どついたるねんのシネマレビュー、評価、クチコミ、感想です。 > english page

Menu
 > 映画作品情報
 > 映画作品情報 ト行
 > どついたるねんの口コミ・評価
 > (レビュー・クチコミ)

どついたるねん

[ドツイタルネン]
1989年上映時間:110分
平均点:6.60 / 10(Review 40人) (点数分布表示)
公開開始日(1989-11-11)
ドラマスポーツもの
新規登録(不明)【シネマレビュー管理人】さん
タイトル情報更新(2013-03-28)【イニシャルK】さん
Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索
Twitterにて検索
ブログに映画情報を貼り付け
監督阪本順治
助監督前田哲
キャスト赤井英和(男優)安達英志
原田芳雄(男優)左島牧雄
相楽晴子(女優)鴨井貴子
麿赤児(男優)鴨井大介
大和武士(男優)清田さとる
笑福亭松之助(男優)安達太郎
正司照枝(女優)安達秋子
升毅(男優)ジョー
美川憲一(男優)北山次郎
輪島功一(男優)輪島功一
芦屋小雁(男優)宮田
脚本阪本順治
主題歌原田芳雄「DON'T WORRY」
撮影笠松則通
柴崎幸三(撮影協力)
製作荒戸源次郎
美術丸尾知行
金勝浩一(美術助手)
衣装小川久美子(衣裳コーディネート)
編集南とめ(ネガ編集)
録音鶴巻仁(録音助手)
井上秀司(録音協力)
照明渡邊孝一
松隈信一(照明助手)
中須岳士(照明助手)
松岡泰彦(照明助手)
その他IMAGICA(協力)
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)

