アンジェリカの微笑みのシネマレビュー、評価、クチコミ、感想です。

Menu
 > 作品
 > ア行
 > アンジェリカの微笑み
 > (レビュー・クチコミ)

アンジェリカの微笑み

[アンジェリカノホホエミ]
(O Estranho Caso de Angélica)
2010年【ポルトガル・スペイン・ブラジル】 上映時間:97分
平均点:6.40 / 10(Review 5人) (点数分布表示)
公開開始日(2015-12-05)
ドラマ
新規登録(2015-12-16)【もっつぁれら】さん
タイトル情報更新(2016-02-29)【DAIMETAL】さん
Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索
Twitterにて検索
ブログに映画情報を貼り付け
監督マノエル・デ・オリヴェイラ
キャストリカルド・トレパ(男優)イザク
ピラール・ロペス・デ・アジャラ(女優)アンジェリカ
レオノール・シルヴェイラ(女優)
ルイス・ミゲル・シントラ(男優)
脚本マノエル・デ・オリヴェイラ
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)

【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
5.《ネタバレ》 老監督の作品は、濃厚な時間が漂っている。

本作品は、言葉にできない映画体験だ。
死人のアンジェリカに心奪われた青年が、最後旅立つ、と言い切ってしまうには、
あまりにもそこに濃い内容があるような気がしてならない。

故人に恋する。このモチーフで「ある日どこかで」という映画がある。
しかし、この作品は、SF的に昔にタイムトリップしてしまう。
いかにも、何とかしてしまうというアメリカ映画なのだが・・

ポルトガルの老監督は、死人に恋して、死んだ、それも人生という感じで、
大らかな大地と共に人生賛歌をそこに描く。
トントさん [DVD(字幕)] 7点(2019-07-28 16:30:20)
4.《ネタバレ》 「アンジェ―リカ!」。カメラが友の孤独な写真家のおいらに向かって、ニッコリ微笑みかけてきたのは彼女のご遺体。心奪われたおいらは、彼女の亡霊を見ていきなり叫んで走り出す。周りからは奇人にしか見えねえぞ。そして突然ぶっ倒れ、愛しの彼女の亡霊に魂抜き取られて死んじゃった…。こんなんだけど101歳監督渾身の一作。
獅子-平常心さん [DVD(字幕)] 6点(2019-07-15 23:54:41)
3.《ネタバレ》 まるで主人公が撮っている写真のように、一つ一つのシークエンスが丁寧に撮られている。暗転の一歩手前かと思うくらい照明を落とした導入部の屋敷の室内は、そこで死者が微笑みましたと言われても説得力十分。そのまま、主人公を絡み取るかのように話はじわじわと進んでいくのですが、それと比べると、ラストの適当さはやはりちょっと残念だったと思う。あと、どういう意図があるのか分からないが、家族が「微笑んだ写真」に言及するのは、心理の綾を削いで、やや興ざめ。
Oliasさん [DVD(字幕)] 6点(2018-07-16 18:27:05)
2.《ネタバレ》 表記はないけれど、映し出される河川は例によってドウロ河なのだろう。
テレビは見当たらず、不鮮明なラジオ音声が流れる劇中の時代は如何様にも受け取れる。
夜、夜明け、そして雨上がりの日中と移り変わる川岸の街並みの風情はどこか神秘的な様相も呈し、
対岸にある丘陵斜面のキアロスタミ風ショットは彼地の風土を強く印象づける。


人物がフレームアウトした後も黒猫がじっと鳥かごを見つめている。
撮る側も猫のリアクションを息を殺して期待していたに違いない。

中央にドア、あるいは窓を配した屋内ショットは凝った照明設計によって濃密な空気を感じさせている。
ユーカラさん [映画館(字幕)] 7点(2016-04-05 17:16:26)
1.《ネタバレ》 オフィシャル見ると、夭逝した美女の最後の写真を撮ったイザクに不思議な出来事が・・・とあるのですが、
そもそも、亡くなった人の写真を撮るという事が行われていいものなのか?(しかも、三脚を使わずに手持ちで撮るなんて・・・)
アンジェリカの幻影と空を飛ぶシーンがありましたが、最後に家主が飼っていた小鳥が死んだ時に狂ったように駆け出して行ったのは、小鳥をアンジェリカに見立てていたという事なのでしょうか?その割には、それを暗示させるような描写がなかったように思えますが。
また最初は、機械ではなく人の手で耕すほうが面白いと言っていたにもかかわらず、後の方になってくると機械で耕作するところを撮っていたりする心情の変化も非常に読み取り辛く感じられました。
撮った写真を並べて吊るす事の“映画的な”意味を考察してみると、農民の働く姿とアンジェリカを同系列的に一括りに捉えていると解釈することが出来ますが、接点が見当たらないため的外れな考えなのではと思いましたが、ラストでアンジェリカの手によってイザクが天に召されていて、それに被せるように農民の歌を聞かせてエンディングへと誘っていたところを見るに、やはり農民の存在もこの物語では不可欠なものなのかも知れません。
などなど、非常に難解でいろいろなメタファーに富んだ作品とお見受けしましたが、これはもう自分にとっては完全にお手上げ状態な作品なのでありました。
もっつぁれらさん [映画館(字幕)] 6点(2016-01-27 23:28:39)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 5人
平均点数 6.40点
000.00%
100.00%
200.00%
300.00%
400.00%
500.00%
6360.00%
7240.00%
800.00%
900.00%
1000.00%

【その他点数情報】

No名前平均Review数
1 邦題マッチング評価 8.00点 Review1人
2 ストーリー評価 6.00点 Review2人
3 鑑賞後の後味 6.00点 Review2人
4 音楽評価 Review0人
5 感泣評価 Review0人
chart

■ ヘルプ
© 1997 JTNEWS