ザ・マジックアワーのシネマレビュー、評価、クチコミ、感想です。

Menu
 > 作品
 > サ行
 > ザ・マジックアワー
 > (レビュー・クチコミ)

ザ・マジックアワー

[ザマジックアワー]
The Magic Hour
2008年【日】 上映時間:136分
平均点:6.73 / 10(Review 171人) (点数分布表示)
公開開始日(2008-06-07)
ドラマコメディヤクザ・マフィア
新規登録(2008-01-07)【カラバ侯爵】さん
タイトル情報更新(2018-12-11)【イニシャルK】さん
Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索
Twitterにて検索
ブログに映画情報を貼り付け
監督三谷幸喜
助監督片島章三
演出山田一善(アクションコーディネーター)
キャスト佐藤浩市(男優)村田大樹(だまされる男・売れない役者)
妻夫木聡(男優)備後登(だます男・クラブ「赤い靴」支配人)
深津絵里(女優)高千穂マリ(惑わす女・天塩の愛人)
綾瀬はるか(女優)鹿間夏子(尽くす女・クラブ「赤い靴」事務員)
西田敏行(男優)天塩幸之助(牛耳る男・天塩商会社長)
小日向文世(男優)長谷川謙十郎(振り回される男・村田のマネージャー)
寺島進(男優)黒川裕美(怖い男・天塩商会代貸し)
戸田恵子(女優)マダム蘭子(厚化粧の女・港ホテル女主人)
伊吹吾郎(男優)鹿間隆(動じない男・クラブ「赤い靴」バーテンダー)
浅野和之(男優)清水医師(港ホテル滞在客)
香川照之(男優)江洞潤(のし上がる男・江洞商会会長)
甲本雅裕(男優)太田垣直角(黒川の手下)
近藤芳正(男優)今野貴之介(CMディレクター)
梅野泰靖(男優)市長
小野武彦(男優)警察署長
梶原善(男優)西さん(ベテラン特機部)
榎木兵衛(男優)なべさん(弾着の名人)
阿南健治(男優)野島(操演担当)
市川崑(男優)映画監督(「黒い101人の女」監督)
中井貴一(男優)磐田とおる(スターな男・「黒い101人の女」主演)
天海祐希(女優)喪服の女(「黒い101人の女」正妻役)
山本耕史(男優)助監督(「黒い101人の女」セカンド助監督)
谷原章介(男優)ニコ(「暗黒街の用心棒」主演・殺し屋役(若き日の高瀬允))
鈴木京香(女優)小夜子(モノクロの女・「暗黒街の用心棒」ニコの恋人役)
寺脇康文(男優)ワンチャイ・バンダラビカル(「暗黒街の用心棒」タイ人革命家役)
唐沢寿明(男優)ゆべし(「実録・無法地帯」主演)
柳沢真一(男優)高瀬允(かつての映画スター)
市川亀治郎(二代目)(男優)カメ(時代劇スター)
香取慎吾(男優)只野憲二
奥田達士(男優)医者
天田益男(男優)ゆべしの取り巻き
脚本三谷幸喜
音楽荻野清子
作詞三谷幸喜「I'm Forever Blowing Bubbles」(訳詞)
編曲荻野清子「I'm Forever Blowing Bubbles」
主題歌深津絵里高千穂マリ「I'm Forever Blowing Bubbles」
撮影山本英夫〔撮影〕
製作亀山千広
島谷能成
東宝
フジテレビ
企画清水賢治
市川南〔製作〕
プロデューサー石原隆〔製作〕(エクゼクティブ・プロデューサー)
配給東宝
特殊メイク江川悦子
特撮大屋哲男(VFXプロデューサー)
納富貴久男(ガンエフェクト)
IMAGICA(VFX)
作画橋爪謙始(画コンテ)
美術種田陽平
編集上野聡一
録音西尾昇(デジタル光学録音)(光学録音アドバイザー)
照明小野晃
その他市川崑(献辞)
あらすじ
映画のセットのような街・守加護(すかご)。街を牛耳るボス(西田敏行)の愛人・マリ(深津絵里)に手を出したクラブ支配人・備後(妻夫木聡)は、ボスの探している伝説の殺し屋・デラ富樫を見つけなければ、命がない。備後は、クラブの事務員(綾瀬はるか)とバーテン(伊吹吾郎)の助けを借り、無名の役者・村田(佐藤浩市)を映画の撮影だと騙して、デラ富樫に仕立て上げるのだが…。
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)