【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
12
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
40.《ネタバレ》 青春熱血ボクシングスポコン。判定ダメだよKOでなきゃ。プロのボクサーちゅうもんはアウトボクシングじゃなくてインファイ、インファイ。ええから攻めろ攻めろ、どつけどつけ。すぐにキレて声を荒げちまう。なんかイラついて勝気な会長のムスメにも思わずパチコン。唖然とするハルコちゃん。そんなつっけんどんで素っ頓狂、いつもケンカ腰なオイラ。若き頃の赤井英和熱演。迫る大怪我からの復帰戦。そのトレーニングスタイルは浪速のロッキーそのもの。ファイトスタイルも泥臭さ炸裂。逆転打とセコンドのタオル投入が同時の結末。粗削りながらも熱量ある映画。
獅子-平常心さん [DVD(邦画)] 6点(2024-02-12 21:11:02)
39.自分も、昔「浪速のロッキー」赤井英和を応援していた。
引退後間なしの撮影で、ボクシングシーン、トレーニングシーンは流石に迫力がある。
ドラマ部分は残念ながら、今一自分には響くものはなかった。
相良晴子が若くてイキが良い、最近みないけど。
とれびやんさん [インターネット(邦画)] 6点(2021-09-15 13:37:15)
38.《ネタバレ》 テレビで赤井さんの特集があったので、興味を持ち、鑑賞。良かった。何よりこの主人公の生き様が、リングの上で現れてて、ボクシング映画として中々一角を占めるような出来栄えの感じがした。どついて、なんぼ。人生に向かっていく彼の姿勢に、自分も励まされた。
トントさん [ビデオ(邦画)] 8点(2016-07-01 09:22:55)
37.ちょっと赤井の演技が一本調子。でもボクサーの生活を割とリアルに描いてて良い。ラストは個人的にはいまいち。
nojiさん [CS・衛星(字幕)] 5点(2013-10-09 23:50:02)
36.《ネタバレ》 ○映画としても、演技としてもかなり荒削り。○設定は赤井英和を少しでも知っていれば熱くなれるはず。展開は少し安っぽいかな。
TOSHIさん [CS・衛星(邦画)] 5点(2013-10-09 22:03:05)
35.《ネタバレ》 赤井英和の人生の濃い一部がつまっとる。しかし、かっこええ映画を観せようとしてないし、これを主張したいなんていうのもない。素をみせられて、こっちが何かを勝手に見つける半ドキュメンタリーなんだと思った。それはそれでいい。
minさん [DVD(邦画)] 7点(2013-10-06 20:16:46)
34.《ネタバレ》 赤井英和の自伝を映画化した阪本順治監督のデビュー作で、主演は赤井英和本人。つまり元プロボクサーがボクサーを演じるボクシング映画で、見る前は話題先行の映画かとも思っていたが、とにかく赤井英和がボクサー時代の自分を投影した主人公を熱く演じていて、素なのか演技なのか分からないところも含めてすごく魅力的でかっこよく、その存在感に圧倒され、彼のボクシングに対する熱い思いというものもじゅうぶん伝わってくる。ボクシング映画の名作といえば「ロッキー」だが、本作の赤井英和にはスタローン以上の闘志を感じることができ、この主人公の存在感はロッキーを上回っているとさえ思う。(あの目は本当に熱い格闘家の目だ。)それに本当にその世界を知っているからこそ出せるリアルさというのも確かにあって、やはり赤井英和がこの安達英志という自身の分身のような役を演じるからこそこういったリアリティーが出るのであり、純粋な俳優だとこうはいかないような気がする。また、阪本監督の演出も大阪という都市のパワフルさを見事に描ききっており、それも本作に勢いを与えている。敢えて試合結果を描かない唐突なラストも潔く、エンドロールでの安達の後ろ姿が強烈に印象に残る。脇を固める面々もよく、原田芳雄や相楽晴子、麿赤児、正司照枝などみんないい味を出している。しかし、美川憲一だけは見ていてなんか違和感しか感じなかった。
イニシャルKさん [DVD(邦画)] 8点(2013-03-28 16:11:56)(良:1票)
33.ラストカットが最高に格好いい。
いさいささん [DVD(邦画)] 7点(2012-02-16 12:17:30)
32.阪本順治の初監督作品で、私には未だにこれが彼の代表作だ。演技なのか素なのか分からない赤井英一の無茶苦茶に終始圧倒されました。良くも悪くも大阪らしさを前面に押し出した作風がともかくパワフルで、芝居や演出の不手際を吹き飛ばします。赤井英一だけではなく、この作品の相楽晴子は光っている。浪花姉ちゃんの気丈さと、主人公の身を案じる情の深さが上手くブレンドされて、とても魅力的でした。主人公&主演者の生き様をぶつけるような迫真性がこの映画のパワーなのだと思います。
アンドレ・タカシさん [ビデオ(邦画)] 8点(2011-12-17 14:48:45)(良:1票)
31.《ネタバレ》 わたしゃ関西人ではないんであれなんですが、どついたるねんというより どつきまわしたるねんって響きのほうが異常に興味湧く。そこがちょっと残念。(だからナニ?^^;)
 相楽がよかった 相楽晴子が。 原田がよかった 原田芳雄が。 美川がよくなかった 美川憲一が。 あとダレか居てましたっけか? えっと そうか 赤井さん? 安達英志そのものは好きになれる人間ではなかったが 赤井さんは良い演技してござったですよね。演技というか 演技だったんかどうかは疑問だが。  ほんでもって、ラストがよかった。唐突のジ・エンドが。背中向けて終わったショットが脳裏に焼きつく こびりつく。
3737さん [CS・衛星(邦画)] 5点(2011-01-10 13:21:36)(良:1票)
30.「男は裸の背中で語れ!!」っていう映画ですね。この時期、この瞬間にしかフィルムに収められなかったであろう「赤井英和」という男の、雄の魅力が詰まっている。素人くさい芝居も、この荒削り破天荒なキャラクターに関してプラスの方向に働いています。
放浪紳士チャーリーさん [DVD(邦画)] 7点(2010-03-15 11:17:15)(良:1票)
29.ボクシング好きの私という観点で観ると、ただボクシングの試合を観ているだけでは分からないボクサーの裏側というか、体重を搾ることの大変さとか、そういう部分が実にリアルで楽しめた。

