インディ・ジョーンズ/クリスタル・スカルの王国のシネマレビュー、評価、クチコミ、感想です。

Menu
 > 作品
 > イ行
 > インディ・ジョーンズ/クリスタル・スカルの王国
 > (レビュー・クチコミ)

インディ・ジョーンズ/クリスタル・スカルの王国

[インディジョーンズクリスタルスカルノオウコク]
Indiana Jones and the Kingdom of the Crystal Skull
2008年【米】 上映時間:124分
平均点:5.87 / 10(Review 212人) (点数分布表示)
公開開始日(2008-06-21)
アクションサスペンスSFアドベンチャーシリーズもの
新規登録(2008-01-07)【マーク・ハント】さん
タイトル情報更新(2018-09-25)【イニシャルK】さん
Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索
Twitterにて検索
ブログに映画情報を貼り付け
監督スティーヴン・スピルバーグ
助監督ダン・ブラッドリー(第二班監督)
キャストハリソン・フォード〔1942年生〕(男優)インディアナ・ジョーンズ
シャイア・ラブーフ(男優)マット・ウィリアムズ
レイ・ウィンストン(男優)"マック"・ジョージ・マクヘイル
カレン・アレン(女優)マリオン・レイヴンウッド
ケイト・ブランシェット(女優)イリーナ・スパルコ
ジョン・ハート(男優)オックスリー教授
ジム・ブロードベント(男優)ディーン・チャールズ・スタンフォース
アンドリュー・ディヴォフ(男優)ロシア人兵士
イリア・ヴォロック(男優)スーツを着たロシア人
アーニー・レイズ・Jr(男優)墓地の戦士
内田直哉インディアナ・ジョーンズ(日本語吹き替え版)
細谷佳正マット・ウィリアムズ(日本語吹き替え版)
土井美加マリオン・レイヴンウッド(日本語吹き替え版)
本田貴子イリーナ・スパルコ(日本語吹き替え版)
中博史オックスリー教授(日本語吹き替え版)
坂口芳貞ディーン・チャールズ・スタンフォース(日本語吹き替え版)
小川真司〔声優・男優〕ロス将軍(日本語吹き替え版)
乃村健次テイラー(日本語吹き替え版)
野島健児図書館の学生(日本語吹き替え版)
桐本琢也アントニン・ドフチェンコ(日本語吹き替え版)
小形満(日本語吹き替え版)
根本泰彦(日本語吹き替え版)
石住昭彦(日本語吹き替え版)
東條加那子(日本語吹き替え版)
小松史法(日本語吹き替え版)
出演ショーン・コネリーヘンリー・ジョーンズ(写真)
デンホルム・エリオットマーカス・ブロディ(写真)
原作ジョージ・ルーカス(原案&キャラクター創造)
フィリップ・カウフマン(キャラクター創造)
ジェフ・ナサンソン(原案)
脚本デヴィッド・コープ
音楽ジョン・ウィリアムズ[音楽・1932年生]
編曲コンラッド・ポープ
挿入曲エルヴィス・プレスリー"Hound Dog"
撮影ヤヌス・カミンスキー
製作フランク・マーシャル
パラマウント・ピクチャーズ
製作総指揮ジョージ・ルーカス
キャスリーン・ケネディ
配給パラマウント・ジャパン
特殊メイクジェイク・ガーバー
ジョエル・ハーロウ
マシュー・W・マングル
リチャード・レドルフセン
グレゴリー・ニコテロ(特殊効果メーキャップ〔ノンクレジット〕)
特撮ILM/Industrial Light & Magic(視覚効果)
スタン・ウィンストン・スタジオ(特殊効果)
美術ガイ・ヘンドリックス・ディアス(プロダクション・デザイン)
ローレンス・A・ハッブス(美術監督)
衣装メアリー・ゾフレス
バーニー・ポラック
編集マイケル・カーン
字幕翻訳戸田奈津子
スタントケイシー・オニール
その他ジョン・ウィリアムズ[音楽・1932年生](指揮)
あらすじ
舞台は1957年の冷戦時代。インディが新たに探し求める秘宝とは、宇宙の神秘を紐解く力を持つという クリスタル・スカル。言い伝えによれば、黄金に輝き死者たちに守られていた消え去ったアマゾンの 伝説の都市から盗まれたクリスタル・スカルを神殿に戻した者は神秘のパワーを手にすることができるという。その伝説を信じるソ連軍の指揮官スパルコはインディを捕らえ、スカルの捜索を強要する。 果たしてインディは敵から逃れ、クリスタル・スカルを手に入れることが出来るのか? そしてスカルに秘められた衝撃の謎とは?シリーズ第4作
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)

