16ブロックのシネマレビュー、評価、クチコミ、感想です。

Menu
 > 作品
 > シ行
 > 16ブロック
 > (レビュー・クチコミ)

16ブロック

[シックスティーンブロック]
16 Blocks
2006年【米・独】 上映時間:105分
平均点:6.15 / 10(Review 117人) (点数分布表示)
公開開始日(2006-10-14)
アクションサスペンス刑事もの
新規登録(2006-09-25)【マーク・ハント】さん
タイトル情報更新(2014-11-14)【イニシャルK】さん
Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索
Twitterにて検索
ブログに映画情報を貼り付け
監督リチャード・ドナー
助監督ジム・ヴァン・ウィック
キャストブルース・ウィリス(男優)ジャック・モーズリー
モス・デフ(男優)エディ・バンカー
デヴィッド・モース(男優)フランク・ニュージェント
ジェナ・スターン(女優)ダイアン・モーズリー
ケイシー・サンダー(男優)ダン・グルーバー署長
キルク・カザート(男優)ジミー・モーヴィー
デヴィッド・ザヤス(男優)ロバート・トレス
ピーター・マクロビー(男優)マイク・シーハン
コンラッド・プラ(男優)オーティズ
キム・チャン〔男優〕(男優)サム
リチャード・ウェンク(男優)ADAの捜査官
リチャード・ドナー(男優)バースデーケーキを持っている男 (ノンクレジット)
内田直哉ジャック・モーズリー(日本語吹き替え版【DVD】)
檀臣幸エディ・バンカー(日本語吹き替え版【DVD】)
佐々木勝彦フランク・ニュージェント(日本語吹き替え版【DVD/テレビ朝日】)
佐藤しのぶ【声優】ダイアン・モーズリー(日本語吹き替え版【DVD/テレビ朝日】)
野沢那智ジャック・モーズリー(日本語吹き替え版【テレビ朝日】)
江原正士エディ・バンカー(日本語吹き替え版【テレビ朝日】)
納谷六朗ダン・グルーバー署長(日本語吹き替え版【テレビ朝日】)
小島敏彦マイク・シーハン(日本語吹き替え版【テレビ朝日】)
脚本リチャード・ウェンク
音楽クラウス・バデルト
撮影グレン・マクファーソン
製作アーノルド・リフキン
ミレニアム・フィルムズ
ランドール・エメット
アヴィ・ラーナー
ジョン・トンプソン〔製作・(I)〕
ジム・ヴァン・ウィック
ブルース・ウィリス
Nu-Image
製作総指揮ボアズ・デヴィッドソン
ジョージ・ファーラ
ゲルト・コーチリン(共同製作総指揮)
マンフレッド・D・ヘイド(共同製作総指揮)
トレヴァー・ショート
ジョセフ・ローテンシュレイガー
ダニー・ディムボート
ハディール・レーダ
アンドレアス・ティースマイヤー
配給ソニー・ピクチャーズ・エンタテインメント
特撮デニス・ベラルディ(視覚効果製作総指揮)
アーロン・ワイントローブ(デジタル合成監修)
美術アーヴ・グレイウォル(プロダクション・デザイン)
ブラント・ゴードン(美術監督)
エリック・フィッツジェラルド(タイトル・デザイン)
編集スティーヴ・ミルコヴィッチ
録音マーク・A・マンジーニ
スタントアリソン・リード
あらすじ
アルコール漬けの日々を送るニューヨーク市警の刑事ジャック。彼は、証言台に立つ予定の囚人エディを16ブロック先の裁判所まで護送するという任務を負った。しかし、簡単なように感じられたその任務の途中、2人は何者かに襲撃され、挙句の果てにジャックは、駆けつけた元相棒のフランクを撃ってしまう。市警を敵にまわし追われる身となった彼らの運命は!
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)

