マイ・インターンのシネマレビュー、評価、クチコミ、感想です。

Menu
 > 作品
 > マ行
 > マイ・インターン
 > (レビュー・クチコミ)

マイ・インターン

[マイインターン]
The Intern
2015年【米】 上映時間:121分
平均点:6.74 / 10(Review 58人) (点数分布表示)
公開開始日(2015-10-10)
ドラマ
新規登録(2015-08-31)【DAIMETAL】さん
タイトル情報更新(2019-09-25)【ゆき】さん
Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索
Twitterにて検索
ブログに映画情報を貼り付け
監督ナンシー・マイヤーズ
キャストロバート・デ・ニーロ(男優)ベン
アン・ハサウェイ(女優)ジュールス
レネ・ルッソ(女優)フィオナ
アダム・ディヴァイン(男優)ジェイソン
脚本ナンシー・マイヤーズ
音楽セオドア・シャピロ
ランドール・ポスター(音楽監修)
撮影スティーヴン・ゴールドブラット
製作ナンシー・マイヤーズ
スザンヌ・マクニール・ファーウェル
製作総指揮セリア・コスタス
配給ワーナー・ブラザース
美術クリスティ・ズィー
編集ロバート・レイトン〔編集〕
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)

【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
123
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
18.《ネタバレ》 想像の範囲以内で十分楽しめました。メールを削除しに行くとはけっこう笑わせてもらいましたよ。アン・ハサウェイも綺麗でチャーミングなんで、見ているだけで口角上がりっぱなし。デヘデヘです。ただ難を言えばデ・ニーロが夫の浮気現場を目撃してしまうシーン、ん?今の誰?て分かりにくかった。それぐらいかな。
Dream kerokeroさん [DVD(字幕)] 5点(2016-03-06 17:05:33)
17.《ネタバレ》 日本でもありがちなIT企業の、快適そうでいてなんとも居心地の悪いオフィスがよく描かれている。その中でデニーロの演技は光る。想像通りのストーリー展開。とはいえ予想外の展開を望んでいたわけではないのでほぼほぼ満足。所々では笑わせられました。
kaaazさん [インターネット(字幕)] 7点(2016-02-20 23:28:33)
16.飛行機での視聴。従って吹替。
仕事に生きる女性と専業主「夫」という現代の新しい家庭のあり方と、既に退職済みのおじいちゃんが若者だらけの会社にインターンに行くというこれまた現代の新しい仕事のあり方(なの?)とをミックスさせた温かいドラマ作品。おじいちゃんと若者の間に考え方の差があってそりが合わないが、次第に打ち解けていく話・・・かと思ったら微妙にそうではなく、おじいちゃんはむしろ最初から人生の先輩的な立ち位置で、仕事もできるし皆の父親的な存在。そして謙虚な紳士。トラブルもまああるにはあるけど全体的にポップで親しみやすい作風なので、深刻さとか重苦しい感じは皆無。良い意味で気楽に見るのがおすすめな作品です。
53羽の孔雀さん [地上波(吹替)] 7点(2016-02-11 23:02:32)
15.《ネタバレ》 "プラダを着た悪魔"から10年近く経ち、成長したアン・ハサウェイが我々の前に還ってきました。かつてメリル・ストリープにこき使われてテンパっていた初々しい彼女が、今度は会社経営者となって何とあのデ・ニーロをこき使っている。実に面白いキャスティングです。衣装の物語といった共通点から、彼女が成長して数年後に起業した続編とこじつけて考えても楽しい。お母さん宅潜入ミッションのドタバタコントなど本筋に必要とは思えないエピソードもあり、脚本はやや難ありと思いますが、鑑賞後の後味がよいので良しとしましょう。ジュールスとベンの年齢も性別も立場も超えた友情が秀逸でした。かつて"恋人たちの予感"には、「男と女はセックスが邪魔をして、本当の友達にはなれない」といった名台詞がありました。この映画は男と女の友情が成立した稀有な物語だと思います。でもこの関係が成立するのはデ・ニーロ(ベン)のルックス、そして身なりとユーモアの洗練されたセンスがあるからこそ。ただのおじさんじゃダメなんです。私は騙されませんよ~、、と言いつつも、鑑賞後は将来の希望的観測数値が少しだけ上がりましたね(笑)。
タケノコさん [映画館(字幕)] 7点(2015-11-07 18:15:22)
14.《ネタバレ》 いい映画でした!でもロバートデニーロがスーパーマンすぎましたね。
よしふみさん [映画館(字幕)] 8点(2015-11-06 17:17:11)
13.《ネタバレ》 イマドキのアパレル・ネット販売会社に高齢インターン社員として採用された70歳のおじいちゃんと、激務に張り詰めている女性社長の交流。スマートな着こなしに立ち居振る舞い、年の功による観察眼とオトナの包容力。とても高齢者枠にハメておけない。すぐさま女性社長の傍らに付くようになり、いつの間にか社長直属の運転手となって、禁断の私生活も含めた良き相談役に。人生の師は百戦錬磨の老紳士、デニーロ好演。ハンドル握る姿を見ていると、タクシードライバーの名曲が聴こえてくるようだ。デトックスムービー。良作。
獅子-平常心さん [映画館(字幕)] 7点(2015-11-01 02:21:25)(良:1票)
12.《ネタバレ》 この映画、ロバート・デニーロが何よりも普通のおじいちゃんを演じてるのが交換持てる。あんな風に歳を取りたいと思わせるぐらい魅力的です。そしてアン・ハサウェイも良い。働く女の魅力を十分に醸し出してる。2人を取り巻く環境やら関わってくる人達とのやりとりも面白い。あの母親へ間違って送信してしまったメールを消そうと、母親が帰宅する前に何とかしてパソコンに送信されたメールを消すまでのやりとり、ドタバタした展開もやたら笑えるし、この映画、同じ監督の「ホリデイ」もだけど所々に色んな映画のネタを持ち込んで笑える作品へと作り上げてしまう所が映画ファンへ向けてのサービス精神を感じずにはいられなくなります。派手なだけで中身スカスカのSF物やアクション大作にはない心地良さを感じる事が出来ただけでも見て良かったです。
青観さん [試写会(字幕)] 8点(2015-10-26 22:07:34)
11.“インターン”って研修生だよね?
爽やに描いているけど、シニア(年長者)には過酷過ぎる(汗
というか、働き盛りの年代でもこの労働環境では、仕事への情熱が無いと無理ですね。

