CASSHERNのシネマレビュー、評価、クチコミ、感想です。

Menu
 > 作品
 > キ行
 > CASSHERN
 > (レビュー・クチコミ)

CASSHERN

[キャシャーン]
CASSHERN
2004年【日】 上映時間:141分
平均点:4.32 / 10(Review 199人) (点数分布表示)
公開開始日(2004-04-24)
アクションドラマSFTVの映画化
新規登録(2004-02-21)【sayzin】さん
タイトル情報更新(2015-11-16)【8bit】さん
Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索
Twitterにて検索
ブログに映画情報を貼り付け
監督紀里谷和明
演出諸鍛冶裕太(アクション監督)
キャスト伊勢谷友介(男優)東鉄也/キャシャーン
唐沢寿明(男優)ブライキング・ボス
麻生久美子(女優)上月ルナ
寺尾聰(男優)東博士
樋口可南子(女優)東ミドリ
小日向文世(男優)上月博士
宮迫博之(男優)アクポーン
大滝秀治(男優)上条将軍
西島秀俊(男優)上条中佐
及川光博(男優)内藤
寺島進(男優)坂本
三橋達也(男優)老医師
要潤(男優)バラシン
佐田真由美(女優)サグレー
鶴田真由(女優)ブライキング・ボスの妻
りょう(女優)池上
玉山鉄二(男優)関口
森迫永依(女優)幼少のルナ
佐藤未来(女優)坂本の娘
森口瑤子(女優)ルナの母
戸田昌宏(男優)東博士の助手
伊藤淳史(男優)東博士の助手
清水昭博(男優)隊長
浜崎貴司(男優)秘書
河瀬直美(女優)第7管区の女性
納谷悟朗ナレーション
脚本紀里谷和明
菅正太郎
佐藤大[脚本]
音楽鷺巣詩郎
作詞宇多田ヒカル「誰かの願いが叶うころ」
作曲宇多田ヒカル「誰かの願いが叶うころ」
編曲宇多田ヒカル「誰かの願いが叶うころ」
主題歌宇多田ヒカル「誰かの願いが叶うころ」
撮影紀里谷和明(撮影監督)
製作紀里谷和明(製作代表)
石川富康(製作代表)
大谷信義(製作代表)
早河洋(製作代表)
中川滋弘(「CASSHERN」パートナーズ)
朝日放送(「CASSHERN」パートナーズ)
松竹(「CASSHERN」パートナーズ)
テレビ朝日(「CASSHERN」パートナーズ)
企画紀里谷和明
プロデューサー宮島秀司(プロデュース)
配給松竹
特撮野崎宏二(CGディレクター)
作画樋口真嗣(バトルシーンコンテ)
美術林田裕至(プロダクションデザイナー/コンセプチュアルデザイン)
衣装北村道子
編集紀里谷和明
録音柴崎憲治(音響効果)
あらすじ
大亜細亜連邦共和国は今まさに長期に及ぶ戦争の勝利者にならんとしていた。しかし、勝利と引き換えに人々は公害や放射能による深刻な被害に晒されていた。人々を病魔から救うべく、遺伝子工学者の東博士は新造細胞理論を発表する。しかし、それによって生み出されたブライは人類に対して反逆、博士は対抗すべく自らの息子・鉄也を新造人間として再生させる。果たして戦いの行方は! 70年代にヒットしたアニメ「新造人間キャシャーン」を映像作家・紀里谷和明氏が実写化。全編にわたるCGが、独特の映像世界を実現した。
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)

【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
12345678910
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
159.「キャシャーン」の映画なんだから、キャシャーンが何とかしてくれないと何ともならないでしょう! 
監督にこれだけは言っておきたい。 
「キャシャーンがやらねば誰がやる!」 

