ゲット・アウトのシネマレビュー、評価、クチコミ、感想です。

Menu
 > 作品
 > ケ行
 > ゲット・アウト
 > (レビュー・クチコミ)

ゲット・アウト

[ゲットアウト]
Get Out
2017年【米】 上映時間:103分
平均点:6.61 / 10(Review 33人) (点数分布表示)
公開開始日(2017-09-17)
ドラマホラーサスペンスミステリー
新規登録(2017-09-13)【ぴのづか】さん
タイトル情報更新(2018-03-05)【皐月Goro】さん
Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索
Twitterにて検索
ブログに映画情報を貼り付け
監督ジョーダン・ピール
キャストダニエル・カルーヤ(男優)クリス・ワシントン
キャサリン・キーナー(女優)ミシー・アーミテージ
ブラッドリー・ウィットフォード(男優)ディーン・アーミテージ
ケイレブ・ランドリー・ジョーンズ(男優)ジェレミー・アーミテージ
脚本ジョーダン・ピール
製作ジェイソン・ブラム〔製作〕
配給ユニバーサル・ピクチャーズ
東宝東和
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)

【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
12
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
33.《ネタバレ》 予備知識なく(映画のジャンルも知らずに)見たんですが、そうですかこういう方向に行く映画だったんですか、って感じでした。
先に結論を書くとサスペンスとしてよくまとまったぼちぼちの佳作だと思います。
7点あげてもいいかなと思いつつ最近見た他の映画との点数バランスを考えるとこのくらいの点数ですかね。

さて、催眠で…まではともかく「脳手術での人格移動」まで行っちゃうと「フェイスオフ」レベルのありえない超高度科学。
とても田舎で個人でできるとは思えないわけですが…

まぁそこは映画なんで「催眠と思わせといてもっとすごい事を」ってサービスなんでしょうけどね。

どう考えてもラスボスぽかった恋人役の女性が意外と早く本性を現してくるのもびっくりしましたが、そのせいで彼を必死に探す親友のデブ(最終的にかなりのイケメン)が、なんかヒロインに見えてきてしまって困りました笑
あばれて万歳さん [インターネット(字幕)] 6点(2018-11-28 13:11:58)
32.予告編では、人種差別を彷彿させる作品でしたが本編を
鑑賞すると全然違いこの作品がどこに行くのか凄く
期待して鑑賞していましたが、最後は秘密です。
期待して鑑賞してください。
SATさん [インターネット(吹替)] 6点(2018-10-19 14:56:39)
31.《ネタバレ》 黒人差別を逆手に取った社会派サスペンスかと思ったが、何だかどんどん違う方向へ。さらにラストは、全く意外な展開に。
前半はとにかく不気味で、何だか謎めいた出来事だらけ。一体これはどういうことなのかと、話に非常に引き込まれる。なのでそこまでは面白かった。
しかし、そこからの種明かしは少々ガッカリするものがあった。
確かに意外性はあった。だが、それは悪い意味での意外性であった。
脳移植で永遠の命を・・ということなわけだけど、そんな脳移植の技術があるはずもない現代社会の、それも片田舎で、そんな脳移植が行われていましたよ!って唐突に言われても、意外というより、何じゃそりゃ!とあっけにとられるだけである。意外性があったというより、現代サスペンスの話が突然SFになってしまって驚いた、という方が正確である。
また、その脳移植もあまりに手垢が付きすぎたネタであった。「脳移植によって永遠の命を手に入れる」「その脳移植用の健康な体を手に入れる為に、人権を無視した人体獲得システムが構築されている」というのはSFではあまりに古い。
催眠術で人を操るってのも非現実的だなあ。
まあ、それでも細かい点でラストのどんでん返しで楽しめる点は多かったけども。
多少は怪しいと思いつつも少しは信じていた彼女の裏切りと豹変っぷりとかね。あと、一家がとにかくろくでもなく不快な奴ばかりだっただけに、最後に全員ぶっ殺していったのもカタルシスがあった。
まずまず楽しめる。
ぽやっちさん [インターネット(吹替)] 8点(2018-10-12 03:27:12)
30.《ネタバレ》 あらすじ的に、人種差別をテーマにした重くて暗い映画だったら嫌だなーと思っていたが、友人に勧められて観たらなんともはや怪作でした。
前半の違和感感じる怪しい雰囲気や、後半の驚愕展開、楽しめました。
おとばんさん [インターネット(字幕)] 8点(2018-09-23 22:07:51)
29.《ネタバレ》 暇な休日に、予備知識無しで観たら意外と面白かった。ネタバレは禁物の映画です。


