Dolls ドールズのシネマレビュー、評価、クチコミ、感想です。

Menu
 > 作品
 > ト行
 > Dolls ドールズ
 > (レビュー・クチコミ)

Dolls ドールズ

[ドールズ]
Dolls
2002年【日】 上映時間:113分
平均点:5.73 / 10(Review 154人) (点数分布表示)
公開開始日(2002-10-12)
ドラマラブストーリー
新規登録(不明)【シネマレビュー管理人】さん
タイトル情報更新(2019-07-19)【イニシャルK】さん
Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索
Twitterにて検索
ブログに映画情報を貼り付け
監督北野武
キャスト菅野美穂(女優)佐和子
西島秀俊(男優)松本
深田恭子(女優)春奈
松原智恵子(女優)良子
三橋達也(男優)親分
大家由祐子(女優)若い頃の良子
津田寛治(男優)若い頃の親分
岸本加世子(女優)春奈の叔母
大杉漣(男優)春奈のマネージャー
大森南朋(男優)松本の同僚
野村信次(男優)佐和子の父
石山雄大(男優)兄弟分
ガンビーノ小林(男優)エレベーターホールの殺し屋
伊藤留奈(女優)公園のOL
モロ師岡(男優)公園のヒットマン
アル北郷(男優)青木 / 運送屋のバイト
吉沢京子(女優)春奈の母
種子(女優)春奈の付き人
芦川誠(男優)レポーター
金沢碧(女優)松本の母
西尾まり(女優)佐和子の友達
清水章吾(男優)松本の父
出演テレビ東京(テレビ東京アナウンス室)
脚本北野武
音楽久石譲
オフィス北野(音楽製作)
作詞小西康陽「キミノヒトミニコイシテル」
作曲小西康陽「キミノヒトミニコイシテル」
編曲小西康陽「キミノヒトミニコイシテル」
挿入曲深田恭子「キミノヒトミニコイシテル」
撮影柳島克己
製作バンダイビジュアル
テレビ東京
オフィス北野
プロデューサー森昌行
吉田多喜男
石川博(アソシエイト・プロデューサー)
久保聡(協力プロデューサー)
川城和実(アソシエイト・プロデューサー)
配給オフィス北野
松竹
美術磯田典宏
丹治匠(美術助手)
尾関龍生(装飾)
赤松陽構造(タイトルデザイン)
衣装山本耀司
編集北野武
太田義則
録音堀内戦治
白取貢(録音助手)
柴崎憲治(音響効果)
照明高屋齋
木村匡博(照明助手)
その他吉川威史(キャスティング)
あらすじ
社長令嬢との結婚を選び、恋人・佐和子(菅野美穂)を捨てた松本(西島秀俊)は、結婚式当日、佐和子が正気を失ったことを知る。松本は、すべてを投げ出して、佐和子とともに彷徨い続ける。二人が行くところに、ヤクザの親分(三橋達也)と彼をひたすら待ち続ける女(松原智恵子)、事故で芸能界を引退するアイドル(深田恭子)とその追っかけの青年(武重勉)の物語が交錯する…。
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)

【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
12345678
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
154.《ネタバレ》 ボケボケのアタシ、似合わねえロン毛のオレっち。赤い糸で結ばれた二人。3つの物語が同時進行するが、それぞれのエピソードが弱い。恭子ちゃんのお歌、ダサすぎ。最初と最後の人形文楽、何だか不気味だぞ。
獅子-平常心さん [DVD(邦画)] 6点(2019-07-27 06:19:06)
153.《ネタバレ》 幸せ薄いカップルを三組、人形浄瑠璃の悲恋もの「冥途の飛脚」(※自分はよく知らない話です)
とかぶせて、現代アートとたけしさんのセンスがブレンドされ、
不思議な映画になっている。