でも、「キャシャーン」を考えなければ、映像は美しくてこだわりもあるし、テーマも好きです。
けろよんさん [DVD(字幕)] 5点(2007-05-29 16:15:59)
158.CMは15秒が相場です。長いと逆効果です。
嫌いじゃないですよ。ただ、長かった・・
おでんの卵さん [DVD(字幕)] 5点(2007-03-17 02:32:50)
157.個人的に邦画はあまり見ないし公開時に酷評も多かったので大して気にも止めていない作品でした。しかしDVDが出てからしばらくして見てみました・・なかなか良い作品じゃないですか?否定派に「ストーリーがわからん」「これはキャシャーンではない」「ミュージックビデオの延長」などなど言われておりますがたしかにその通りです。しかし1作品として何かを感じましたし素直に面白かったです・・だからと言って否定派勢に意見するつもりも無いし未見の人に特別推薦する理由も見当たりません。最近監督の私生活がワイドショーで話題になっていたのでふと気になりレビューを書いてみました、監督の次回作はあるのでしょうか・・?
人面猫さん [DVD(邦画)] 9点(2007-03-04 22:28:43)
156.実はキャシャーンなんて知らないんですけどね。知らないほうがかえってクリアに見えるのかもしれません
わからない人にはとてもつまらないと思います。
内容が難しいですから。それがわかったときこれがいい映画だとわかると思います。
戦争の悲惨さや人間の愚かさが感じ取れました。
のちのラストのシーンにもあるように皆が優しい時があったのに・・・・。

