柘榴坂の仇討のシネマレビュー、評価、クチコミ、感想です。

Menu
 > 作品
 > サ行
 > 柘榴坂の仇討
 > (レビュー・クチコミ)

柘榴坂の仇討

[ザクロザカノアダウチ]
2014年【日】 上映時間:119分
平均点:5.30 / 10(Review 20人) (点数分布表示)
公開開始日(2014-09-20)
ドラマ時代劇小説の映画化
新規登録(2014-09-07)【イニシャルK】さん
タイトル情報更新(2018-11-03)【イニシャルK】さん
Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索
Twitterにて検索
ブログに映画情報を貼り付け
監督若松節朗
キャスト中井貴一(男優)志村金吾
阿部寛(男優)佐橋十兵衛(直吉)
広末涼子(女優)志村セツ
中村吉右衛門(二代目)(男優)井伊直弼
高嶋政宏(男優)内藤新之助
堂珍嘉邦(男優)稲葉修衛門
吉田栄作(男優)財部豊穂
藤竜也(男優)秋元和衛
真飛聖(女優)マサ
津嘉山正種(男優)本多昌衛門
原作浅田次郎「柘榴坂の仇討」(「五郎治殿御始末」所収 中央公論新社刊/新潮文庫刊)
脚本飯田健三郎
長谷川康夫
音楽久石譲
撮影喜久村徳章
製作川城和実
バンダイビジュアル(「柘榴坂の仇討」製作委員会)
松竹(「柘榴坂の仇討」製作委員会)
木下グループ(「柘榴坂の仇討」製作委員会)
配給松竹
美術小川富美夫
赤松陽構造(タイトルデザイン)
編集阿部亙英
照明長田達也
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)

