サイドカーに犬のシネマレビュー、評価、クチコミ、感想です。

Menu
 > 作品
 > サ行
 > サイドカーに犬
 > (レビュー・クチコミ)

サイドカーに犬

[サイドカーニイヌ]
2007年【日】 上映時間:94分
平均点:6.58 / 10(Review 38人) (点数分布表示)
公開開始日(2007-06-23)
ドラマ小説の映画化
新規登録(2007-06-25)【ぐるぐる】さん
タイトル情報更新(2016-09-20)【イニシャルK】さん
Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索
Twitterにて検索
ブログに映画情報を貼り付け
監督根岸吉太郎
キャスト竹内結子(女優)ヨーコ
松本花奈(女優)近藤薫(子供時代)
ミムラ(女優)近藤薫(現在)
古田新太(男優)近藤誠
鈴木砂羽(女優)近藤良子
トミーズ雅(男優)浜口
山本浩司(俳優)(男優)渡辺寿男
寺田農(男優)釣堀の主人
伊勢谷友介(男優)部屋の下見をする客
松永京子(女優)部屋の下見をする客
温水洋一(男優)増田治五郎
樹木希林(女優)増田トメノ
椎名桔平(男優)吉村
原作長嶋有「猛スピードで母は」より「サイドカーに犬」( 文藝春秋刊)
脚本真辺克彦
音楽佐々木次彦(音楽プロデューサー)
作詞YUI「Understand」(Sony Music Records)
忌野清志郎「いい事ばかりはありゃしない」(Universal Music)
作曲YUI「Understand」(Sony Music Records)
忌野清志郎「いい事ばかりはありゃしない」(Universal Music)
主題歌YUI「Understand」(Sony Music Records)
挿入曲RCサクセション「いい事ばかりはありゃしない」(Universal Music)
撮影猪本雅三
製作細野義朗
S・D・P(スターダストピクチャーズ)
ポニーキャニオン
ビターズ・エンド
配給ビターズ・エンド
編集小島俊彦
録音松本昇和(サウンドエディター)
照明金沢正夫
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)