戦争は皆を不幸にします。悲しいことを繰り返すだけということに手遅れになる前に気がつくことを願っています
甘口おすぎさん [映画館(邦画)] 10点(2007-02-10 21:21:51)
155.映像は悪くない。でもずっとビカビカ光り続けてるだけでメリハリがない。その上ストーリーが全く面白くなく、さらに140分というただ長いだけの上映時間にウンザリ。及川光博の演技だけやたら印象に残ったので、2点。
ドラりんさん [DVD(邦画)] 2点(2007-02-08 19:03:31)
154.意味わからない。これ外れるって予想ついたろうに…。下手するとなんかのPVの方が良いんじゃないかと。
よーこさん [映画館(邦画)] 0点(2007-01-17 00:06:06)
153.笑えない、泣けない、ただただ苦痛。そんな2時間を与えてくれる。綺麗と言われてる映像も自分にはただのごまかしにしか見えず、だから何だとしか言えない。
寺 梅斗さん [DVD(邦画)] 0点(2007-01-14 09:07:18)
152.《ネタバレ》 映像の写し方が気に入りませんでしたが、CGはそれなりによくできていたと思います。しかしなんで日本のCGって安っぽく感じるのでしょう?偏見があるからなのでしょうか?唐沢寿明さんと宮迫博之さんの演技がよかったです。
腰痛パッチンさん [映画館(邦画)] 5点(2007-01-07 12:46:11)
151.映画は芸術である。CASSHERNを観て再認識した。作品全体にオリジナリティーが溢れ、新しい刺激に満ち溢れている。映像、カッティング(編集)、音楽の使い方、どれも独自の世界観を創り、とくに或るルールに伴って表れる幾何学模様は神からの啓示であるかなような錯覚を生む。 ・・しかし・・・なぜ、劇場版とDVD版のBGMの使い方が違うんだ?私は劇場版のほうが好きだった・・・
クロちゃんさん [映画館(邦画)] 10点(2006-12-29 16:20:52)
150.これは話についていけなかった。映像はとてもよくできているが、ただそれだけ。ストーリーが駄目すぎるね。
doctor Tさん [DVD(邦画)] 0点(2006-12-25 01:32:58)
149.《ネタバレ》 映像は綺麗です。しかしそれだけ。テレビ放映で見たのですが、あの映像の取り方は映画ではなく、プロモーションビデオの撮影手法そのままといった感じでした。過去と現在をフラッシュバックさせるのはいいのですが使いすぎてストーリーが把握しにくく、その上セリフは説明的か抽象的かのどちらか。役者はそれなりに怪演していたのですが、結果監督が2時間かけて作った作品のメッセージを妻に歌わせて終わる、という状態に。音声を消してずっと「誰かの願いがかなうころ」を流しながら見ればしっくり来るのでは。
なな9さん [地上波(邦画)] 2点(2006-12-19 22:09:17)
148.テーマがとてもよい。深い。そして、映像がすばらしい。斬新で、しかも美しい。
ただ、脚本がダメ。説明的すぎるし、セリフにリアリティがない。
オチはよかった。まあ、良くも悪くも、すごく印象に残る映画でした。
コウモリさん [地上波(邦画)] 7点(2006-10-14 19:41:20)
147.《ネタバレ》 見ながら心に浮かぶ単語がありました。見終わって口に出したら、まぁぴったり!
その言葉とは 「辟易(へきえき) (1)閉口すること。うんざりすること。三省堂「大辞林 第二版」より」
説教臭いのは大好きだし青っぽちいのも微笑ましいと感じる私ですが。
メッセージもココまでくるとウザイですわ。 それと、もともとキャシャーンに思い入れはない私ですが、 フレンダーが一緒に戦わないのはすっごい不満!キャシャーンもヘルメットがないから太陽エネルギーを補充できなくて弱っちいし(笑)
あ。でもルナの顔はイメージ通りでした。それにロボット軍団は素敵でした(はぁと)
映像は確かに綺麗でしたが、う~ん。どっかで見たものの寄せ集めとしか感じませんでした。
380さん [映画館(字幕)] 0点(2006-09-01 09:56:03)
146.なんなんだよ〜,これ〜(泣)子供の頃大ファンでした?思い入れは人一倍ありますだ?嘘つけ。大ファンだったら,人よりも思い入れがあるんなら,あんなアホなことはできないぞ。タツノコプロへの背信行為やぞ。それだけじゃない,オリジナルを熱狂して見ていた者から言わせてもらうと,紀里谷和明はすでに人でなしのレベルに達している。今度はガッチャマンなんか撮りたいとか言うんじゃ?やめなさい。そういうのは物好きなハリウッド関係者にでもやってもらって,もうおとなしくヨメさんのPVでも撮ってなさい。 これに懲りて,映画の大地に二度と足を踏み入れないことを切に願う。
Roxyさん [地上波(字幕)] 0点(2006-06-22 13:15:13)(良:2票)
145.《ネタバレ》 皆さん点数低いですね^^;
いや、分からなくも無い感じですが 私はこれ意欲作だと思いましたよ。
確かに荒唐無稽な部分も多いですがそれを補って余りある独特な勢いというのでしょうか。
オリジナリティーというのでしょうか。
それを強く感じました。

オープニングのフルCGから始まってロボットの描き方、戦闘シーンなどは
過去の日本映画には無いクオリティーと勢いを感じます。
特に少しデフォルメしたロボを集団で影絵の如くガッチャンガッチャン動かすシーンなどは鳥肌立ちました。。。このシーンだけでも製作者の非凡さが分かりますが
ストーリ展開は兎も角として実写CGにおける表現方法の多彩さは相当センス高いと思います。

ようするにこの監督さんはやりたい事が山ほども有ってそれを泣く泣く2時間に凝縮したんでしょうね。
点々とツギハギ感が感じられるのも本当は10時間で取っても足りないのを無理矢理2時間にしたからでしょうか(笑)
脚本から撮影から何から全部1人でやってる所を見てもまあ、相当実験的というか。よくこれだけ撮り切れたというか。。。
こういう人は優れた相棒とか見付かると良いんですけどね。往年の押井、伊藤コンビ見たいに。

今回のは無我夢中というか少し1人よがりで観客が置いてけぼり食ったんで酷評されてますが
私は今後少し腰を落ち着けてジックリ製作スタッフ選りすぐって作品作りすれば大化け。。。

いえ、ちょっと偉そうに言いましてすいませんが ホント、そんな気がした1作でした。
点数が7点なのはストーリー的に少し弱いからと
やはりキャシャーンに拘らなかった方が良かったという事で7点です。

