Disney'sクリスマス・キャロルのシネマレビュー、評価、クチコミ、感想です。

Menu
 > 作品
 > テ行
 > Disney'sクリスマス・キャロル
 > (レビュー・クチコミ)

Disney'sクリスマス・キャロル

[ディズニーズクリスマスキャロル]
A CHRISTMAS CAROL
2009年【米】 上映時間:97分
平均点:5.64 / 10(Review 28人) (点数分布表示)
公開開始日(2009-11-14)
ドラマファンタジーファミリー小説の映画化クリスマスもの
新規登録(2009-06-05)【マーク・ハント】さん
タイトル情報更新(2018-12-19)【M・R・サイケデリコン】さん
Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索
Twitterにて検索
ブログに映画情報を貼り付け
監督ロバート・ゼメキス
キャストジム・キャリー(男優)スクルージ、過去、現在、未来のクリスマスの亡霊
ゲイリー・オールドマン(男優)ボブ・クラチット、タイニー・ティム、マーレイの亡霊
ロビン・ライト・ペン(女優)ベル、ファン
コリン・ファース(男優)フレッド
ボブ・ホスキンス(男優)
カラム・ブルー(男優)
ダリル・サバラ(男優)
ケイリー・エルウィズ(男優)
フィオヌラ・フラナガン(女優)
マイケル・J・フォックス
山寺宏一スクルージ、過去、現在、未来のクリスマスの亡霊(日本語吹き替え版)
安原義人ボブ・クラチット、タイニー・ティム、マーレイの亡霊(日本語吹き替え版)
内山昂輝17歳のスクルージ(日本語吹き替え版)
森川智之フレッド(日本語吹き替え版)
熊倉一雄(日本語吹き替え版)
伊藤美紀〔声優〕(日本語吹き替え版)
島香裕(日本語吹き替え版)
諸星すみれ(日本語吹き替え版)
多田野曜平(日本語吹き替え版)
原作チャールズ・ディケンズ
脚本ロバート・ゼメキス
音楽アラン・シルヴェストリ
編曲コンラッド・ポープ
ジョン・アシュトン・トーマス
ウィリアム・ロス〔編曲〕
主題歌JUJU「PRESENT」(日本版イメージソング)
撮影ロバート・プレスリー
製作ロバート・ゼメキス
スティーヴ・スターキー
ウォルト・ディズニー・ピクチャーズ
配給ウォルト・ディズニー・ジャパン
特撮マイケル・ランティエリ(特殊効果スーパーバイザー)
ドナルド・エリオット(フロアー効果スーパーバイザー)
美術カレン・オハラ〔美術〕(セット装飾)
録音ランディ・トム
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)

【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
12
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
8.《ネタバレ》 近所の映画館に3D設備がないので普通に見たのに、あんなに映像がリアルに迫ってくるとは思いませんでした。過去や現在の精霊と旅をする場面での浮遊感はすごいとしか言いようがないです。しかし、そんな映像のせいなのでしょうが、挙げたらキリがないほど怖いシーンが多々あり……(マーレイ登場時は思わず耳を塞いでしまった……)。映画自体はわかりやすく、この時期にぴったりな心温まるお話でした。が、ほのぼの気分と同時に、なぜに夢と魔法のディズニー映画でこんなにも恐怖を味わわなければならんのかという気持ちもほんの少しだけ残りました。
深々さん [映画館(字幕)] 6点(2009-11-29 23:25:27)
7.....つまらない(笑)
160年前の原作。しかしストーリーは古さがモロに出てしまった印象。
主人公のスクルージじいさん。なにも過去の自分を完全否定しなくてもいいじゃん。