【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
123456
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
57.後半になると、やや展開が読めてしまうがそれでも面白かった。
ベルガーさん [DVD(字幕)] 7点(2007-08-27 10:42:02)
56.《ネタバレ》 手堅くまとめられている。
もう一つのエンディングを採用した方が良かったのではないか。そうすれば、ピリッとしまったと思うのだが・・・(ハッピーエンディング好きの俺としては採用エンディングで満足できるがw)
あきぴー@武蔵国さん [DVD(字幕)] 7点(2007-08-08 22:56:39)
55.《ネタバレ》 やはり職人監督。ドナーの手にかかれば、何でもない16ブロックという距離が、映画の面白さとなってこんなにも昇華されるなんて。証人を裁判所へ送り届けるだけの簡単な仕事。その任をまかされた初老の刑事、ブルース・ウイリス。俳優というのはどんな役にも化けるものだが、今作のブルースは特にいいです。何だかやる気のない、けだるい、体もキレのない、言葉は悪いがもっさりとした印象で始まるのですが、物語が進むに連れ徐々に、カッコ良く見えてきます。証人とも最初は、会話もなく、ムスッとしていたのに、段々人間らしさとして色がついてくるような、そんな展開が画面に集中させてくれます。あんだけ人がいても、誰も2人のことは知らないし、知ることもありません。孤独であることも、あの雑踏が演出しているみたいで、ぐっと来ます。バスや救急車、テープレコーダーの使い方も、ベタなのかも分りませんが、自分には非常に上手くみせているなと思いました。監督との相性というのか、ドナーの作るものには妙な安心感がありますね。俳優の使い方もうまいですし。
映画小僧さん [DVD(字幕)] 8点(2007-08-06 14:11:51)(良:1票)
54.《ネタバレ》 イーストウッド監督主演の某作品を髣髴とさせるプロット。ポイントになるアイテムまでソックリです。ただスケールが違う。某作が州をまたぐロードムービーであるのに対して、本作の移動距離は“たった”16ブロック。その“たった”が本作のセールスポイント。僅かな距離なのに途方も無く遠い。簡単な仕事のはずなのに困難極まりない。そこが魅力。でも、どの程度の距離なのか肌で分からないのがツライところ。雑踏はどれも同じ景色に見えてしまいます。せっかくの時間制限も活かされているとは言い難い。今置かれている状況を掴めなければ、絶望することも希望を持つことも出来ません。ただオチは好みでした。“人は変われる”というメッセージがいい。ただし、刑に服する過程を踏んでいる主人公に対し、エディの方は濡れ手で粟の大金でやり直しただけ。本来ならば感動が割引される要素です。しかし彼のキャラクターの良さがそれを補っています。それにゼロからのスタートで成功が手に入れられるほど、今の社会が万人に公平だとも思えません。多少のアドバンテージは許容範囲。主人公の名前を冠した店の名前にグっときます。
目隠シストさん [DVD(字幕)] 6点(2007-07-31 19:51:34)(良:1票)
53.地味な分、期待しないで観たら面白かった。
主演の3人のお芝居は安心して観れました。特典映像のリチャード・ドナー、一時期のドン・シーゲルみたいなポジションで、職人さんて感じでした~
声ヒツジさん [DVD(字幕)] 8点(2007-07-24 11:20:14)
52.ブルース・ウィリス経たな~!
Dr.Teaさん [ビデオ(字幕)] 6点(2007-07-23 10:11:09)
51.《ネタバレ》 アル中でやる気まったくなしのブルース・ウィリス、知らずに見たら知らない俳優と思ったことでしょう。そのへんの老けた生気のないおっさんという感じです。やる気なしのまま突っ走るのかと思ったら意外にもまっとうな正義感を見せる、と思ったら悪徳警官との対決という展開になりました。そこそこ面白いのですが、ありがちなシーンの連続で退屈もします。画面のコマ割りが細かくて目が疲れます。DVD収録の「もうひとつのエンディング」、これはだめでしょう。D・モーズの行動がとってつけたようです。
