [ビデオ(邦画)] 5点(2015-08-19 15:25:11)
39.これは面白いね。
ほんと小さいおうちの小さい出来事なんだけど、松たか子と黒木華の功績が大きい。
ほぼ想像通りに事が進むので、驚きとかはないんだけど、なんとも言えない予定調和の面白さがある。
シリーズ作品の1本を見ているかのような安定感がありました。
小中家での出来事や戦後の奉公先での出来事も見てみたい。
もとやさん [地上波(邦画)] 8点(2015-06-25 20:20:22)
38.《ネタバレ》 最後の山田洋次ファミリー、倍賞さんも吉岡くんも、落としどころがキチンとしたとこで、見事完結!戦時下がこんなに明るい社会だったってことは、現代だって・・・てことがよく分かりました。
トントさん [DVD(邦画)] 8点(2015-06-21 23:50:26)
37.《ネタバレ》 いや~おもしろかったですわ。何が面白いって、まさに「昼ドラ」ですやん(笑)。そりゃ、上流の奥様が、しがらみにもまれながらも不倫を続ける話なんざ、見てて楽しいに決まってますもん。家政婦は見た、じゃなくて、タキちゃんは見た、ですね。そしてまた、その当時の時代背景も知れて興味深い。妻夫木くんのポジションは、まさに教科書でしか当時を知らない現世代そのもの。この年代だから食べ物はなにもないだろうにとかそういう単純さでみちゃいけませんね。やはり生き証人の言葉は大切です。
あろえりーなさん [地上波(邦画)] 8点(2015-04-01 22:52:55)
36.黒木華の存在感だけは評価できますが、あとは退屈。それなりに丁寧に作ってある気もするのですが、伝わってくるものがありませんでした。
コウモリさん [DVD(邦画)] 3点(2015-03-12 08:28:39)
35.演者さんたちに支えられて小さいエピソードたちも意義有るものになりました。
HRM36さん [地上波(邦画)] 5点(2015-03-09 13:52:18)
34.原作の方が時子と板倉が惹かれあっていく様子がよく描かれているが、ほぼ原作通りで雰囲気がよく出ていると感じた。黒木華は眼で演技ができる女優ですね。
nojiさん [地上波(邦画)] 6点(2015-03-09 00:33:02)
33.《ネタバレ》 原作は未読です。タキちゃんと時子や恭一とのやりとりや平井家で起こる日常の出来事が少し喜劇っぽく描かれていて、サザエさんを観ているようなほのぼのした気持ちになれました。話が進むにつれ時子の不倫が中心になっていき観ていてもつまらなくなりました。なんだか残念です。
ぽじっこさん [CS・衛星(邦画)] 6点(2015-03-08 16:16:56)
32.《ネタバレ》 映画の内容については皆さんが書きつくしているので、書きません。黒木華の演技力と存在感がすごいですね。てっきり東北出身かと思ったら、違ったのでびっくりしました。黒木華がいなかったら、この映画は安っぽい不倫劇になっていたのではないか、この人がいたから、この作品に芸術の香りが加えられたとすら感じられます。妻夫木聡は自然体の演技でしたが、好感が持てました。吉岡秀隆は、あのへにょへにょした感じがもとから好きでないので、何でこんな人と不倫をする気になったのかと思いました。
チョコレクターさん [地上波(邦画)] 6点(2015-03-06 12:57:21)
31.その時代に生きる人々の様々な想いが戦争によって破壊されていく。「過去を美化するな」という戦後教育を受けた若者の叫びに2重の意味を込めた、山田監督の反戦映画なんだろうと思う。(原作未読なので小説のテイストは違うのかもしれないが)
東京50km圏道路地図さん [地上波(邦画)] 7点(2015-03-03 21:13:30)
30.《ネタバレ》 2時間を超える上映時間で、特に大きな事件がおきるわけではない日常が淡々と描写されているだけだったにもかかわらず、退屈さや間延びした感じもなく一気に見てしまいました。全体的に流れるノスタルジックでほのぼのとした雰囲気は嫌いではありません。ただこの手の題材(戦争のあったレトロな時代を現在において回想するパターン)がこれまでも多く用いられていて新鮮さがないことや、ここぞという盛り上がりの場面がなかったこと、そして戦争の時代の暗さや悲惨さがあまり描かれていなかったこと、などから、今一つ心に残るものもありませんでした。ちなみに他の皆さんのコメントでは指摘されてはいないのですが、私が素直に感じたのは、タキさんは時子様を強くお慕いしていたのではないか(言ってみればレズに似た感情を持っていたのではないでしょうか)というものです。そうでなくては、時子は女学生の頃から同性のあこがれの的だった、と松岡睦子がタキさんに語る意味ありげなシーンが不要になってしまうのではないでしょうか(他にも坊やのマッサージをしていて時子がタキの手が暖かいといって握ったことに対する、タキのぎこちない反応のシーンとか)。タキさんが手紙を届けなかったのは、(小中先生に言われた「夫婦の仲は女中さん次第だ」という言葉に従って)、ひたすら奥様をお守りしたかったから、そして、空襲で亡くなってしまった奥様の唯一の直筆の手紙を形見として最後まで持っていたかったからでははないか、そんな風に思いました。
キムリンさん [地上波(邦画)] 6点(2015-03-02 21:50:05)(良:5票)
29.小さいおうちで起こった小さな情事。引き込まれて一気に観てしまったものの、オチに肩すかしを食らった気分です。本作を観たからと言って何の教訓にもならない気がしたもので…。特筆すべきは黒木華の圧倒的な存在感。
Kの紅茶さん [地上波(邦画)] 6点(2015-03-02 10:07:37)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
123
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 48人
平均点数 6.31点
000.00%
100.00%
200.00%
312.08%
448.33%
5714.58%
61633.33%
7714.58%
81327.08%
900.00%
1000.00%

【その他点数情報】

No名前平均Review数
1 邦題マッチング評価 6.50点 Review2人
2 ストーリー評価 6.50点 Review4人
3 鑑賞後の後味 6.50点 Review4人
4 音楽評価 6.50点 Review4人
5 感泣評価 5.75点 Review4人
chart

■ ヘルプ
© 1997 JTNEWS