パフォーマンスキャプチャーとかいう最新技術、単に俳優の顔をわかりずらくしてしまっただけ。
3D映像、全く効果的に使われず。これなら2D字幕版を見ればよかった。
テツコさん [映画館(吹替)] 1点(2009-11-27 18:38:37)
6.これが観たいというよりも、3Dとは何ぞやという気持ちで鑑賞。これは子供が見たらトラウマだなあ。過去の精霊はもうちっとどうにかならんかったのかなあ。見終わったあと、スクルージのシワのことだろうか?「カオのキンニクすごかったねえ~」という隣のカップルの会話で思わず吹き出した。
SAEKOさん [映画館(吹替)] 4点(2009-11-26 05:06:32)
5.心温まり、幸せな気分になれる作品でした。それだけで十分満足です。しかし子供が見ると相当怖いと思います。
ギニューさん [映画館(字幕)] 7点(2009-11-25 19:46:31)
4.《ネタバレ》 ディケンズの名作「クリスマス・キャロル」映画化3本目。実写とアニメーションが融合した映像はすごく立体感がありました。物語は子供向けのおとぎ話で深みがない…とはやはり言ってはいけないでしょうか。でもクリスマス気分を盛り上げてくれる作品です。
獅子-平常心さん [映画館(字幕)] 6点(2009-11-17 21:31:29)
3.立体CGアニメ映画『ポーラー・エクスプレス』であれだけの完成度を見せたゼメキスですから、もはや手馴れたものです。立体映像をどう見せれば効果的なのかを知り尽くしていて、数多の立体映画とは次元の違う、立体ならではの計算され尽くした映像を提供してくれます。デザインも申し分なく、この古典の物語をキッチリと完成された世界として仕立て上げています。だけど、他のゼメキス作品同様、なんかひと味足らないんですよね。たとえば色気がありません。って、セクシーなお姉さんを出せっていうんでなくって、遊び、ゆとり、茶目っ気、そんな余裕が足らない気がするんですよね。もう、ガチガチに組み立てられてる感じなの。で、一方でCGのモーションに関しては、ここまで来たのならば、キャラが他者からの干渉を受けた場合の関節の動きをもっと自然にできません?って贅沢な注文もしたくなります。特に動体上のCGキャラは、この映画においても大変堅く、重力の変化に自然に動じたりしないのですよね。それはモーションキャプチャーでは拾いきれない部分、そういうディティールへの徹底的な拘りまでは到達しないのもゼメキス的なのかな。あと、意外にもかなり恐いので、小さいお子様は鑑賞注意。まあ、とは言え安心して見られる、ディズニー&ゼメキスの信頼ブランド優等生映画ではございました。
あにやん‍🌈さん [映画館(吹替)] 7点(2009-11-17 17:43:31)
2.《ネタバレ》 アメリカのTOP映画興行の噂を聞いて、見に行きました。結果は?やはりクリスチャンの為の映画でした。ストーリーは語り尽くされているので可も無く不可も無くそんなもんですかという感じ。長い間人とのかかわりを断ち、金だけを唯一信じられる友とした主人公が、3人の精霊によって悔い改め。まっとうな人間に生まれ変わるお話です。そんなに簡単に人間何十年もやってきたことを変えられるわけ無い!!と、突っ込みたくなりますが、まーそこんとこは置いといて映像技術的には限りなく実写に近い!アニメーションです。ベオウルフ等もありますが、もうひとつ抜きん出た感があります。細かい描写には驚くほどの緻密さがあり、アニメもここまできたかと思いますが、だったら実写でもいいんでは?そんなこと考えるのは私だけかな? 無宗教の日本の子供達にはちょっときついのではないかな。楽しいキャラも出てこないし、ディズニーというだけで見せられた子供達には、ちょいと違うぞ!おじさん怖い!精霊こわい!しかのこらないのでは…
としべいさん [映画館(字幕)] 5点(2009-11-16 13:20:26)
1.本作は3D版と通常版の同時公開ですが、私は非3Dで鑑賞しました。
やはり、実績のある人間が製作に携わってるだけあって見応えがありました。
何度かジーンとさせられるところもありましたし、面白いと思える場面も多かったと思います。
実写では映像化できないような場面もあり、そういった意味での面白さもありました。
とにかく、クリスマス気分を盛り上げてくれる内容です。
タックスマン4さん [映画館(字幕)] 7点(2009-11-16 02:32:13)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
12
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 28人
平均点数 5.64点
000.00%
113.57%
200.00%
3310.71%
4310.71%
5517.86%
6621.43%
7725.00%
813.57%
927.14%
1000.00%

【その他点数情報】

No名前平均Review数
1 邦題マッチング評価 6.00点 Review2人
2 ストーリー評価 5.50点 Review6人
3 鑑賞後の後味 7.33点 Review6人
4 音楽評価 6.83点 Review6人
5 感泣評価 5.25点 Review4人
chart

■ ヘルプ
© 1997 JTNEWS