【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
123456789
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
91.中盤までは、ときどき笑わせながらも死と隣り合わせのような緊張感を持たせてくれて画面に引き込まれました。中盤以降からは徐々に人情劇の色合いが強くなってきて無難にまとまった感じがしました。でも登場人物達に人の良さが出ていて楽しい作品でした。
ホースケ2号さん [DVD(邦画)] 6点(2009-01-29 18:18:19)
90.《ネタバレ》 色々賛否真っ二つの本作ですね。
私は主人公の村田さんに感情移入しまくってしまい・・気分良く演技してるシーンでは『村田さん本当はウソなんだよ!』と心の中で叫び、笑いより悲壮感が漂う始末でした・・
妻夫木演ずる備後とその仲間に怒りの炎が・・とは言いながら前半は笑える所もあり普通に楽しめました。
でも後半は長く感じてダレた印象です。
これって90分くらいにまとめられるんじゃないのかなぁ・・。
村田さんが終盤あたりでようやくウソだと気付きますが、そこまで長いなぁ・・
中盤前くらいで『そこまでも気付かないと流石に村田さんが間抜けに見えてくる』といういけない突っ込みをしてしまいました。
後半の特にクライマックスの間延びはダメな感じ。
散々マジックアワーって強調している日没した時間帯にクライマックスをもっていけばいいのに・・。
そして全編で気になったのは舞台設定の中途半端さです。
昭和初期あたりのレトロな町並みでヤクザを『ギャング』と呼んだり。
登場人物が『映画みたいな町』なんて説明しているので現代とは違う全く異なる世界かと思いきや撮影所シーンは普通の現代そのもの・・
今の携帯持ったり軽トラもあったり全くレトロ感無し・・
何これ?そういう特殊な舞台設定にしたいなら細部まで徹底して世界観を作り上げるべきでしょ!
と不満を挙げたらこんなにあったので高評価はしませんがそこまで酷評をするほどの出来とも思えません。
佐藤浩市演ずる村田さんに好感を持ち自分の映像がスクリーンに映ったシーンはグッときたので嫌いにはなれないです。
この作品が舞台劇ならもっと面白く見えるんでしょうね。
まりんさん [DVD(邦画)] 5点(2009-01-27 23:16:55)
89.三谷作品ってなんとなく敬遠してたんですけど、観て良かったです。ファンになりそうです。それと佐藤浩市さんに対する印象も大分変わりました。昔はもっとぶすっとした陰気臭い人だと思ってたんですけど、笑わせてもらいました。色々な意味で観て良かった。
マリモ125ccさん [DVD(邦画)] 8点(2009-01-27 08:19:08)
88.《ネタバレ》 期待ほど面白くなかったなぁというのが、正直な印象。三谷が書くコメディーの面白さの根源って、人が時間や空間の制限に追い詰められたときに、マジメにありえないことをやっちゃう、その瞬間を捉えていることにあるんだと思うんですよね。そういう意味では、「ラヂオの時間」はホントによくできていて、一度始まっちゃったらもうやめることのできないラジオ生放送で役者やスタッフたちが見せる、ありえない言動一つ一つがたまらなく面白かった。ところが本作では、場所もいろいろ、いつまで続くのかもわからない状況で、だんだんとありえない言動がわざとらしく見えてしまっていた。とくに後半、みんなが「街を出よう」なんていい始めて逃げ道作っちゃったから、頑張って演技を続ける意味がなくなってきて、エンディングの大立ち回りが霞んでしまったのが非常に残念。三谷のコメディーは「ラヂオの時間」や「王様のレストラン」のような密室劇でこそ輝くことを、改めて確認した。
ぽん太さん [DVD(邦画)] 6点(2009-01-24 16:55:07)
87.《ネタバレ》 ストーリーのまとめ方はいまいち。特にラストの殺し屋登場のシーンは違和感あり。でも、ところどころに笑えるシーンがあり、とても面白かった。部分部分を楽しめればよい映画ってことでしょう。