【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
20.まるで話題になることもなく、レビューも軒並み低評価なので、どれほど駄作なんだろうと期待して見たのですが、案外マトモでした。日本映画が得意とする「天才○○」や「超人○○」が出てこないだけでも立派。きっと原作がしっかりしているのでしょう。
しかし面白いかと言えば、そこは全力で否定したい。とにかく間が悪くて退屈で、何度1・5倍速ボタンを押そうと思ったかわかりません。しかも結局、ドラマらしいドラマもなし。「13年」の重みも、時代の変化の早さも、まったく伝わってきません。主人公2人の心の機微を描いたつもりなんでしょうが、機微過ぎます。
久石譲の音楽だけ、気の毒なほど印象的でした。
眉山さん [CS・衛星(邦画)] 3点(2018-05-10 00:34:29)
19.肝心の井伊直弼がどういう人物だったのかをさっぱり描いておらず、「その辺にいそうないい上司」程度の扱いである時点で、志の低さが透けて見えるわけなのです(そしてもちろん、出発点がそのように適当なのであれば、ドラマが始まらない)。その後も、やっつけ感満載のスカスカな脚本と、重みのかけらも感じない美術&照明が最後まで続いてしまい、つまり、どこを見ればいいのかがさっぱり分かりません。13年がどうのこうのと言いながら、年月の経過もまったく表現されてないしね。したがって、役者陣からも、テンションの低さが見て取れます。
Oliasさん [CS・衛星(邦画)] 2点(2018-04-25 02:40:09)
18.《ネタバレ》 あだ討ちものはだいだいもっと寂寥感を伴うと思っていたので、ハッピーエンドなんでちょっとびっくりしました。 上官の奥さんが横からお茶を出す時に、口出すところがちょっと嫌だった。
紫電さん [DVD(邦画)] 6点(2016-10-14 18:07:38)
17.《ネタバレ》 ラストには賛否あるでしょう。私はあれで良かったと思います。互いに死にぞこない、時が止まったまま人生を落胆して生き永らえながら、互いが目前に現れるのを待ち続け、ようやく出会った時には互いを許し共感し心を溶かし前進していく。不条理な決闘もお涙で好きなんですが、なんだか新鮮でした。許しって大事ですね。難しいけれど。ただ侍魂の志村がこれからの文明に対応して働いていけるかが心配。個人的には借金取りに正義感あふれる元侍が次々に名乗り出るシーンがニヤついてしまった。「姿形は変わろうと、捨ててはならぬものがある。それも文明ではござらぬか」には同意。最近の日本は捨てすぎてるのが文明になっている気がしてならない。マイナス1点=まさかのミサンガ頼み。そして井伊直弼を演じる吉右衛門さんのカツラおよびメイク担当者。
movie海馬さん [CS・衛星(邦画)] 6点(2016-06-03 14:52:08)
16.これは嫁さんがかわいそうだ。とりあえず働け。しかも理由が主君の仇。極論だけど、今なら社長の仇か?そんなふうに見てしまった俺には共感できなかった。そもそも、相手を見つけた時に仇討ち禁止令が公布という安易な設定も残念。
ラグさん [DVD(邦画)] 3点(2016-04-29 23:44:40)
15.《ネタバレ》 ストーリーは良い。男臭く日本ならではのわびさびが表現されている。慎ましく美しいと思う。だけどこの映画、中だるみが存在していて、セリフの無いカット、表情だけのシーンが多用されていて、テンポが悪い。もう少し時間を短くして表現できたら良い映画になると思うなぁ。あとセットが安物っぽい。雪がどう見ても粉。牡丹が美しくない。細部がどうにも出来が悪い。
Keytusさん [DVD(邦画)] 5点(2016-02-22 23:57:16)
14.文明開化と武士の矜持の対比が興味深かった。
井伊直弼を魅力的に描くことに成功しているのが後の展開に説得力を持たせている。
まず序盤に盛り上がりがあって、中盤はやや単調ではあったけど、終盤でまた盛り返したと思う。
阿部寛が美味しいところを全部持って行っちゃうんじゃないかとハラハラしたけど、中井貴一も負けてなかったね。
広末涼子は地味過ぎてどうかと思ったけど、ラストは泣かせてくれたよ。
あと、真飛聖がいい女過ぎて、かなり浮いてた。
掃き溜めに孔雀くらいの勢いで。
もとやさん [DVD(邦画)] 7点(2016-02-21 13:12:22)
13.《ネタバレ》 雰囲気・音楽ともに良く、昨今の邦画には少なくなった重厚な仕上がりになっています。ミサンガに関しては散々ツッコまれているようなので割愛するとしてどうにもラストが残念でなりません。この映画の肝は仇討の旅の果てに見つけ出した仇討の相手を切らない、それは何故か??ここにあると思いますが、その場面の描き方イマイチで残念でなりません。
十兵衛が新時代に適応してこの世の春を謳歌していたら金吾はどうしただろう?おそらく斬り捨てた後に
切腹して武士の矜持を貫くという流れになったでしょう、よくある時代劇でもあります。しかし、現れた仇討相手は自分と同じく13年の間時間が止まっているような人物だった。斬らなかったのは、主君直弼の言葉ではなく、相手も自分と同じような苦しい13年間を過ごしており、それが分かったため、仇討する必要がなくなっただけではないだろうか?
金吾にとって、切腹する、仇討をする、仇討相手を許す、どれも桜田門で主君直弼を守れなかった自分という人間をどう正当化するかの方法の違いではないかと。切腹は責任を取ることで、仇討は苦しみを相手に与えることで、許すのは、すでに相手が同じだけの苦しみを受けたと分かったからではと思うのです。直弼の言葉や考え方は、後付でしかないのではと。
金吾という人物が桜田門の事件から、そして自分というものから、正面から向かい合っていないような印象を与え、それが不完全燃焼な感情を呼び起こさせてしまうので、ラストは、私にとってはどうしてもイマイチでした。
ペリエさん [DVD(邦画)] 6点(2015-08-24 01:54:45)
12.重厚な創りで、シリアスな展開は、良作の臭いがプンプン..とてもイイ感じです..しかし、、物語が進むにつれ、肝心のストーリーが、あまりにも 陳腐..共感できない(&落胆)..同じ時代劇の 「たそがれ清兵衛」 は..気がつくと感情移入してて、ラストは感動的で清々しい気持ちに..「用心棒」 は、とにかく 起承転結 がしっかりしてて、ストーリー展開が秀逸..本作はどうか..武士としての苦悩と生き様が描かれた、こだわりのストーリー..映画として時間もお金もかけてるし、監督の演出も俳優陣も、問題なし..なのに、なぜ映画として全然面白くないのか..それはひとえに、観終わった後、素直に 「いい話だ..」 と言えないところ..そこが最大の欠点!..映画として一番大事な “肝” が抜け落ちています..残念...
コナンが一番さん [DVD(邦画)] 5点(2015-08-09 12:44:58)
11.《ネタバレ》 明治が来て、侍の時代は終わり、仇討ちの命を任じられた侍が、仇討ち禁止令が出た時の身の処し方とは?というのは興味深い筋だったのだが、藤竜也演じる役人に新しい時代をひたむきに生きてはどうか?と主人公が言われる場面にあてがわれたのが、雪の中に咲く椿の花だったというのがピンと来なかった。大事な場面だったので、もう少し説得力があればなぁと思ったのだが・・。新しい時代をひたむきに生きる、というのは形容矛盾のようにも感じられ、その言葉を表すシュチュエーションはとても大事ですよねぇ。何を捨て、何を守るのか、それを体現している自然は、他にもあったのではと思い、残念でならない。
トントさん [DVD(邦画)] 7点(2015-07-25 21:24:34)
10.「姿形は変わろうとも、捨ててはならぬものがある。それも文明ではござらぬか」というセリフは、「まぁ、そうかな」とは思うが、文化というのか、歴史を歪曲するようなミサンガはまずいと思うのが・・・
あきぴー@武蔵国さん [DVD(邦画)] 5点(2015-07-19 01:10:01)
9.《ネタバレ》 全編を通じ「この映画、お金かかけてないなぁ」という印象の中、映画としては楽しめました。
日本文化・日本人の「古き良き清さ」が滲みでています。

