抱擁のかけらのシネマレビュー、評価、クチコミ、感想です。

Menu
 > 作品
 > ホ行
 > 抱擁のかけら
 > (レビュー・クチコミ)

抱擁のかけら

[ホウヨウノカケラ]
Broken Embraces
(Los abrazos rotos)
2009年【スペイン】 上映時間:128分
平均点:6.23 / 10(Review 13人) (点数分布表示)
公開開始日(2010-02-06)
ドラマサスペンスロマンス
新規登録(2010-02-22)【rothschild】さん
タイトル情報更新(2019-08-24)【Olias】さん
Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索
Twitterにて検索
ブログに映画情報を貼り付け
監督ペドロ・アルモドバル
キャストペネロペ・クルス(女優)レナ
ブランカ・ポルティージョ(女優)ジュディット・ガルシア
タマル・ノバス(男優)ディエゴ
アンヘラ・モリーナ(女優)レナの母
ロッシ・デ・パルマ(女優)ジュリエッタ
ロラ・ドゥエニャス(女優)
脚本ペドロ・アルモドバル
音楽アルベルト・イグレシアス
撮影ロドリゴ・プリエト
配給松竹
衣装ソニア・グランデ
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)

【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
13.《ネタバレ》 ペドロ・アルモドバル監督による濃ゆいラブ・ロマンス。2008年と1994年を行ったり来たり。独特の愛のカタチを描くがあまり引き込まれなかった。
獅子-平常心さん [DVD(字幕)] 6点(2019-08-12 03:11:19)
12.《ネタバレ》 私の名前はハリー・ケイン、かつて映画監督だった。本当の名前はマテオ、映画や脚本を著すとき、私は必ず“ハリー”の名前を使った。つまりペンネームだ。だが、ある時を境にマテオは消えハリーだけが残った。そう、全ての過去を捨てハリーとなった私は同時に視力をも失ってしまったのだ――。深い孤独の中に生きる盲目の元映画監督ハリー。ある日、彼の元にマドリードの実業家エルネストが死去したという知らせが届く。「そうか、とうとう彼が死んだのか…」と、しみじみ呟くハリー。自身の身の回りの世話をしてくれる青年に、ハリーは自らの秘められた過去を語り始めるのだった…。物語は、そんなハリーの映画監督として充実していた日々を過ごしていた過去に出逢った若く美しい女優レナと強欲な実業家エルネストとの愛憎渦巻く確執をミステリアスに交錯させながら、ハリーが視力と過去を全て捨て去るきっかけとなったとある一日へと収斂されてゆく。スペイン映画界が生んだ至宝と言っても過言ではない、監督アルモドバルと女優ペネロペ・クルスが再度タッグを組んで描き出したのは、これまでに彼らが創り上げた数々の名作の製作過程を自己戯画化したような妖艶で哀切な人間ドラマでした。とにかく、もう彼にしか生み出せないであろう情熱的な“赤”を基調とした極彩色な映像美は、今回もほんと素晴らしかったですね。そんな絵画のように美しい映像の中に、これまた女性の美しさのある意味極北を生きるP・クルスが見事にその絢爛豪華な華を咲かせておりました。いやー、溜息が出るほどに耽美(笑)。恐らく、これから微かな腐臭を放ちながらどんどんと衰えていくだろうペネロペ・クルスのその豊潤な熟れ過ぎた果実のような美貌をフィルムに収めたというだけでもこの作品は価値があります。そして本作が何より優れているのは、そんな女性の美しさを永遠に記憶に留めておくためにハリーが自ら盲目となったような描写が随処に散見されること。うん、やっぱり良いですね、この芸術に域にまで達している変態紙一重の谷崎潤一郎的フェティシズム。いかにもアルモドバルといったそんな豊潤な世界を、今回も充分堪能させてもらいました。最後、遺された彼女のフィルムを再編集して新たな映画を創出しようとするハリーの姿にアルモドバルの映画への深い愛情――そして女性崇拝の念を見出さずにはいられません。
かたゆきさん [DVD(字幕)] 8点(2015-02-06 19:49:25)
11.《ネタバレ》 嵐のような激しい愛憎劇がさまになる女優ペネロペ。その魅力がたっぷり味わえるのはいいが、あまりの濃さにだんだん疲れてきたりして。でもそこで観ている者をほっとさせるのが、素直で優しいディエゴの存在。この心憎い演出もまたアルモドバルならでは。劇中劇を挟んだ演出も小粋で、これまたペネロペの魅力が全開。
lady wolfさん [CS・衛星(字幕)] 7点(2012-11-18 07:59:49)
