龍三と七人の子分たちのシネマレビュー、評価、クチコミ、感想です。

Menu
 > 作品
 > リ行
 > 龍三と七人の子分たち
 > (レビュー・クチコミ)

龍三と七人の子分たち

[リュウゾウトシチニンノコブンタチ]
2015年【日】 上映時間:111分
平均点:5.21 / 10(Review 33人) (点数分布表示)
公開開始日(2015-04-25)
アクションドラマコメディ犯罪ものヤクザ・マフィア
新規登録(2015-01-06)【イニシャルK】さん
タイトル情報更新(2018-08-18)【イニシャルK】さん
Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索
Twitterにて検索
ブログに映画情報を貼り付け
監督北野武
キャスト藤竜也(男優)龍三親分
近藤正臣(男優)若頭のマサ
中尾彬(男優)はばかりのモキチ
品川徹(男優)早撃ちのマック
樋浦勉(男優)ステッキのイチゾウ
小野寺昭(男優)神風のヤス
ビートたけし(男優)マル暴の刑事・村上
安田顕(男優)京浜連合ボス・西
矢島健一(男優)京浜連合・北条
下條アトム(男優)京浜連合・徳永
勝村政信(男優)龍三の息子・龍平
萬田久子(女優)クラブのママ
清水富美加(女優)百合子
辰巳琢郎(男優)
山崎樹範(男優)田村
ガンビーノ小林(男優)
柊瑠美(女優)
徳井優(男優)
脚本北野武
音楽鈴木慶一
オフィス北野(音楽製作)
撮影柳島克己
製作バンダイビジュアル(「龍三と七人の子分たち」製作委員会)
ワーナー・ブラザース(「龍三と七人の子分たち」製作委員会)
東北新社(「龍三と七人の子分たち」製作委員会)
オフィス北野(「龍三と七人の子分たち」製作委員会)
プロデューサー森昌行
吉田多喜男
川城和実(アソシエイト・プロデューサー)
二宮清隆(アソシエイト・プロデューサー)
配給ワーナー・ブラザース
オフィス北野
特殊メイク江川悦子
特撮納富貴久男(ガンエフェクト)
美術磯田典宏
龍田哲児(装飾)
江川悦子(造形)
衣装黒澤和子
編集北野武
太田義則
録音堀内戦治(整音)
柴崎憲治(音響効果)
照明高屋齋
その他吉川威史(キャスティング)
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)

【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
12
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
33.《ネタバレ》 元ヤクザの七人のクソジジイが集結。アキラくんの仏さんを盾にして詐欺グループへ殴り込み。誤ってアキラくんの仏さんをボコりまくり。面白えのはそこだけ。駄作。
獅子-平常心さん [DVD(邦画)] 5点(2019-08-11 18:39:20)
32.《ネタバレ》  ヤクザの生態と年寄りの生態を掛け合わせたコメディ。出演者の顔ぶれに興味津々だったが、内容は薄い。
 先を読めるギャグが多く、ジュウシマツの焼き鳥はもちろんのこと、そばかうどんかの賭けも飯物(カツ丼)ってオチがバレバレ。パロディ精神はいいが、全体的に「内輪受けを狙ったトークネタ」レベルで、映像としては面白みに欠ける。
 モキチの死体は山田洋次映画の“死人のかっぽれ“に遠く及ばず。おまけにヤスの行動が消化不良で、飛行機で空母に着艦は肩すかし。
風小僧さん [CS・衛星(邦画)] 2点(2017-10-29 12:42:27)
31.《ネタバレ》 龍三たちが正義のヤクザでなく社会のクズで、詐欺グループをつぶそうとするのが面白い。
つまり害虫対害虫で殺しあってちょっとだけスカッとした。
ガブ:ポッシブルさん [CS・衛星(邦画)] 6点(2017-10-12 12:07:05)
30.《ネタバレ》 映画とはいえ、やりすぎ。そのやりすぎ感が、面白さに繋がれば別ですが
はっきりいって、面白くない。勿論、私はお笑いのプロではありませんが、
ことごとく、笑いを取りにいっている場面が、簡単にいえばスベっているし
間延びしていたり。初っ端から、長すぎです。
笑いたいのに笑えない、これは何かが邪魔をして笑えないんじゃなく
単に面白くないから笑えないと、役者さんの演技が迫力さが増せば増すほど
何だか悲しくなりました。中尾さんの死体も連れて殴り込むシーンも
不謹慎だから笑えないんじゃなく、つまらないから笑えなかった。
最後のバスのシーンも完全に蛇足だし、何だろうな、ジャッキーチェンの映画だと
爽快なんだけど、やっぱり日本では、あんなシーンは似合わないのかな。
がらんどうさん [CS・衛星(邦画)] 2点(2017-10-05 08:14:14)
29. たけし監督の作品には良い悪いは抜きにしてつきあうことを決めました。が、今回は見るべきところはありません。
 競馬の件は笑えたけど。
海牛大夫さん [CS・衛星(邦画)] 3点(2017-09-23 09:11:43)
28.《ネタバレ》 小ネタまみれで内容が無さすぎる。。。
箇条書きのネタ帳をみせられても、ね。
絶対にもっと面白くできたはずなのに、惜しいなぁ。
ろにまささん [CS・衛星(邦画)] 5点(2017-08-06 23:23:52)
27.《ネタバレ》 悪役俳優死す 中尾彬がご臨終。
でも悲しさなんて全く無しです 
なんせ今まで悪い役ばっかりやってきてたから。 

