アザーズのシネマレビュー、評価、クチコミ、感想です。

Menu
 > 作品
 > ア行
 > アザーズ
 > (レビュー・クチコミ)

アザーズ

[アザーズ]
The Others
2001年【米・スペイン・仏】 上映時間:104分
平均点:6.79 / 10(Review 411人) (点数分布表示)
公開開始日(2002-04-27)
ドラマホラーサスペンスミステリーオカルト映画
新規登録(不明)【シネマレビュー管理人】さん
タイトル情報更新(2014-02-27)【イニシャルK】さん
Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索
Twitterにて検索
ブログに映画情報を貼り付け
監督アレハンドロ・アメナーバル
キャストニコール・キッドマン(女優)グレース
フィオヌラ・フラナガン(女優)ミセス・ミルズ
クリストファー・エクルストン(男優)グレースの夫 チャールズ
アラキーナ・マン(女優)グレースとチャールズの娘 アン
エリック・サイクス(男優)ミスター・タトル
エレイン・キャシディ(女優)リディア
ルネ・アシャーソン(女優)老婆
キース・アレン〔男優・1953年生〕(男優)マーリッシュ氏
アレクサンダー・ヴィンス(男優)少年 ヴィクター
戸田恵子グレース(日本語吹き替え版)
かないみかアン(日本語吹き替え版)
間宮くるみニコラス(日本語吹き替え版)
仲野裕(日本語吹き替え版)
竹口安芸子(日本語吹き替え版)
脚本アレハンドロ・アメナーバル
音楽アレハンドロ・アメナーバル
作曲フレデリック・ショパン「別れのワルツ」"Vals Opus 69 No.1 (Op. Posth.)"
編曲アレハンドロ・アメナーバル
撮影ハビエル・アギーレサロベ
製作フェルナンド・ボヴァイラ
パーク・サンミン
ディメンション・フィルムズ(共同製作)
ミラマックス(ノンクレジット)
製作総指揮トム・クルーズ
ハーヴェイ・ワインスタイン
ボブ・ワインスタイン
ポーラ・ワグナー
配給ギャガ・コミュニケーションズ
特撮シネサイト社(視覚効果)
美術ガーソン・ユー(タイトル・デザイン)(ノンクレジット)
衣装ソニア・グランデ
編集ナチョ・ルイス・カピヤス
録音東京テレビセンター(日本語吹き替え版録音スタジオ)
字幕翻訳太田直子
あらすじ
霧が漂う英国のジャージー島。グレース(ニコール・キッドマン)の子供たちは太陽の光を浴びることのできないという奇病を抱えていた。そのためグレースたち親子3人は広大な屋敷の中で、すべてのカーテンを閉め切って暮らしていた。そんなある日、突然屋敷の中で、他人の足音や話し声、ピアノが独りでに鳴りだすという怪奇現象が起こる。誰か隠れているのか?いやがらせか?それとも・・。衝撃のラストシーンが待っている。
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)

