男たちの大和 YAMATOのシネマレビュー、評価、クチコミ、感想です。

Menu
 > 作品
 > オ行
 > 男たちの大和 YAMATO
 > (レビュー・クチコミ)

男たちの大和 YAMATO

[オトコタチノヤマト]
Yamato
2005年【日】 上映時間:143分
平均点:6.30 / 10(Review 160人) (点数分布表示)
公開開始日(2005-12-17)
ドラマ戦争もの歴史もの小説の映画化
新規登録(2005-03-27)【マーク・ハント】さん
タイトル情報更新(2018-09-26)【イニシャルK】さん
Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索
Twitterにて検索
ブログに映画情報を貼り付け
監督佐藤純彌
佛田洋(特撮監督)
助監督原田徹(セカンドユニット監督)
キャスト反町隆史(男優)森脇庄八
中村獅童(男優)内田守
松山ケンイチ(男優)神尾克己(青年期)
仲代達矢(男優)神尾克己(晩年)
鈴木京香(女優)内田真貴子
橋爪遼(男優)児島義晴
渡辺大(男優)伊達俊夫
蒼井優(女優)野崎妙子
寺島しのぶ(女優)文子
奥田瑛二(男優)有賀幸作
井川比佐志(男優)組合長
高畑淳子(女優)玉木ツネ
余貴美子(女優)西サヨ
山田純大(男優)唐木正雄
本田博太郎(男優)古村哲蔵
林隆三(男優)草鹿龍之介
白石加代子(女優)神尾スエ
長嶋一茂(男優)臼淵磐
渡哲也(男優)伊藤整一
土平ドンペイ(男優)
高知東生(男優)川添
平山広行(男優)玉木
森宮隆(男優)大森
内野謙太(男優)西哲也
勝野洋(男優)森下信衛
池松壮亮(男優)前園敦
谷口高史(男優)
笹木俊志(男優)
高岡健二(男優)茂木史朗
渡辺宜嗣ナレーション
原作辺見じゅん「決定版 男たちの大和(上・下)」(ハルキ文庫刊)/「小説 男たちの大和」(角川春樹事務所刊)
脚本佐藤純彌
音楽久石譲
石川光(音楽プロデューサー)
角川春樹(音楽総合プロデューサー)
東京フィルハーモニー交響楽団(演奏)
作詞長渕剛「CLOSE YOUR EYES」/「YAMATO」
作曲長渕剛「CLOSE YOUR EYES」/「YAMATO」
編曲長渕剛「CLOSE YOUR EYES」/「YAMATO」
瀬尾一三「CLOSE YOUR EYES」(ストリングスアレンジ)
主題歌長渕剛「CLOSE YOUR EYES」/「YAMATO」
撮影阪本善尚
さのてつろう(水中撮影)
製作角川春樹
東映(「男たちの大和 YAMATO」製作委員会)
角川春樹事務所(「男たちの大和 YAMATO」製作委員会)
テレビ朝日(「男たちの大和 YAMATO」製作委員会)
朝日放送(「男たちの大和 YAMATO」製作委員会)
東映アニメーション(「男たちの大和 YAMATO」製作委員会)
朝日新聞社(「男たちの大和 YAMATO」製作委員会)
製作総指揮高岩淡
企画早河洋
坂上順
配給東映
特撮野口光一〔特撮〕(CGスーパーバイザー)
佐藤敦紀(CGスーパーバイザー)
東映アニメーション(CG)
大屋哲男(コーディネーター)
納富貴久男(機銃発砲)
BIG SHOT(機銃発砲)
久米攻(特殊効果)
ポリゴン・ピクチュアズ(CG)
作画橋爪謙始(絵コンテ)
美術松宮敏之
大澤哲三(大和ミニチュア造型)
三池敏夫
録音柴崎憲治(音響効果)
その他久石譲(指揮)
テレビ朝日(資料・映像協力)
日本テレビ(資料・映像協力)
NHK(資料・映像協力)
朝日新聞社(資料・映像協力)
遠藤茂行(宣伝総括)
吉田満(参考文献「戦艦大和ノ最期」)
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)

