コーチ・カーターのシネマレビュー、評価、クチコミ、感想です。

Menu
 > 作品
 > コ行
 > コーチ・カーター
 > (レビュー・クチコミ)

コーチ・カーター

[コーチカーター]
Coach Carter
2005年【米・独】 上映時間:136分
平均点:6.86 / 10(Review 42人) (点数分布表示)
公開開始日(2005-08-06)
ドラマスポーツもの青春もの学園もの実話もの
新規登録(2005-05-22)【rothschild】さん
タイトル情報更新(2015-02-22)【イニシャルK】さん
Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索
Twitterにて検索
ブログに映画情報を貼り付け
監督トーマス・カーター
キャストサミュエル・L・ジャクソン(男優)コーチ ケン・カーター
ロブ・ブラウン(男優)ケニヨン・ストーン
ロバート・リチャード(男優)ダミアン・カーター
リック・ゴンザレス(男優)ティモ・クルーズ
チャニング・テイタム(男優)ジェイソン・ライル
アントウォン・タナー(男優)ワーム
アシャンティ(女優)キーラ
デビ・モーガン(女優)トーニャ
ヴィンセント・ラレスカ(男優)レニー
オクタヴィア・スペンサー(女優)ミセス・バトル
レナード・トーマス(男優)プレシーズンゲームの審判
手塚秀彰コーチ ケン・カーター(日本語吹き替え版)
浪川大輔ダミアン・カーター(日本語吹き替え版)
稲田徹ジェイソン・ライル(日本語吹き替え版)
宮島依里キーラ(日本語吹き替え版)
脚本ジョン・ゲイティンズ
音楽トレヴァー・ラビン
挿入曲DMX"Untouchable"
撮影シャロン・ミュール
製作デヴィッド・ゲイル[製作]
ブライアン・ロビンス
マイケル・トーリン
製作総指揮トーマス・カーター
ケイトリン・スキャンロン
ヴァン・トフラー
配給UIP
美術ガーソン・ユー(タイトル・デザイン)(ノンクレジット)
あらすじ
昨年、4勝しかできなかったリッチモンド校バスケ部・オイラーズ。授業の欠席やケンカが絶えない問題児集団を、かつて最優秀選手であったバスケ部OBケン・カーターはコーチを引き受ける。部員達と『契約』を交わし、基礎体力を中心に鍛え上げていくカーター。もともと選手として素質があり、頭角を現していく部員達であったが、学業成績2.3以上の壁に直面する。業を煮やしたカーターはある行動を起こす。街中の非難の中、人生の無限の可能性を自ら切り開いていくことを部員たちに厳しく叩き込んでいく、実話を基に描いた感動ドラマ。
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)

【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
123
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
42.スポーツもの、そして実話に基づく映画、好きジャンルの一つ。
本作品もなかなかの出来で面白い。迫力は普通だが、学業という側面も交え飽きることなく観ることが出来る。
simpleさん [地上波(吹替)] 7点(2019-08-04 18:26:27)
41.《ネタバレ》  実話をベースにしたスポーツ系サクセスストーリー。好きなジャンルです。
 バスケ部OBのケン・カーターという人物が、母校の落ちこぼれバスケットボールチームのコーチを引き受けます。この流れ。てっきりバスケット中心の物語かと思うじゃないですか。いえいえ。この作品はもっともっと意義のある作品でした。
 『チームとしての成長』+『規律』『礼儀』『モラル』『学業』。この作品は教育の本質に迫るドラマです。
 カーターは教育者ではありませんが、誰よりも教育者らしい教育者。彼が作ったルール、指導、契約はすべて選手達の未来を見据えたもの。それは一時の勝利の更に先にあるものでした。
 『選手』『保護者』、更には味方であるはずの『校長』からさえも支持してもらえない四面楚歌。
 それでもゆるがないカーターの信念。そのうちに、一人、また一人とカーターの信念を理解しはじめていく、その展開は本当に見る者の胸を熱くさせてくれます。
 そして物語は最高のクライマックスを迎えます。
 私にとってのクライマックスは『体育館』。皆が勉強しているときでした。そこからのクルーズの独白。あまりにも臭い演出なのに、もう聞き入っちゃいましたね。ここが最っ高に感動します。個人的にはここで映画が終わっても良かったくらいです。
 人は自分が生まれる場所を選べない以上、大人たちが作る地域社会性というものがいかに重要か、この作品を見ると本当によくわかります。そしてそれ以上に、親の姿勢のあり方、これが重要なのだと思います。
 貧富の差、境遇は、すぐには良くならないけれど、『考え方』『意識』、そして『生き方』はすぐにでも変えられる。
 そう思わせてくれる映画です。実に良い。
たきたてさん [DVD(字幕)] 9点(2017-05-29 02:37:15)(良:1票)
40.アフリカ系アメリカ人の生活を絡めた部分は良かった。バスケシーン、レベル的にはとても凄いけどもう少し起伏を感じられる編集だとよかったかな。あとリバウンドとかのシーンがないのも物足りない。
nojiさん [CS・衛星(字幕)] 6点(2015-12-26 21:51:55)
39.コーチ、ケン・カーターさんの生き様に6点。
映画としてはこの立派な人物をできるだけ過度にならないように、
描ききるだけ、職人に徹してつくりあげるだけ。