【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1234567891011121314151617181920
21
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
351.《ネタバレ》 屋敷の外は霧がかかりボヤけているし、何より屋敷そのものの構造をしっかり把握させてくれない。何処にどの部屋があるのか正確には分からないのだ。この曖昧さが恐怖を煽っている。またピアノや鏡などクラシックながらホラー味あふれる道具の使い方も素晴らしい。その中でも特に鍵付きのドアが印象的である。別次元への空間移動の如くいちいちガチャガチャガチャガチャくどいまでにするのが何とも凄い。部屋ごとに隔てられ視界が限られる上に、一つ一つのドアが重要に思えドアの向こう側に恐怖を潜ませているあたりが本当に上手い。そしてニコール・キッドマンの透き通るような美しさも十分に活かし、この世界に力を与えておりとても良い。 ・・・ただ、惜しむらくは視点こそ違えど「シックス・センス」と同じオチになってしまっていることだ。あの映画とは全く別物だと思うのだが、これではどうしたって比較されてしまうし、免疫のできた観客には驚愕のラストというわけにはいかなくなってしまっている。「シックス・センス」に触発されてできたのではない、ただの後発の作品だったとしたら丁寧に作られているだけにそこが残念である。
ミスター・グレイさん [映画館(字幕)] 8点(2007-08-01 18:40:02)(良:1票)
350.《ネタバレ》 純粋な定番ホラーとは言えないだろうが、ラストは油断もあり見事に裏をとられる。
あるまーぬさん [CS・衛星(字幕)] 5点(2007-07-24 10:51:43)
349.《ネタバレ》 見事に騙されました。でもアンフェアな印象はありません。振り返ってみれば、ヒントは豊富に出されていたことに気付きます。出し過ぎと思えるくらい。早々にオチに気付かれた方が多いのにも納得です。有名な類似作品もあります。分かってしまえば、気付けないのが不思議なくらい単純なロジック。でも優れたトリックほどタネは単純。真実をカモフラージュする技術が素晴らしいのは、映画も手品も同じです。真相を知ってから観る2度目の鑑賞も悪くないです。台詞の意味が違って聴こえます。ただ基本的に何も起きていない物語なので、オチのためのお話に見えてしまうのが少々惜しい。この家族はこれからもこの屋敷に居続ける。光の恐怖は去ったものの、喜びも消えてしまった。これもひとつの地獄。余韻は深いものがあるだけに、オチ抜きでも魅力的な物語性が欲しいと感じました。
目隠シストさん [CS・衛星(字幕)] 7点(2007-05-31 18:23:05)
348.《ネタバレ》 公開当時、私は「シックス・センスみたいな映画だったよー」って友人に宣伝していた悪い奴です。
Keicyさん [映画館(字幕)] 6点(2007-03-04 03:15:49)(笑:1票)
347.《ネタバレ》 ホラーはほとんど見ないので、点の付け方に自信がありませんが、それなりに楽しめました。あちらの世界の人が出てきて恐いなあと思ったら、実は自分たちがあちらの世界の人で、あちらの世界の人がこちらの世界の人だったって、こういうモチーフの映画ってあったようななかったような。それにしても、最近ニコール・キッドマンの出演作あれこれ観てるけど、どの作品でもすごい貫禄ある演技を見せてくれますねえ。作品の出来さえ良ければ、いつでもオスカーノミネートみたいな演技してるわ。
ひよりんさん [DVD(吹替)] 6点(2007-02-24 21:21:43)
346.久しぶりに観たホラー。白目の老婆がバッと出た時とかはうわぁ!!でたぁ!!と流石にビビッたが、話が読めてくるにつれてあまり怖くなくなってくる。それでも最後までホッとさせてくれなかったのでなかなかよかったのかな?とこの点数。日本のホラーと海外のそれは、作品全体を通じて映像に表れる色彩が違いますね。抑え目な怖さが観やすくてよかった。(ホッ)
よーこさん [地上波(吹替)] 7点(2007-02-08 14:41:18)
345.《ネタバレ》 「マザー・・・Mを取ったら・・・アザー、他人です」のCMで有名な・・・・え?違う?他の作品と似てるけどこれはこれでなかなか良く出来た作品だと思う。
ケ66軍曹さん [DVD(字幕)] 8点(2007-01-19 21:01:27)
344.ホラーは好きではないが、知らずに観賞。最後の結末の落ちは私には予想外で驚きと新鮮と感心!!でも以前にこの手のようなものが在ったのかな?
ご自由さんさん [CS・衛星(字幕)] 7点(2007-01-18 23:40:01)
343.途中までは中だるみしている感じがするが、最後で一挙に形勢逆転。オチにびっくりしてしまいました。
doctor Tさん [DVD(字幕)] 7点(2006-12-25 21:48:51)
342.中盤までゴシックホラーの懐かしい雰囲気を醸し出していて○。ニコールの撮り方も実に綺麗。でもやっぱり惜しいのはオチが読めてしまう所。あそこからもう一捻り何かがあったらもっとスゴイ映画になったと思うんですけどね。やはり多くの方はこの作品を観る前に「シックスセンス」を観ているワケですし「ええ?」って感じじゃなく「あ、またかあ」って驚きになってしまったのが残念でしたねー。でもつまらない映画では無いですし、オチを知ってからもう1度観ても中々楽しめるのではないかと思います。
まさかずきゅーぶりっくさん [DVD(字幕)] 6点(2006-07-03 18:58:48)
341.ぞくぞくする恐怖感の演出は上手いなと思い、途中まではついていっていたのですが、エンディングの陳腐さに興ざめでした。
暇人さん [地上波(吹替)] 5点(2006-05-27 15:43:23)
340.《ネタバレ》 CGやSFXなどにたよらない演出と美しい様式美が往年のゴシックホラーを思わせます。ニコールキッドマンの演技も画面にマッチしててgood。残念なのは余りにも親切な演出のせいで物語の途中でラストの落ちがかなり予想できてしまう点。三人の使用人の過剰な台詞がどんでん返しの驚きを薄れさせた感は否めません。あれで落ちが読めた人も少なくないのでは。とはいえそれでもラストの転換は見事ですし、切ない余韻の残る名作だと思います。
MELさん [DVD(字幕)] 8点(2006-05-07 04:14:57)(良:1票)
339.《ネタバレ》 この監督の作品って個人的には、

