悪魔の毒々モンスターのシネマレビュー、評価、クチコミ、感想です。

Menu
 > 作品
 > ア行
 > 悪魔の毒々モンスター
 > (レビュー・クチコミ)

悪魔の毒々モンスター

[アクマノドクドクモンスター]
The Toxic Avenger
1984年【米】 上映時間:95分
平均点:4.59 / 10(Review 44人) (点数分布表示)
ホラーコメディシリーズもの
新規登録(不明)【シネマレビュー管理人】さん
タイトル情報更新(2011-03-24)【M・R・サイケデリコン】さん
Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索
Twitterにて検索
ブログに映画情報を貼り付け
監督マイケル・ハーツ
サミュエル・ウェイル
キャストパトリック・キルパトリック(男優)
マリサ・トメイ(女優)(ノンクレジット)
原作ロイド・カウフマン(原案)
脚本ロイド・カウフマン(追加会話)
撮影ロイド・カウフマン
製作ロイド・カウフマン
マイケル・ハーツ
トロマ・エンターテインメント
配給松竹富士
字幕翻訳菊地浩司
その他ブライアン・カットキン(キャスティング)
あらすじ
いじめられっこのメルビン。彼はある事件をきっかけに強大なパワーを身につけ、世にもおぞましいモンスターヒーローとなった。次々に町の悪人たちをやっつけていくメルビンが、その果てに見たものとは? 「ノーコメント(米 ショウビズトゥデイ)」というキャッチコピーをひっさげてやってきた、バイオレンスムービー。
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)

【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
123
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
44.《ネタバレ》 ~The Toxic Avenger~有毒の復讐者。…なんか毒々モンスターの名前が“ザ・トクシック・アベンジャー”らしい。
邦題が良い。特に“毒々”ってところのインパクト。考えた人すごい。
むか~し、テレビの深夜映画で観た。少年を轢き殺すのが衝撃過ぎ。
母親に笑顔で見送られた自転車少年を、街の不良たちが車で轢き殺す。ルールのある殺人ゲームで、少年が死んでないから戻って轢きなおす。死体をポラロイドカメラで撮って喜ぶ…テレビで何てものを見せるんだ。軽くトラウマになったじゃないか。
罪のない少年、盲導犬、老婆と、今まであまりホラー映画のターゲットにならなかった層に対する残酷描写。
盲目のヒロイン・サラ。性格は明るく健康的でエロエロしてないのに、気がつけば胸もとがはだけてる、今で言う“隙の多い女”。
障害を持った人がお色気担当のギャップ。

『フレディやジェイソンみたいな怪人が、ヒーローのような活躍をするホラー・コメディ』だと思って観てたけど、
『バットマンやスパイダーマンのようなヒーローが、見た目も残忍さも怪人並みなヒーロー・コメディ』だった。…こんな書き方で伝わるかな。
ホラー映画でなくヒーロー物。タイトルに最近流行った“アベンジャー”が入ってるから今さら気がついたんだけど、当時まだバットマンは公開されてなくて、日本ではアメコミ・ヒーローのイメージが定着してなかったから、メルビンは日本に馴染み深いジェイソンみたいな怪人に分類されたんだろう。
邦題も“毒々ヒーロー”でなく“毒々モンスター”だし。
そう考えて観ると、メルビンはピーター・パーカーみたく事故で変身してるし、敵キャラのシガーフェイスとか、顔はんぶん黒塗りの強盗とか、ヒーロー物に付きものの個性的な悪党が出ている。
舞台のトロマビル(トロマ村。てっきりビルディングだと思ってた)は、ゴッサムシティみたいな架空の都市で、トロマ映画ではよく出てくるっぽい。

ホワイトバランスとかがカメラごとに違うから、警官の制服や空の色がカットごとに青かったり白かったり…
ベッドシーンが音楽とともに終わったと思ったら、同じ音楽がまた始まって、さっき見たシーンと新しいシーンが織り交ぜになってまたベッドシーンが…
低予算なのに戦車まで出す州軍の出動シーン(同じカットが何回も)に、なんで今?ってタイミングで意味不明に入る回想シーン…
メルビンたちのテントを包囲する戦車の前に、兵隊とギャラリーがまぜこぜに居たりとか…
きっとピリピリしないのんびりした撮影現場で、みんなでワイワイ楽しんで作ってるんだろうなぁってのは伝わる。
この、のどかさがトロマ映画らしく、完成度が低く編集は適当。
だけど、残酷映像だけは妙にクオリティが高い。あと必要性が低いスタントシーンが多い。全体的にバランスが悪い。