妻役の広末さんが魅力的に見えないのが残念。「おくりびと」の時も思ったんですよ…
たかしろさん [DVD(邦画)] 6点(2015-06-11 15:05:47)
8.《ネタバレ》 何とも言えぬ、情緒あふるる映画だろうか。私たち日本人の奥底に、失いかけていたものを呼び覚ましてくれる。実に味わい深い映画だ。多くの日本人が、自分の中の「日本人」と真摯に向き合わなければいけなかった混迷の時代。尊厳や威厳、誇りを持って真っ直ぐ生きる美徳。そういった精神が、西洋文化で近代化していく中で、徐々に過去の遺物と化していく様は、非常に心苦しく切なくなります。そんな時代背景の中で、まさにその象徴であるかのような中井貴一と阿部寛が繰り広げる物語に、私はすっかり魅了されてしまいました。特に、自分の意志ではなく、あくまでも主君の言葉、命によって仇討をやめたところが、最後まで武士を貫き通していて満足のいく終わり方でした。西洋のまじないによって東洋の伝統や風習が打ち切られる演出は、もどかしくもあり清々しい、とても奇妙な心情になりました。「姿形は変わろうとも、捨ててはならぬものがある。それも文明ではござらぬか」心に一番響いたセリフです。
Dream kerokeroさん [DVD(邦画)] 7点(2015-04-19 10:58:50)
7.《ネタバレ》 幕末から明治という時代の激流に翻弄された武士の哀愁の時代劇である。
 阿部寛、中井貴一、藤竜也の演技は時代劇として違和感なく好演で見る価値はある。
 明治維新後、廃藩置県により依るべき藩も幕府も無くなり武士の身分も剥奪された金吾が何故13年もの間仇討ちをせねばならなかったのか。 それは家禄の復旧でも汚名の返上でも無く、ただ主 井伊 直弼が好きだったから…。  
 この肝心な動機を示唆する描写が冒頭の近習を裁可する場面だけだった為、説得力が持てず金吾に共感出来ないのが残念だった。 役目を果たせず死ぬべき場所を奪われ時代に取り残された武士が仇討ちに執着するのは、それが残された唯一のアイデンティティなのか。 妻に食べさせせてもらいながらも成さねばならぬ事であったのか…。 そこにはもはや大義も何も無い。 あるのは武士の矜持という妄執である。 十兵衛との出会いにより武士の矜持は残しつつもその妄執からは解き放たれ新たな時代へと踏み出す。 それは同様に時代から取り残された十兵衛も同じであった。 静謐で余韻を持たせるラストは心地よい。 映画に格調を持たせる久石譲の音楽も出色である。
 難点は時代考証も丁寧に作ってある為ミサンガは蛇足だった。 ハイライトの桜田門外の変のアクションも斬られた際に流血が無い為リアリティと迫力に欠けた。
 金吾の動機に説得力を持たせる演出、場面があればもっと作品のクオリティが高くなれてたのが惜しい作品である。
ryujinさん [DVD(邦画)] 5点(2015-04-13 03:13:23)
6.《ネタバレ》 浅田次郎原作の武骨な本格時代劇。主君・井伊直弼暗殺を許してから13年の時を経て時代が変わってもなお、仇を追い続けるサムライ。そんな武士の衿持を保つためだけに生きた漢のお話です。刻々と迫る運命の瞬間。中井貴一と阿部寛、日本刀がよく似合う俳優お二方がぶつかり合う殺陣シーンは、劇中を終始流れる張り詰めた凄味の極み。あれだけの執着を持ちながら目の前の仇を斬れなかった漢。無念としか言えません。それでも良作には違いありません。
獅子-平常心さん [映画館(邦画)] 7点(2014-12-31 20:53:18)
5.《ネタバレ》  やはりミサンガの違和感はぬぐえません。これをすんなり受け入れられる人はいないんじゃないでしょうか。
海牛大夫さん [DVD(邦画)] 5点(2014-12-29 14:35:09)
4.《ネタバレ》 メインキャストが中井貴一、阿部寛、広末・・・ということで安心して見れました。
その中で意外だったのは、直吉(阿部寛)に惚れているバツイチ女役の真飛聖が可愛く見えたこと。
余談ですが、チョイ役出演の吉田栄作には「老けたな~」の印象。そして、もっとチョイ役出演の堂珍を気の毒に感じてしまいました(^^;
結末としては、とにかく”いい話”。それまでの展開をすべて台無しにするほどの”いい話”でした。
