2ガンズのシネマレビュー、評価、クチコミ、感想です。

Menu
 > 作品
 > ツ行
 > 2ガンズ
 > (レビュー・クチコミ)

2ガンズ

[ツーガンズ]
2 GUNS
2013年【米】 上映時間:109分
平均点:6.42 / 10(Review 26人) (点数分布表示)
公開開始日(2013-11-01)
アクションサスペンスコメディ犯罪もの漫画の映画化
新規登録(2013-11-05)【TOSHI】さん
タイトル情報更新(2013-12-10)【8bit】さん
Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索
Twitterにて検索
ブログに映画情報を貼り付け
監督バルタザール・コルマウクル
キャストデンゼル・ワシントン(男優)ボビー・トレンチ
マーク・ウォールバーグ(男優)マイケル・スティングマン
ポーラ・パットン(女優)デビィ
ビル・パクストン(男優)アール
フレッド・ウォード(男優)アドミラル
ジェームズ・マースデン(男優)クウィンス
エドワード・ジェームズ・オルモス(男優)グレコ
ロバート・ジョン・バーク(男優)ジェサップ
アンビル・チルダーズ(女優)
音楽クリントン・ショーター
撮影オリヴァー・ウッド〔撮影〕
製作ランドール・エメット
ジョージ・ファーラ
製作総指揮マーク・ダモン
ジェフリー・ストット
配給ソニー・ピクチャーズ・エンタテインメント
編集マイケル・トロニック
あらすじ
メキシコの田舎。麻薬捜査官のボビー・トレンチ(デンゼル・ワシントン)と海軍情報部将校のマイケル・スティングマン(マーク・ウォールバーグ)は、互いの正体を知らずに、麻薬王パピ・グレコ(エドワード・ジェームズ・オルモス)の組織で潜入捜査をしていた。ある日、二人は組織から4,000万ドルを強奪するが、マイケルは裏切って金を持ち逃げする。職場復帰を条件に強奪を命じられていたボビーだったが、マイケルも上司の裏切りによって金を失ってしまう。
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)

【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
12
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
26.《ネタバレ》 デンゼル・ワシントンとマーク・ウォールバーグ。
黒人と白人、典型的アメリカン・バディムービーにしてアメリカン・アクションコメディ。
よってどこかで見たことがあるような感じなのは仕方が無いのですが、
DEA、海軍、CIA、犯罪組織・・・が入り乱れ、4000万ドルものカネをめぐり
テンポよく展開を二転三転させ、キャストも揃っておりそれなりに楽しめる作品に仕上がっています。
もう少しドタバタとした笑いドコロがあってもよかったかな。
とらやさん [CS・衛星(字幕)] 6点(2018-06-15 22:37:52)
25.《ネタバレ》  デンゼル・ワシントンにはコミカルな印象が無かった為、この映画には驚かされました。
 どちらかといえばマーク・ウォールバーグのファンであるだけに、彼よりも笑わせてくれるシーンが多い事には、素直に感服です。
 特に好きなのは銀行強盗を終えた後、周りを見回して「あれ? 何で警察が来てないの?」と戸惑う姿ですね。
 覆面越しで表情は見えないはずなのに困惑が見て取れて、上手いなぁと感じます。

 主人公二人がどちらも「悪の組織に潜入捜査している善人」という設定に関しては、今一つ活かし切れていないようにも思え、残念。
 中盤にて互いの正体が分かった時にも「お前、裏切り者だったのか!」って具合にショックを受けて喧嘩になっていますし、それならどちらか片方は元々悪側の人間で、改心する展開でも良かったのではないかと。
 ラストの「これで俺ら、ファミリーだ」という台詞に関しても、元々二人は同じような立場、どちらも国家権力側の人間であった訳だから、垣根を越えて分かり合えたというカタルシスが乏しかったですからね。
 「3で同時に放そう」の件といい、二人を徹底的に似た者同士として描く為だったのかも知れませんが、もう少し何か「この設定ならではの利点」を感じさせてもらいたかったところ。

