ペット・セメタリー(2019)のシネマレビュー、評価、クチコミ、感想です。

Menu
 > 作品
 > ヘ行
 > ペット・セメタリー(2019)
 > (レビュー・クチコミ)

ペット・セメタリー(2019)

[ペットセメタリー]
Pet Sematary
2019年【米】 上映時間:101分
平均点:5.44 / 10(Review 9人) (点数分布表示)
公開開始日(2020-01-17)
ドラマホラーサスペンスミステリー
新規登録(2020-01-15)【ぴのづか】さん
タイトル情報更新(2020-01-16)【イニシャルK】さん
Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索
Twitterにて検索
ブログに映画情報を貼り付け
キャストジェイソン・クラーク〔男優・1969年生〕(男優)ルイス・クリード
ジョン・リスゴー(男優)ジャド・グランドール
原作スティーヴン・キング
音楽クリストファー・ヤング
製作マーク・ヴァーラディアン
スティーヴン・シュナイダー
配給東和ピクチャーズ
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)

【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
9.ホラーというより、不幸が限界突破してて見てられない。
後味が悪く、救いがなく、気が滅入る。
他人の不幸は蜜の味、な人向け。

家族愛が災いしてマイナスベクトル
オリジナルを観てなかったのは、幸か不幸か…。
愛野弾丸さん [CS・衛星(字幕)] 5点(2021-01-13 23:36:48)
8.スティーブン・キング原作と知って、嫌な予感がしたけど、やっぱり合わないなぁ。
原作も読んでないし、オリジナルも見ていないので、本作の問題なのかもしれないが・・・
あきぴー@武蔵国さん [DVD(吹替)] 4点(2020-11-20 10:32:17)
7.《ネタバレ》 オリジナルの完全勝利。何故、リメイク版はきれいに纏めようとするのか?そのせいで作品の熱が冷めてしまってる。
あと、死んだ青年の出番が控えめ過ぎて、それじゃ居なくてもいいんじゃないかと思ってしまいます。中途半端な関りはジャマでしかない。
キングは納得したの?
リニアさん [DVD(字幕)] 5点(2020-10-16 22:29:26)
6.《ネタバレ》 妻レイチェルの姉の話はイランのじゃないか 
ペット霊園とあの土地柄に関係の無い逸話を混ぜ込んできちゃって 邪魔なだけ。
元の原作のスティーブン・キングはこれ認めちゃったのでしょうか 

更に尚、DVDには特典映像としてオマケ的に、もうひとつのエンディングなるものが9分ほど収められ存在していますが、そんなもの要らないと思います。ずるいと思います。一番大事なエンディング、いろんな葛藤しながらも一つに絞るのがプロの仕事でしょ 

(以下、ネタバレ)
でもですが、実はこのオマケのエンディングのほうこそが自分的にはまさかの見応えが有り、しっくりきてしまったのも事実なんですよね。
ママは死ぬこと以前に あの場所に埋められる事にただ怯え、それを熱演す。
結果、パパは死なず死ねず、完全に鬱の闇を引きずり不気味に終わったエンディング。
オマケのほうが良かったじゃないかと思える妙。

まあでも、これ見てしまったせいでまた1989年度版が見てしまいたくなってしまった。
でも見ないがいいかな 良かったものは良かったものとして封印しておくべきかな 迷うところだなあ。
3737さん [DVD(字幕)] 5点(2020-08-10 23:10:05)(良:1票)
5.《ネタバレ》 30年ぶりのリメイクということで拝見いたしました。
つめが甘いと感じるショットもあるにはあるんですが、ストーリーとしてはやはりさすがだなぁと。
ホラー映画は個人的には理解不能な展開に辟易することも多いのですが、
ペットセメタリーは超常的な話でありながらもすんなりと受け入れることができます。
それはやっぱり、人々のトラウマや罪の意識や願いといったものがストーリーと上手くマッチしてるからでしょう。
ラストは驚きと怖さを感じました。
あろえりーなさん [DVD(字幕)] 7点(2020-07-31 22:49:48)
4.昔の映画のリメイクだからか、とてもシンプルな内容でした。まさに王道という感じ。