10.《ネタバレ》 ペネロベめちゃめちゃキレイ☆彡
大会社社長の愛人をしてるレナ(ペネロベ)。社長の嫉妬にうんざりする頃、新進気鋭の映画監督マテオと恋に落ちる。映画を撮り上げるためにDVに堪えるレナとマテオ。二人の恋は自動車事故によるレナの死とマテオの失明という悲しい結末を迎える。
そして現在マテオはペンネームだったハリーとして盲目のなか暮らしている。
過去と現在を行き来しながらストーリーを展開させる意味がそれほど感じられなかった。ハリーの前に現われた社長の息子はへぼすぎ。
ペネロベの美しさのためだけの映画かしら。
kanekoさん [映画館(字幕)] 4点(2011-11-15 19:01:43)
9.《ネタバレ》  あまり魅力が感じられない演技力重視の女優がヒロインにされ、魅力があるもののと仮定しながら見ることを観客が強いられることがたまにある英米系の映画に比べて、この映画のように美人であり、魅力的でなければストーリーが成り立たない役に、きちんと女性的魅力ばっちり、ルックス重視のキャスティングをする、スペインやフランス、イタリア映画には、いつも好感を感じます。(まあ、脚本第一主義の方々に言わせりゃガキだそうですがw)
 しかも女性の外見上の魅力を、何よりも価値があるものとし、それを中心とするストーリーにも好きですね。(今、自分で書いていて気づいたんですけど、主人公が光を失った一番の苦悩はそこにあるわけで)
過去と現在を交錯させながら、出来事の全体像が徐々に明らかにされる展開も秀逸だと思います。
 しかし、ああいう大美人が、外見上はパッとしない(失礼w)中年男性を熱愛すると言うのは、監督の妄想なんでしょうか、それともあちらではありがちなことなんでしょうか?もし後者だとしたら、真剣に移住を考えます(爆笑)
rhforeverさん [CS・衛星(字幕)] 7点(2011-06-06 11:42:49)
8.《ネタバレ》 異様に嫉妬深い男をめぐるサスペンス、って部分では堪能した。読唇術の場面はもちろん、ホテルのベッドの上で死んだふりして捻じれて横たわっているあたりの、滑稽の極みのグロテスク、あるいはグロテスクの極みの凄惨。ちゃんと階段落ちもあり、嫉妬話だけに絞ればきれいに仕上がった映画だろう。しかしおそらくきれいすぎて現在の作品としては、いささか古典的という印象になっただろう。そこに余分なものが付着してコッテリし、焦点が曖昧になってくるところが、たぶんこの監督の味なんだ。主人公のとこに資本家のせがれライ-Xってのが訪れるところ。主人公はドアの覗き穴から来訪者を確認する。ややっ、実は目が見えているという設定なのか、とハテナを引っ掛けておいて、特別あとにハッキリさせてくれない。医者が失明です、と診断するシーンもちゃんとあったが、彼が自分の意志で映画監督という職業から退場した、という含みも残しているような。この曖昧さで膨らまされた世界の居心地の悪さ、暖色系のニコゴリの中にストーリーが漬けられているようなボンヤリ感、きっとそれがたまらないという悪食好きにとっては、蠱惑的な映画なのだろう。
なんのかんのさん [DVD(字幕)] 6点(2011-02-24 09:47:51)
7.アルモドバル監督を称賛する人は多いから、何度もチャレンジしてみるんだけど、どうも私は好きになれないんですね、作風というか、女性の描き方が。自分のフェロモンを武器にパトロンに金を出させて、それを資金に色男に自分の映画を撮らせ、その色男とのセックスに耽溺するような女の「悲劇」には、何の感情も湧きません。色男をとりまくもう一人の女、色恋沙汰が終わり母親役に転じる元恋人っていうのも、また一つも共感できない。色彩とか多重構造的な時系列の描き方は面白いから、そこにだけ5点献上。
おばちゃんさん [映画館(字幕)] 5点(2011-02-22 10:18:25)
6.《ネタバレ》 さすがアドモバル、本作も安心して見られる良質のドラマ作品でした。自動車事故で死別した恋人との思い出を回想する盲目の元映画監督の、彼女とのなれそめから始まり失明するまでの思い出話です。おなじみの劇中劇や未編集の映画フィルムを通じて恋人に触れたり、読唇術のシーンなど、映画ならではの表現が散りばめられていてアドモバルらしい凝った作りですが、やはり観るべきはペネロペでしょう。あるときは少女のように可憐であり、あるときは炎のような激しさを併せ持つ情熱的な女性が余すことなく表現されています。バルセロナでの喧騒から離れ、旅先のホテルの一室で、ソファで抱き合って映画を観るシーンが非常に印象に残っています。タランティーノのように趣味に走らず、アドモバルにはこれからも良質な映画を作り続けて欲しいです。