映画の題材を殺さずにきっちりとした出来栄えであることに好印象ではあるが、
それ以上、映画としての何か、というポイントが欲しかった。
病気の犬さん [DVD(字幕)] 6点(2015-12-15 17:37:46)
38.《ネタバレ》 実話ベースのスポ根ものと聞くと、何となく想像できる内容なのだが、それだけではない。この手の映画のゴールはダメチームが優勝してハッピーエンドというのが定番なのだが、この映画のゴールはそこではなく、高校スポーツで燃え尽きた少年たちが、結局は卒業後に犯罪者やまともな職に就けないという現実を打破することに焦点を置いている。そこが一瞬のハッピーエンドではなく、一生のハッピーエンドという形をこのコーチは目指しており、そのため、ただスポーツ娯楽映画にはなっていないのが面白い。
シネマファン55号さん [インターネット(字幕)] 8点(2015-09-08 13:17:37)(良:1票)
37.実話がベースになっているので主人公の考え方に説得力がありました。なかなか面白い映画でした。
ProPaceさん [CS・衛星(字幕)] 7点(2014-08-23 18:57:34)
36.1シーズンしか描いていないので、いくつか疑問が浮かびます。このコーチ、独特のマネジメント理論をどこで身につけたのか、今まで未経験なのになぜ自信たっぷりに指導できるのか、なぜ今までオファーがなかったのか、どうして急に強くできたのか、生徒はコーチのどこに惹かれたのか、次シーズン以降どうなったのか等々…。その意味では、雑な映画です。
しかし、「勉強が大事」という唯一最大のメッセージは、他のスポ根映画と明らかに一線を画し、かつ説得力がありました。翻って日本の高校球児とか、大学にスポーツ入学した奴とか、大丈夫なんでしょうか。学校は彼らの将来まで考えているんでしょうか。体育会系で揉まれるから、かえって社会で成功しやすいという説もありますが。
眉山さん [CS・衛星(字幕)] 7点(2012-09-10 01:12:30)
35.とにかく気軽に楽しめた。
ホットチョコレートさん [地上波(字幕)] 8点(2012-09-01 19:20:08)
34.《ネタバレ》 バスケットのシーンは、ほかのバスケ映画、いやほかのスポーツ映画全般を通じてもトップクラスなほど迫力が溢れているのですが、それ以外のところがほとんどすべて予定調和的で、学園スポーツものの定番パターンを順々になぞっていっただけなのが痛い。つまり、この作品で光っている部分の源は、映画の力ではなく、バスケットの力なのです。
Oliasさん [CS・衛星(字幕)] 5点(2012-09-01 00:27:16)
33.《ネタバレ》 まず本物のバスケットボール選手を使っているので試合にリアリティーがある点を評価したい。
やり手の女性校長との丁々発止のやりとりも人生勉強になるが、何と言っても最後のクライマックスでのコーチの言葉が素晴らしい。
サミュエル・ジャクソンがきちんとキャラを演じ切れているところがこの映画の最大の魅力だろう。
一方で、あまりに強権すぎるコーチになぜ選手がついて行ったのか、なぜ弱小チームが急激に強くなったのかについては、リアリティーがなさすぎて疑問符が残る。
それにしても黒人選手が多いためか、ヤクだの殺人だの物騒なシーンが多かったのが印象的。
mhiroさん [CS・衛星(字幕)] 6点(2012-08-30 18:22:28)
32.カーター氏のような大人に出会えるか。子どもの運命はこれに尽きる。若者の方たちには悔いのない青春時代を過ごして欲しいなと、ほのぼのしたおっさん目線で鑑賞してしまった。DVDの特典映像も面白かった。特に実際の生徒たちの意見が聞けたのは良かった。
あるまーぬさん [DVD(字幕)] 7点(2012-05-23 22:08:40)
31.実話をベースにした感動作。似たような内容の作品は他にもたくさんあるので、
新鮮味はまったくないけど安定感だけは抜群。見所としては、コーチのおっさんが熱血ながらも、
よほど人格の優れた人らしく、バスケットのコーチ業だけに留まっていないことかな。
真の指導者という点では、すごい人だなとやたら感心するばかりだった。
総体的には優等生的な作りの映画で、若い人にはお薦め。
MAHITOさん [DVD(字幕)] 5点(2011-11-26 22:17:55)
30.青春・スポ根・実話もの。バスケだけでなく人生のコーチでした。
akilaさん [DVD(字幕)] 5点(2011-01-25 04:57:38)