エンボさん [DVD(字幕)] 6点(2007-07-22 20:06:17)
50.《ネタバレ》 あまり期待していなかったけど意外や意外、楽しめました。ブルース・ウイルスはダイハード4があるのにこの映画も手を抜くことなくよく頑張りました。モス・デフのおしゃべりキャラは嫌いですが、寡黙なブルースとの対比ということでこのような設定になったんでしょう。デヴィッド・モースは存在感のあるいい役者だな~。ブルースと対手として申し分なし。話としては定番ですが、純粋に楽しめる作品です。
たこすけさん [DVD(吹替)] 8点(2007-07-22 14:23:09)(良:1票)
49.《ネタバレ》 定番のストーリーが見え隠れしてたので期待が小さかった分だけに驚いた。16ブロック先への移送。十分に楽しませていただいた。
あるまーぬさん [映画館(字幕)] 8点(2007-07-22 11:08:41)
48.ありがちな話にありがちな展開(少々強引だが)、DVD特典のもうひとつのエンディングも見たけど、どっちでもいい。
ucsさん [DVD(字幕)] 3点(2007-07-21 14:10:19)
47.鑑賞してから、すぐにおちが判る内容で、途中で一捻りあるのかと期待しましたが、何も無く終了してしまいました。
SATさん [DVD(字幕)] 5点(2007-07-15 20:24:40)
46.DVDで観賞。かなり強烈な筋書きにも関わらず、超甘の結末でガッカリ。
でも、皆さんのコメントに“DVDにもう一つの結末”あり。このほうが遥かに優ると思う。なぜ超甘を採用したのだろう。デヴィッド・モースが良かった。
ご自由さんさん [DVD(字幕)] 7点(2007-07-13 17:03:19)
45.映画のネタ的には、ナンボでも派手にできそうな、例えばナンボでもガントレってしまえそうな(笑)テーマですが、それを手堅く人間ドラマ風に仕上げたのがかえって新鮮、おーこりゃ現代版西部劇だなーとすら思えちゃう。どっかの田舎町でロケでもしてドハデなアクション映画にするのではなく、敢えて舞台はニューヨークの雑踏、人、人、人の海の中を彷徨う男たちの人間模様。各シーンに込められた力は、派手さはなくとも、ドナー作品きってのものではないでしょうか。
鱗歌さん [DVD(字幕)] 8点(2007-07-08 19:13:04)(良:1票)
44.汚職警官・黒白コンビ・ニューヨーク・逃亡劇・バスジャック
・相方のマシンガントーク・裁判前の悲劇・・・・とまぁベタもベタ、
ギザベタな展開に半ばうんざりしつつも最後まで見れてしまったのは
やはりB・ウィリスの役者魂炸裂のなせる業と言った感じか。
だけどまぁ女性ウケは決して無いというか最初から狙ってないんだろうね。
思い起こしてみればダイ・ハード4で本作をパロった台詞喋ってたけど
なるほどねぇという展開で妙に納得。
DVD特典については賛否両論あると思うが、
私的には特典のバッドエンディングの方が良いかな。
あれの方がより一層主人公が引立つし全体の脚本から想定すると何より納得できる。
B・ウィリスの演技が好きな人それも刑事ドラマものを
じっくり腰を据えて楽しみたいと言う人にお奨め。
sting★IGGYさん [DVD(吹替)] 5点(2007-07-05 19:56:22)
43.《ネタバレ》 予告編を見て少し楽しみにしていた映画です。いろいろな意見はあると思うのですが私はDVDに未練がましく付いていたもう一つの結末の方が良いように思いました。監督?ウイリス?はこちらの終わり方で行きたかったのではないかな。でないと映画の始めの遺言めいた台詞も護送される黒人との友情に次ぐ20年来のコンビの友情というテーマも人が変われるというテーマも生きてこないでしょ。興行的にはダイハード別番としての終わり方をファンは期待していると言う意見と、この映画の独自性を出したいというバトルが製作場面であったのだろうなと思わせます。作った側としてはせめてDVDには入れたいと。ウイリスさんが渋い役作りのまま渋く終わる映画ならばもっと良い点を出したのですがこの点で。
