ジュリエッタのシネマレビュー、評価、クチコミ、感想です。

Menu
 > 作品
 > シ行
 > ジュリエッタ
 > (レビュー・クチコミ)

ジュリエッタ

[ジュリエッタ]
JULIETA
2016年【スペイン】 上映時間:99分
平均点:6.33 / 10(Review 3人) (点数分布表示)
公開開始日(2016-11-05)
ドラマラブストーリー小説の映画化エロティック
新規登録(2017-10-23)【かたゆき】さん
Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索
Twitterにて検索
ブログに映画情報を貼り付け
監督ペドロ・アルモドバル
脚本ペドロ・アルモドバル
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)

【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
3.《ネタバレ》 ペドロ・アルモドバル監督による母娘の愛憎を描いたドラマ。夫を事故で亡くし、悲しみに暮れ、鬱になったアタシを見たアナタは姿をくらます。アタシの戸惑いにアナタが気付いたのは、皮肉にもアナタが愛息を亡くした時。深いですね。
獅子-平常心さん [DVD(字幕)] 6点(2019-08-14 00:01:40)
2.《ネタバレ》 突然姿を消した娘に囚われ続ける母親。わけも分からず去られる辛さは想像つくし、男との約束を反故にしてまで”母であること”に執着するノイローゼ気味の行動も、まあ理解できるような気はします。
けどこの映画娘からの視点が一切無いんですよね。不気味な家政婦が一枚噛んでいるのは分かるけど。あんなに健気にお母さんを支えていた(ように見えた)のにふいっといなくなる。その心の内が描かれなくて、ドラマとしてはちょっと物足りなかった。
ジュリエッタ役を二人の女優で回すのもどうだろうか。印象がけっこう違いませんかこの二人。私はなじめなかったな。
「大好きな仕事に戻りたい」宣言をしていた若きジュリエッタがいつしかべったり子供依存症に。このあたりの変化も台詞で説明されただけ。
色彩感覚が独特なアルモドバル仕様で、巷の高評価の理由は大半がそのセンスを高く買っているみたい。でも人の気持ちを深く掘り下げたドラマが好きな小うるさい客(=ワタシ)には今ひとつでした。
tottokoさん [CS・衛星(字幕)] 6点(2019-05-08 17:29:44)
1.《ネタバレ》 愛する娘へ、私は今、これまで言えなかったことを全て話します――。マドリードで平穏な日々を過ごす初老の女性、ジュリエッタ。愛する恋人とともに近々ポルトガルへと引っ越し、新たな生活を始める予定だった。だが、そんな一見幸せそうに見える彼女にも誰も知らない秘密の過去があった。一人娘であるアンティアともう長い間音信不通のままで、お互いの安否すら分からない状態だったのだ。深い諦めの中に生きていた彼女だったが、街中で旧友との再会が彼女の運命を再び揺り動かすことに。「先週、あなたの娘さんとコモ湖で会った。子供たちと一緒に買い物していたわ」。家族ぐるみで付き合いのあったその旧友の言葉に、心を掻き乱されるジュリエッタ。恋人とのポルトガル行きもキャンセルし、娘との唯一の繋がりであるかつてのアパートへと引っ越してきた彼女はただ娘からの連絡を待ち続けることを決意する。孤独な日々の中で、彼女はまだ見ぬ娘へと一途な告白を書き始めるのだった。娘の父親との初めての出逢い、海沿いの田舎町での満たされた日々、そして二人を分かつことになるあの運命の日のことを…。過酷な運命に翻弄されるある一組の母と娘の物語を、過去と現代を行き交いながら描くヒューマン・ドラマ。スペインが生んだ巨匠ペドロ・アルモドバル監督の最新作ということで今回鑑賞してみました。冒頭、まるで女性器を思わせる赤いドレスを背景に映し出されるアルモドバルのクレジット、そしてキャスト・スタッフの一連の紹介が終わった後に突如として現れる抽象的な男性器の彫刻。もうこれだけで唯一無二のアルモドバル・ワールドへと引き込まれていきました。この変態チックなのに何処か高尚な世界観はやはり素晴らしいですね。そんな独自の世界観の中で描かれる母と娘の愛憎劇もまた、いかにも彼らしい憂いと熱情に満ちたものでとても良かったです。前半、ジュリエッタの家族が幸せであればあるほど、いつかはこれも壊れてしまうことを分かっている僕たちは忍び寄る不穏な空気にいたたまれない気持ちにさせられる。この不安感の煽り方は絶妙にうまい。人は誰しも愛し合い慈しみ合いながら、でもそれも些細な行き違いによっていつかは憎しみに変わってしまうかもしれない。それでも人は――女性は母となっていく。そんなアルモドバル終生のテーマが情熱的な映像によって見事にアートとして昇華されておりました。ただ、最後の終わり方は賛否が分かれるところ。最後まで見せなかったのはいささか物足りない気もするけど、これはこれで良かったのかな。難しいところだけど、僕は充分満足でした。7点!
かたゆきさん [DVD(字幕)] 7点(2017-10-25 14:12:10)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 3人
平均点数 6.33点
000.00%
100.00%
200.00%
300.00%
400.00%
500.00%
6266.67%
7133.33%
800.00%
900.00%
1000.00%

【その他点数情報】

No名前平均Review数
1 邦題マッチング評価 Review0人
2 ストーリー評価 6.00点 Review1人
3 鑑賞後の後味 7.00点 Review1人
4 音楽評価 Review0人
5 感泣評価 Review0人
chart

■ ヘルプ
© 1997 JTNEWS