1度観て結末がわかってもまた観られる面白い仕掛けがされていると思うんです。

しかしこの作品は「シックスセンス」のあとですから分が悪いですね。

「オープン・ユア・アイズ」とは異なり、

クローズ・ユア・アイズと劇中のセリフできました。

観てる最中はどちらかだと決め付けていたのです。

どちらかというと違う世界の人がこの中のどちらかと・・

それがああだったんですね(なるほどなぁ・・)

観終えたあとまた観たくなって見直しました。

おかしくておかしくて・・

コメディにもできそうなんだけどなぁこれ。

幽霊は暗闇にしか現れないなんていうのは明らかに思い込みで、

観客の揚げ足をとった面白い脚本です。

私はこの作品をブラック・ジョーク作品だと観ました。

ニコール・キッドマンが神経質で切れるサイコな役をよくやってて、

うまいよなぁと感心しました。

その演技がとてもおかしいのです。

あちらの世界の人とこちらの世界とが共存していて、

お互いが見えないとなれば怖いというよりもこっけいです。

もしかしたらこの監督のバーチャルな世界観の中では、

こちらでいる私たちは実は逆だということに気づいていないと、

怖い笑えないジョークを提供しているのかもしれません。

最後のキッドマンの「ここが私たちの家よ」というセリフは不気味。

もう、自縛霊で離れないに違いありません。

わかったうえでのことですから確信犯なのです。

お墓=我が家なのでしょう。

これは何度か出てきたセリフ、

「神父さんを呼ぶ」というのが現実味を帯びてきますね。

こちらの世界だと勘違いしていたときのキッドマンが、

今度は神父さんを拒む番になるかも(苦笑)