レンタルビデオの普及で日本未公開だった、いわゆる“B級映画”にもビジネスチャンスが生まれた。
'84年に作られた本作も、'87年になってから奇抜な邦題で劇場公開。背徳感を感じてしまうグロ・エロ内容から、日本で突然マニアックな人気に。
『日本では俺たちの作風が売れるんだ』と勘違い(?)したらしく、急遽'89年に東京を舞台にした続編が作られた。
他のはともかく1作目は、私はけっこう好きですよ。DVD買ったとか人には言えないけど…
K&Kさん [地上波(吹替)] 5点(2021-08-22 15:39:40)
43.《ネタバレ》 究極的にゴミな映画です。
しかし多くの人から愛されているみたいです(バカっぽさが)。
ほんと糞みたいな内容ですが、アメリカ人らしい単純さと、バカなまでに分かり易い物語が愛しいです。
あと、この音楽にこのスポーツジムのノリだとなんかそれが癖になりそうです。
産業廃棄物がヒーローになっちゃったのがすごく面白いです。
ある意味でスーパーマンよりもアメリカっぽいヒーローです。
内容は0点に近いですが、愛嬌が点数にプラスされます。

ここまで下らないものにお金と時間を浪費してこそ大人のたしなみというものです。
ゴシックヘッドさん [DVD(字幕)] 5点(2015-01-11 15:11:40)
42.《ネタバレ》 なんだよこれ!薄汚いホラー映画かと思ってたけどめっちゃラブストーリーやないか!しかもヒーロー物って全く想定外(笑)作品的には最低映画という一応のラインに入ってるみたいですがいやー、個人的にはすんげぇタイプですわこれは。うんうんよくわかんないシーンがたまにあるし、でかいモンスターが人にばれずにどうやって町中をうろちょろしてたのか不思議でたまらんかったけどメルビンのいじめられ顔はたまんないしモップがなかなかいい役割を果たしてるのも結構ツボ。今回無修正版を見たのでちょこちょこ出てくるゴアゴア感もなかなかよかったので倫理とかなんちゃらかんちゃらを全て無視すればおもろいやんこれってなるわけです。まぁツッコミどころは満載だし人に勧めれる映画でないのは確かですけど。
M・R・サイケデリコンさん [DVD(字幕)] 6点(2014-07-14 13:55:16)
41.《ネタバレ》 という訳で40過ぎのおっさんが無修正・デジタルリマスター版を劇場で見ましたよ。ただ「無修正」=修正されようがされまいがこれでウヒョー!な気持ちになるわけないし、リマスターされてもエログロが綺麗になるわけでなし(逆にリアルっぽい→本物?に見えてくる分、たちは悪い)大画面で見る分これほど困った進化はない。ただ俺にとってトロマ映画を鑑賞すること=童心への回帰。何というのか...小さい頃泥だらけになって遊び道に落ちている汚物にギョッとし、広場の隅にまとめて捨ててあったエロ本の束に「見たい...でも周りの目が..」みたいな気持ちの発揚がこの映画を見ていると抑えられない。加えていじめっ子をやっつけ、悪徳企業をぶちのめすヒーローになる。さらにさらに(ここ大事)自分の顔を気にしない、美女(!?)と恋におちる。こりゃ男の理想だな。そんな男の夢をまったくもってどーしようもない映像で具現化するトロマ、素敵だ。お父さんホタテマンだし。最後にこのレビューに『「カブキマン」もこの調子でお願いします』と書く予定だったがなんとトロマ社、過去の作品をyoutubeで無料公開しており某ーンダイビジュアルとかーブリも少しはこの器の大きさを見習えよ、と忠告してあげたい。締めは関根勤氏と同じくこれで。ヴィバ!トロマ!【2021年追記:youtubeのトロマチャンネル、さすがに過去の作品を無料公開する事はこのご時世なのでなくなったものの、好々爺となったロイド・カウフマン氏は相も変わらず素敵な投稿をし続けてるのはうれしい。いつまでもお元気で】
Nbu2さん [映画館(字幕)] 2点(2013-03-06 11:43:40)(良:1票)★《更新》★
40. 点数が低いですが、80年代、「B級映画」という言葉の流行りを作ったのが本作です。
 今の時代、民放やNHKで放送されることは考えられませんが、当時はCMや映画情報番組などで盛んに宣伝されていました。
 規制が緩かったんですね。
 当時は私も映画館へ足を運びました。
 この手の映画が次々と日本へ転がりこんできました。
 私達はそれを喜んで受け入れました。
 この責任を私達30代後半以上の人間は過去の遺産として大切にしたいものです。
 何度も繰り返し観たい作品ではありませんが、一つツボにハマると似たようなグロ映画中毒になってしまうんですよね。
 今の私がそうなんです。もうすぐ、その中毒も治まると思うのですが…(笑)。
クロエさん [DVD(字幕)] 8点(2011-07-11 23:05:05)
39.《ネタバレ》 汚い映画です。下品だとかいうレベルじゃなくて本当に汚いです。モラルも品も目新しいアイディアもない映画ですが、主人公メルビンが化学物質で醜いモンスターになった元いじめられっ子っていう設定や、メルビンの盲目の恋人、二人の汚い住処などを見てると、そのモラルや品のなさもひっくるめて、この映画はパンクだと思います。マイノリティな存在の孤独と怒りが描かれているようにも解釈できます。そう思うと確かにかなり毒があります。狙ってやっているとしたらロイド・カウフマンはこう見えて結構知的なんじゃないかと思います。まあでも、結局汚いけど。
モンチョさん [DVD(字幕なし「原語」)] 8点(2010-11-11 13:02:19)