 上述のように気になった点もあるけれど「そんな細かいこと、ツッコむ方が野暮だぜ!」と思えるような魅力があるのも確かですね。
 冒頭の「ドーナツが美味い店」でのやり取りも良いのですが、最後の銃撃戦にて、互いに背中を預けて円を描くように撃ちまくるシーンなんかも、お気に入り。

 リラックスして、お気楽モードで楽しめる映画でした。
ゆきさん [DVD(字幕)] 6点(2016-04-16 13:22:52)
24.まあ、いかにもアメリカンって映画かな。ありがちなストーリーだけど楽しめないことはない。でも後には何も残らない、そんな映画。デンゼル・ワシントンも割と仕事選ばない人なんですね。
イサオマンさん [地上波(吹替)] 4点(2016-03-29 21:22:53)
23.何だろう、派手なようだがそうでもなく、最初のドーナツ屋(?)のシーンを除けば心に残るところもあまりなく、本当に暇をつぶすための映画。
面白いと思う人もいると思うけど、散漫な感じがして自分にはちょっと合わないかも。
simpleさん [CS・衛星(字幕)] 4点(2016-01-30 14:02:35)
22.おもしろかったー。

冷静に考えると6点と7点の中間くらいですけど。
プラネットさん [DVD(字幕)] 7点(2015-10-10 22:29:04)
21.どっかで見たようなストーリのよくありがちなアクション映画。ヒロインがきれいなのに活躍しないで死んじゃうなんて。ソフトハードボイルドとでも呼べばいいのかな。
木村一号さん [CS・衛星(字幕)] 6点(2015-05-19 18:36:45)
20.《ネタバレ》 ○テンポよくサクッと見れる作品だが、この手の映画としては至って普通。○マーク・ウォールバーグとデンゼル・ワシントンの意外な相性の良さにびっくりだったくらい。
TOSHIさん [CS・衛星(字幕)] 5点(2015-05-17 17:47:42)
19.《ネタバレ》 予備知識無し、デンゼルワシントンなので身構えて見たが、結構重要な人が死んだり裏切られたりとハードな展開からのみんな集まって爆発と共に一斉にドンパチ始めちゃってと、ああこれコメディなんだと最後にやっと気付いた。本編1時間40分くらいのサックリ見れるお手軽作品。
にしきのさん [CS・衛星(吹替)] 6点(2015-04-26 00:21:46)
18.映画として、押さえるところはちゃんと押さえてあり、リアルさも残しつつ、エンターテインメントに徹した作品..ただ、ストーリーそのものが、荒唐無稽..無理がある..そこがマイナス点かな..ただ、暇つぶしに観るなら、十分楽しめます...
コナンが一番さん [DVD(字幕)] 8点(2015-03-01 15:13:22)
17.冒頭のいきなりの放火、主人公ふたりの軽妙な掛け合いに、放火の手際の良さ、その割に放火の理由がやたらクダラナイのが、たいへん結構です。そこから時間は遡り、主人公それぞれの抱えたヤヤコシイ背景が描かれる訳ですが、もう面倒だとばかりに、クライマックスでは、事態を引っ掻き回した挙句に全部投げ出してしまうようなハチャメチャな展開。デタラメなのが、たいへん結構です。デンゼル・ワシントンにハズレなし、マーク・ウォールバーグにハズレなし、と(大して彼らの映画を見てる訳でもないのに)勝手に思っていたのですが、また当たってしまいました。デンゼル・ワシントンがマーク・ウォールバーグにライフルで狙われるシーン、一瞬「エッ何が起こったの?」と思わせる瞬間がありますが、クドクド説明しないでさっさと映画を先に進めていっちゃうのも、シャレてます。
鱗歌さん [ブルーレイ(字幕)] 8点(2015-01-20 22:01:36)
16.ストーリーテリング的には“いかにも”なクライムアクションもので、さほど目新しさはない。
ただミスマッチに思えたデンゼル・ワシントンとマーク・ウォールバーグの食い合せは、意外と悪くなかった。