3人の使用人はいい役でした。

私はこちらには騙されてしまいました。

そうとったらストレートすぎだからあえて外して考えていたので・・

ちょっと「シャイニング」にも似ていますね。

やはり映画(特にホラー)は、

脚本も大事ですがたまに怖い演出もサービスしないといけませんね。

アルメイダさん [DVD(字幕)] 6点(2006-02-15 11:03:03)
338.《ネタバレ》 この結末、最後まで全然分からなかった・・・素でびっくりしました。そして驚きと共に広がるなんとも悲しい思い。あの暗闇が二コール・キッドマンの美しさと悲しみを一層際立たせています。独特のムードがある作品です。
タマクロさん [ビデオ(字幕)] 6点(2006-01-08 12:28:21)
337.悲しい話。。見るのは二回目なんだけどね。。この話は「箪笥」っていう韓国映画に似てる気がするね。。この映画のほうが先に作成されたんだけど、原作は韓国のほうが数十年早い。(数百年だっけ?)母親の愛って、どの国でもどの時代でも変わらないものなんだねぇって感じさせられたよ。。子供が悲鳴を上げた時の母親の半狂乱といえる行動は、どこでも同じなんだねぇ。。
ニコールキッドマンの演技はすごかった。。彼女はおいらの中ではオードリーヘップバーンを除いたら世界で3本の指に入る美貌と気品の持ち主だと評価していますが、鬼気迫る演技をさせたらこれまた世界で数本の指に入る逸材でしょう。彼女の前半生が苦労に満ちたものだと知っているとその演技は彼女の人生そのものだと理解することが出来て納得です。。この映画をみたオイラの知り合いがこういいました。。ストーリーは忘れたけど涙が出た記憶がある、と。オイラは涙が出なかったな、、心が汚れたのかな><
ぐっきいさん [ビデオ(字幕)] 8点(2006-01-02 02:22:26)
336.《ネタバレ》 個人統計、94/344(≒27,3%)。みんな「シ○○○・セ○○」「シ○○○・セ○○」言い過ぎ。そのおかげでおもいっきり見る前にネタばれしてもうたよ。まあ、真夜中に受験勉強ほっぽり出して全レビューをチェックしている自分も相当暇人ではあるが。
8823さん [地上波(吹替)] 7点(2005-11-04 00:25:25)(笑:1票)
335.《ネタバレ》 シックスセンスとのオチかぶりが話題になっていますが、。映像の作り方、美しさでは私はこちらに軍配を挙げます。そして、オチに関しても、確かに「なんだよ、シックスセンスと同じかよ」とも思いましたが「やられた、最後まで気づかなかった」という思いのほうが上でした。
如月CUBEさん [地上波(吹替)] 9点(2005-11-03 23:25:15)
334.《ネタバレ》 このころはまだニコールを見飽きていなかった時代。
パクリといわれたが立派に成立していると思う。個人的には、パクリじゃなくて、たまたまだったんじゃないかと思っている。丁寧で美しい映像。この作品のニコールはいけている。植民地の支配層婦人の心意気がよく描かれている。主婦といえども有事の際には、迷うことなく銃を手に。ラストの種明かしもスタイリッシュ。楽しめた。
パブロン中毒さん [ビデオ(字幕)] 8点(2005-11-02 21:22:59)
333.「シックスセンス」は観てないので比べられません。この映画、血を流したりCGなどの特撮などによる映像などで驚かせるわけではなく、眼に見えない恐怖というものをきちんと描いていると思います。何だかヒッチコック映画の世界を見ているような感覚になっりました。ラストが読めてしまったのは大きなマイナスとしても結構楽しめたし、それにニコール・キッドマンの美しさが際立ってました。個人的にはニコール・キッドマンはこういうサスペンス映画の方が似合うと思います。
青観さん [映画館(字幕)] 7点(2005-09-14 20:36:08)
332.《ネタバレ》 最初の方で分っちゃったですが面白かったです。陰鬱な雰囲気と独特の美術、あとニコールが美しかった。DVDを購入して吹き替えも見ましたが日本語もなかなか。
kiryuayaさん [映画館(字幕)] 8点(2005-07-26 18:21:05)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1234567891011121314151617181920
21
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 411人
平均点数 6.79点
000.00%
110.24%
240.97%
381.95%
4133.16%
55613.63%
68420.44%
79723.60%
810124.57%
9379.00%
10102.43%

【その他点数情報】

No名前平均Review数
1 邦題マッチング評価 6.20点 Review15人
2 ストーリー評価 7.03点 Review31人
3 鑑賞後の後味 6.35点 Review28人
4 音楽評価 6.43点 Review16人
5 感泣評価 5.26点 Review15人
chart

■ ヘルプ
© 1997 JTNEWS