rakitarouさん [DVD(字幕)] 5点(2007-07-04 22:23:43)
42.警察内部の悪事がネタの映画は、悪徳警察官側の行動基準が自己中すぎで、どうしても観ていて不愉快になります。それに、他にもいくらでも解決策がありそうな状況で、わざわざ自分からトラブルに巻き込まれようとしてるようにしか見えない主人公たちの行動も、不自然でした。護送中に友情が芽生える、というパターンに、すこーし色を付けた程度でしょうか。最後にケーキ屋の名前について語るセリフは、ちょっとだけ好きですが。
かねたたきさん [DVD(字幕)] 6点(2007-06-23 16:34:03)
41.ストーリー展開もオチも予想の範囲内ですが、それでもしっかり楽しめました。
エディーのおしゃべりキャラが結構好きです、ふざけすぎていない誠実さのあるキャラが良かった。しかし、ブルース・ウィルスはこういうくたびれた役がスッゴクよく似合いますね。
camelさん [DVD(字幕)] 6点(2007-06-16 11:25:14)
40.《ネタバレ》 途中までは逃げていく側のトリックを楽しめたのに、メインのバス包囲網が強引な力技!救急車のトリックもあの見せ方じゃ反則です!テープがポイントになることは誰でも容易に想像できるし、このオチじゃオチていない、結局テープいらないじゃんってなってしまってる。DVDの”もう一つのエンディング”こちらのストーリーの方が、オチも決まって断然面白い、こちらのエンディングならば7点くらい付けられたのにもったいない。。。
亜流派 十五郎さん [DVD(字幕)] 4点(2007-05-22 12:44:23)
39.せっかく最後盛り上がるところが、イマイチだった。それにしてもブルース・ウイリスがエライ青白かった。
さらさん [DVD(字幕)] 5点(2007-05-21 14:20:41)
38.《ネタバレ》 酒びたりで過去に汚点を持つ刑事が、過去の自分を精算して正義感を取り戻すという、一見目新しさの感じられない話も、敢えて無駄な脚色やエピソードを減らし、スケール感も抑えたこの作品では見事良作にまとめる事ができたと思います。「リーサルウェポン」のリチャード・ドナーと「ダイハード」のブルース・ウィリスのコンビなので、派手な作品を予想して観るとちょっと違和感を覚えますが、悪徳刑事仲間との決別、護送する囚人との友情に加え、警察の中にいる内通者の存在にドキドキもさせられ、見所が沢山あります。DVDに収録されていた別エンディングは非常に切ないので、本編どおりのオチは綺麗すぎる感もありますが個人的には好きです。しかしデヴィット・モースって凄く目が優しいのにこんな役が多いですねー・・・。あと妹の存在は、逃げられた女房的な感覚を一瞬、観客に騙す為だけにあったのかな?後半、バスを乗っ取った後、もう一盛り上がりあれば更に興奮できたのですが、それを差し引いても中々のヒット作だと思います。哀愁漂うブルースの見事な表情と役作りに8点献上。
まさかずきゅーぶりっくさん [DVD(字幕)] 8点(2007-05-13 13:27:09)(良:1票)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
123456
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 117人
平均点数 6.15点
000.00%
100.00%
232.56%
310.85%
475.98%
52723.08%
63328.21%
72420.51%
81916.24%
910.85%
1021.71%

【その他点数情報】

No名前平均Review数
1 邦題マッチング評価 6.30点 Review13人
2 ストーリー評価 6.31点 Review16人
3 鑑賞後の後味 6.50点 Review16人
4 音楽評価 5.09点 Review11人
5 感泣評価 5.50点 Review12人
chart

■ ヘルプ
© 1997 JTNEWS