デンゼル・ワシントンはこのところの出演作でのお決まりの役どころを、好意的に捉えれば安定的に、悪く言えば工夫なくこなしていた。
一方、マーク・ウォールバーグは、個人的にこれまでそれほど魅力を感じてこなかったハリウッドスターだが、先日「テッド」を観たばかりということもあり、演者としての幅の広さを感じることができた。
ヒーローからダメ中年、エリート軍人からレンタカー店員まで、役どころに対する柔軟性こそが、このスター俳優の「売り」なのだろう。

その他のキャスト的には、紅一点のポーラ・パットンが前々から気になる女優で、今作でも魅力的な雰囲気を醸し出していたのだが、最終的には決して“おいしくない”役どころが残念だった。
彼女にまつわる顛末がもっと小気味よかったなら、映画全体の印象が変わったことだろう。

最終的な顛末については、現される「巨悪」に対してそれで済まされるのか?という感じだが、そもそもB級クライムアクションとして観れば、充分楽しめると思う。

ただし、デンゼル・ワシントンにおいては、そろそろB級アクションを連発することは控えて、どしっと腰を据えた力作に挑んでほしいものだ。
鉄腕麗人さん [CS・衛星(字幕)] 6点(2014-11-15 09:23:40)
15.《ネタバレ》 ストーリー展開は二転三転し、マークとデンゼルの掛け合いもありラストもすっきりの楽しめる映画です。細かい矛盾は考えずに楽しんだものが勝ち、そんな映画です。
ぽじっこさん [CS・衛星(邦画)] 7点(2014-09-28 15:44:43)
14.《ネタバレ》 何も期待しないで観たら、思いのほか面白いバディ物の傑作。2転3転するストーリーはこの手の娯楽物の中では出色で、小気味いい演出とあわせてよくあるバディ物アクションコメディジャンルの映画の中では屈指の映画だと思います。
  
それにしても恋人役の女、こういう映画のヒロインってありえないくらいいい女すぎてそこに若干違和感あり。まぁ銃撃シーン等が派手にデフォルメされてるわけですから、ヒロインもデフォルメされてるだというだけなわけですけどね。ファンタジー!

