ヘルボーイのシネマレビュー、評価、クチコミ、感想です。

Menu
 > 作品
 > ヘ行
 > ヘルボーイ
 > (レビュー・クチコミ)

ヘルボーイ

[ヘルボーイ]
Hellboy
2004年【米】 上映時間:132分
平均点:5.53 / 10(Review 73人) (点数分布表示)
公開開始日(2004-10-01)
アクションSFアドベンチャーシリーズもの漫画の映画化
新規登録(2004-08-15)【鉄腕麗人】さん
タイトル情報更新(2018-11-07)【たろさ】さん
Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索
Twitterにて検索
ブログに映画情報を貼り付け
監督ギレルモ・デル・トロ
キャストロン・パールマン(男優)ヘルボーイ
ジョン・ハート(男優)トレヴァー・"ブルーム"・ブルッテンホルム教授
セルマ・ブレア(女優)リズ・シャーマン
ルパート・エヴァンス(男優)ジョン・マイヤーズ
カレル・ローデン(男優)グリゴリー・ラスプーチン
ジェフリー・タンバー(男優)トム・マニング
ダグ・ジョーンズ〔男優〕(男優)エイブ・サピエン
ブライアン・スティール(男優)サマエル
マイク・ミニョーラ(男優)(ノンクレジット)
ギレルモ・デル・トロ(男優)(ノンクレジット)
アンガス・マッキネス(男優)
サンティアゴ・セグーラ(男優)
デヴィッド・ハイド・ピアースエイブ・サピエン(ノンクレジット)
谷口節ヘルボーイ(日本語吹き替え版)
山野史人トレヴァー・"ブルーム"・ブルッテンホルム教授(日本語吹き替え版)
本田貴子リズ・シャーマン(日本語吹き替え版)
岩崎ひろしトム・マニング(日本語吹き替え版)
てらそままさきエイブ・サピエン(日本語吹き替え版)
置鮎龍太郎(日本語吹き替え版)
原作マイク・ミニョーラ「Hellboy」(ダークホース・コミックス刊)
ギレルモ・デル・トロ(ストーリー原案)
脚本ギレルモ・デル・トロ
音楽マルコ・ベルトラミ
作詞トム・ウェイツ"HeartAttack and Vine"
作曲トム・ウェイツ"HeartAttack and Vine"
編曲ピート・アンソニー
ジョン・キュール
挿入曲トム・ウェイツ"HeartAttack and Vine"
撮影ギレルモ・ナヴァロ
製作ローレンス・ゴードン
ロイド・レヴィン
マイク・リチャードソン
マイク・ミニョーラ(製作補)
配給UIP
特殊メイクマイク・エリザルド(メイクアップ・スーパーバイザー)
バート・ミクソン
リック・ベイカー[メイク]
ジェイク・ガーバー
辻一弘
ノーマン・カブレラ
スペクトラル・モーション社
特撮リック・ベイカー[メイク](特殊効果ディレクター)
スペクトラル・モーション社(特殊効果)
ティペット・スタジオ(視覚効果)
カフェFX社(視覚効果)
美術ピーター・フランシス[美術]
マイク・ミニョーラ(デザイン・コンサルタント)
寺田克也(コンセプト・デザイン)
韮沢靖(コンセプト・デザイン)
衣装ウェンディ・パートリッジ
字幕翻訳林完治
その他ピート・アンソニー(指揮)
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)