そういう意味で、苦しくも仕事に生きがいを持って働いているアン・ハサウェイとロバート・デ・ニーロを見ると、
それだけで、ウルッとくる。
自分もそんな風に仕事してみたいなぁ(現実は・・・・ねぇ、、)
はりねずみさん [映画館(字幕)] 7点(2015-10-24 20:13:53)
10.《ネタバレ》 うん!面白かった!全方位的世代性別問わず、楽しめるウエルメイドな良作だと思います!観る前までは『逆・プラダを着た悪魔』的なオハナシなのかと思ってたけど、鑑賞後のこの後味の良さは、同監督作の『ホリデイ』に似てます。アンをネット通販の社長にキャスティング、メリル・ストリープの盟友デ・ニーロを共演者に持ってきた時点で、おそらく企画の原点は「プラダ」にあったに違いないだろうけど、シナリオの巧さでこの映画の人物の造形はさらに深いものになっていると思われます。シルバー世代のセックスに比重を置きすぎた感のある、前作『恋するベーカリー』が、イマイチだったN・マイヤーズ女史ですが、この作品では各々のキャラクターも生き生きさせてるし、何よりもデ・ニーロとアン・ハサウェイからそれぞれの魅力を充分引き出していて最後まで飽きさせない。本作でのデ・ニーロとマッサージ師の先生とのお付き合い程度でいいんですよ、シルバー世代のセックス事情なんぞあんまり深く追い過ぎても、観る側が困惑するだけ。アンの母親、サンフランシスコのCEOの交渉相手を、敢えて画面に出さないあたり演出的にもうまいって思いましたね。ハンカチやら瞬きの回数やら小道具の使い方なんかも、相変わらずで、よく練られたプロのお仕事だなあって感心する事しきり。レディスデーだったせいか、映画館は女性陣で埋め尽くされていましたが、皆さん一様に満足されていた様子に見えました。ああ、デ・ニーロもついにこういう役を演じるようになったのかあ、と『ディア・ハンター』あたりから彼をスクリーンで観ている人間としては感慨無量。自分だって四捨五入したらもうアラフィフだからなあ。・・・時は確実に流れてるんですよね。
放浪紳士チャーリーさん [映画館(字幕)] 8点(2015-10-21 23:27:01)(良:1票)
9.良き社長、妻、母を演じてパンク寸前のジュールズの心の拠り所となるベン。彼のような70歳になりたいものです。「折り目正しく」がそのキーワード。心に残る作品です。
The Grey Heronさん [映画館(字幕)] 8点(2015-10-19 20:10:03)
8.設定な無理さ加減が、デニーロのおかげでそれなりに見れてしまう映画。アンハサウェイもそろそろ新境地を開発してほしい。
みんな嫌いさん [映画館(字幕)] 6点(2015-10-18 11:23:02)
7.何年か前、行きつけの牛丼チェーンで、おじいさんが注文受け係を始めたのですが、明らかに邪魔者扱い(年寄りをつまはじきにしている訳ではなく、他の若者との能力差があまりに大きすぎて、客観的に見ても致し方ない状況)で、次の日にはクビになっていました。現実は恐らくこんなものなんでしょう。この映画のデニ郎は確かにカッコイイし、女性から見たら魅力的に映ると思います。俗世間に疲れた女性が一時現実を忘れるには良い映画かもしれません。
マー君さん [映画館(字幕)] 6点(2015-10-16 00:26:16)
6.《ネタバレ》 アン・ハサウェイがオフィス内を自転車で颯爽と駆け抜けるという折角の設定な訳だが、それがエクササイズの為でもあるという説明には余念がない割に
肝心な画面的な面白さになっていかないのがもどかしい。ただ単に独特なキャラクターであるとの意味付け以上のものが見いだせない。