【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
12
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
38.《ネタバレ》 あまり期待はしていなかったし、淡々とした印象もあるのだが、だんだん引き込まれた。話自体は大人の視点から見ればけっこうなドロドロ系なのにあくまで小学4年生の少女・薫とヨーコさん(竹内結子)との交流に主題が置かれているためあまりそうは感じないし、純粋に小学生のひと夏の思い出を描いた作品としてよく出来た清涼感のある映画になっていて、ヨーコさんと自転車を一緒に練習したり、コーラを買ったり、一緒に旅行に行ったりといったエピソードや、そんなヨーコさんとの交流を通して少しずつ変わっていく少女が丁寧に描かれている。それがあるから、突然訪れるヨーコさんとの別れや、ラストの父に対する頭突きが切ない。ヨーコさんがとても魅力的で、演じる竹内結子もすごくハマっていた(あまり好きな女優というわけではなく、見た役柄で思い出すのは未だに15、6年前の朝ドラのヒロイン役だったのだが、それが少し変わるかも。)し、もちろん、主人公の少女を演じた松本花奈の演技の自然さも良い。同じく両親が離婚することになった小学生を描いた映画としては相米慎二監督の「お引越し」があり、見ながらつい思い出したが、あの映画とはまた違った良さがある。そして出番は少ないが、樹木希林のコミカルで強烈な演技はやっぱり面白く、シリアスな演技もいいが、やっぱりこの人にはこういう役がいちばん合っている気がする。
イニシャルKさん [DVD(邦画)] 7点(2015-10-17 23:21:36)(良:1票)
37.子供は何もかも知っているのかもしれない…。けれどそれを自分の意志としてに表すことができないし、もしかして言葉にさえならない形ですべてを感じ取っているのかもしれないのだ。自分も子供のころ、苦しい胸の内を周りの大人たちに言えなかった経験がある。男の自分さえそうだった。まして女の子…。この映画は、一人の少女が父親の風変わりな愛人…実はこの上なくやさしい女性…の少女への愛情を感じ取りながら、次第に一人の一人前の女性に成長していく…その出発点に立つという話だ。最後の、父親の腹にする頭突きは、少女の怒り…それは父親と父親の背後にある子供には訳の分からない大人たちの世界に対する言葉にならない怒りなのだろう。わたしはこの映画を見て涙が出て仕方がなかった。
さん [ブルーレイ(邦画)] 9点(2014-05-30 22:55:58)
36.《ネタバレ》 肝心のヨーコのキャラクター設定や行動が、いかにも作為的で、「どう?私って、ちょっと違うでしょ?我が道を行ってるって感じでしょ?」と自ら説明しているだけなのです。なので、素質のありそうな子役の芝居も、生かされていません。それと、80'sネタのわざとらしい挿入の仕方にも失笑ですね。
Oliasさん [CS・衛星(邦画)] 3点(2014-05-11 02:57:26)
35.《ネタバレ》 女は女装する。女である事を求められる。それは10歳の女の子にも言える。「サイドカーの犬」になりたいという少女は基本的に受身ではあるが、長女としての責任感を求められ、家の手伝いもし、真面目であり、倫理観もあり、母親が出て行った理由を聞けないぐらい大人の顔色を伺う。そこに現れる軽犯罪も平気な型破りな父親の愛人。少女は愛人にも気を使う。(ここは「お引越し」で暴れる少女とは対照的である)が、型破りな愛人との交流により少女に変化が生じる。その結果は、父へのワンワン頭突きだったり、偽硬貨を使ったりという程度のモノでしかないが、離婚後の山形生活の支えとなったのだろう。そして、弟に先に結婚されてしまい、10歳の女の子を可愛がれる女へと成長する。主役はもちろん松本花奈で、彼女の演技によりとても清涼感のある作品になった。難点は竹内結子。お嬢さん臭のオットリさが抜けないし、80年代のファッションにも違和感があった。が、「ハードボイルドだねえ」の涙はいくら型破りであっても、男に別れを告げられ、女を捨て切れない、哀しさは伝わってきた。原作未読だが、長嶋有は以前から気になっており、積読があるので着手してみようかと。
蛇足だが、私のまわりではしっかりモノの姉を持つ男は概してどうしようもなく、姉より先に結婚するが、離婚もするというパターンが多い。当人または相手が該当する場合は留意して損はない。
東京50km圏道路地図さん [CS・衛星(邦画)] 8点(2014-05-06 20:30:15)
34.小学生の女の子が、大人の女性との親交の中で成長していくひと夏の物語。一言で言ってしまうとこれだけだけど、洋子と薫の価値観、道徳観の違いや、大人と子供の世界の違いがさらりと描かれていて良い。子役の可愛らしさも素晴らしい。
nojiさん [CS・衛星(邦画)] 7点(2014-05-06 00:18:37)
33.恥ずかしながらこの作品の存在を全く知りませんでした。民放の深夜放送で名前を見つけ、このサイトでなかなかの評価だったので興味本位で録画し鑑賞。そしたらこんなに豪華な出演者!どうして今まで私の網に引っかからなかったのだろうかとこれまた驚いた。しかし同時に期待度がやや下がり、様子見ながら鑑賞。いやいやどうして凄く良かったです。カオル少女と同世代だったからというノスタルジーも助けたが、何を言ってもヨーコさんキャラのインパクトだろう。違和感のあるパーマヘア以外は物凄く気に入ったキャラクターだった。あとは樹木希林さんのドラマ『ムー一族』以来の面白バアちゃんが見られてこれまたノスタルジーを感じ嬉しかったなぁ。大人になったカオルがどことなくヨーコさんに雰囲気が似てたのがなんだか微笑ましかった。
movie海馬さん [地上波(邦画)] 7点(2014-03-09 02:20:07)
32.《ネタバレ》 ひとつ間違えるとドロドロの昼ドラになりそうな話なのに、子供目線だから緩くなっている。
それも偏に薫役の松本花奈ちゃんが可愛くて素晴らしいから、それだけで点数アップ。

