宮本から君へのシネマレビュー、評価、クチコミ、感想です。

Menu
 > 作品
 > ミ行
 > 宮本から君へ
 > (レビュー・クチコミ)

宮本から君へ

[ミヤモトカラキミヘ]
2019年【日】 上映時間:129分
平均点:8.00 / 10(Review 1人) (点数分布表示)
公開開始日(2019-09-27)
ドラマ青春もの漫画の映画化
新規登録(2019-09-30)【目隠シスト】さん
Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索
Twitterにて検索
ブログに映画情報を貼り付け
監督真利子哲也
キャスト池松壮亮(男優)宮本浩
蒼井優(女優)中野靖子
井浦新(男優)風間裕二
柄本時生(男優)田島薫
古舘寛治(男優)岡崎部長
ピエール瀧(男優)真淵敬三
佐藤二朗(男優)大野平八郎
松山ケンイチ(男優)神保和夫
螢雪次朗(男優)中野靖邦
梅沢昌代(女優)中野静江
小野花梨(女優)中野瑞穂
脚本真利子哲也
港岳彦
配給スターサンズ
KADOKAWA
衣装伊賀大介(スタイリスト)
照明金子康博
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)

【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
1.復讐モノの映画は多数あれど、ここまで復讐者を応援してしまう映画もなかなか無いのではないか。

主人公の宮本は映画の冒頭から大怪我を負っており、物語が進むに従ってその顛末が明かされていく事となるのだが、その描き方が上手くグイグイとこの熱血心溢れる宮本という男に惹き付けられていく。
そして、敵がこれまた強い。ラグビー選手である。
ひ弱な只のサラリーマンである宮本に敵うはずが無いだろう。
一旦は負けたもののリベンジを誓う宮本が、山籠りをしたり、ジムに通うというのならまだ納得できるが、会社はちゃんと出勤するという真面目な日本のサラリーマンの鏡。仕事の合間に筋トレをしたりしてるだけである。おいおいそんなんで大丈夫か?
恐らく観ている人全員がそう思ったであろう第2ラウンド。
結果は秘密であるが、とにかく凄いバトルシーンだったとだけは言っておこう。

登場人物が皆バカなのか?という程に熱血というかテンションが高くて、息苦しくなっちゃったし、なんかもう最終的には笑っちゃった。敢えてそうしてるんだろうけど、勢いが凄すぎて考える余地がないというか、主張が激し過ぎてちょっと付いて行けなかった。

とは言え、池松壮亮のファンとしてはこれ以上ないくらいに彼の魅力が爆発していたので大満足だった。
ヴレアさん [映画館(邦画)] 8点(2019-10-09 21:26:28)★《新規》★
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 1人
平均点数 8.00点
000.00%
100.00%
200.00%
300.00%
400.00%
500.00%
600.00%
700.00%
81100.00%
900.00%
1000.00%

■ ヘルプ
© 1997 JTNEWS