ペットを埋めると復活する謎の土地があって、そこへ突然訪れる娘の死。あとはやることは1つですよね~。

こういう展開の映画は色々観たことあるが、これが元祖だったんですね。

とにかく、そこに至るまでの怖がらせ方と、主人公家族が徐々に崩壊していく様が恐ろしかった。
あんな狭い道で超猛スピードで走るトラックも恐ろしい…。

オリジナル版も気になるので今度観てみよう。
ヴレアさん [映画館(字幕)] 7点(2020-02-16 09:15:15)
3.《ネタバレ》 原作未読。原題『ペット・セマタリー(Pet Sematary=ペット霊園)』で霊園の本当の綴りは『Cemetery』。作品内でも説明されるように子供らしい綴り間違いを表してるワケですがこういう表現は日本だと難しいですね。英語圏以外ではどういうタイトルにしてるんだろう。 1989年版をリメイクした今回はだいぶストーリーを変えていて、ただのひねりのないホラーになっているのでオリジナルの方がはるかに良い出来だと思いました。事故で担ぎ込まれ主人公の前で亡くなりその都度忠告に現れるとぼけた感じで気の良い霊パスコーや隣の家の物知りおじいちゃんジャド(ジョン・リスゴー久々に見ました)関係なんかはだいぶ希薄になってるし、主人公一家の家族愛やその後に迫られる様々な選択やそれへの葛藤もグッとくるものは無かったです。そもそも事故死するのを姉にしていてるのは大失敗ですね。未見の方もいると思うので詳しく書きませんがオリジナルを見てみることをお勧めします(と、書いたところでオリジナルの私のレビューを見たら手抜き一言で点数も7点だったのは我ながらびっくりしましたw)。
ロカホリさん [映画館(字幕)] 4点(2020-01-20 19:43:01)(良:1票)(笑:1票)
2.《ネタバレ》 本作も30年ぶりのリメイク作品。そんなに新作のアイデアがないのか?それとも過去作の出来に満足してないから作り直したのか?
個人的には本作は過去のオリジナルの方は「終盤でぶち壊し」だと思ってるんで、そこが改まるのなら見る価値はあると思っていた。結果は半分成功、半分失敗だと思う。成功したのはパスコーの出番を大幅にカットした事。あのおちゃらけ男は何しに出てきたか分からなかったが、本作ではもういなくても支障ないくらいの役所だった。それと復活した娘は復活させた父親を恨んでいたが何を恨んでいるのかはよく分からなかった。あっちの世界でぜーんぶ理解して帰ってくるのはどう言うことなのか?エイミーやジョンの過去まで全て知っている。悪魔憑きで戻って来るようなものなのか?知りたくない事まで知ったから恨んでいるのか?終盤の展開は今回もかなり疑問に思えた。前半の物悲しい雰囲気は前作の方が良く出来てたように思える。一長一短ありで30年も経って作り直す価値はなかったと言うのが結論です。
ぴのづかさん [映画館(字幕)] 5点(2020-01-19 15:06:37)
1.《ネタバレ》 本作は去年の春に世界的に公開され、日本では例によってやたらと遅れて劇場に到達。
日本公開日の時点で、海外Netflixでは配信も始まっており、VPNを変えれば日本のご家庭でも鑑賞できるという…。
この公開日の遅延、どうにかならないものか。いやビデオスルーにならずに、劇場で観られるだけでも良かったか。

さてオリジナル版のネタバレを避けたいので細かいことは言及しないが、自分は前情報をほとんど入れずに鑑賞したため、本作での改変はに思わず「!?」と目を疑うものがあった。
これ以降、エリーちゃんのフィジカルを活かした攻めのペット・セメタリーへと舵が取られるが、これはこれで楽しめた。
マイナーな変更点としては、パスコウ君の出番が大幅に抑えられたことで、ファンタジー感を削り、よりダークなホラー映画に近づけようとする動きもうかがえた。(ちなみにパスコウ君は人種も変わった)

また、オリジナルでは、愛ゆえに自然の理に挑む人間が哀しさが印象に残ったが、本作は死者の怒りという面にもフォーカスすることで、ホラー映画的な間口の広さを確保できていたと思う。
死後の世界はあるの?どんな感じなの?いやないだろうよと議論を繰り広げた3人。彼らがまとめてペッセメ送りされてしまうという意地悪な脚本が良い。一体どんな答えを見たのだろうか。

しかしながら、事の発端となるチャーチの一件まではオリジナルとほぼ同一内容で進行してくため、いかに攻めた展開にしようと、しっかりとしたドラマが息づいているのもいい。
加えて、レイチェルのお姉さんの話も深く掘り下げており、これはびっくり箱的な恐ろしさを演出すると同時に、「生」という観点における人の無力さ・運命の不公平さを感じさせるエピソードになっている。

結局、生者である僕たちにとっては、「生」と「死」の謎というものは計り知れないものだ。
すべての生き物に公平にありながら、その形や時間はそれぞれ不公平なまでに異なっている。これは自然の理であり、それがどんなに苦痛だとしても、変えることはできない。

大事な人、身近な存在を亡くす悲しみ。子供であろうと大人であろうと、世界の不公平さを受け入れるのはとても難しいものだ。
でも、もしもその理を超える力があるなら。悲しみを癒す力があるなら。
ずっと一緒にいたいと思うのが人間だろう。

しかし、この「ペット・セマタリー」もまた魔法ではなく呪いであった。
悲しくて悲しくて仕方がない。

とんでもないホラー映画ながら、終わってみれば、やはりオリジナルと同じ悲しさが胸中に広がるのを感じた。
そしてオリジナルとまた同様に、軽快なエンディングテーマが余韻をぶち壊していくのを感じた。
サムサッカー・サムさん [映画館(字幕なし「原語」)] 7点(2020-01-17 00:34:40)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 9人
平均点数 5.44点
000.00%
100.00%
200.00%
300.00%
4222.22%
5444.44%
600.00%
7333.33%
800.00%
900.00%
1000.00%

■ ヘルプ
© 1997 JTNEWS