それに対し、映画好きの私という観点から観ると、赤井英和のあまりの素人さぶりに映画としての質の問題を考えてしまった。

そんな中、原田芳雄は孤軍奮闘の熱演。
元々、そんなに好きな俳優ではなかったが、そんな自分の原田芳雄に対する印象を変えてしまう位のかっこよさ。
赤井英和のまずい演技にも関わらず、この作品が映画としての体裁を立派に保っているのは、他ならない原田芳雄の熟達した熱演に拠る所が大きいと思う。
にじばぶさん [DVD(邦画)] 6点(2009-09-13 16:24:18)(良:1票)
28.《ネタバレ》 ボクサー再起映画。浪花のロッキーこと赤井英和の粗野で男らしいキャラクターは、ロッキーより人間味が強く、いつ死んでもおかしくない男の目つきをしていて、演技力なんかどうでもよく思えます。そのせいかボクシングシーンにも説得力があるし、登場人物にも味があり、話の流れも熱くて面白い。ロッキーより好きかも。ラストがちょっと唐突すぎたのは潔いのけど、映画を観たって感じがしないのが残念。
すべからさん [DVD(邦画)] 8点(2009-02-22 23:56:27)(良:1票)
27.赤井英和の荒削りな演技がそのまま映画の力強さとなって、最初から最後まで飽きずに観ることができた。冒頭から大笑いしてしまうくらいギャグが多いのも個人的には嬉しかった。そして、あの唐突なラストには思いがけず目頭が熱くなった。
クルシマさん [DVD(邦画)] 9点(2009-01-03 19:53:30)
26.《ネタバレ》 ボクシングシーンは、どの映画より迫力があると思う。かたや引退したとはいえ元世界ランカーと現役日本チャンピオンだからこその本物の迫力!ところどころに散りばめられてる大阪の町も無性に懐かしい昭和の色だ。相良晴子もじゃりん子チエみたいでかわいいね。皆も書いてるが、大和田との向かい合ってのシャドーのシーンはなんんとも言えない。現役時代大ファンだった赤井選手をもう一度見れて嬉しい。安達英志は赤井英和そのものなんだから、赤井以外に演じることはできないまさに一世一代の演技といえる。
パオ吉さん [映画館(邦画)] 9点(2008-11-15 22:45:53)
25.なかなか熱い映画でした。楽しめました。赤井に演技力が備わっていればもっと点数高かったです。80年代後半の空気感が出ていていい作品です。
たかちゃんさん [CS・衛星(邦画)] 6点(2006-08-31 12:44:46)
24.赤井はヘタクソだけど、やっぱり真実味が伝わってきて、それが映画のパワーになってる。 ガムで減量か。。。 過酷だ。。。
とっすぃさん [ビデオ(字幕)] 6点(2005-11-20 00:52:42)
23.「どついたるねん」←この言葉、響きから凄い力、エネルギーが湧いてきたのを覚えています。赤井英和は確かに下手かもしれない。だからと言ってそれだけで片付けられない。エネルギーがこの作品の中には見えたので私は評価したいと思う。不器用だけど男らしく力の限り戦いながら敗れる赤井英和の姿が同じ男として何か感じるものがある。作品の作りとしてもかなり雑な面もある。それでもこの監督の演出、力強い演出はこれが監督デビュー作とは思えないぐらいの力強さを感じる。だから私はこの映画、好きです。
青観さん [ビデオ(字幕)] 8点(2005-08-03 22:07:46)
22.私的に大好きな作品です..赤井英和の初々しさ..そのまんま地で行っているかのような物語.. 今思えば当時、恥ずかしながら本人をまったく知らずに観た覚えがあります..(役者にしては、イイ身体、イイ動きしてる..って思ったものです..)
コナンが一番さん [ビデオ(字幕)] 7点(2005-06-09 18:36:08)
21.赤井英和のデビュー作であり出世作。原田芳雄がいい味出してる。ボクシング映画は数あれどリアルさは秀逸。関西風味こてこてで笑って泣ける良作だと思います。シュッ!シュッ!
tonaoさん 7点(2005-01-26 22:33:04)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
12
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 40人
平均点数 6.60点
000.00%
100.00%
200.00%
300.00%
425.00%
5512.50%
61332.50%
71127.50%
8512.50%
9410.00%
1000.00%

【その他点数情報】

No名前平均Review数
1 邦題マッチング評価 Review0人
2 ストーリー評価 6.33点 Review3人
3 鑑賞後の後味 6.66点 Review3人
4 音楽評価 6.50点 Review2人
5 感泣評価 5.00点 Review1人
chart

■ ヘルプ
© 1997 JTNEWS