エンドロール見てて気づいた あれって近藤正臣だったんだ 
前髪無い近藤正臣って近藤正臣って言えるのか 

タケシ出るならもっとインパクトの強い台詞を残してってくれ 

小野寺昭出すのなら仲本工事も出してあげてくれ
3737さん [CS・衛星(邦画)] 5点(2017-06-23 21:05:02)
26.少し前に12チャンでやっていた、老人達がご近所トラブルを解決していくドラマのような感じをイメージしていたのですが、全然ダメダメでした。
「元やくざ」はあくまで裏の顔で普段は気のいいおじいちゃん達という設定でのドタバタコメディーとすべきだったのでは。。。
マー君さん [DVD(邦画)] 2点(2017-03-26 11:52:26)
25.《ネタバレ》 悪くない、めちゃ良いってことはないけど普通に。
最後のほうで損してる感じはする。前半のくだらない感じを最後まで維持してほしかった。
本当にここまで年配の俳優さんばかりなのは見ないよね。
虎王さん [DVD(邦画)] 6点(2016-12-21 15:16:32)
24.《ネタバレ》 北野武映画はわりと好きな方ですが、今作は僕にはダメでした。ごめんなさい。死体ギャグの所はクスッとしましたが、後は全然笑えないのが主な原因かも。テレビとかでビートたけし本人が繰り出すお笑いは好きなんです。この映画の笑いはわかりやすくて、演者はみんな楽しそうなんですけどねー。各キャラもあまり魅力的に思えなかったス。龍三さん以外、元やくざに見えなくて、たまに演者本人に見えちゃったりして、演者本人が笑えないコントしてる感じに見えちゃって、でも悪役の方は雰囲気良かったです。脚本の方はドタバタコメディーがメインなので、リアリティーがないのはしょーがないとしても、ちょっとバカバカしすぎて、でもそのバカバカしさが、僕のツボに合わず、観てるのが辛かったス。ひょっとして、一人で観たのがダメだったのかな。誰かと突っ込みながら観たら、楽しめたのかも。
なにわ君さん [ブルーレイ(邦画)] 3点(2016-09-30 07:17:09)(良:1票)
23.《ネタバレ》 ○直前のアウトレイジシリーズとは正反対のやくざモノ。○武のサービス精神もあり、笑えるところもあり。
TOSHIさん [CS・衛星(邦画)] 6点(2016-08-22 22:19:33)
22.《ネタバレ》 昭和後期のプログラムピクチャー、2本立て上映の「もう1本の方」といった風味の作品ですね。