【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1234567891011
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
152.3歳の娘と一緒に観ようと思い、吹替えDVDで鑑賞。理解できるのやら、という心配をヨソに、最後まで観ておりましたが、終わるやいなや、「おしっこ~」とトイレに駆け込むも、間一髪間に合わず、映画に負けずこちらも大洪水、とほほほ。トイレ(だけ)は得意、なハズだったんですけどねえ。私が配給会社の宣伝マンなら「失禁するほどの面白さ」というキャッチコピーを打ちたくなるところ、まあさすがにそれは誇張ですが、トイレに行くのを忘れる程度には集中して観てた、ということには間違いないでしょう。オモラシにもちっとも悪びれず、アレが面白かったコレが面白かったと力説してましたし(3歳児の力説なので、よくわからない部分も多いですが)。いやあ、実に結構、何しろ、シリーズ中、一番面白くないこのネタ切れの第4作ですらこんなに楽しんだのだから、親としても、あと3本見せる楽しみがあるというもの(笑)。まあ、それなりに飽きさせないサービスはなされていますが、「ハリソン・フォード、歳だなあ」というよりも、「影が薄いなあ」というのが残念なところ。代わりによくわからん若造が大活躍するも、さらに残念なのが、CGまみれの車上チャンバラ。特撮技術にあぐらをかき、背景を無視した涼しげなチャンバラは、もはやスター・ウォーズそのもの(勿論、新3部作の方です)。これをやっちゃあオシマイよ、ということを、ジャッキー・チェンは、気づいている。とまあ、文句をいいつつも、おなじみのテーマ曲を聴くとやっぱりウキウキしてしまい、やっぱり楽しめる作品なのでした。ちなみに、娘のお気に入りは、影の薄いジョーンズ博士ではなく、「わるいおねえちゃん」の方なのでした。
鱗歌さん [DVD(吹替)] 7点(2009-02-08 13:53:52)(笑:1票)
151.《ネタバレ》 あんなに磁力が強いのに、持ってる人の銃はそのまま。鞭もなんか輪投げみたいな小さな動き。ストーリーも無理やりだし・・・。昔はストーリーなんて全然気にならないくらいワクワクして見たのに、なんかガッカリ感がすごくて残念
さらさん [DVD(字幕)] 5点(2009-02-06 09:40:27)
150.スピルバーグと合衆国の陰謀・・・・エイリアンの存在を知らしめるプロパガンダ最新作は、これまた陰謀と絡んでいそうなビッグネーム・ジョージルーカスとのタッグ。未来小道具(これがまた良いんですわ)のアイデアマンスピルバーグと、冒険味あるライター・ルーカスとのパワーがうまいこと混ざり合って、かなり完成度の高いエンターテイメントに仕上がっておりました。80年代彷彿とさせる単純明快さ、「現実的に考えて・・・・」なんていうセリフを一蹴してしまう展開は爽快そのもの。原住民を馬鹿にしてるとか、社会主義のネガティブキャンペーンだとかいう、もうギャグでしょそういうの!?アメリカ映画って感じで、好きでした。それにしても、凄く景気の良い映画です^^
PPOSSTUさん [DVD(字幕)] 8点(2009-02-02 04:34:13)
149.《ネタバレ》 【謎解き】青年マット(M)がインディ(I)に助けを求める。Mの保護者オックス(O、Iの友人)はペルーでクリスタルスカルを発見、アケトー(古代文明黄金都市)に持って行くと手紙をよこし、消息を絶った。16世紀探検家オレリャーノはアケトーを探して行方不明。スカルをアケトーに戻すとパワーを得られるという伝承がある。Mの母親はOを探しにペルーへ。しかし共に攫われ、スカルを渡さなければ殺すと脅されている。Iは手紙の古代語を読み解きペルーへ。精神病院の床にOの描いた地図を発見。オレリャーノの墓の地図だった。墓に到着し、オレリャーノの遺体とスカル発見。スカルは戻された跡があった。拉致されイリヤ・アラマカに移動。Oと会うが正気を失っていた。Oが表意文字でアケトーの場所を示す。逃走して川を下り滝を落ちて入り口を発見。出口はピラミッドの上。オベリスクを破壊すると砂が落ちて石組細工の鍵が作動。内部に侵入。ゲートにスカルをかざすと開く。世界から集めた考古資料。13の宇宙人の骸骨。パワーとは知識のことだった。スカルを戻すと合体して肉化。巨大UFOで異次元へ。
【安直な部分】アメリカングラフティ無意味。核実験場から鉛の冷蔵庫で脱出。ロズウェルパートは本筋と無関係で不要。13の骸骨が合体して肉化。ベタな巨大宇宙船登場。敵がロシアKGB。敵ボスが女で超能力者。超能力もほとんど使わない。ロープ代わりの大蛇。ターザンごっこ。車が崖から墜ちる。滝の3段落ち。無関係なのに襲ってくる原住民。彼らに対するリスペクト無し、不用意に虐殺。空輸したバイクを使わない。伏線のナイフも肩透かし。
【感想】謎解きパートは良い。適度に複雑で謎解きもあざやか。雰囲気を盛り上げている。今更のロズウェルネタやUFO落ちはいただけない。骸骨が再生するのはやり過ぎ。脇キャラに問題がある。Oもマックもマリオンも年寄り。アクションが弾けない。Oは夢遊病状態、マックは二重スパイで金に執着、マリオンは強気で魅力的だがメタボ体型。Mは行動が無鉄砲で知性的ではなく、Iの息子に見えない。敵ボスが女というのも問題。Iは女性に優しいので合わない。知力に優れた男にすべき。◆新鮮味に欠けるものの、次から次へと飛び出す冒険アドベンチャー、アクションのアイデアに脱帽。軍隊蟻がツボだった。爽快感は魔宮の伝説に匹敵。帽子や鞭の使い方は秀逸。歴史的シリーズの続編として合格。
よしのぶさん [DVD(字幕)] 9点(2009-01-30 19:52:09)
148.面白くなかった分訳ではないが、見ていてドキドキもワクワクもしない。ラストも、だから?って感じだし。ちょっと古いかなぁ。スピルバーグはもうあんまり期待できないかも。
はりねずみさん [DVD(字幕)] 5点(2009-01-29 17:04:24)
147.まあまあの出来だと思います。でもハリソンは年とったね。
doctor Tさん [DVD(字幕)] 5点(2009-01-20 21:17:11)
146.前の三作より「広げた風呂敷がデカい」。もうまとめられないほどデカい。破天荒というか荒唐無稽というか…デタラメとかトンチンカンとかのほうが言葉が近いかな(笑)。観ている間にずいぶんな回数失笑してしまいました。でもね、それがこの映画の良さです。小粒なSFより、爆発したデタラメ話のほうがおもしろいに決まっています。個人的には非常に好感をもって最後まで観られた映画でした。
ハリソン・フォードはいまだにセクシー。それもすごい。
ケルタさん [映画館(字幕)] 8点(2009-01-18 23:33:11)
145.《ネタバレ》 アクション映画としては「普通に」面白い。でもあの「インディ・ジョーンズ」シリーズの続編という観点からみると少々辛口にならざるを得ませんな。冒頭から核爆発までのくだりはこれはもうダイハードっす。前三作の時代設定が'30年代から'40年代という絶妙なものであったのに対して、本作の時代設定が'50年代の冷戦時代というのはキャストの年齢を考えると仕方のないこととは言え、「非科学的なもの」の存在が描きづらかった感があり、その所為でこのシリーズ本来の魅力がスポイルされてる感があるのは否めませんな。だとしてもまた「エリア51」ってのはどうなんでしょう。まあハリソン・フォードは本当によく頑張っていたと思います。その点は非常に評価しますが、マリオンは正直ちょっとキツかった。
ばたあしさん [映画館(字幕)] 6点(2009-01-18 16:16:23)
144.可もなく不可もなく、普通~の映画だった。ちょっとラストはぶっ飛び過ぎ。スケールでか過ぎますよ。古代の遺跡とか、もっとセコく纏めてくれた方が、この作品らしいと思う。
にしきのさん [DVD(吹替)] 5点(2009-01-15 16:53:39)
143.昔の“血が沸き肉が踊る”には遠く及ばない。同年66歳でこのアクションのハリソンには頭が下がる。でも肉体は段々萎んでくる(私の比ではないが)ので潮時は過ぎてるよ。が冒険活劇は楽しい。
ご自由さんさん [DVD(字幕)] 6点(2009-01-14 22:35:42)
142.《ネタバレ》 前評があまり良くなかったので期待せずに見ましたが久々のアドベンチャーに胸踊りました。確かに前作と比べてしまうとパワーダウンは否めないし、賛否あるのも理解できますが幽霊、呪術、神話と来たので宇宙人(異次元人)も個人的には何の抵抗もありませんでしたよ。何よりこの安心感ったら他の映画にはありません。時折困った顔を見せるイリーナ大佐も可愛かったです。結婚までしてしまったので、もうインディ先生は腰を据えてしまうのでしょうか?とにかくお疲れ様を言いたいです。ありがとう、教授!
Kの紅茶さん [DVD(字幕)] 7点(2009-01-13 13:28:44)
141.《ネタバレ》 およそ20年振りの続編ということで、舞台設定もしっかり20年後。敵はナチスからKGBに。冒頭の親父さんやブロディらがすでに故人であることを思わせるシーンも、時の流れ感じさせる寂しい演出。やっぱり『最後の聖戦』で終わりにして欲しかったなあ。。
年を重ねたインディ・ジョーンズから、往年のパワフルさやエネルギッシュさが失われているのは当然といえば当然。でもそれをドリフのコントにさせないハリソン・フォードの眼のギラギラ感はさすが。ハリウッド的ご都合主義と大仰なアクションも期待通りで、普通に楽しめる作品ではありました。ただ、やっぱりこれは過去のシリーズとは別物と思いたいな。。原爆とUFOがムチを振り回してた愛すべきアナクロなインディ像を、木っ端微塵にしてしまった(涙)
デーモン・アルコールさん [映画館(字幕)] 6点(2009-01-07 00:50:19)
140.《ネタバレ》 現代化された“インディアクション”と個性的な登場人物も健在で存分に楽しめました。イグアスの滝での三度の落下シーンは「これでもか」と言わんばかりの緊迫感がありました。二代目インディはシャイア・ラブーフなのかな?
獅子-平常心さん [映画館(字幕)] 7点(2009-01-03 14:46:42)
139.《ネタバレ》 やっぱりスピルバーグとルーカスのコンビだと違いますね。音楽や演出が凄くいい。
特に、図書館の机の下をバイクで滑るシーンなんかは、スピルバーグらしいユニークなアイディアで楽しめた。
観る前はちょっと心配してたハリソンも、年齢を感じさせないほど、インディジョーンズの活躍を見させてくれた。