さめがいさん [DVD(字幕)] 7点(2010-12-11 14:04:00)
5.《ネタバレ》 ハリーケインというおじさんのハリケーン的人生に、ぺネロぺが美しい色彩を重ねる映画。やっぱりこの監督は色彩がすばらしい。パキっとした中に映えるぺネロぺのはっきりした顔立ちがとても印象的だった。全体にのペーっとしたストーリだったが、要所要所に種明かしがあって飽きなかった。
おっちょさん [DVD(字幕)] 6点(2010-09-27 00:21:36)
4.盲目のおじさんが親切な若い女性になにやら介助されているところから始まったと思ったらこのおじさん、その女を口説く。で、やっちゃう。で、それがどうも毎度のことらしい。もうここから引き込まれてしまう。この冒頭の短いエピソードの小さな驚きの連続とさりげないユーモア。ところがある男の死を知り、またべつのある男の訪問からミステリアスな展開へと。そしてこのおじさんがまだ視力を失う前、映画監督だったころのお話がスタートする。男と女の愛憎劇。まさに愛憎劇で、とにかく濃い。たしかに入り組んだ関係と入り組んだエピソードをつなげてゆく展開といい、劇中劇といい、テレビに映し出される映画(今回は『イタリア旅行』)といい、ゲイの登場や親子の葛藤などアルモドバル印満載なのだが、いつものユーモアがここ(映画の大半である過去シーン)には無い。劇中劇をコメディとすることでごまかしてるような。そもそもその劇中劇が自身の『神経衰弱ぎりぎりの女たち』をまんまコピーというのはどうなんだろう。これがユーモアのつもりだとしたら失敗しているような。全体的に重さをひきずった展開同様に今回のペネロペの美しさも異質に感じた。うまく言えないが美しさがいつものアルモドバルの女たちよりも濃厚。印象的なシーンがいくつかあって、その中でもとびっきりかっこいいシーンが読唇術のところで、決定的セリフのアフレコしながらの尋常じゃない美しさの女優ペネロペ登場。ここは唸った。このアフレコ以外にも過去の「かけら」を紡いでゆく物語と「編集」を重ねるメタ映画な構成もまたアルモドバル的なんだけどちょっと懲りすぎの感も。
R&Aさん [映画館(字幕)] 6点(2010-08-25 18:31:30)
3.《ネタバレ》 演技が下手という役柄ながらもレンズを通すと活き活きして、観てるこちらもパッと魅了されてしまう。肉感的な上に原色の鮮やかさも相まって、ペネロペ・クルスの魅力が全開。まるで往年のイタリア映画のよう。ペドロ・アルモドバルは本当に女優を魅力的に撮るのがうまいなあ、と今回も思いました。同じゲイには厳しい描写だけど。女を冷めて描くガス・ヴァン・サント監督とは、ある意味真逆。読唇術の女性が丁寧に訳す場面など笑える要素を入れたり、中途半端なエンディングにも、つくづくペドロ・アルモドバル作品だなあと思いました。
泳ぐたい焼きさん [映画館(字幕)] 5点(2010-05-04 23:10:04)
2.ペネロペの圧倒的な存在感と情熱的な魅力に溢れた作品でした。毎度のことながら、この監督の作品の雰囲気というか映像の質感ってのは素晴らしいですね。色気というか情感がこもっているというか見ていて心地がいいんですよねぇ。
ギニューさん [映画館(字幕)] 7点(2010-02-26 20:12:16)
1.みんな見てないのかな? さすがアルモドバル!「こっくり甘辛煮」といった映像とストーリー展開。わかりやすさはないけれど、登場人物の心の動きが手に取るように感じられ、どっぷりとつくられた世界に浸ってしまう。ただし、この監督の旧作のような(例えば「オールアバウトマイマザー」)キレのある、スパッスパッといった展開がないのが退屈に感じる人もいるかも。
ケルタさん [映画館(字幕)] 7点(2010-02-25 11:33:45)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 13人
平均点数 6.23点
000.00%
100.00%
200.00%
300.00%
417.69%
5215.38%
6430.77%
7538.46%
817.69%
900.00%
1000.00%

【その他点数情報】

No名前平均Review数
1 邦題マッチング評価 10.00点 Review1人
2 ストーリー評価 7.33点 Review3人
3 鑑賞後の後味 7.00点 Review3人
4 音楽評価 9.00点 Review1人
5 感泣評価 7.00点 Review1人
chart

【ゴールデングローブ賞 情報】

2009年 67回
外国語映画賞 候補(ノミネート) 

■ ヘルプ
© 1997 JTNEWS