憑神のシネマレビュー、評価、クチコミ、感想です。

Menu
 > 作品
 > ツ行
 > 憑神
 > (レビュー・クチコミ)

憑神

[ツキガミ]
2007年【日】 上映時間:107分
平均点:3.64 / 10(Review 28人) (点数分布表示)
公開開始日(2007-06-23)
ドラマコメディファンタジー時代劇小説の映画化
新規登録(2007-06-07)【イニシャルK】さん
タイトル情報更新(2017-03-20)【イニシャルK】さん
Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索
Twitterにて検索
ブログに映画情報を貼り付け
監督降旗康男
キャスト妻夫木聡(男優)別所彦四郎
西田敏行(男優)伊勢屋〔貧乏神〕
赤井英和(男優)九頭龍〔疫病神〕
森迫永依(女優)おつや〔死神〕
佐藤隆太(男優)小文吾一
笛木優子(女優)井上八重
佐々木蔵之介(男優)別所左兵衛
鈴木砂羽(女優)別所千代
夏木マリ(女優)別所イト
香川照之(男優)甚平
江口洋介(男優)勝海舟
石橋蓮司(男優)井上軍兵衛
本田大輔(男優)榎本釜次郎(榎本武揚)
徳井優(男優)大工
鈴木ヒロミツ(男優)彦四郎に話しかける男
上田耕一(男優)研磨師 喜仙堂
浅田次郎(男優)原作者 浅田次郎
大石吾朗(男優)
原作浅田次郎「憑神」
脚本降旗康男
音楽めいなCo.
津島玄一(音楽プロデューサー)
作詞米米CLUB「御利益」
作曲米米CLUB「御利益」
主題歌米米CLUB「御利益」
撮影木村大作
山田康介(撮影助手)
製作東映(「憑神」製作委員会)
TBS(「憑神」製作委員会)
ホリプロ(「憑神」製作委員会)
遠藤茂行(「憑神」製作委員会)
企画坂上順
プロデューサー平野隆
配給東映
美術松宮敏之
衣装宮本まさ江
編集園井弘一
照明杉本崇
その他東京現像所(現像)
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)

【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
12
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
28.《ネタバレ》 降旗康男監督が「鉄道員(ぽっぽや)」に続いて浅田次郎の小説を映画化した時代劇。浅田次郎原作の映画はこれまで2本(「鉄道員(ぽっぽや)」、「壬生義士伝」)しか見ていないが、面白いと思ったことがなく、降旗監督の映画もどちらかと言えば苦手なので全く期待していなかった。前半は軽いコメディータッチで降旗監督にしては珍しいと思ったが、ちょっとギャグがくどく感じられる部分もあり、あまり笑えない。死神(森迫永衣)が登場するあたりから映画の雰囲気がシリアスになるが、なにやらコメディータッチが気がついたらいきなりシリアスモードになってしまった印象で少し違和感を感じたし、盛り上がるはずのラストもちょと。でもそれだけならまだ良かった。原作のある映画だと、原作者自身がカメオ出演することがよくあるのだが、さすがにいちばん最後の浅田次郎の登場シーンは強引すぎるし、はっきり言ってただ出演したかっただけではないのかと思えてしまう。もし、そうでなければ何がしたいのか意味不明だし、もっと言うとなにもこんなことしてまで本人役で出なくてもと呆れる。この映画も最初に思ったとおり、以前見た2本と同じくあまり面白くはなかったが、この原作者登場シーンさえなければ、もう少しは印象は違っていたかもしれない。
イニシャルKさん [DVD(邦画)] 3点(2011-04-13 18:28:54)
27.《ネタバレ》 前半と後半とトーンが違う。後半、スケールが大きくなったわりに話は失速。ラストの五月人形の爆発と、原作者登場はかっこわるい。
紫電さん [DVD(邦画)] 4点(2011-04-04 16:58:47)
26.終わり方がイマイチ。
納得がいかない。
子役の女の子はとても可愛かったけれど。

