脱走特急のシネマレビュー、評価、クチコミ、感想です。

Menu
 > 作品
 > タ行
 > 脱走特急
 > (レビュー・クチコミ)

脱走特急

[ダッソウトッキュウ]
Von Ryan's Express
1965年【米】 上映時間:117分
平均点:7.00 / 10(Review 12人) (点数分布表示)
アクションサスペンス戦争もの
新規登録(2003-06-02)【シネマレビュー管理人】さん
タイトル情報更新(2010-06-03)【S&S】さん
Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索
Twitterにて検索
ブログに映画情報を貼り付け
監督マーク・ロブソン[監督]
キャストフランク・シナトラ(男優)
トレヴァー・ハワード(男優)
ジェームズ・ブローリン(男優)
ブラッド・デクスター(男優)
ルーサー・アドラー(男優)
アドルフォ・チェリ(男優)
ジョン・レイトン(男優)
ウォルフガング・プライス(男優)
マイケル・グッドリーフ(男優)
脚本ウェンデル・メイズ
音楽ジェリー・ゴールドスミス
編曲アーサー・モートン〔編曲〕
撮影ウィリアム・H・ダニエルズ
製作20世紀フォックス
配給20世紀フォックス
特撮L・B・アボット(特殊撮影効果)
美術ジャック・マーティン・スミス
ウォルター・M・スコット(セット装飾)
編集ドロシー・スペンサー
録音カールトン・W・フォークナー
ウォルター・ロッシ(ノン・クレジット)
その他マーク・ロブソン[監督](プロダクション・マネージャー)
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)