【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1234
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
73.《ネタバレ》 ​地獄っ子でチョンマゲの恋に純な奴だぜヘルボーイ!
この開き直った漫画漫画感がたまりませんね。それに見合う美術も素晴らしいです。おかげで「この世界ではこうなんだよ!」という力押しにも説得力があります。ただ話としてはその力押しでよく分からない所もチラホラ。地下鉄近くにいた化け物はどうなったの?ラスプーチンを倒した後に出てきたあいつはなんなの?など説明が放置されてるところもあります。あと子猫の箱がいきなり出てくるのには爆笑しました。なんなんだあのシーンw
そして見所はやっぱりドイツ殺し屋のクロエネンですね。とにかくカッコ良さの塊ですし、ゴーグルの下も仮面だったり、カメラ目線でポーズを決めてくれたりと笑わせてくれます。
締め方や主人公達の三角関係などちょっと雑ですがそれでも十分楽しいのは凝った美術と世界観がたまらなく魅力的だからでしょう。
えすえふさん [インターネット(字幕)] 6点(2017-05-01 00:38:07)
72.《ネタバレ》 うーん、よくできてるけどあんまし面白くなかったなぁ~、どっちかというとちょっと気持ち悪い部類に入る感じだし。まぁアメコミものは苦手っちゃぁ苦手だというのもあるからかな?  相性的な問題かと思いますハイ
Kanameさん [ブルーレイ(字幕)] 4点(2016-03-20 10:07:58)
71.《ネタバレ》 ヘルボーイは地獄で生まれた悪魔の子であり、性格からも人間にとって善悪どちらでもなり得る危うい存在。生まれの境遇やヒーローにはあるまじき他者からの不遇な扱いを考えれば、いつグレたっておかしくない。それでもヘルボーイは悪魔の象徴である角を折り、人間として人を守る事を選んだ。
人間は心の中に悪魔と天使がいて、様々な境遇の中で日々悪魔と戦っている。この物語はヒーローと呼ぶにはあまりに泥臭い一人の男の生き様を見せることで、自分のような一市民を勇気付け応援してくれているような気がした。
ちゃじじさん [DVD(字幕)] 6点(2014-03-05 12:08:28)
70.ヘルボーイの不器用さに負けないほどの脚本の不器用さ。それをカバーするキャラクターの魅力と世界観は良かったですね。何度も見て楽しい映画ではないと思いますが、一度見る分にはいいかな。なんか無性にマッチを買いたくなりました。
カニばさみさん [DVD(吹替)] 5点(2013-09-27 17:37:31)
69.《ネタバレ》 こういう馬鹿っぽいB級アメコミ映画って、本来は嫌いで、だからこそ今まで観てこなかったのだけど、でも僕のこよなく愛する「パンズ・ラビリンス」の監督作だったのでずっと気になっていて、この度機会があってようやく鑑賞いたしました。なるほど、やっぱり後にパンズ・ラビリンスという傑作を撮った監督の作品だけあって、拘り抜いた映像美とくどいくらいに粘っこい演出がとても面白くて、今まで観てこなかったことを素直に後悔。良いですね~、これ。もう敵キャラたちの、グロテスクでありながらも何処かモダンな美しさを兼ね備えた、クトゥルフ神話の邪神たちをも髣髴とさせる(というかそのものか)造形はかなりツボでした。そして、決してカッコいいとも可愛いとも言えないヘルボーイがとても人間臭く――というか中2病臭く描かれていて、観終わるころには何故か彼に愛着が湧いてくるのだから不思議。ちょっと友達になりたいかも(すっごく面倒臭そうだけどね笑)。確かに、明らかに後半の展開はグダグダだったけど、この重厚な雰囲気と、カッコつけだけどちょっぴりお茶目なヘルボーイが良かったので、甘めに8点!
かたゆきさん [DVD(字幕)] 8点(2013-07-24 12:00:57)
68.・・・・・・・・・・悪魔ってチョンマゲなんだ。。。
Junkerさん [DVD(字幕)] 5点(2011-11-20 01:40:14)
67.《ネタバレ》 どこまでがCG/特殊メイクなのかわからないけど、作り込まれたキャラ造形や小物・セットなどのせいかこの漫画世界にどっぷり浸ってしまい、ラストまであっという間でした。キャラ紹介も退屈しなかったしヘルボーイxリズxマイヤーズの恋愛模様も面白かったけど、時間を割きすぎてその分クライマックスがやけに簡単に終わってしまってます。頑丈だけれど、強いのか弱いのかわからないヘルボーイの演出やワイヤーアクション多用のアクションシーンも迫力がない撮り方で残念。