これは時代劇の皮を被った古き時代のトレンディ・ドラマか?さすがにミサンガには興醒めしてしまいました。
牛若丸さん [映画館(邦画)] 6点(2014-10-22 22:11:26)
3.《ネタバレ》  結構、真面目に作ってるかなと思って観ていたやさきに、ミサンガだもんなあ。ひょっとしてこのドラマの脚本書いてる最中にあまちゃんでもやってたんだろうか。
 もう、るろうになんとかとか雷桜とか、最初からふざけちらした時代劇もどきなら、ミサンガでもスマホでもラインでもなんでも出してもらってかまわないんですけどね、これみたいに一見重厚な本格的な時代劇を装いながら、いきなりミサンガwwwww。
自分が自負心のある歴史学者だったらミサンガ出てくる「時代劇映画」に歴史考証として名前を出されることなんか絶対嫌ですけどね。
 あと先の方が述べてる井伊大老の呼び方はさほど気にならなかったけど、自分が気になったのは、かわらばん屋の軽薄さ、適当さ。江戸幕府がまだあるうちに町人が「徳川」とか呼び捨てにしたら、その時点で斬首です。廃藩置県なんか瓦版にのしても江戸の町人は買わないだろうしw
 ということで、一見真面目さを装いながら酷い手抜きや悪ふざけがある脚本だなと。
花のあとはすごく真面目だったのにどうしちゃったんだろう、この脚本家
rhforeverさん [映画館(邦画)] 5点(2014-09-30 21:04:38)
2.《ネタバレ》 るろうに剣心が大ヒットしている中、こちらも幕末明治モノということで見てきました。前半は面白くて大変引き込まれましたが、後半で失速。じっくり芝居を見せたかったのかもしれませんが、どんどんクドくなって飽きてしまいました。さすがに、「話し合いで決着」というのも腑に落ちない・・・。それができるなら13年も苦しまずに、もっとはやく答えを出すことができたのでは?「斬りたくない相手を、それでも斬らなければならない」とういう葛藤を描いたチャンバラ映画はゴマンとあるなかで、「斬らない、戦わない」という道を選ぶ結末にいたる筋道が弱いような気がしました。誰も死なずに済むのがそりゃ理想ではあるんですけどね。あと、細かいツッコミになりますが、登場人物の顔色がみんな悪い(笑)。「闇を背負っている」感じじゃなくて、「ちゃんと寝てるかい?」という感じ。映画を見てる最中、谷口崇(ぴったらず)のイラストを思い出して笑ってしまいました。
ゆうろうさん [映画館(邦画)] 6点(2014-09-27 13:11:00)
1.《ネタバレ》 私は浅田次郎の作品と相性が悪いのか、少しも泣けないし、また制作陣の意気込みとは裏腹に「いい時代劇」の醍醐味もそれほど感じられず。元々短篇だった小説を引き延ばしたせいか、物語にあまり厚みを感じません。むしろ泣かせ所が「ここで泣け」とばかりに冗長で、同じ幕末・浅田次郎・中井貴一の『壬生義士伝』を思い出しました。主役の金吾夫婦はともかく、仇役の十兵衛の造形も中途半端。執拗に繰り返される隣家のお千代坊との挨拶ばかりで、何気ないシーンからは十兵衛の人間性は感じられず、結局最後に自分で全部語ってしまうのは映画の見せ方としてどうなんでしょう。武士の生き様を強調しながら種なし蜜柑を食べてたり、金吾が亡き主君を「掃部様」と略して呼ぶのも違和感(普通は「宗観院様」、百歩譲って「掃部頭様」でしょう)。全体的にもったいない感じの映画でした。5点と4点で迷いましたが、ここは敢えて厳しめに4点。
蛇蟇斎狐狸窟さん [映画館(邦画)] 4点(2014-09-24 07:45:02)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 20人
平均点数 5.30点
000.00%
100.00%
215.00%
3210.00%
415.00%
5630.00%
6630.00%
7420.00%
800.00%
900.00%
1000.00%

【その他点数情報】

No名前平均Review数
1 邦題マッチング評価 5.00点 Review1人
2 ストーリー評価 4.66点 Review3人
3 鑑賞後の後味 6.00点 Review2人
4 音楽評価 6.00点 Review2人
5 感泣評価 5.00点 Review2人
chart

■ ヘルプ
© 1997 JTNEWS