レジェンド・オブ・ゾロのシネマレビュー、評価、クチコミ、感想です。

Menu
 > 作品
 > レ行
 > レジェンド・オブ・ゾロ
 > (レビュー・クチコミ)

レジェンド・オブ・ゾロ

[レジェンドオブゾロ]
The Legend of Zorro
2005年【米】 上映時間:126分
平均点:5.74 / 10(Review 35人) (点数分布表示)
公開開始日(2006-01-21)
アクションアドベンチャーウエスタンシリーズもの
新規登録(2005-08-26)【マーク・ハント】さん
タイトル情報更新(2010-07-10)【イニシャルK】さん
Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索
Twitterにて検索
ブログに映画情報を貼り付け
監督マーティン・キャンベル
キャストアントニオ・バンデラス(男優)ゾロ/アレハンドロ・デ・ラ・ベガ
キャサリン・ゼタ=ジョーンズ(女優)エレナ・デ・ラ・ベガ
ペドロ・アルメンダリス・Jr(男優)知事 ライリー
マイケル・エマーソン(男優)ハリガン
ニック・チンランド(男優)ジェイコブ・マクギブンス
ルーファス・シーウェル(男優)アルマン伯爵
ジュリオ・オスカー・メチョソ(男優)
トニー・アメンドーラ〔男優〕(男優)ドン・ルイス
大塚明夫ゾロ/アレハンドロ・デ・ラ・ベガ(日本語吹き替え版【DVD/日本テレビ】)
日野由利加エレナ・デ・ラ・ベガ(日本語吹き替え版【DVD】)
森田順平アルマン伯爵(日本語吹き替え版【DVD】)
沢海陽子エレナ・デ・ラ・ベガ(日本語吹き替え版【日本テレビ】)
山路和弘アルマン伯爵(日本語吹き替え版【日本テレビ】)
矢島晶子ホアキン(日本語吹き替え版【日本テレビ】)
岩崎ひろしフェリペ神父(日本語吹き替え版【日本テレビ】)
土師孝也マクギブンス(日本語吹き替え版【日本テレビ】)
原作テリー・ロッシオ(脚本原案)
テッド・エリオット(脚本原案)
ロベルト・オーチー(脚本原案)
アレックス・カーツマン(脚本原案)
脚本ロベルト・オーチー
アレックス・カーツマン
音楽ジェームズ・ホーナー
編曲ジェームズ・ホーナー
ジョン・キュール
コンラッド・ポープ
撮影フィル・メヒュー
製作ローリー・マクドナルド
コロムビア・ピクチャーズ
ウォルター・F・パークス
ロイド・フィリップス
製作総指揮ゲイリー・バーバー
ロジャー・バーンバウム
スティーヴン・スピルバーグ
配給松竹
ブエナビスタ
編集スチュアート・ベアード
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)

【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
12
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
35.音楽・演出パターンが同じですし、前作とどうしても比べてしまいます。そして、見劣りすると感じます。ヒーローの家庭の事情を描くにせよ、ほどほどにしないと辛気臭いんですよね。前作のアンソニー・ホプキンス周辺の描写が最適でした。それと、列車を使ったり舞台装置を派手にしたせいか、あからさまなCGがいくつもあって萎えます。
次郎丸三郎さん [DVD(吹替)] 5点(2017-04-07 03:21:38)
34.コメディ色が強くなりすぎた、家族ドラマが多すぎたなどの影響か明らかに前作より劣っていますね。
とむさん [DVD(字幕)] 5点(2016-04-03 23:59:06)
33.前作は2代に渡るゾロの物語。本作はゾロの家族愛のお話。
家を出たエレナに付きまとう前半の姿はちょっとマイナスではあるのですが、
カッコ良くも人間臭いゾロの一面がよく出ていたと思います。
ゼタの変わらないお美しさと強さ、そしてちょっと生意気だけど可愛い坊やの大活躍。
途中で坊やに正体を明かしてしまうストーリーは意外でしたが、それも終盤にうまくつなげていく。
ゾロものと言えばやはりこれ、剣劇アクションも十分に楽しめます。
「ゾロは過去の遺物」というような台詞がありましたが、
カリフォルニアがアメリカに加わり、どんどんアメリカが大きくなっていく頃のお話。
銃を持った悪党を前にしても、銃を手にすることなくあくまでも剣で闘うゾロ。
僕にとってゾロといえばやっぱり「アラン・ドロンのゾロ」なのですが、
アンソニー・ホプキンス演じる先代ゾロから受け継いだ誇りを胸に闘う、
夫であり父である本作のバンデラスのゾロも十分すぎるほどカッコ良かった。
とらやさん [DVD(字幕)] 7点(2016-03-09 20:29:51)
32.バンデラスとキャサゼタのラテンな恋とビジュアルを鑑賞する映画、個人的に。 そして前作より劣る。
movie海馬さん [CS・衛星(字幕)] 5点(2014-12-12 22:22:15)
31.《ネタバレ》 1846年~1848年 米墨戦争 1848年 グアダルーペ・イダルゴ条約によりメキシコはアメリカにカリフォルニア、テキサス等の広大な領土を割譲 (ちなみにメキシコでは、この戦争のことを「アメリカのメキシコ侵略(North American Invasion of Mexico)」と呼ぶそうです)
 いくら主人公が架空とは言え、誰でもすぐ調べればわかるごく簡単な歴史的事実をいきなり冒頭で歪曲されたら、やっぱり白けた気持ちがつきまとって。(ま、ただ、歴史って所詮は勝者によって語られる物語にすぎないわけだから、日本だって戦争に負けなきゃ、貧しい圧政に苦しむ人々が立ち上がって満州国建国なんて映画作れたかもしれませんねw)
 あと、ヨーロッパ諸国の支配層が本当にアメリカの強国化を恐れるなら、別に秘密結社にやらせなくても堂々と南部を支援すればいいだけで、だいたいスペイン建国の中で極めて穏やかに存在を終えたアラゴン王国の秘密結社が陰でヨーロッパを支配って、どこから、そんな無理筋が出てくることやら(爆笑)ヨーロッパの半分は新教の国なんだけどな。
 それと応援するってニトログリセリンそのまま渡されたら南部も、あんな危ない扱いの難しいもの渡されてかえって扱いに困ったと思われ(ダイナマイト発明まではまだ少しあるし)案外、自爆を繰り返して史実よりあっさり負けたりして。
 というような感じで、前半は夫婦喧嘩を見せられてるみたいな展開にいらいら、後半はあまりに出鱈目な展開にうんざり。なにかフラストレーションがたまる映画でした。(ただ、キャサリン・ゼタ・ジョーンズの豊満な胸には癒されましたがw)