殆ど不可能な医療技術の実現が前提のSFになるので、現代という設定は本来無理な話ではあります。
こうなると、ゴーストインザシェルの領域に入ってくる?
大きいとはいえ田舎の一軒屋で、超最新の医療を施術というのも、無理無理ですが、そこも我慢。
隠れていた人格が、カメラのフラッシュで表に出てくる弱点には、少なからず失笑。
あと、黒人ばかりを選ぶ理由が、情なくて泣けてくる。オツムはどうでも良くて体は強靭・健康である必要?
肝心なのは誘拐されて行方不明でも警察が本気で捜さない人材・・ これが黒人の方が都合がいいという事か。
どこか白人の自虐というか、差別を前提にしたスタンスに感じるのが残念。あえてスルーして試聴。
結果、自分は楽しめました。

要は生きたまま生まれ変わるという、絵空事の物語(しかも犯罪)を、現代のリアルに当てはめた物語。
あまり考えずに、不気味な感触を味わうべきなんでしょう。

特筆は、ラストシーン! 一気に脱力するセリフ! この手の映画では、あまり無かったセンスが爽快!
グルコサミンSさん [インターネット(字幕)] 8点(2018-09-19 20:39:18)
28.《ネタバレ》 黒人、催眠術がキーワードですが、そのまま過ぎて少し拍子抜け。
ただ、こういった最後まで引っ張る系は面白い。
バッジョさん [DVD(字幕)] 7点(2018-09-17 16:18:54)
27.《ネタバレ》 パッケージからして、絶対面白いでしょ!
ってなことで、視聴。
えっ、えっ、えっ‥‥‥。
安っぽ(笑)
中途半端(笑)
ハードルあげすぎたかな。
kontikiさん [インターネット(字幕)] 5点(2018-09-13 01:05:12)
26.《ネタバレ》 なんなんだろうな〜。結局は何が言いたいのかわからないw そんな映画かな。マルコビッチの穴とかを思い出すよね、この設定。おばあちゃんとおじいちゃんだったんかいっ!とツッコミ入れるのはお約束w
◆◇◆◇◆ raindrops ◆◇◆◇◆さん [インターネット(吹替)] 6点(2018-08-30 17:32:09)
25.以前、劇場で予告編観て、「何これ、メチャ面白そう♡」って勝手に期待値を上げたのは、確かに自分ですよ。 ええ、分かってます。 …だからこそ自分自身が許せん! この映画、途中まではスゴく良かった。 人種問題につきまとう居心地の悪さは我々にも多少身に覚えがあるし、何よりも「襲われる」ことではなく、気味悪いモノの「存在」で恐怖を感じさせるのは、日本の怪談にも通ずるものがあるから。 ただ、やっぱりオチがあのトンデモファンタジーだとね…。 クリストファーノーランの『プレステージ』なんかと一緒で、「えぇ!? もう、何だよ! そっちに着地するんなら、初めっから言っといてくれよ!」っていう心の叫びは、やっぱり自分で処理するしかないのかなぁ。
チャップリ君さん [インターネット(字幕)] 5点(2018-08-29 13:58:01)
24.《ネタバレ》 最後は皆殺しの方がスッキリポイントが高まる。特にあの女は自分をこんな元凶に追い込んだ奴だし。
たろささん [CS・衛星(字幕)] 7点(2018-08-28 19:05:03)
23.《ネタバレ》 怪しげな人たちの集まる集落でどういう展開になるのか結構楽しめました。あの女性は、あんなたくさんの男性を虜にして、相当な魅力があるのか演技派なのか、、。
珈琲時間さん [インターネット(字幕)] 6点(2018-08-26 08:07:34)
22.うーむ、聞いていたほどおもしろくはなかった。演出が淡白で、いまいち盛り上がってないね。
センブリーヌさん [インターネット(字幕)] 6点(2018-08-25 20:53:00)
21.《ネタバレ》 催眠状態だから逃げられません!とか脳みそ移植して身体乗っ取っちゃうぞ!とかご都合主義&リアリティ0で萎えました。どんなどんでん返しがあるのかと思いきやネタが安直過ぎでしょ。
あと、あのスカスカふわふわの綿は…あれで大丈夫ってギャグでしょ?方々で好評を得ている本作ですが予算の割にって事?
Kの紅茶さん [インターネット(字幕)] 4点(2018-08-14 23:50:41)
20.暇なので鑑賞。そこそこ面白いが、そこそこ。
もっとホラー感というか恐怖が続くのかと思ったけど、意外に単純。
simpleさん [インターネット(字幕)] 5点(2018-08-12 16:50:38)
19.《ネタバレ》 アマゾンプライムで鑑賞。あんまり期待すると駄目なタイプの映画。洗脳までで抑えておけばいいものの、脳を移植する下りから馬鹿らしくなって入り込めずもう駄目でした。これならスケルトンキーって映画の方が面白いと思う。
映画大好きっ子さん [インターネット(字幕)] 5点(2018-08-12 00:45:36)
18.《ネタバレ》 悪くないです、いや比較的良い部類の映画ではないでしょうか?しかしなんというか・・ ありえない要素が多すぎて子供向けに見えてしまったので少し減点してしまいました。ネタバレしたら全く楽しめないのでレビュー読まずに鑑賞することをお勧めしておきます。