ただ、一つ不満なのがあのラスト。ああいうラストはインディらしくないというか、、合わないと思います。スピルバーグとルーカスがSF好きなのは分かります。でもこの作品にだけは、そういう要素を持ち込まないでほしかったです。
抹茶御膳さん [DVD(字幕)] 6点(2009-01-02 18:22:49)
138.はじめ、ちょっと、動きが、どんくさかった。
俺も、どんくさいから、いやだなぁと思った。
でも、ジャングルのシーン、楽しかったよ。
大きな扉の仕掛けも、楽しめました。
オドリー南の島さん [DVD(字幕)] 6点(2009-01-02 18:21:31)
137.《ネタバレ》 つきあいで見ました。最初の方に出てくる核実験のためにつくった住宅街のシーンはとってもシュールですばらしかった! あといつも思うんですが、ハリソン・フォードに困った顔をさせると天下一品ですね!
きのう来た人さん [DVD(字幕)] 3点(2009-01-02 06:55:16)
136.《ネタバレ》 久々のインディ結構おもしろかったです。
1作目が好きだったので、マリオンが出たのも嬉しいです。
インディとのやり取りも楽しめました。
ただインディ(一行)捕まりすぎですね。
相手は逃げられすぎ…、学習能力を疑います。
それに冷蔵庫での核爆発からの脱出は、
熱か衝撃でかなりやばい状態になると思いますが…。
ほとんど喜劇に見えました(笑)。
イリーナみたいなクールビューティは好みでした。
もう少しインディとからんでも良かったかな。
超能力?を活かしてみるとか。
映かったーさん [DVD(吹替)] 6点(2009-01-01 20:47:25)
135.《ネタバレ》 老けてもかっこいいインディ・ジョーンズがまた見れたし、何気に27年?振りのマリオンが登場して共に冒険していくのはとても良かったが・・