※ただ、ピンカートン社がアメリカ政府の依頼を受け、なおかつ関係ない市民を脅迫してまで使命を果たそうとするというのも相当無茶だなと思ったら、まず本当に政府の依頼を受けて動いていた時期があったこと、なおかつスト破り等を行ういかがわしい会社であったことなど調べてみたらわかって参考になりました。
rhforeverさん [CS・衛星(字幕)] 5点(2013-01-14 14:47:02)
30.アンソニー・ホプキンスがいない2作目は、家族の絆がテーマ。 それとカリフォルニアがスペイン領から合衆国の一州となる歴史的な瞬間もからめて。 アントニオ・バンデラス(アレハンドロはディエゴの父と同じ)のコミカルな演技は、初代(オリジナル)ディエゴのように「ゾロとのギャップ」なのかな。 キャサリン(エレナ)は派手だけどキレイで強い女。(衣装で胸3割増し?) 続編で息子がいるのは「ハムナプトラ2」と同じ、このホアキンがすっごく上手くて影の功労者かも。 悪役の伯爵はルーファス・シーウェルですが(最初っから悪役だったわけじゃないんだよ…これの次はマーク王だし!)いつもの髪型じゃないのが新鮮な感じで、ゾロより伯爵を応援してしまいそう。 悪党でもエレナに惚れた弱みがあるのがいいでしょ。(ニトロの発明者になってます) フェリペ神父もちゃんとおり、「ロビン・フッド」のタック僧みたいなモンかな。 最後の列車のシーンは2人の殺陣もがんばってるし、BTTF3のよりよくできてると思うんですが。 ゾロの映画はどれも好きだけど、タイロン・パワーもバンデラスもスペイン風のちょびヒゲをつけていて、それがないアラン・ドロンのゾロが、魅力的なテーマ曲とあいまってやっぱり一番好き♪
レインさん [CS・衛星(字幕)] 7点(2013-01-04 07:00:12)
29.《ネタバレ》 まぁ、確かに前作と比べちゃうと「カッコイイ」感が少なめだけど、これはこれで面白い かなりコメディータッチなところが多いけどバンデラスの雰囲気にあってて結構笑ったな~+トルネードもいい役回りでGood(トンネルシーンは面白いね!) 子役の子も芸達者だね、すごいよたいしたもんだ(感心) 定番的な展開だけど、キレのいいアクションシーンは観ていて爽快  音楽や乾いた映像感はすんごくいい雰囲気でアリマシタ
Kanameさん [CS・衛星(吹替)] 7点(2010-05-05 10:27:18)(良:1票)
28.ゾロがかっこよくないシーンが多いのが難点。家庭での出来事を描いてややコメディチックなのはそれで面白いんですけどね、少しゾロのかっこよくてクールなイメージが・・・