【ここから若干のネタバレあります】
一言、ガールフレンドが凄い。あそこまで完全に騙すことができるものか?まずそこが七不思議です。スーパーダッシュ含め、アーミテージ邸のパーティにやってきた友人たちとの不自然なハグなどおじいちゃんの使い方は満点でしたが、おばあちゃんの使い方がちょっともったいない感じでした。不自然なカツラなど色々面白そうな要素が多かっただけに残念でした。あと、TSA勤務の主人公の友達のおかげで助かりますが、反面その友達のせいで映画全体がちょっと安っぽくなってしまいましたね。

その他も色々書きたいことがありますが割愛します。脚本的には6-7点くらい付けてもいい映画ですが、他の映画との整合性も考えて少し低めにしておきます。
アラジン2014さん [インターネット(字幕)] 5点(2018-07-16 10:51:50)
17.《ネタバレ》 あーなるほど、人種差別っぽく見せてたのはフェイントだったんだなと思ったらやっぱり人種差別だった。見事にしてやられました。金持ちが集まって指折りして一体何をしているのかと思ったら…催眠術という要素もそれが根幹ではなくあくまで手段でしかない。こうした変人に陥れられる系の映画にしてはきちんと解決しているのでスッキリした。なかなかにして痛快且つ納得の纏め方。印象に残る魅力的なキャラがいればなお可だったが、まあ傑作ならずとも良作。
にしきのさん [インターネット(吹替)] 6点(2018-07-16 08:25:58)
16.《ネタバレ》 優れたフィクションはリアリティを凌駕します。本作では、脳移植(人格の移植)や催眠術の実効性について、疑問を呈する気になりません。所詮は枝葉の話。それほどに、基本となるアイデアが秀逸であり、展開が見事であったと感じます。物語の根底に存在するのは人種差別。米国人でない私に問題の本質を肌感覚で理解するのは難しい作業ですが、主人公が人として扱われていないのは明白でした。彼ら黒人はあくまで“器”であり“乗り物”。芸術センスや身体能力といった“人種としての特長”は肯定しつつも、反面、人としての尊厳は認めていません。だから体を乗っ取っても良心は傷みませんし、疑似恋愛で誑し込めても情が移ることなどありません。道路で鹿を撥ねたところで「だからどうした」と思うのと一緒。この理解不能な価値観は生理的な嫌悪に繋がり、絶望という名の恐怖を引き出された気がします。また個人的には、真相が明かされてすぐ気付く仕掛けよりも、観終えて反芻するうちに理解する伏線に、より価値を感じました。例えば序盤、フィアンセが警察の職務質問で彼氏の身分証呈示を拒んだ件。反人種差別や彼氏の気持ちを慮っての抵抗では無かったワケですね。カメラのフラッシュが元人格発現のキッカケとなったのは、洗脳部屋でのビデオ鑑賞の記憶が呼び起されるからでしょうか。大変緻密に計算された脚本。観返せば、きっと沢山のフラグが隠されているはずです。なお、主人公が躊躇なく「正当防衛」の権利を行使するあたりも、実にスッキリしました。やられっ放しで逃げるなんてまっぴら後免ですから。
目隠シストさん [DVD(吹替)] 8点(2018-07-05 17:56:31)(良:2票)
15.《ネタバレ》 主人公はそんなに魅力的ではなかったんですが、ストーリーは面白かったです。良い感じでハラハラドキドキできました。意外性あり、笑いあり、恐怖あり。大人向けのエンターテインメントです。
これ内容的に絶対テレビで放映してくれないだろうなぁ。
たぬき野郎さん [DVD(吹替)] 8点(2018-06-18 16:16:14)
14.思っていた感じとは違ったけれど、
これはこれでなかなかいい映画。
miumichimiaさん [DVD(字幕)] 7点(2018-05-27 23:48:56)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
12
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 33人
平均点数 6.61点
000.00%
100.00%
200.00%
300.00%
413.03%
5515.15%
61133.33%
7721.21%
8824.24%
900.00%
1013.03%

【その他点数情報】

No名前平均Review数
1 邦題マッチング評価 7.00点 Review1人
2 ストーリー評価 5.50点 Review2人
3 鑑賞後の後味 6.00点 Review2人
4 音楽評価 5.00点 Review1人
5 感泣評価 4.00点 Review1人
chart

【アカデミー賞 情報】

2017年 90回
作品賞 候補(ノミネート) 
主演男優賞ダニエル・カルーヤ候補(ノミネート) 
監督賞ジョーダン・ピール候補(ノミネート) 
脚本賞ジョーダン・ピール受賞 

【ゴールデングローブ賞 情報】

2017年 75回
作品賞(ミュージカル・コメディ部門) 候補(ノミネート) 
主演男優賞(ミュージカル・コメディ部門)ダニエル・カルーヤ候補(ノミネート) 

■ ヘルプ
© 1997 JTNEWS