Sugarbetterさん [DVD(邦画)] 3点(2011-01-21 20:04:42)
25.《ネタバレ》 前半は結構面白くて話に引き込まれたし、死神が小さい女の子っていうのもシュールでなかなかいい設定だなと思いました。ところがその女の子が妙にこまっしゃくれていて実に小憎らしい。不快だなと思っていたらさらに不快なラストが待っていて唖然としました。ああいうラストにもっていくのなら、前半からもっと違う演出で話をすすめてくれないと困ります。前半は冗談半分みたいなノリなのにラストでやたら重くなるので見終わったあと気分が悪いというか釈然としないというか。さらに原作者出してダメなラストをさらにダサくしていて、見ているこっちが恥ずかしくなりました。
54dayoさん [DVD(字幕)] 4点(2010-05-05 23:50:47)
24.《ネタバレ》 このラストはある意味衝撃!!映画「ひぐらしの鳴く頃に」の"嘘だ"並みに強烈。あんな原作者&現在オチは酷すぎる。妻夫木聡も演技下手だし、誰だか知らないけど、鈴木ヒロミツの遺作にしては出番も少ないしね。貧乏神が終わったあたりから、ぐだぐだ。コメディ路線でストレートにいけば良かったのに。時間も長く感じたし、特に褒めるところが見当たらない。余談ですが妻夫木聡と笛木優子のキスシーンが浅すぎて、なんとなくあれじゃ~駄目だなと感じましたね。
マーク・ハントさん [地上波(邦画)] 4点(2009-12-01 16:25:22)
23.《ネタバレ》 浅田次郎さんってこんな人だったんですね。もっとごつい感じをイメージしていました。男は何のために生きるのか?何のために死ぬのか?というテーマは彼の作品でよく取り上げられているテーマのような気がします。死ぬことの意味を見つけた主人公は立派だと思います。
いっちぃさん [地上波(邦画)] 5点(2009-11-08 15:45:41)
22.これのどこがコメディ?笑える箇所なんて一つも有りませんでしたけど。笑いどころか驚きや感動も何一つ無く、観るだけ時間の無駄でした。
真尋さん [DVD(邦画)] 1点(2009-10-18 15:23:14)
21.《ネタバレ》 うわぁ、、、夢オチに次ぐ、現代オチ。。。
原作者まで出してきて、、どうしてくれよう、、

ひで太郎さん [DVD(邦画)] 1点(2009-10-13 21:19:02)
20.《ネタバレ》 悪くないし、嫌いじゃない。ファンタジーだから、こまかいところに文句をつける気もない。ただ、あのエンディングはなんなの? せっかく積み上げてきたストーリーをあの1カット(3カットかな?)、汚いおやじ(浅田次郎)の登場で台無しにしてしまった。なにを血迷ったのだろう? マイナス1点。 でも森迫は印象的。女ってのは子供の時から女なんだね。妻夫木の肩を抱いて話すシーンでは演出に不自然さを感じたものの、その後の森迫永依の女の演技には違和感がなかった。将来もいい役者になるのかな?
フラミンゴさん [地上波(邦画)] 3点(2009-10-12 05:13:38)
19.前半の出来が酷かったが、後半は更に酷い事になっていた!せめて前半の落語調のコメディで手堅く纏めておけば良かったのにね。こういう意味無く感動的な演出をする映画って大嫌い。
民朗さん [地上波(邦画)] 2点(2009-10-10 23:48:30)
18.《ネタバレ》  何のオチも無いんかいっ!
 もうメチャクチャ中途半端。コメディとして大笑いできるわけでなく、後半もさして感動できるわけでなく……。何がしたいのか、何が見せたいのか?
 死に之く身だからこそするべき事もある、と悟ったまでは分かった。しかし、そこから後の理屈と行動が全く理解できん。とっとと逃げ去った将軍のために死んでいった者達が浮かばれない、と? そいつらは、もう死ぬ時点で将軍は逃げてるのだよ。それでも戦って死んだのだよ。今更浮かばれるもへったくれも無い。それより、これから死のうとしてる者たちを止めてやれよ。最後まで将軍の影を勤めるのなら、攻め来る敵と守る味方の真ん中に出て行って腹掻っ捌いたらイイんじゃねぇの? そしたら戦争も終わり、無駄に死ぬ奴が減るだろうに。友人に旗印振らせて、のうのうと戦を見てるだけって……。そして最後の最後に大砲で全滅って。アホか?
 いや、それより何より、この監督の演出能力の低さはナンなんだ。序盤~中盤まではそれなりのテンションがあるのだが、肝心の終盤になっていきなりテンションが下がる。しかもクライマックスらしいクライマックスが無いものだから、観終わった後にはモノ凄く尻窄みな印象しか残らない。
TERRAさん [地上波(邦画)] 3点(2009-10-06 00:38:34)
17.感動も驚愕も笑いもほとんど何もない「無」のような作品だった。私は見たことを後悔したが、製作者たちは作ったことを後悔したのではないだろうか。
クロさん [地上波(邦画)] 2点(2009-10-04 22:59:13)
16.《ネタバレ》 ホラーだと思って蓋を開けてみるとコメディータッチな映画。貧乏神、厄病神、死神が順番に主人公に憑いていくどこか観た事のあるような内容です。しかし神たちはどこかユーモアにあふれていて憎めない。死神を演じていた女の子かわいかったw
映画さん [DVD(邦画)] 5点(2009-01-31 16:45:08)
15.《ネタバレ》 「どろろ」に続けて見たのですが、妻夫木って、あんまり上手くないなぁ。
WaterBoysの時は、中々似合っていたのだけど・・・