あとウタダヒカルの旦那っていうのが逆に思い切り足枷になってますね^^;
まあ、旦那じゃ無きゃこんな抜擢はされなかったとか言うのはその通りだと思いますが
どういう経緯であれ出来上がった作品までその色眼鏡で見てしまうのはチト酷かと思います^^;





一般人さん [DVD(邦画)] 7点(2006-06-01 20:53:49)(良:1票)
144.つ、つまらない... 全編通して、ここがどこなのかわかりませんでした。物語の背景も場面も意味不明。この監督さんは、今までにおもしろい映画を一本も観たことがないと思われます。
よしふみさん [DVD(字幕)] 1点(2006-04-28 14:58:58)
143.自分は島に住んでいます。島には映画館がありません。たまに近所の多目的ホールで映画が上映されることがあるのですが、決まってヒット作、話題作です(しかも半年から1年遅れくらい)。映画館で映画を観るには、2時間半かけて本土まで渡る必要があります。自分にとって「映画館で映画を観ること」はとてつもなく高いハードルなのです(苦笑)。そのため、作品選びには慎重になります。当初、本作CASSERNを観るつもりだったのですが、嫌な予感がしました。虫の知らせというやつでしょうか。念のためこのサイトで皆さんのレビューを拝見しました。…結果映画館での鑑賞を回避しました(代わりに「ビッグフィッシュ」を観ました。その選択が正しかったかどうかは「ビッグフィッシュ」のレビューをご覧ください。)結局この作品は、CSの放送で観ることになりました。ありがとう皆さん!ビバ「みんなのシネマレビュー」!!自分の意見は89「森のPoohさん」さんと同意見です。
目隠シストさん [CS・衛星(邦画)] 4点(2006-04-21 00:19:18)(良:1票)(笑:3票)
142.周りの評判が極端に低かったので、期待せず観たらそこそこ楽しめた。これよりダメな映画なんてざらにあるし、言われてるほど悪いとも思えない。もちろん良くもない。なにしろ長くてクドい。クドさの塊みたいな感じ。余分なものをカットして、もっと短くすればもう少しは観られるものになったんだろうに。思い入れがあるシーンをカットする勇気を持てない監督には、良い映画は作れないってことだね。
MARK25さん [DVD(邦画)] 5点(2006-04-19 21:42:13)(良:1票)
141.哲学がなくて気分で戦争反対とかほざいているヤツに(例えば武士道について知りもしないくせに「ブシドーっていいよね」とかいう場合にも)感じる、いやそれよりも勉強しましょうよ、と言いたくなる状態がこんなに苦痛であるとは知りませんでした。反戦は素晴らしい、国家とは自分とはの問いかけも非常に意義深い。だからこそ「空気」や「そういうこと考えちゃう俺って素敵」的な観点で語ってはイケナイ。ナルシズムの一点突破全面展開が最近の異業種監督参入映画の特徴、なわけないですよ、ね。
瑠璃子さん [地上波(邦画)] 0点(2006-04-19 15:33:05)(良:2票)
140.どうして映像監督のつくる映画は話で客を引き離すのだろう。
見続けるのが苦痛でたまらなかった。オナニー映画は本当に苦痛。
とまさん [地上波(邦画)] 1点(2006-04-11 22:55:50)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
12345678910
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 199人
平均点数 4.32点
02010.05%
1168.04%
2199.55%
3199.55%
42814.07%
53316.58%
62110.55%
72010.05%
8105.03%
952.51%
1084.02%

【その他点数情報】

No名前平均Review数
1 邦題マッチング評価 5.12点 Review24人
2 ストーリー評価 4.13点 Review36人
3 鑑賞後の後味 4.53点 Review32人
4 音楽評価 6.74点 Review35人
5 感泣評価 5.00点 Review28人
chart

■ ヘルプ
© 1997 JTNEWS