29.《ネタバレ》 ○どこまでが実話なのか分からないが、生徒の親や地域の人々が悪役過ぎる。コーチが主役と言う観点ならベタな話だった。○サミュエル・L・ジャクソンはさすがという印象。他の生徒たちも悪くなかった。○他のレビュワーも指摘しているが、何度か画面に映っているアジア系が一切触れられていないのがもの凄く気になった。○長さもそんなに感じず観られたが、その面白さは一回で十分であった。
TOSHIさん [DVD(字幕)] 6点(2010-01-01 10:58:34)
28.《ネタバレ》 弱小不良チームが新コーチの鬼の特訓で強くなってゆく映画。ではなかった。バスケで勝ったからといってもそのときだけ。刑務所に行きたくなければ大学に行けるように勉強しろ。という映画だった。かいつまみすぎだけど。映画の中の学生の親や常勝ムードで盛り上がる地域住民がこの急転に意表をつかれたように、見ているこちらも突如現れる社会派色に意表をつかれる。しかしあまりに簡単に強くなってゆく展開の後だけに心地の良い急転として迎え入れることができる。一気に脇に追いやられるバスケではあるが、映画を盛り上げるうえでも重要な試合のシーンがそれなりの盛り上がりをちゃんと作ってはいる。ただ迫力だけを見せるのではなくゲームの流れを見せているこの試合シーンはなかなかの高評を得ているらしい。でも実は個人的に不満。バスケは点が始終入ってゆくので全体の流れももちろん映さなきゃならないけど、漠然とでもルールがわかりやすくもあるので全体の流れだけに拘る必要もなく、むしろバスケの醍醐味として体力の消耗してゆく様や息の合ったチームプレイや個人テクニックこそをアップやスローモーションを使いながら見せて欲しいとか思っちゃうのだが、そう思ってしまうのは私がバスケをしていたからというよりは漫画「SLAM DUNK 」の影響かもしれない。細かいカットの連続で迫力だけ出しましたみたいなのは論外だけど、ゲームの流れを見せているあいだずっとかかりっぱなしの音楽で高揚を得ているというのもどうかと。
R&Aさん [DVD(字幕)] 5点(2009-11-19 15:16:51)(良:1票)
27.《ネタバレ》 サミュエルが落ちこぼれ達の指導役として彼らを導く映画と言えば「ブラックスネークモーン」も良かったけど、この映画もいいですねぇ。そもそもサミュエルを初めて見た「ダイハード3」でも映画の最初、ハーレムでの彼はそんな役回りでした。文化系の自分ですが、名作マンガ「SLAM DUNK」を読んでたので、バスケのシーンも興奮しました。とても良質な映画だと思います。
トントさん [DVD(字幕)] 8点(2009-10-01 02:41:28)
26.サミュエル・L・ジャクソンはどうも苦手ですが、これと「パルプ・フィクション」は良かったです。
白い男さん [CS・衛星(字幕)] 7点(2009-01-22 14:02:19)(笑:1票)
25. 珍しい展開の映画だった。とても感動した。勝利への旅立ちと並びました。
ファンオブ吹石さん [ビデオ(字幕)] 8点(2008-12-28 02:32:18)
24.《ネタバレ》 内容的には説教臭さがあるんだけど、あまり感じない。バスケシーンの出来の良さや、音楽で軽くなってる感じ。コーチの言う事はごもっともなんだけど、自由を愛するこの年ごろの男に理解させるのが一番難しい。ましてや彼等はマイノリティー。一発当てれば大逆転的な考えを、持つなという方が無理だろう。スポーツの世界はいい意味で単純。大好きなバスケをしたいけど出来ない。プレーするにはどうしたらいいか。厳しくシンプルに教えたコーチはもちろんだが、気持ちに答えた生徒達もきっと素晴らしかったんだと思う。
オニール大佐さん [DVD(字幕)] 7点(2008-08-12 16:44:46)(良:1票)
23.よくある青春・スポーツものといった印象でした。
kaaazさん [DVD(字幕)] 5点(2008-05-03 10:29:54)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
123
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 42人
平均点数 6.86点
000.00%
100.00%
200.00%
300.00%
412.38%
5511.90%
61126.19%
71126.19%
81023.81%
949.52%
1000.00%

【その他点数情報】

No名前平均Review数
1 邦題マッチング評価 10.00点 Review1人
2 ストーリー評価 8.00点 Review1人
3 鑑賞後の後味 10.00点 Review1人
4 音楽評価 10.00点 Review1人
5 感泣評価 8.00点 Review1人
chart

■ ヘルプ
© 1997 JTNEWS