38.どんだけ最低映画なのかと思って期待してたのに、ちょっぴりグロくてかなりチープな普通のダークヒーローものに見えた。嫌いじゃないけど、それほど面白くなかった。
すべからさん [ビデオ(字幕)] 5点(2010-11-07 20:14:12)
37.最高にオバカ。このノリ大好きです。
とまさん [ビデオ(字幕)] 8点(2006-06-06 21:20:27)
36.去年と同じく、今年も正月から、脱力感たっぷりのトロマ映画観てしまいました。しかも、これ昔、一回観てるんだけど、内容がどーしても思い出せなくて。ストーリーはいじめられっ子がいじめられた末、有毒液をかぶり、逆に不死身のヒーローとして生まれ変わり、悪人を退治して美人と恋に落ちるとゆういたって青少年の妄想レベルの普通のヒーローもんなんだけど、チープなオーラがつねに画面から出てまして、体調が悪い時に観ると、多分熱がでてきます。ただエログロだけはしっかり撮ってます。そこだけはチープに出来ないコダワリみたいなものを感じます。それが逆に、いかがわしいビデオを観てる気分にさせてくれて、さらに熱がでます。ほんまに熱がでたんで、この評価です。
なにわ君さん [ビデオ(字幕)] 3点(2006-01-04 17:56:01)
35.なんだこれは!という感じですわ・・・。
H.Sさん [ビデオ(字幕)] 2点(2005-12-17 20:21:11)
34.うおーーーーーっ 点数たけぇーーーーー! そっか。。。クソ映画も、ちゃんと狙って、その通りクソ映画に出来上がってたら、評価されるんだねぇ! じゃ、3点あげときます(笑)
とっすぃさん [ビデオ(字幕)] 3点(2005-11-17 03:18:13)
33.有り得ないほどのお馬鹿映画。でもちゃんと楽しめます。グロシーンが多いのもよいし、殺し方もヴァリエーションに飛んでいて飽きない。こういうお馬鹿映画って80年代には腐るほど横行してたんだけど、最近ではめっきり見かけなくなってしまいましたね。この邦題のネーミングセンスもすごい。
(^o^)y-~~~さん [DVD(字幕)] 6点(2005-08-21 02:21:04)
32.普通にホラーで血がどばっとでる映画はなんともないんだけど、この映画はなんかゴムの臭いとかしてきそうだし、光化学スモッグで目が痛くなる感覚に陥って気分悪かった。
わーるさん [ビデオ(字幕)] 2点(2005-04-04 23:54:17)
31.意外に悪くなかった。醜い怪物が盲目の少女に惚れられるという設定も素敵だと思う。エロもそこそこあるし、狙ってハズしている近年のコメディよりずっと面白かった。それにしても名邦題ですな(笑)
こわだりのインテリアさん [ビデオ(字幕)] 7点(2005-04-03 14:56:19)(良:1票)
30.必死こいてつくったのがスベって駄作と呼ばれるのに対して、駄作を狙って駄作をつくるという行為は素晴らしい。ということはあえて”最高”の意味を持たして0点をつけさせていただきます・・・と思ったけどやっぱ7点ぐらいにします。
tetsu78さん 7点(2004-06-20 18:24:14)
29.人の評価を気にせず作ってるのはいい。
モチキチさん 3点(2004-04-16 12:13:49)
28.意外とよくできてる。なんつうか殺し方が残虐。並みのホラー映画より精神的に来る。お馬鹿なノリでやってるふりして、実はかなりえげつない。
ぷりんぐるしゅさん 5点(2004-04-05 19:50:14)
27.大好きな糞映画。糞もここまでやってくれれば上等でしょう。子供をひき殺したり老婆をぼこぼこにしたりというエグイシーンもあっけらかんとやってのけるような躊躇の無いところも好き。
新井さん 8点(2004-03-09 22:48:55)
26.既にこのタイトルからして、何も期待しないでしょう? そうです、何も期待しないで、ツッコミ入れながら観るのが楽しい映画です。まともな人は、そもそもこんなタイトルの映画は観ないようにしましょう。このタイトルに何かを期待するとしたら、笑いしかないのですから。
伊達邦彦さん 4点(2004-02-24 01:18:34)
25.《ネタバレ》 最高のバイオレンス映画。殴るから、殺すからバイオレンスなんじゃなくて、映画のテーマがホントの意味でバイオレンス。バカ映画として有名だけど、僕はすごく深い映画だと思う。少年がひき逃げされて写真をとられるシーンにはいつも心を動かされます。
コウモリさん 10点(2004-02-20 13:34:11)(良:1票)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
123
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 44人
平均点数 4.59点
036.82%
100.00%
2511.36%
3920.45%
424.55%
51022.73%
6613.64%
736.82%
8511.36%
900.00%
1012.27%

【その他点数情報】

No名前平均Review数
1 邦題マッチング評価 8.66点 Review3人
2 ストーリー評価 8.00点 Review2人
3 鑑賞後の後味 5.00点 Review3人
4 音楽評価 7.50点 Review2人
5 感泣評価 5.00点 Review1人
chart

■ ヘルプ
© 1997 JTNEWS