あばれて万歳さん [CS・衛星(字幕)] 8点(2014-09-24 15:47:11)
13.《ネタバレ》 いかにも洋画らしいアクション映画で、面白かった。
麻薬組織、海軍、CIAの三つ巴の戦い、こんなのありえないでしょと思うけどそういう事は考えても無駄ですね。まるでゲームのグランドセフトオートのよう。
まさか主人公が二人とも政府の人間だったなんてね。
南雲しのぶさん [ブルーレイ(字幕)] 7点(2014-08-26 08:32:15)
12.何も考えずに観る事ができ、観終わったらパッとすぐ忘れる事ができる、というタイプの映画だと思いますが、割と楽しめました。
DAIMETALさん [映画館(字幕)] 6点(2014-08-17 02:44:16)
11.敵味方入り乱れ、話が二転三転するハリウッド映画はよくあるが、本作は親切な作りになっており、途中で疑問符が着かずに楽しめる。
ダークなデンゼル・ワシントンもイイね。
あきぴー@武蔵国さん [DVD(字幕)] 6点(2014-05-14 23:50:26)
10.《ネタバレ》 ありがちといえばありがちなアクション映画だけど、最近こういうノリの映画をあまりみてなかったからか、期待してなかったからか、思ったより満足。
最後の全軍入り乱れてのごった返した乱戦は思ったよりも楽しかったね。ハンドガンでヘリを一発で落とすとか、強すぎw。
マーク・ウォールバーグってなんか中途半端な感覚で中途半端な映画にしか出てないイメージだったけど、最近色々出てきてるね。
みーちゃんさん [DVD(字幕)] 6点(2014-05-14 11:46:19)
9.《ネタバレ》 メキシコの凶悪な麻薬王パピとヤバい取引を続けているワルの二人組み、ボビーとスティグにはお互いに隠している裏の顔があった。ボビーは麻薬取締局の潜入捜査官、スティグはアメリカ軍の特命を担う兵士だったのだ。パピを牢屋へとぶち込むため、彼の裏金を隠してある銀行を襲うことに決めた2人だったが、様々な組織や人間たちの思惑から事態は意外な方向に。凶悪なギャングたち、麻薬取締局、アメリカ軍、果てはCIAまでが乗り出してきてお互いに騙し騙されの賑やかな展開が続くアクション・エンタメ作品。デンゼル・ワシントン&マーク・ウォールバーグという2大人気俳優が競演した、オーソドックスなバディものと思いきや、途中で敵同士になったり、やっぱり相棒に戻って敵と戦ったりと、そんなテンポ良く進む娯楽に徹したストーリー展開は確かに好感が持てるのだけど、ちょっと僕の好みではなかったですね、これ。なんだか全体的に無難で作りが優等生に過ぎて、心に残るものがいまいち乏しかったです。ロドリゲスまでとは言わないけれど、ラテンのノリが支配するメキシコが舞台なんだし、もうちょっと無茶苦茶で馬鹿やってくれても良かったと思うんだけどな~。アクの強いデンゼルと何処かお間抜けなマークの飄々とした相棒っぷりはなかなか楽しかったけど、明日には速攻で忘れてしまいそうな作品でありました。でもまあ、これは好みの問題。ビールと枝豆片手に暇潰しに観る分にはぼちぼち楽しめると思いまーす。
かたゆきさん [DVD(字幕)] 5点(2014-05-03 19:43:13)
8.裏切ったり裏切られたりのアクションコメディはハリウッドで多く制作される人気ジャンルとなっていますが、本作は、当該ジャンルの中では頭ひとつ抜けた仕上がりだったと思います。話の交通整理、見せ場の楽しさ、娯楽作としてのテンポの保ち方等がいずれも優れており、最初から最後までハラハラしながら見ることができました。また、バディもので能力を発揮するマーク・ウォルバーグは本作でも絶好調で、デンゼル・ワシントンとの相性はピッタリでした。さらには、彼らを取り巻く助演陣のハマり具合も素晴らしく、ビル・パクストン、フレッド・ウォード、ジェームズ・マースデンら、お久しぶりなメンツが個性豊かに敵役を演じています。『BATTLE STAR GALACTICA』のファンとしては、エドワード・ジェームズ・オルモスがヤクザの大親分を演じている点も嬉しかったです。
ザ・チャンバラさん [ブルーレイ(吹替)] 7点(2014-04-02 03:17:39)
7.《ネタバレ》 マフィアに潜り込んだ麻薬捜査官と海兵が凸凹コンビ結成、ドタバタ・タッグアクション。デンゼル・ワシントンとマーク・ウォールバーグ共演。大金を巡って二転三転。カネのシャワーをブラインドにして銃口ぶっ放すフタリ。
獅子-平常心さん [DVD(字幕)] 6点(2014-03-16 22:15:41)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
12
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 26人
平均点数 6.42点
000.00%
100.00%
200.00%
300.00%
427.69%
527.69%
61246.15%
7519.23%
8415.38%
900.00%
1013.85%

【その他点数情報】

No名前平均Review数
1 邦題マッチング評価 10.00点 Review1人
2 ストーリー評価 7.33点 Review3人
3 鑑賞後の後味 10.00点 Review1人
4 音楽評価 10.00点 Review1人
5 感泣評価 10.00点 Review1人
chart

■ ヘルプ
© 1997 JTNEWS