そしてチョイ役の樹木希林さん演ずる久々の“寺内貫太郎一家”ばりの老女っぷりに、更に点数アップ(ここは必見の場面です)。

それ程な大昔じゃなく、パックマン(茶店にあったテーブル型のゲーム)やら、テレビから流れる巨人VS阪神戦の巨人のエースが江川・・・辺りも個人的にノスタルジー。

そして幼少の時期に“見る”“聞く”“感じる”事って心に残るもので、薫にとってヨーコさんは相当強烈にインパクトに残ったと思う(良い意味で)。

それにしても、終盤の父の出っ張った腹に頭突きしてのワンワンはキュンとしたなぁ~。
何せ私は昔、娘が小学5、6年生の頃に、おはようってお尻小突いたら蹴りが飛んできたことありますからね・・・ワンワンされたかったよ。
ぐうたらパパさん [インターネット(字幕)] 7点(2013-11-12 15:11:40)
31.前半は正直飽きぎみだったが後半グッと引き込まれた。外から見れば不幸な環境であろう少女のひと夏の想いで。少女が大人の女性に触れ、自分も大人になっていく。自転車を教わったり、サイドカーに乗ったり、幸せそうなシーンが逆に切ない。竹内木結子がいいし、子役の女の子の自然な演技ときたら・・・素晴らしい。当時、特に話題になった記憶はないが何故だろう? 「飼う側と飼われる側どっちがいい?」という質問に「いつか見たサイドカーに乗った犬にならなってもいい」と答える4年生の女の子。子供は親を選べない。無力で、与えられた環境で生きていくいくしかない。大人になるまでは。それでも毅然と胸を張って生きていく。自分を失わないプライドを持って生きていく。そんな意味なのかな?
フラミンゴさん [インターネット(字幕)] 5点(2013-11-11 07:16:28)
30.《ネタバレ》 非常に面白い作品でしたが、少女がめちゃ可愛いでした。
”思いでぽろぽろ”や”ちびまる子ちゃん”みたいにノスタルジックで不思議で、
終わった後にはなんとも寂しくなる不思議な映画でした。
夏が終わってしまう寂しさでしょうか。いろいろだと思いますけど、
印象深い作品でした。

よう子さんも自由奔放で魅力のある不思議な女性でした。
ゴシックヘッドさん [DVD(邦画)] 7点(2012-02-28 22:22:18)
29.訳分からん。竹内結子のソバージュヘアー並に訳分からん。
はりねずみさん [DVD(邦画)] 2点(2010-08-28 16:35:08)
28.《ネタバレ》 個人的にはヨーコさんとダメオヤジの関係をもう少し掘り下げて描いてほしかった。夏休みにふと現れた不思議な女性と薫の物語でまとめるならば手切れ金を換金するところで終わっても良かったかも。。。
それでもヨーコさんと薫の自然な、センス良いやり取りに6点献上。
とっとさん [DVD(邦画)] 6点(2010-07-25 11:03:02)
27.《ネタバレ》 ちょっと切ないけどあたたかい気持ちにもなれる映画でした。竹内演じる洋子がとても魅力的でした。ふとした言葉が心に残りました。樹木希林の異様な存在感もよかった。
osamuraiさん [DVD(邦画)] 7点(2010-02-08 18:49:24)
26.《ネタバレ》 凄く雰囲気良いのですが、なんだか展開が印象に残らないというか薄いというか。。。
ひで太郎さん [DVD(邦画)] 5点(2009-08-20 16:18:18)
25.竹内さんいい味出してます。でもなんか全体的に薄いんですよね。ラストもそうだけど。少女のひと夏の思い出ならこんなもんでしょうか。タバコをすぱすぱ吸ったり、言葉が汚い場面が多いのであまり好きにはなれませんが。
たかちゃんさん [DVD(邦画)] 5点(2009-04-24 14:48:26)
24.《ネタバレ》 人は環境が変わることで、成長することがある。慣れてしまった日常と違った世界観や価値観に接する機会が人を成長させる。実は堕落する場合もあるんだけど、それは本人次第。それを旅行しながら見せるのがロードムービーってやつですが、10歳の夏にご飯を作りに来たヨーコさんとの出会いは薫ちゃんにとって、さながら家に居ながらのロードムービーの始まりだった。両親との暮らしの中で見て来た家庭の習慣が、唯一の正解ではないことに気付かされる。カレー用の皿に麦チョコを入れても怒る人はいないし、コーラを飲んでも歯は溶けないのである。あの年齢の子供にとって、これは実は大事件だと思う。ヨーコさんは決して道徳的な人じゃないけど、自分に正直に、ある意味自由に、そして誠実に生きている。それを感じることは、100の道徳を諭されるより意味がある。薫ちゃんはヨーコさんとのコンタクトにそんな意義を本能的に感じとっていたのだと思う。目の当たりにした母とヨーコさんの肉弾戦は、良くも悪くも大人の女の世界を垣間見させ、ヨーコさんはいなくなった。自転車に乗れるようになった10歳の夏。それは爽やかな風のように通り過ぎ、ヨーコさんは薫ちゃんにとって特別な存在になった。最小限の表情変化で微妙な心情を表現していた松本花奈と、形容が難しい微妙な大人の女を演じきった竹内結子に拍手。
アンドレ・タカシさん [CS・衛星(邦画)] 8点(2008-12-15 23:23:05)(良:1票)
23.胡散臭い商売をしている腑抜けみたいな中年親父と子供2人はそれなりにリアリティ感じたけど
ヨーコがキラキラした女性すぎに思えた。
あんなおっさんにくっつくタイプにはとうてい思えない。三丁目の夕日のストリッパー役が小雪だったくらいの違和感。タバコを吸うシーンも慣れてないのが丸わかり。
若い頃の石田えりとかだったらピッタリかな。
イマドキの邦画はビジュアル・癒し先行なんで観客も泥っとしたリアリティ求めてないんでしょうかネ。
木村家の娘さん [CS・衛星(邦画)] 4点(2008-12-13 13:45:00)
22.竹内結子の魅力に魅かれる。ノスタルジックな映画です。
東京ロッキーさん [CS・衛星(邦画)] 6点(2008-12-12 01:42:28)
21.《ネタバレ》 最近の邦画としては、最も気に入った作品の一つ。
全体が優しい柔らかな空気に包まれた作品。
竹内結子がとってもカッコよく、ボーイッシュでタフな女性を演じている。
カラっとしていて、それでいて人情味のある、魅力あふれる女性だ。
ただし、ソバージュヘアーは似合っていない(笑)。
竹内結子は元々好きな女優だが、本作のソバージュ竹内はイマイチ。
、、なんだけど、内面が魅力的なんだなぁ~、とっても。