【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
12345678
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
100.感動的なエピソードは幾つか含まれていたが、全体としてはイマイチ。蒼井優の可愛さと長嶋一茂の大根ぶりと長渕剛のエンディングの押し付けがましさが際立っていた。
クロさん [地上波(邦画)] 5点(2007-04-09 12:15:23)
99.《ネタバレ》 日本人はアメリカの戦争映画を観ると「アメリカ万歳映画だ」とよく言いますが、自国を美化する映画を作る、という点では日本も負けてない気がします。むしろ、被害者意識があるぶん「ドライな目」で戦争を見られないのではないだろーか… 私はこの映画のオチを見て「海にゴミを投棄するなよ!」と思ってしまうくらい薄情ですごめんなさいorz(ゴミって中身じゃないですよ 器)映画自体は、戦争映画としてはそこそこだと思います。アクションシーンは「プライベート・ライアン」にも負けない…かな? 戦争やだなあ下っ端は大変だなあ…
えむぁっ。さん [地上波(邦画)] 7点(2007-04-09 02:16:09)
98.稀代の愚行を美化する映画作っちゃだめでしょ。水上特攻で死んでいった兵士たちはただの犬死にすぎず、戦争の悲惨さを描くというより滑稽さを描いているようにさえ見え、役者の迫真の演技も醒めた目でしか見られませんでした。
猫田にゃーさん [DVD(字幕)] 1点(2007-04-09 01:19:46)
97.《ネタバレ》 反町、獅童、長嶋の顔を見るだけで冷める。敬礼すれば感動するだろう、みたいな演出が良くない。
フィリップ・バルカシジクさん [地上波(吹替)] 3点(2007-04-08 23:58:25)
96.どうも日本映画は金をつぎ込むと、視点の数や枝葉の話までつぎ込むという非芸術的というか、貧乏性なところがある。それと副題は間違っている。YAMATOじゃないよ。船はTHE YAMATOね。
シンさん [地上波(邦画)] 4点(2007-04-08 23:40:41)
95.うーんこれはびっくりした。つなぎとかオカシイところがたくさんある。人がふっとぶシーンも同じのを何回か使ってるような気がする。演技もねぇ、なんかなぁ。興ざめ。
●えすかるご●さん [映画館(邦画)] 3点(2007-04-08 20:07:15)
94.今の時代、最新の技術を使ってのヤマトの本格的な映画化なんて日本以外絶対に作らないと思う。だから日本が作るしかない。で、出来た。それだけでも評価は高い。しかもすんげー迫力。泣けるし。昔の日本は悪くて、悲惨な戦争はもうゴメン、だから今は昔を反省し続けて平和主義で個人主義でがんばろーってメッセージが入った映画は飽きた。映画の中だけでも、あの時代に生きた日本人たちに優しくなれる、そんな映画がたまにはあってもえーんちゃうって思ってたから、これは、そんな映画だったので、新鮮やったわ。この映画を作った人達がどんな気持ちかなんてわからんけど、俺には靖国に行きたくなる映画でした。もっと昔の日本人たちを肯定しまくった映画がでもよかったかな~。そのほうがもっと目新しい。俺ちょっと右翼的になってもーてる?まー別にえーか。あと死二方用意って言葉が出てくるけど、これは結構グッてきた。人はいつか絶対死ぬ。病気だろうが戦争だろうが死んでしまう。ただ、生きてる時に、死ぬときに、誰にも恥じない生き方を出来たか、その事を考え死んでいける人は幸せだ。俺たちは今の時代でもつねに死二方用意で生きなあかんな~ってふと思った。
なにわ君さん [DVD(字幕)] 10点(2007-04-04 19:53:55)(良:4票)
93.さすがに東映がお金をかけただけあって戦闘シーンの迫力はなかなかのものでした。特に大和が沈没に至る終盤は圧巻で、戦争の凄惨さ、悲惨さが伝わってきました。ただ、実際には3000人以上がなくなっており、映画以上に凄惨だったようです。
ジムさん [DVD(字幕)] 7点(2007-04-03 18:11:43)
92.《ネタバレ》 久々に邦画で「面白い!」と思った映画だった。ただ、内容から「面白い」と言う表現は適切ではないと思いますが、傑作だと思いました。邦画CG否定派ですが、CG云々よりも、物語がよく出来ていると思い、始めの内は、現代の部分など要らない気持ちででしたが、仲代達也の「なぜ生き残ったのか(生かされたのか)、ようやく解かった」の台詞に感動しました。当時は特攻覚悟の出撃で、生きて帰ってくることは非国民の烙印を押されたのでしょうが、そうじゃない、「生きて帰ってくることも重要な事なのだ」と、また一茂の「負けて気づく、その布石になるのだ」と、今の日本はこのような戦争があったからこそココまで来れたのだろうと痛感した作品でした。
きままな狐さん [DVD(邦画)] 9点(2007-03-04 11:03:50)(良:2票)
91.無駄だと思われるシーンが多い。もう少し絞った描き方をした方が良かった。コンパクトにまとめられればもう少し高得点だったので残念です。
特攻隊のイメージを強めるためでしょうが、「片道分の燃料しか積んでなかった」という事実をねじ曲げた書き方は良くない。定説では、呉~沖縄を全速で3往復できる分の燃料が積んでいたとされていますよ。
ちなみに記念すべき100レビュー目の作品ですw
あきぴー@武蔵国さん [DVD(邦画)] 5点(2007-03-04 09:01:30)