それでも、北野作品らしさは随所で見ることができますし、キャストは豪華ですので安心してみることができました。
TMさん [DVD(邦画)] 7点(2016-08-20 12:06:53)
21.モキチ翁が可愛い。
蕎麦屋のくだりなんかも結構好きです。
中途半端にバスのカーチェイスなどせず、まとめてくれれば尚良しでした。
はりねずみさん [DVD(邦画)] 6点(2016-07-18 12:54:20)
20.《ネタバレ》 コメディ版『アウトレイジ』ではなく、21世紀の『みんな~やってるか!』の趣。北野監督の、いやビートのたけちゃんが、楽しんで撮ったであろう様子が目に浮かぶ作品でした。シリアスヤクザ映画や、賞レースを狙えるヒューマンドラマばかりでは、監督もストレスが溜まるのでしょう。映画監督の顔、お笑い芸人の顔、両者を繋ぐバランサーの役目を担う作品だったと考えます。残念ながら私のツボにはハマらないタイプのコメディでしたが、楽しい映画ではありました。
目隠シストさん [CS・衛星(邦画)] 5点(2016-07-10 19:46:03)
19.《ネタバレ》 どうも最近の北野武の映画は“やらされ感”が滲み出ていて、なんか観ていてしんどいんです。無理矢理『アウトレイジ・ビヨンド』を撮らされた腹いせなのか、徹底的にヤクザを茶化した映画にして「俺はもうヤクザ映画なんか撮らないよ」と宣言している様な感じです。どうせ後期高齢者ものをネタにするなら、イーストウッドの『スペース・カウボーイ』の様な開き直った爽やかさが欲しかったです。ギャグにしても、『みんな~やってるか!』ぐらいのバカバカしさに徹してくれたらいいのに、と思うけどいくらたけしでもあんな突き抜けた映画はもう撮れないでしょうね。 けっこう近藤正臣も頑張っていたけど、やはり藤竜也のはっちゃけぶりが観ていて愉しかったですね。たけしのヤクザものになると必ず出てくる定番の“指ネタ”もくだらなさとしつこさでは歴代最高だったかもしれません。そして中尾彬、『アウトレイジ・ビヨンド』に続いて殺されキャラでしたが、今回は死体になってからも大活躍(?)ということで、おいしいところを持って行ってしまいました。 そう言えば最近は北野映画にたけし軍団の面々が全然出てきませんが、どうしちゃったんでしょうか?
S&Sさん [CS・衛星(邦画)] 4点(2016-05-30 21:34:33)(良:2票)
18.《ネタバレ》 「アウトレイジ」シリーズとは一転して引退した元ヤクザの老人たちを描いているが、「アウトレイジ」と違い、かなりソフトな娯楽作という印象で、コメディー映画として肩の力を抜いて最後まで楽しく見られた。殺された仲間の一人であるはばかりのモキチ(中尾彬)の仇討ちに京浜連合に殴り込みをかける後半の展開は東映の任侠映画そのままなのだが、モキチの遺体も殴り込みに参加させるというギャグはいかにもたけしらしいブラックユーモアだし、キャバクラのママ(萬田久子)のマンションから龍三(藤竜也)が女装姿で逃げるシーンもバカバカしくて笑える。主演の藤竜也をはじめ、近藤正臣や小野寺昭といったベテラン俳優たちが楽しそうに演じているのも印象に残る。こちらとしては「座頭市」で飲み屋のオヤジを演じていた樋浦勉が座頭市を思わせる仕込みステッキを持った老人を演じているのが小ネタ的配役で楽しかった。ただ、面白かったのは事実だけど、最初に書いたようにかなりソフトな作風で、「アウトレイジ」や初期の監督作にはあった緊張感や危うさといったものがなく、それがたけしのヤクザ映画として考えた場合は若干の物足りなさを感じなくはないのも確かではある。 (まあ、比べたらいけないかもしれないが。)たけし自身は主役ではなく、脇の刑事役で出演していて、初期の「3-4X10月」を見たときも感じたことだが、やっぱりたけしが自身の監督作で一歩引いたような脇役を演じているのは新鮮に感じられた。
イニシャルKさん [DVD(邦画)] 6点(2016-03-19 18:38:37)
17.モキチが可哀想すぎて大爆笑!
東京ロッキーさん [DVD(邦画)] 6点(2016-02-02 16:35:51)
16.幼稚な脚本、取って付けたような笑いネタ..わざわざ映画で撮るほどの内容か? 笑えない、ひどい駄作..予告編にダマされてしまった..金返せぇーー! って感じのゴミ映画..残念...
コナンが一番さん [DVD(邦画)] 1点(2016-01-20 21:08:43)
15.いや笑った笑った。ヤンチャで手のつけようがないジジイたちが
パンクでチャーミングじゃないか!
たけしエンターテインメント映画の大傑作!
ひろみつさん [映画館(字幕なし「原語」)] 9点(2015-12-05 16:51:52)
14.《ネタバレ》 ワッハッハッハーー面白いね~。もう皆さんいつの間にか、いいぃお歳になられてたんですね~。あんまりヤクザ系のものは好みじゃないですが武さんらしいギャグが満載でした。女装で龍子の場面はおかしかった~~、充分満足でありました〇
Kanameさん [ブルーレイ(邦画)] 7点(2015-12-04 10:16:49)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
12
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 33人
平均点数 5.21点
000.00%
113.03%
239.09%
339.09%
426.06%
5412.12%
61442.42%
7515.15%
800.00%
913.03%
1000.00%

【その他点数情報】

No名前平均Review数
1 邦題マッチング評価 7.00点 Review2人
2 ストーリー評価 6.25点 Review4人
3 鑑賞後の後味 6.50点 Review4人
4 音楽評価 6.50点 Review2人
5 感泣評価 5.00点 Review1人
chart

■ ヘルプ
© 1997 JTNEWS