中盤のメール誤送信騒ぎのエピソードも、ドラマ上の重要性は薄い訳だから何らかのアクション的盛り上がりを狙ってのものと思うが、
それならそれでもっとコミカルなドタバタを躍動的に見せて欲しい。

というわけで、もっとアクティブな演出をみせてくれれば嬉しいが、かわりにカッティングの小気味良さは其処此処で光っている。
物流倉庫でラッピングを指導するヒロインと、それを見守る紳士との切り返しショットのさりげない印象付け。
教会でのサイレント的なユーモアもいい。

衣装の映画だけにアン・ハサウェイもロバート・デ・ニーロもその着こなしが素晴らしく、ファッションが俳優の魅力をさらに引き立てている。
ユーカラさん [映画館(字幕なし「原語」)] 6点(2015-10-15 23:37:14)
5.ナンシー・マイヤーズらしい良質のハートウォーミング・コメディ。笑いドコロも十分です。
この人の映画にはよく子どもたちが登場します。
本作のアン・ハサウェイ演じる主人公は1人でアパレルのネット通販の会社を興し、
あっという間に大きな会社に成長させた仕事に家庭に頑張る女性。
やはり本作でも家族や子どもとのドラマを実にうまく挿入しています。
本作のアン・ハサウェイ、「プラダを着た悪魔」を思い出します。
家庭を持ち、独立して会社を興した「プラダを着た悪魔」の女の子の数年後といった感じもしますね。
アン・ハサウェイはこういう恋に、家庭に、仕事に頑張る女性の役がよく似合います。
本作は勿論彼女が主人公なのですが、デ・ニーロが演じる、余裕と品とあたたかみを感じさせる溌剌とした70歳が実にいい。
僕は40代のおじさんですが、デ・ニーロ演じるベンには同じ会社勤めの男として見習いたいところが沢山ありました。
最近ちょっと疲れ気味ですが、人生まだまだこれからだよな。
ベンのような70歳になれるよう頑張らなきゃなって元気をもらいましたよ。
ナンシー・マイヤーズの映画では「ホリデイ」でも見られますが、
本作でもさりげなく少しだけ挿入される映画ネタにニッコリさせられます。
鑑賞後は気分良く映画館を後に出来る佳作です。
とらやさん [映画館(字幕)] 8点(2015-10-15 21:30:12)(良:1票)
4.いやあ、やっぱりデ・ニーロって上手いなあとしみじみと思いました。 話としては、なかなかおもしろく、どんどん引き込まれます。 で、最後はちょっと尻切れトンボな感じが否めません。 もう少し、脚本を練れば、もっとおもしろくなるように感じました。 この作品の中で私の最も好きなシーンは、デ・ニーロが出勤前に鏡に向かって独り言を繰り返すシーン。 思わず、遥か昔の「タクシードライバー」の『Talking to me?』のシーンをほうふつさせました。
ミスプロさん [映画館(字幕)] 7点(2015-10-14 16:16:41)
3.《ネタバレ》 観終わった後の素直な気持ちは「物足りない」というものでした。監督は『ホリデイ』で知られるナンシー・マイヤーズ。今まで数多くの脚本も担当しているので、ストーリーの構築は非常に上手いです。物語の推進力としてロバート・デ・ニーロ演じるシニア・インターンを配し、主人公である若手CEOの成長を描いていく。しかも一々そのシニア・インターンのキャラクターが茶目っ気たっぷりで(あのはぐれ物が似合うデ・ニーロが演じているというのがまた面白い)、観ていて全然飽きさせません。
ではそれだけ良かった映画だったのに、何が気になったかと言うと、それは上述の「物足りない」という感想の通り、過激さや派手さ、主人公の成長の振れ幅が足りないと個人的には思ってしまいました。最近のアメリカのコメディ映画は、どんどん過激になっています。ギャグが顕著で、正直お下品ギャグの連続で笑いを取ることが多い(最近の『TED』はその最たる例ですね)。私は生来下品な人間なので、そういうお下品ギャグが過激に入っている、でも脚本が確りしているコメディ映画が非常に好きなので、この作品は正直薄味に感じてしまいました。近年で本作と同じく女性の監督作で言うと『ブライズ・メイズ』なんかでしょうか。女性の視点のコメディ映画でありながら、下品で皆で爆笑しながら観れる感じ。