リンさん [CS・衛星(字幕)] 6点(2011-02-16 10:55:42)
66.いかつくてブサイクで、日々、魔物と戦ってギタギタにされても誰も褒めてくれなくて、それでもいちいちカッチョよくセリフをキメてみせるヘルボーイ氏。誰が何と言おうと、まさに彼こそがヒーローです。いや素晴らしい映画でした。
鱗歌さん [ブルーレイ(字幕)] 8点(2010-04-19 03:01:28)
65.他のアメコミ映画と違って魅力的なキャラが多数いるのが素敵。
ケ66軍曹さん [DVD(字幕)] 8点(2010-03-03 04:44:44)
64.スーパーヒーローアクションとオカルトの融合。なるほど、複数ジャンルを巧みに融合させて独特の作風を構築するギルレモ・デル・トロ監督らしい世界観で描かれている。他の多くのスーパーヒーローのようにマスクを外して普通の人間として生活することが出来ない魔界出身の異形のヒーローは、他の多くのスーパーヒーローよりも当然孤独に苛まれるだろうに、この異形のヒーローの最大の悩みはもっと単純で普通の人間誰もが共感できるもの。その可愛らしい悩みとごつい容姿とのギャップが面白い。ごつい容姿というのは異形であることを指しているわけでなく、オッサン顔であることを指す。その悩みの種であるヒロインが薄倖の美人を絵に描いたような顔立ちで、その触ると壊れそうなヒロインが戦う様のギャップがまたそそるのだ。中盤で見せる敵キャラとのバトルがけっこう魅せてくれるのだが、クライマックスは相手がでかすぎてアクションらしいアクションが無く残念。お話的にも終盤は展開が安易かなと。ずいぶん前に見たもんで記憶違いがあるかもですが。
R&Aさん [DVD(字幕)] 6点(2010-01-28 17:31:56)
63.アメコミは好みではないのですが続編も公開され評判が良かったので鑑賞しました。意外と脚本がしっかりしていてキャラクターも面白く、続編も観たいと思いました。
くだごんべさん [CS・衛星(字幕)] 6点(2010-01-23 10:13:24)
62.《ネタバレ》 「バンズ・ラビリンス」を観て、この監督は気になっていた。この作品の続編の点数が高いので、まずこちらを観ると、よくある映画なのだが、ヘルボーイの恋愛に悩む姿がさわやかでいい。 何より、あのロン・パールマンが恋愛をしてる映画がある、ということに驚いた。相手役の女性もきれい。羨ましいぞ!ロン・パールマン!!
トントさん [DVD(字幕)] 6点(2009-08-24 01:25:17)
61.《ネタバレ》 異形の者たちが闘う話の割に、全体的にのんびりした感じが漂う。ありがちな重たい雰囲気に包まれてはおらず、ちょっとした特殊能力を持っている人間の高校生たちの他愛も無い日常の物語みたい。ただ主人公であるヘルボーイの能力が今ひとつ明確でなく、サブキャラ、敵キャラの方が面白い。期待した大きな右腕の力も「なあんだ」程度。「鍵」である設定上仕方ないのかもしれないが、右腕に力があり過ぎて、わざと重たくしていないと周りを破壊しつくしてしまうなど、もう少し特殊な設定になっていれば面白かったと思う。まあ、全体的には及第点。続編にも期待している。
しぇんみんさん [DVD(吹替)] 7点(2009-04-05 09:41:32)
60.《ネタバレ》 敵キャラクター、世界観が魅力薄。テンポも悪いし、意外と長い。しかし好きな女の子の後を付け回し、勝手にイライラしているというヒーローらしからぬ行動をするヘルボーイに愛着を持ってしまった。
最後までどうにも盛り上がりきらないところに、エンターテイメント作品として凡作感が漂う。ラストの文字通り燃えるような恋に感動……しないですよね。ぱっとしないけどどこか憎めない一作。
すべからさん [DVD(字幕)] 6点(2009-02-08 12:57:58)
59.《ネタバレ》 撮影技術、ヘルボーイらの質感も感じられそうな美術は素直に評価できます。何よりもクロエネンのゼンマイ、素顔、刀さばきのこだわり様は素晴らしい。前半のキャラ紹介はなかなか楽しめました。しかしその後のストーリー展開がチープなB級映画になってしまったのが残念。魔物と人間の間で葛藤するヘルボーイの物語なのか、未知の世界に触れ新たに世界を知っていくマイヤースの物語なのかハッキリしないように思えたからかな?いずれにしろヘルボーイとマイヤースの友情がもっと深く描かれるべきだったと思う。どうもラストではマイヤースが除け者のようで、結局彼はヘルボーイにはついていけなかった、という風にも見えてしまいました。それにヘルボーイが角を折るシーンも描き方が淡白過ぎる。