映画としては、インディ・ジョーンズの要素がなかったら普通のアドベンチャー。
宇宙人とからしくないし。
ラスウェルさん [DVD(字幕)] 6点(2008-12-30 20:31:13)
134.おじいちゃんだーーーー。
ネフェルタリさん [映画館(字幕)] 4点(2008-12-29 19:48:44)
133.レイダースを何十回見たかわからない私にとっては、ニヤニヤするシーンの連続でした。ハムナプトラなんかにもレイダースのオマージュシーンがありますが、やっぱ亜流品と違ってスピルバーグの正当続編は重みが違うなと実感した次第です。でも懐かしいばっかりで新しい面白さはあんまりないかもしれません。
54dayoさん [DVD(字幕)] 6点(2008-12-27 23:27:34)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1234567891011
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 212人
平均点数 5.87点
000.00%
110.47%
231.42%
3167.55%
42310.85%
53516.51%
66329.72%
73516.51%
82712.74%
973.30%
1020.94%

【その他点数情報】

No名前平均Review数
1 邦題マッチング評価 6.87点 Review31人
2 ストーリー評価 5.28点 Review38人
3 鑑賞後の後味 6.19点 Review36人
4 音楽評価 8.38点 Review44人
5 感泣評価 3.85点 Review28人
chart

【ゴールデンラズベリー賞 情報】

2008年 29回
最低続編・リメイク賞 受賞 

■ ヘルプ
© 1997 JTNEWS