普通の下品映画でしたら、主人公と言うのは本当にクズ人間かダメ人間に設定するのが普通です。そこからささやかな成長をすることで、大人として成長するも、そのささやかな成長と言うのは、私の様な観客とも十分に共有できるレベルだから、私は感情移入出来るのですが、本作の主人公はそのハードルが非常に高かったです。なんせ若くして社会的に成功していて、結婚もしていて、部下からも慕われていて、自分の意に反してやってきたシニア・インターンにも割と直ぐに分別ある理解を示すキャラクターですから。
結論を言ってしまいましょう。個人的には、主人公が普通にダメな部分が少ないから、成長してもその振れ幅が小さいので、面白くなかったです。
民朗さん [映画館(字幕)] 6点(2015-10-14 08:08:30)
2.ストーリーの流れがとても自然で心地よい映画でした。アン・ハサウェイが好きで見ましたが、一生懸命な役がとても似合ってます。賞狙いの重い役もいいのですが、これからもこんな楽しめる映画にも出てほしいです。
shoukanさん [映画館(字幕)] 7点(2015-10-13 17:28:25)
1.《ネタバレ》  好きだなあ、こういう地に足がついた真面目に人生に取り組む人たちの物語。本当に心地よい午後を過ごせたと思う。
レイチェルという人から結婚式の衣装の注文が届くみたいなお遊びやギャグも楽しくて。
ただ、かなり悔しい苦い思いも。自分は絶対ベンみたいな70歳にはなれない。これまでの人生で何も積み重ねていないから、
きちんとした生活、まっとうな人生を過ごしてきたからこそああいう年寄になれるんだよね。

アン・ハサウェイ、久しぶりに心の底から綺麗だ、魅力的だと思えたけど、それだけでなく本当にいい女優になったと思う。
自分みたいにまず女優はルックスから好きになる人間にとっては、彼女のような存在は本当に貴重、ありがたい存在です。

ただ、この結末だけちょっと、ジュールズの夫が可愛そうな気が。一番いいのは、アン・ハサウェイみたいな綺麗で有能な新人社員を雇って、
家族の世話をさせるってのほ、どうでしょうかっていうのは、それはまた別の話
平成28年3月29日 ブルーレイで観て全く減点する要素が見つからないので 9→10
しかし、自分みたいに絶えず猛烈に推す女優が無いと生きていけない人間には、アン・ハサウエィって本当にありがたい、心強い存在。
まだまだまだまだ 当面の間彼女の魅力は不滅! 浮き沈みが激しい日本の女優と違って本当に心強い。
rhforeverさん [映画館(字幕)] 10点(2015-10-13 13:45:04)(良:1票)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
123
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 58人
平均点数 6.74点
000.00%
100.00%
200.00%
311.72%
411.72%
558.62%
61627.59%
72136.21%
81118.97%
923.45%
1011.72%

【その他点数情報】

No名前平均Review数
1 邦題マッチング評価 7.00点 Review2人
2 ストーリー評価 7.25点 Review4人
3 鑑賞後の後味 8.50点 Review4人
4 音楽評価 7.00点 Review2人
5 感泣評価 5.66点 Review3人
chart

■ ヘルプ
© 1997 JTNEWS