クレイバードさん [DVD(邦画)] 9点(2009-01-11 12:13:34)
86.序盤少しもたついたけど、展開が転がり出してからは笑いが止まらなかった。
正に抱腹絶倒といったところか。
こいつは本物だと思った。
無駄にいい役者を使ってるところもいい。
もとやさん [DVD(邦画)] 8点(2009-01-08 22:42:34)
85.三谷幸喜はおもしろいというよりおもしろいことを知ってる人だと思う。
michellさん [DVD(邦画)] 7点(2009-01-05 19:08:31)
84.完璧な脚本に西田敏行が最高の味付けを加える。佐藤浩市と西田敏行のやり取りは何度も笑わせてもらった。最近の邦画のレベルの高さは目を見張る。・・・・何故この西田敏行が助演男優賞にノミネートされていないのか・・・。不思議だ・・・。
あるまーぬさん [映画館(字幕)] 8点(2009-01-04 03:41:30)
83.「なるほど、そうくるのね~」とは思えても、心の底からは笑えませんでした。。。やっぱり私の中では「12人の優しい日本人」を超える三谷作品は出そうにありません。
ミルアシさん [DVD(邦画)] 5点(2009-01-03 08:19:18)
82.《ネタバレ》 三谷幸喜監督おなじみの豪華キャスト揃い踏みによるドタバタマフィアコメディ。これは芝居か現実か―笑いと涙を織り交ぜながらいい意味で観衆を裏切っていく脚本、予測のつかない展開と意外な結末。2年前に映画館で観て以来ですが今回は中だるみを感じることなく引き込まれました。傑作。
獅子-平常心さん [映画館(邦画)] 8点(2009-01-03 03:15:50)
81.期待を裏切らないですね。お互いに違う話をしているつもりで、うまいことつじつまが合っている会話がやっぱり三谷監督らしくておもしろかったです。
kanekoさん [DVD(邦画)] 6点(2009-01-02 13:21:40)
80.《ネタバレ》 日本のチャップリンきどりになってきた三谷監督のコメディ。私はこの監督の知的なコメディが苦手だ。しかも、自分の持つ権力を見せ付けるかのように、いつもオールスターメンバーの俳優陣。それでも今回は素直に笑うことができました。なぜなら、笑いがシンプルだったから。た、だ、し、ラスト30分間は、いつものお涙ちょうだいの展開になってしまった。なぜコメディを貫けないのだろうか?なぜ笑わせたあとに、ホロリとさせる必要があるのか?なぜ、笑いあり、感動あり、なんてお約束ごとをひたすら守る必要があるのか?もうそろそろ中途半端なヒューマンコメディから脱却しましょう。最後は葬式帰りみたいに、しんみりしてしまいましたよ。ま、それはともかく、ナイフ舐めのシーンはたしかに佐藤がうまいです。しかし、西田のあの絶妙のツッコミがなかったら、笑いすら起きなかったかもしれません。「俺がデラ富樫だ」と3回も同じ挨拶をしているのに、西田のほうは、さっきも同じことを聞かされたような気がするのは俺だけか?と戸惑っているところが一番面白かったです。ちなみに西田と三國連太郎といえば、スーさんとハマちゃんで有名です。この2人のからみはプロの漫才より面白いです。その三國の息子の佐藤と、西田をからませるというのは、最初からのねらいなのでしょうか。もしこの2人じゃなく、別の俳優が同じことをやっていたら、はたして、この映画はここまで成功していたでしょうか?遺伝子の神秘をかんじます。
花守湖さん [DVD(字幕)] 2点(2009-01-02 12:36:30)
79.主役の佐藤さんより、西田さんのマルチな演技に魅力を感じました。最後の悪役の設定の「らしからぬ」登場の仕方がどうしても無理やりすぎてちょっと好きではありませんでした。まあ、コメディー映画なのでその辺はさらっと見れれば良かったのですが・・・それにしても役者の顔ぶれが相変わらず凄すぎです。
エルキューさん [DVD(字幕なし「原語」)] 7点(2009-01-01 22:42:23)
78.緊張感も笑いもあり、素直に楽しめた。