語り部である主人公の女性をミムラが演じていて、ラストシーンで散々お世話になった竹内結子を無視してしまう。
これは私の感情からすれば全くあり得ないことだが、主人公の人物像的には至極当然な行為。
これがまた面白い。
自分ならばこうするだろうけど、こういう性格の人なら、無視するんだろうなぁ、としみじみ見入ってしまった。
なかなか有りそうで、あまりない、なかなかの余韻を残す個性的なラストシーンだった。
にじばぶさん [CS・衛星(邦画)] 8点(2008-09-25 22:51:46)
20.《ネタバレ》 本来あり得ない“本妻の娘と愛人の友情”が、これほど自然な形で成立したのは何故でしょう。もちろん薫が幼かったせいもあります。でもあれくらいの年頃でも、男女の機微は分かるもの。女の子なら尚更です。薫が愛人であるヨーコをすんなり受け入れたのは、彼女が無防備だったからだと思いました。まるで親戚のお姉さんが遊びに来たようなノリで、ヨーコは薫の懐に入ってきました。無防備な相手には、こちらも防御を解いてしまうものです。薫はヨーコを敵と認識する前に、彼女を認めてしまいました。好きになってしまったのです。決め手は、コーラを一緒に飲んだ時。大人の女性に「尊敬する」と言われたら、小学生くらいの娘だったらメロメロでしょう。おそらくヨーコは薫に気に入られようと計算をしていません。薫を所詮子供と侮ってもいません。きっと彼女は相手の肩書きに興味がないのです。大切なのは人格のみ。だからこそ不倫にも躊躇が無いとも言えます。彼女は彼女の基準で生きているということ。真っ直ぐに、ひたすら正直に人と向きあえるヨーコは、途方も無く魅力的だと思いました。その反面、怖いとも思いますが…。「サイドカーの犬」はパートナーに目的地まで連れてってもらう人。薫はそういうタイプだといいます。多分母親もそうなのでしょう。思い通りにならないけれど楽チン。一方ヨーコは自力で目的地へ向かうタイプ。薫にとっては新鮮な価値観でした。自力で漕ぐ自転車の心地よさを、薫はヨーコから教えてもらいました。その結果、今の彼女があるのです。ちょっと大変だけど、薫は自力で自らの人生を漕いでいます。彼女の中にある理想は、颯爽と風を切るヨーコの姿。憧れと共にキラキラと輝く。成長期の出会いは、その後の人生を左右します。正直、薫を羨ましいと思いました。
目隠シストさん [DVD(邦画)] 9点(2008-08-27 21:42:06)★《更新》★
19.邦画ってだから良いんだよねって思える作品。地球を救うこともなく、誰も死んだりしないし、復讐なんか恐ろしいこともしない。『小学4年生の夏』って感じでしょうか・・・。薫の子役ノコがスゴク良いし、透の子役もなんかソコラへんに居そう。薫が子どもとしてまっすぐに見てるのとかが、すごく伝わってよかった。薫の子役の子が可愛過ぎるぅ(子どもとして)なんか麻生久美子が子どもの頃こんな顔だったんじゃないかなって勝手に想像しました。
さらさん [DVD(邦画)] 8点(2008-04-24 16:28:34)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
12
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 38人
平均点数 6.58点
000.00%
100.00%
212.63%
312.63%
425.26%
5513.16%
6821.05%
71026.32%
8615.79%
9410.53%
1012.63%

【その他点数情報】

No名前平均Review数
1 邦題マッチング評価 7.00点 Review1人
2 ストーリー評価 9.00点 Review1人
3 鑑賞後の後味 10.00点 Review2人
4 音楽評価 8.50点 Review2人
5 感泣評価 6.00点 Review1人
chart

■ ヘルプ
© 1997 JTNEWS