【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
12.《ネタバレ》 一瞬も目が離せないスリル満点の物語でフランク・シナトラ、トレヴァー・ハワード、ウォルフガング・プライス、オリアリ大尉、コンスタンゾ大尉それぞれ味わい深いキャラクー達が輝いていました。とある所でライアン大佐が死ぬ事を知ってしまった上での鑑賞が何とも残念ですが、最後の一歩が踏めなかった全力疾走に鳥肌が立ち、ラストの台詞に涙が止まりませんでした。脚本・演出・撮影共に一級品で「大列車作戦」と並び称される傑作。
The Grey Heronさん [DVD(字幕)] 9点(2018-06-16 23:01:31)
11.《ネタバレ》 ○このような脱走する系の映画として最低限の面白さはある。○終盤の畳みかけも良かった。
TOSHIさん [CS・衛星(字幕)] 6点(2014-03-09 22:16:46)
10.《ネタバレ》 えー、いくらなんでもバレるでしょ的なシーンの連続だけど、フランク・シナトラ主演ということで、そういう観点から貴重な作品ですね。颯爽と列車に乗り込み(弾は当然当たらない)、で、ジ・エンドと思いきやそうきたか的ラストでちょっとビックリ;;  やっぱり戦争映画だったんだと認識させられたエンディングでゴザイマシタ
Kanameさん [CS・衛星(字幕)] 5点(2012-12-24 09:17:08)
9.スリリングな脱走劇に、綺麗な景色も楽しめて、なかなかオモロい作品でした。
ケンジさん [ブルーレイ(字幕)] 7点(2012-10-01 18:12:02)
8.《ネタバレ》 米国人捕虜たちが列車を乗っ取りドイツ軍と命を賭けたオニゴッコ。戦闘シーンは迫力あったけどほとんどスリル感を味わえませんでした。
獅子-平常心さん [地上波(字幕)] 5点(2012-08-11 04:04:39)
7.前半はややダレるし、キャラの相関図も弱冠分かりにくいとこもあるが、開始40分の列車を乗っ取って脱走する場面から面白くなり、ラストで一番盛り上がる隠れ良作。しかし最後のあの一文を引き立たせるためにも、コミカルなB級感は抑えて終始シリアスで緊張感のある演出の方がよかった気がする。映像的には年代らしさも感じられるが結構頑張ってる印象。
Jar_harmonyさん [CS・衛星(字幕)] 7点(2012-06-24 22:36:32)
6.《ネタバレ》 「鉄道が絡む戦争映画に駄作なし」というのは私の持論ですが、本作もその期待に違わぬ快作です。収容所を脱走して列車を乗っ取ってからのハラハラドキドキは娯楽アクション映画のお手本みたいな快調ぶり。『眼下の敵』を手掛け後年『ポセイドン・アドべンチャー』の脚本も書くウェンデル・メイズだけあって、主要登場人物のキャラが立っていて面白いです。特に「殺しのプロ」を自認する職業軍人役のトレヴァー・ハワードはツボにはまった好演です。でもシナトラに射殺されるあのイタリア女だけはやはり必要ない役柄だと思うので、その分マイナスかな。B級っぽいところもありますが、イタリア国鉄全面協力で現地ロケもふんだんに取り入れてあり、けっこうしっかりした造りの作品です。
S&Sさん [ビデオ(字幕)] 8点(2010-11-25 23:48:38)
5.マーク・ロブソンらしい娯楽色豊かな大人が戦争ごっこを楽しんでやっているようなスリル満点の冒険映画。ラスト主人公、只一人の死と共に流れる''一人でも脱走出来れば成功だ''のセリフの重みにはジーンと来ました。
白い男さん [CS・衛星(字幕)] 8点(2010-02-21 15:51:37)
4.ストーリーの概論はいたってシンプルですが組み立て方が面白い。フrナンク・シナトラの見事なリーダーっぷりで大胆な脱走作戦を成功させてしまうんですが、マーク・ロブソンが監督なだけにB級映画色が強いのはちと残念。でも舞台をヨーロッパにしてるのでいろんな国の言葉を見事にストーリーに組み合わせてるところはスゴイ。B級色が強くてもオスカーにノミネートされた監督が作ればやっぱ違うんかな(笑)「一人でも脱走させれば成功だ」収容所から脱走することがいかに難しいことがひしひしと伝わってくる言葉っす。
M・R・サイケデリコンさん [DVD(字幕)] 7点(2007-03-14 15:11:32)
3.私もイタリア娘の邪魔臭さが気になった。大脱走に比べるとB級色がありあり。でもそこがかえって新鮮だったりする。この作品のフランク・シナトラの服装のださいこと、ださいこと。
いかりや800さん 6点(2003-06-15 22:17:23)
2.公開当時、小学生だった私は結構感動したことを覚えています。フランク・シナトラが何者か知らずにただ渋い俳優さんだと思っていました。この映画は当時、週刊誌に読みきり漫画としても載っていました。走る列車の床板に穴を開けて外に出るシーンとか、シナトラが敵兵の銃弾を受けながらも走り始める列車に向かって必死に走るシーンなど思い出します。皮ジャンの着こなしとか、斜めにかぶった帽子とかシナトラはいかにもカッコつけてますが、仲間を生かすために最後まで敵との前線に残る姿はまさにヒーローそのものという印象でした。
天地 司さん 7点(2003-06-09 15:57:07)
1.B級映画の傑作!シナトラの最期がちと切ないですが、ストーリーはメチャ面白い。戦争映画はこうありたいもんですね。
イサオマンさん 9点(2003-06-05 22:58:02)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 12人
平均点数 7.00点
000.00%
100.00%
200.00%
300.00%
400.00%
5216.67%
6216.67%
7433.33%
8216.67%
9216.67%
1000.00%

【その他点数情報】

No名前平均Review数
1 邦題マッチング評価 6.00点 Review1人
2 ストーリー評価 6.50点 Review2人
3 鑑賞後の後味 7.00点 Review1人
4 音楽評価 7.00点 Review1人
5 感泣評価 Review0人
chart

【アカデミー賞 情報】

1965年 38回
音響効果賞ウォルター・ロッシ候補(ノミネート) 

■ ヘルプ
© 1997 JTNEWS