最後の崖にひっかかって陽がさしてるシーンが美しかった。
菅野美穂の最後の方のネックレスを持っての表情が次々変わるシーンが
印象的。
きれいな映像と、それに似合わぬ暴力的なシーンもあり、
そこを久石さんの音楽がつないでるといった感じか。
トントさん [ビデオ(邦画)] 7点(2018-08-26 17:53:53)
152.これは映画というよりアートなのか。美しくもどこか奇妙なシーンが多くて印象的。だが面白くない。
もんでんどんさん [地上波(邦画)] 3点(2017-07-27 14:54:15)
151.バイオレンスのない北野映画。赤い糸で繋がれた男女の物語と並行して二つの物語が展開するが、そのわざとらしい退屈なオリエンタリズムでは奥行きが出るわけでもなく、特にアイドルのパートは滅茶苦茶浮いていた。心中するラストはもうギャグにしか見えない。ただ、省略によって想起させる痛覚の向き合い方は上手い。
Cinecdockeさん [地上波(邦画)] 4点(2015-08-05 21:17:34)
150.なんだこれは?演出が幼稚すぎないかい?
センブリーヌさん [DVD(邦画)] 4点(2014-07-22 12:30:38)
149.《ネタバレ》 アートでしたね。独創的な世界観でしたね。
ただ残念だったのは、話をリードしてゆく主演がもともと好きではない西島秀俊だったこと。そのへんすごく惜しく感じてしまいます。
例えばこれが、主演:西島秀俊ではなく他の誰か
(例えば、大森南朋でもいいし、津田寛治でもいいし、西島秀俊じゃなかったならば誰でもいい)、
ついでに、菅野美穂の役が深田恭子だったならば、もしかしたらこれって恐ろしくハマっていたかもしれない いや、きっとハマっていたかと思う(自信あり) 
そんな意味では、すごく惜しい出来だと感じてしまった 
メインキャストの好みにマイナス。もしも今後何処かでリメイクされるなり何なりされるのであれば またその時に期待。
3737さん [地上波(邦画)] 5点(2014-01-11 21:25:10)
148.《ネタバレ》 これって純愛映画?
自分が捨てた女が自殺して正気を失ったからって
乞食になるまで連れ添ったって純愛じゃないよね。
だったら最初から捨てるなよって思ってしまう。
ヤクザの話しも思い出の場所に行ったら昔捨てた女が待ってるなんて都合いいなぁ。
アイドルの話しは春琴抄だし。
文楽やら古典のオムニバス?
さすが北野映画だけあって見せるところは見せるが
頭に疑問符をつけながら見てたので集中出来ませんでした。
俳優では三橋達也が旨いな~と関心しました。
菅野美穂は気がふれている人には見えませんでした。
彼女がまばたきするたび「あ、この人元気なんだ」って思ってしまった。
細かいようだけどこういうところ大事だと思う。
西島秀俊って人は個性がない所が個性?
もやっとしてて輪郭のない人みたい。
北野映画の中ではお勧め出来ません。代表作を全部見てから余裕があればどうぞという内容です。
仏向さん [地上波(邦画)] 4点(2014-01-11 10:22:28)
147.《ネタバレ》 「あんなドレープ効いた服きてる乞食いねぇよ!」ってのはナシとして。。
無理やりくっつけた感のある3話は、愛の代わりに得た代償で不幸な幕を閉じる愛、ってのが共通なのかな。
よくわからないけど、何となく先が見えていて、ダラダラと進行していて、辛かった。
絵は綺麗だった。それだけかな。
afoijwさん [DVD(邦画)] 4点(2013-02-14 23:47:54)
146.《ネタバレ》 外人が好みそうなオリエンタルでエキゾチックな映像をこれでもかとふんだんに使い、明らかに日本の観客を無視して創られた映画。どうして文楽の映像が織り込まれるのか、その意味も皆無だし、なにより愛する人のために目を潰すエピソードなど明らかに外国で評価の高い谷崎潤一郎からの本歌取り。日本では比較的評価の低いことへの反発でこの映画を創ったのだとすれば、それに付き合わされる観客の身にもなって欲しい。
かたゆきさん [DVD(字幕)] 3点(2012-06-14 16:16:20)
145.《ネタバレ》 最初6点をつけてたんだけど、8点に変更します。

菅野美穂の涙目や、もみじや、ベンチに座る三橋さんの顔など
頭の中をフラッシュバックするシーンがいくつもあって、
意外と深く心に突き刺さる映画だったと、後日、気が付きました。