ぐっすすっすさん [DVD(邦画)] 8点(2008-12-30 21:35:16)
77.アクション映画ならいざ知らず、「映画館で見ればよかった」と思ったコメディは初めてでした。
なたねさん [DVD(邦画)] 7点(2008-12-27 19:00:18)
76.《ネタバレ》 まずこの映画にはリアリティーは不要です。本物のギャング映画じゃないのですから。サザエさんやドラえもんにリアリティーを求める人などいないでしょう。小難しい事など考えずに心を開放し、スクリーンの中の世界を楽しんでください。映画に対する愛情がこの映画には詰まっています。そして様々な映画へのオマージュもそこかしこに見られます。映画って素晴らしい、役者って素晴らしい、映画を観終わった後に少しでもそう感じ、幸せな気分になる事ができたなら三谷監督も、そしてこの映画で演じた役者さん達もさぞかし嬉しい事でしょう。幸い私は観終わった後にそういう気持ちに浸る事ができました。でも佐藤浩市って凄いです。西田敏行が凄いのはもう今さら言う必要も無い事ですが佐藤浩市という役者をこの映画でまた見直しました。最初は飛行機の中で観たのですが周りの目を気にしながらもこらえきれずに大笑いしてしまいました。あのナイフのシーンはコメディ映画の歴史に残る名シーンとなる事でしょう。前半は思いっきり笑って、後半はちょっとしっとり、それでラストはちょうど良い感じの幸せ気分になれるはずです。繰り返しますがこの映画にリアリティなんてこれっぽっちも求めない事。そして笑いだけを求めるのでもなく、監督と役者達がこの映画で表現しようとした“映画への愛”を心で感じ取ってください。
野良狼さん [DVD(字幕)] 10点(2008-12-26 13:44:51)
75.なんかパターン化してきていて、正直すこし飽きてきた。
映画の中だけで盛り上がってて見ている人は、そんな訳
ないでしょ みたいな冷めた目線でみてしまった。
もっと多才なところをみせてほしい。
有名役者が沢山出てきてもすべてもったいない使い方。
K2N2M2さん [DVD(邦画)] 4点(2008-12-22 00:53:18)
74.売れずにくすぶる役者を演じる佐藤氏に思い入れし出来たので、特に前半は面白すぎた。テンポも神がかり的に良く、さすが三谷氏はこういうドラマを作ったら日本一と実感できる。惜しいのは、後半の映画の嘘がバレたあたりから疾走感が薄まった部分。
次郎丸三郎さん [DVD(邦画)] 7点(2008-12-18 12:04:39)
73.三谷作品は好きなので楽しみにしていましたが、期待通り面白かったです。
西田さん相変わらずいい味だしてます。
笑わせていただきました。
かずまるさん [DVD(邦画)] 6点(2008-12-18 00:07:27)
72.《ネタバレ》 いや~おもしろかった!!久しぶりに笑える映画を観ました。佐藤浩市が演じる村田は本当に最高です。でも映画じゃないとバレるまでは良かったけど、バレた後のぐだぐだ感は良くなかった。最後までひっぱって欲しかったなw
映画さん [DVD(邦画)] 7点(2008-12-17 23:02:39)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
123456789
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 171人
平均点数 6.73点
000.00%
100.00%
231.75%
384.68%
474.09%
5169.36%
63721.64%
74123.98%
83419.88%
91911.11%
1063.51%

【その他点数情報】

No名前平均Review数
1 邦題マッチング評価 6.90点 Review22人
2 ストーリー評価 7.00点 Review28人
3 鑑賞後の後味 7.85点 Review28人
4 音楽評価 6.64点 Review25人
5 感泣評価 5.40点 Review20人
chart

■ ヘルプ
© 1997 JTNEWS