アクション面についても中途半端。ヘルボーイにもクロエネンの刀さばきのような強力な見せ場を用意したうえで、真正面から二人をぶつければさらに張り合いが出たのではないでしょうか。
Sgt.Angelさん [DVD(字幕)] 6点(2009-01-22 00:18:26)
58.B級感たっぷり。感情移入ができませんでした。設定はおもしろいのに・・・
じょーーさん [DVD(字幕)] 4点(2009-01-05 09:51:25)
57.評判がいまいちのようなのでスルーしてたけど、続編に備えてようやく鑑賞。各キャラはかなり魅力的。特にゼンマイ仕掛のクロエネンには痺れました。ストーリーの方はもうちょっと頑張って欲しかったけど、まぁ期待もしてなかったんで、そこそこ楽しめました。続編ではキャラの魅力を生かして欲しいなぁ。
マイルドさん [DVD(字幕)] 6点(2008-12-23 02:43:43)
56.自分がアメコミ原作映画に求めるのは、お手軽に楽しめること。これが最重要点。面白いに越したことはないけれど、それ以上に“気軽に観られること”が重要だったりします。そういう意味で『X―メン』は少々シリアス寄りですし、『スパイダーマン』はアクション過多で疲れてしまう。(どちらも好きですけどね。)大雑把な設定と程良いアクション。本作は自分が理想とするアメコミ映画に近かった。結構ヘビーな状況下でも変に主人公が気に病んだりしないのもイイ。恋の悩みなんて微笑ましいもの。ヘルボーイのビジュアルは好みじゃないけれど、“ブルー”こと半漁人君はスタイリッシュで良い感じ。敵だけどクロエネンもカッコイイし。もうすぐ続編が公開とのこと。劇場の大スクリーンでポカーンと観るのもアリかなと。満足の6点です。
目隠シストさん [CS・衛星(字幕)] 6点(2008-11-17 19:50:18)
55.この設定は好きです。CGも思いの外しっかりしてる。なのにナンか惜しいなぁ、という印象。勿体無い映画。もっと面白く出来ただろうに……。冒頭でせっかく『妖蛆の秘密』なんて書名を出しておきながらそれっきり、というもの勿体無い。クトゥルーに絡むのか? と期待しちゃうじゃん!w それ以外でも、なんだか会話も今一つ垢抜けないし、メリハリのつけ方や見せ方にもう一工夫あっても良かった気がする。09年正月公開の続編に期待します!
TERRAさん [CS・衛星(字幕)] 6点(2008-10-31 13:12:19)
54.《ネタバレ》 うーん、惜しいなぁ。これがスパイダーマンみたいに「続編を約束された」作品だったら、こんなに中途半端にならなかったのかも……という気がしました。…って、あれ、次回作の予定あるんですね。後で決まったのかな? ◇色々と詰め込みすぎて、観客が詳細を知りたくなる(多分)エピソードの描写が薄い。オチは駆け足でさっくり勝利、てっきり自爆攻撃かと思って「うわーん!ヘルボォーイ!」とか思ったのに、別に自爆攻撃で彼にダメージ無かった(笑)。 ◇吹替えと字幕で結構内容に差があり、ヘルボーイの年齢なんかは「20代」と「30になったとこ」でした。その差は大きくないかな! ◇ヘルボーイもエイブも可愛い。化物の幼虫?もコロコロ転がってて異様に可愛かった。マイヤースはリズに色目を使いすぎで好きじゃないけど(リズもリズだ)、最後の当て馬っぷりを見ると気の毒で仕方なかったです。 ノ▽`)教授は息子に失望したまま死んでかわいそう。あと、最後途中の部屋で待たされてた上官はどーなったんだ!
えむぁっ。さん [DVD(吹替)] 8点(2007-07-28 04:23:57)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1234
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 73人
平均点数 5.53点
000.00%
100.00%
211.37%
334.11%
41621.92%
51621.92%
61824.66%
71115.07%
8810.96%
900.00%
1000.00%

【その他点数情報】

No名前平均Review数
1 邦題マッチング評価 3.50点 Review2人
2 ストーリー評価 6.16点 Review6人
3 鑑賞後の後味 6.00点 Review6人
4 音楽評価 4.40点 Review5人
5 感泣評価 2.75点 Review4人
chart

■ ヘルプ
© 1997 JTNEWS