ラスウェルさん [地上波(吹替)] 5点(2008-07-12 01:09:28)
27.《ネタバレ》 途中までは退屈でしたが、最後のほうは盛り上がってきた。トンネルを見て、馬が目を大きく見開くシーンが可愛かった。
山椒の実さん [地上波(吹替)] 5点(2008-05-25 11:31:43)
26.《ネタバレ》 勧善懲悪ヒーローものとしては無難な出来。コメディチックな夫婦喧嘩の挿入も面白い。だけど、単に善が悪をやっつけるというだけなので、当然のことながら、話の深みは前作より落ちるかな・・・。見ているときは楽しいけど、後にはあまり残らない。
Oliasさん [DVD(字幕)] 5点(2008-05-19 01:55:41)
25.《ネタバレ》 ゾロかっこいい~!役者もまあまあ。
そして牧師さんに感動。
アクションも普通かな?
馬で列車の上に乗っちゃうのが凄いなぁ。
最後の列車の爆発が気持ちいい~。
ゴシックヘッドさん [ビデオ(吹替)] 4点(2008-05-17 01:51:41)
24.《ネタバレ》 ヒーロー一家の家族愛を描いたお話。物語はヒーローの嫉妬から始まる?なんだかスケールの小さなお話だが、最終的にはアメリカを救うことになる。まぁ、ありきたりなストーリーにありきたりな結末。前作は斬新さもあって楽しめたのだけど、今作はいまいちな感じが否めない。正義側のメンバーがやけに強い。神父様の強さには目を瞠るものがある。
いっちぃさん [CS・衛星(字幕)] 4点(2007-10-22 02:13:40)
23.前作のコメディ感覚の部分だけを抽出して映画を作るとこうなるという感じ。その辺の前作のテイストは生きているので続編らしい続編にはなっている。ゼタ=ジョーンズの剣技の時の目つきが好き。話的には相当ダメな方だが、テンポは好調で、ダレることなく見られてしまう。
MARK25さん [DVD(字幕)] 6点(2007-09-29 23:14:41)
22.前作を見ていないので新鮮だったが、スパイキッズを全作見てしまっている自分には
どうしても、どうしても真面目なスパイキッズに見えてしまう。
テンポ良く、内容も簡潔でわかりやすいが印象薄いので忘れてしまいそう。
Jane.Yさん [DVD(字幕)] 6点(2007-05-05 10:04:17)
21.嫁が強すぎ
くまさんさん [DVD(字幕)] 8点(2007-04-18 08:15:50)
20.《ネタバレ》 ホアキンがこれまたいけ好かないガキ全開ですが、「らしい」と言えば「らしい」。
今回、バンデラスがダサい。元々が粗暴なお尋ね者ですから、地が出たのだろう。
妻は去り、嫉妬に狂い深酒する・・なんてダメ親父。
キャサリン・ゼタ=ジョーンズもその美しさに陰りが見えた、気がする。
対するはアルマン伯爵、カッコいい。眼力があります、悪役としては微妙だが。
従来の火薬の13倍の威力があんなもん?と、ラストは少々拍子抜け。
ドカンと一発全て解決、というのはあまり好みではないということがわかった。
HIGEニズムさん [CS・衛星(字幕)] 5点(2007-03-31 15:27:09)
19.《ネタバレ》 本作のエレナ、息子のホアキンの活躍に嬉しくなり、また納得です。だって2人は正真正銘ゾロの血を受け継ぐ者達なのだから!!全体のテンポは前作の方が抜群によく、バンデラス演じるゾロもかっこよさで言えば前作に負けていますが、父親として夫としての人間味あふれるバンデラスならではのゾロを見られて楽しかったです。前作も本作も、何か共通する安心感があり(悪は滅び正義が勝ち、生きててほしい人は死なない)何度も見たくなります。
ちいぼうさん [DVD(字幕)] 8点(2007-02-23 13:59:59)
18.《ネタバレ》 前作同様爽快な剣劇アクションを堪能できました。さらに今作は人間ドラマも充実していました。ラストの列車破裂のシーンは監督のこだわりもあってすごく迫力が出ていました。
獅子-平常心さん [DVD(字幕)] 6点(2007-01-26 23:23:18)(良:1票)
17.う~ん、子持ちのゾロ・・・・・ホアキンはかわいいのにあんなアクションもできて好感が持てるけど、なんか他の映画を観ているかの様だ。前作に比べて英雄っぽさが半減以下。オレ的には残念ながらNG。退屈な2時間でした。 今、ふと思ったけど、子供の名前「ホアキン」は、前作でラブ大佐に殺された兄の名前を付けてるのね。 あと、恐らくホアキン役の子は、前作「マスク・オブ・ゾロ」に出てきた幼少時のアレハンドロ役の子役では??たぶんそうだと思う。
けっけ(硝子の心を持つ少年)さん [DVD(字幕)] 4点(2006-09-14 16:45:31)
16.《ネタバレ》 前作が結構気に入っていたので、久しぶりに映画館で見てきました。ゾロも年とったなぁ・・・。なんてちょっと考えてしまいましたが、奥さんは変わらずお美しく、息子も良い子に育って、悪との対決も一件落着!!結構面白かったですよ☆帰りにクリアファイルを買ってしまった(^^;
ラブコメ大好き!さん [映画館(字幕)] 7点(2006-08-18 23:58:29)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
12
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 35人
平均点数 5.74点
000.00%
100.00%
200.00%
312.86%
438.57%
51440.00%
6617.14%
7822.86%
838.57%
900.00%
1000.00%

【その他点数情報】

No名前平均Review数
1 邦題マッチング評価 4.80点 Review5人
2 ストーリー評価 5.00点 Review9人
3 鑑賞後の後味 5.14点 Review7人
4 音楽評価 5.42点 Review7人
5 感泣評価 1.25点 Review4人
chart

■ ヘルプ
© 1997 JTNEWS