90.想像を越えて、戦闘シーンが過激に描かれていたので満足です。戦闘が終わってから、親友の母親に会いに行ったときの母親の対応と、その翌日の会話が忘れられません。
SAKURAさん [映画館(邦画)] 7点(2007-02-20 15:13:23)
89.けっこういらんシーンが多かった。ラストシーンも無駄に引き伸ばしてる感じで、「もういいよ。はよ終われ」と思ったし。真貴子にたいしても、骨を海に帰す時に「いちいちそんなこと言わんでいいから」と思ったし。一茂も、「なんであんたいるの?冷めるんだけど」とも思ったし。とはいえ、良いところはすごく良かった。俳優郡が力入っていて引き込まれたし、戦闘シーンもすごい迫力だった。戦争だけではない、60年前の時代背景の一部もみれて、「こんな感じだったんだろうな」と胸に染みるものがあった。
Syuheiさん [DVD(邦画)] 7点(2007-02-11 02:16:40)
88.《ネタバレ》 テーマが重いだけに軽々しくは言えないが、映画としては二級作。他の小説などで描かれてきた内容を焼き直しただけで、ありきたりのストーリーを大金を掛けて映像化しました。こういうことを恥ずかしげもなくやってしまうのは、角川だからだろうか。軍隊精神のナンセンスさ。親しい者との別離。犬死に。戦争記録として後世に残す作品としては、存在意義があるかもしれない。蒼井優、他役者さんが頑張っていたので+1点。高角砲襲撃手のポジションが怖すぎました。
ヒラリさん [DVD(字幕)] 5点(2007-02-04 02:48:45)
87.映画館で観て良かったと思える邦画としては力入りまくりの映画でした。
普段映画を観て泣く事はないのですが、隣に座ったお婆ちゃんの号泣っぷりにやられて
私も思わず涙を流してしまいました。涙もろいお婆ちゃんと一緒に見る場合プラス2点
ぎぶそんさん [映画館(邦画)] 7点(2007-01-22 11:11:02)
86.軍隊の生活には思い入れが強くなります。戦闘シーンがものすごくリアルでした。獅童は血の気多すぎ。長渕の歌いいね!
獅子-平常心さん [映画館(邦画)] 7点(2007-01-17 01:23:31)
85.《ネタバレ》 長いと感じる感動シーンをあざといと見るか直球の勝負球として受け取るかは人次第。
戦争映画としては可もなく不可もない。
寺 梅斗さん [DVD(邦画)] 5点(2007-01-14 09:39:47)
84.このようなことがほんの60年ほど前にあった。
やっぱり戦争はよくないよ。そこには悲しいことしかないじゃないか。
甘口おすぎさん [映画館(邦画)] 10点(2007-01-07 20:35:03)
83. このシーンはなくてもいいんじゃないの、と思うことがありましたが、全体としては良かったと思います。今までの日本映画よりも戦闘シーンがリアルなのは、海外の映画の影響でしょうか。ともかく良かったと思います。
海牛大夫さん [映画館(邦画)] 7点(2007-01-02 11:44:21)
82.大和のセットを映画館で見たくて衝動的に鑑賞しました。映画としての出来に不満はありますが、映画館に足を運んで良かったと思いました。大和が波をかき分け進む姿を大画面で見せてくれてたので、うれしくなりました。映像技術の進歩ですね。命を失った方々を想って心の中で手を合わせました。
ジャッカルの目さん [映画館(邦画)] 6点(2006-12-29 12:38:43)
81.この映画は撮影は35mmのフィルムではなく、
P社のVARICAMというビデオで撮影されたものをフィルムに直して
映画館で上映されました、映画館で見ているとビデオ臭い部分が多くどうも馴染めませんでした、
実写部分で動きの早くカメラがパンする時が特に違和感を感じ、
また静止場面でも35mmフィルムに比べると画面の鮮鋭さが足りないです、
一枚ベールがかかった感じと言いますか。
DVD等で鑑賞する場合は気にならないと思いますが・・・・。
この大作クラスの日本映画はやはりフィルムで撮影して欲しいものです、
でも予算の都合でこれから先はフィルム撮影の映画は少なくなっていくのでしょうね。
同じようなビデオベースで撮影されたハリウッド系の映画は、
ビデオ臭さが気にならないものが多いので、やはり最終工程のお金のかけ方かな?

内容に関しては中々良かったです、海軍で無くなった父の兄を思い出しました。

5001stellaさん [映画館(邦画)] 6点(2006-12-27 16:37:20)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
12345678
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 160人
平均点数 6.30点
000.00%
142.50%
253.12%
331.88%
495.62%
52314.38%
63521.88%
74628.75%
82012.50%
985.00%
1074.38%

【その他点数情報】

No名前平均Review数
1 邦題マッチング評価 6.22点 Review22人
2 ストーリー評価 6.06点 Review31人
3 鑑賞後の後味 6.48点 Review33人
4 音楽評価 5.93点 Review29人
5 感泣評価 6.81点 Review32人
chart

■ ヘルプ
© 1997 JTNEWS