好みは分かれると思いますが、他の北野作品が嫌いじゃなければ、いけると思います。

舞台でいいじゃないの、とか、テレビドラマでいいじゃないの、っていう映画もどきも多いけど、
この映画は、本物の「映画」でした。

ただ、ラストは、彼女を抱き閉めたところで終了してほしかったなあ。
ひであきさん [DVD(邦画)] 8点(2011-07-27 09:06:44)
144.北野映画でもアーティスティックな面が色濃く出ていて嫌いな人には耐えられなさそう。
つまらないけど嫌いじゃない。静かすぎる純愛は狂気に見えるの図。
すべからさん [DVD(字幕)] 6点(2010-08-29 12:12:15)
143.とりあえず。最後まで。観た。何も言えねえ。
枕流さん [DVD(邦画)] 1点(2010-06-26 20:19:30)
142.《ネタバレ》 菅野美穂の演技、全体に漂う北野節ともいえる無常感は非常に良かった。

しかし内容に深みを感じられず、感情移入出来なかった。
アイドルの追っかけの話並みの濃密さが、他の2つの話には感じられない。
そして3つの話を微妙にリンクさせる演出は果たして必要だったのだろうか?

映像は確かに美しく、台詞も少なく、じっくり感傷に浸りたいところなのだが、
ストーリーの深みの無さで、単なる美しい映像の長回しで、退屈に感じてしまう箇所が多かったのも残念。こういうテイストの映画は個人的に好みなのだが・・。

おーるさん [DVD(邦画)] 3点(2009-11-16 07:23:53)
141.《ネタバレ》 冒頭から人形浄瑠璃でガイジン受けを狙う見え見えのアザとさと、
全体的に包む救いの無い話のオンパレード。
最初、これをどうやって2時間持たすのかと思ったら、
違う2つのエピソードを織り交ぜられながら進行していきました。
普遍的かつ不変の愛というのがテーマなのかな。
ハッピーな部分は極力抑えているのは、その方が「愛は不滅だ」的、部分を感じやすくさせるためとはいえ、やはり退屈だった。そこの部分をどう感じ取るかが、この映画の評価に繋がるんでしょうけど、個人的には暗すぎ。映像は鮮やかだったけどね。
それにしてもあの役どころを違和感なく演じられるのは日本では菅野美穂と中谷美紀くらいかな。
それほどに菅野美穂の「静」の演技にある意味救われた作品。
バニーボーイさん [DVD(邦画)] 4点(2009-11-05 09:39:18)
140.救いが無い話の連続で。。映像は綺麗ですが、心には響きませんでした。
山椒の実さん [地上波(邦画)] 3点(2009-04-07 22:20:15)
139.四季折々の素晴らしい景色。日本人の私(というか殆どの日本人)が見た事がない、涙が出そうな程綺麗な自然。怖いくらい鮮烈な色。PVなら最高!映像美。
なんですが‥‥‥いかんせんストーリー‥‥‥‥‥‥。
まりんこさん [DVD(邦画)] 5点(2009-01-12 13:13:46)
138.芸術映画? 啓蒙映画? よくわかりませんが、全く楽しめませんでした。なんか「えらそうな映画」です。。色がいいと評判でしたが、なんかギラギラ目立ちすぎで、色を使っているのではなく、色に使われている感じでした。ただ確かに良い景色の場面が多いのでBGV的に使えるかもしれません。アルファー波でそうです。
紫電さん [DVD(邦画)] 0点(2008-09-29 21:39:10)
137.
njldさん [DVD(邦画)] 9点(2008-09-24 15:59:48)
136.《ネタバレ》 赤が鮮やかでした。内容は何だかありがちな話をつなぎ合わせただけって感じがしました。
osamuraiさん [DVD(邦画)] 3点(2008-09-12 13:02:09)
135.これほど色が美しく感じる映画もないだろう。さすが北野武。
あるまーぬさん [地上波(邦画)] 5点(2008-07-18 08:30:51)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
12345678
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 154人
平均点数 5.73点
031.95%
163.90%
253.25%
32012.99%
4159.74%
52113.64%
61711.04%
72415.58%
82113.64%
91610.39%
1063.90%

【その他点数情報】

No名前平均Review数
1 邦題マッチング評価 8.00点 Review7人
2 ストーリー評価 5.66点 Review12人
3 鑑賞後の後味 6.63点 Review11人
4 音楽評価 8.25点 Review8人
5 感泣評価 7.16点 Review6人
chart

■ ヘルプ
© 1997 JTNEWS