映画全般で、結局何を言いたいのか、さっぱりわからず。
誤って猫いらずを飲んだ妻夫木が、女の子が死神と理解する際に、
女の子が悲しく微笑んだ(死ななかったのを残念そうに見ていた)表情が、
なかなか似合っていたな。
fragileさん [DVD(字幕)] 4点(2008-09-15 20:51:45)
14.《ネタバレ》 宿替えで他人に迷惑がかかることを嫌った主人公が、最期に死を選ぶのは当然の成り行きです。死神にも好かれていますし。でもあの選択は無いと思いました。将軍の影武者を代々務めてきた家の者が取る行動とは思えません。影武者は主君の身代わりとなるために在ります。でも、主が望んでもいない尻拭いを影武者の分際で買って出るのは、おこがましいと思いました。武士の本懐を履き違えていると感じます。主体的な選択を望むなら、来るべき新しい世のためにその命を捧げればいいのです。事実、それだけの能力と分別を主人公は備えています。去り行く時代と共にするほど年老いている訳でもありません。手ごろな「死に時」に身を任せただけのように見えました。こういうのは「滅びの美学」とは言わないのでは?『地下鉄に乗って』に続き、浅田次郎原作2連敗。映画の問題というよりも、原作者と相性が悪いのかもしれません。
目隠シストさん [DVD(邦画)] 4点(2008-06-02 20:13:27)
13.120分の時間内でこの内容を詰め込むのが不可能だったのか?
「鉄道員」と同じ監督の降旗康男が撮ったとは思えない。泣けない。
「メトロに乗って」も泣けたのに残念。
レモンさん [DVD(邦画)] 3点(2008-02-17 19:16:00)
12.後半、何が言いたかったのか分からなかった..ラストが“最悪”...
コナンが一番さん [DVD(邦画)] 2点(2008-02-12 12:15:55)
11.意外と細かい演出で笑えたので良かったけど、やっぱりラストはもう少しなんとかして欲しかった。
いい役者を揃えているのに勿体無いとしか言い様がない。
もっとコメディ色を強めた作品にした方が良かったのかも知れない。
というか、佐々木蔵之介を主人公にして再編集するべきかも。
どう考えても憑かれてるのは佐々木蔵之介の方だったしね。
血を吐いたところで大爆笑しました。
もとやさん [DVD(邦画)] 5点(2008-01-31 15:34:24)
10.《ネタバレ》 妻夫木聡の演技はなかなか爽やかで良かったし、夏木マリのお母さん役も、貧乏神の西田敏行も結構良かったです(= ̄∇ ̄=) これだけ演技上手い人達が出ていると赤井秀和の疫病神は・・・ちょっとお粗末かも。。でもなかなか面白く見れました!ラストの死んでしまうのが、もっと違う結末だと良かったかな。
うさぎ大福さん [DVD(邦画)] 6点(2008-01-25 01:42:46)
9.《ネタバレ》 貧乏神まではよかったです。後は、ちょっと無理がありすぎないですか?三谷幸喜さん的な路線で行くかと思いきや、無理にねじまげてあのラストに持っていった匂いがします・・気のせいかもしれませんが・・あの最後は違うでしょう・・
西田敏行さんの演技がものすごくよかったので、彼に三点。
Shioriさん [映画館(邦画)] 3点(2008-01-19 09:38:40)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
12
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 28人
平均点数 3.64点
000.00%
127.14%
2310.71%
3828.57%
4725.00%
5621.43%
627.14%
700.00%
800.00%
900.00%
1000.00%

【その他点数情報】

No名前平均Review数
1 邦題マッチング評価 7.00点 Review2人
2 ストーリー評価 3.00点 Review2人
3 鑑賞後の後味 2.50点 Review2人
4 音楽評価 3.00点 Review1人
5 感泣評価 3.00点 Review1人
chart

■ ヘルプ
© 1997 JTNEWS