スラムドッグ$ミリオネアのシネマレビュー、評価、クチコミ、感想です。

Menu
 > 作品
 > ス行
 > スラムドッグ$ミリオネア
 > (レビュー・クチコミ)

スラムドッグ$ミリオネア

[スラムドッグミリオネア]
Slumdog Millionaire
2008年【英・米】 上映時間:120分
平均点:7.13 / 10(Review 238人) (点数分布表示)
公開開始日(2009-04-18)
ドラマラブストーリー小説の映画化
新規登録(2009-01-26)【放浪紳士チャーリー】さん
タイトル情報更新(2018-03-20)【TOSHI】さん
Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索
Twitterにて検索
ブログに映画情報を貼り付け
監督ダニー・ボイル
キャストデヴ・パテル(男優)ジャマール・マリク
マドゥール・ミタル(男優)ジャマールの兄 サリーム・マリク
フリーダ・ピント(女優)ラティカ
アニル・カプール(男優)「クイズ$ミリオネア」司会 プレーム・クマール
イルファン・カーン(男優)警部
小松史法ジャマール・マリク(日本語吹き替え版)
伊藤静ラティカ(日本語吹き替え版)
辻親八「クイズ$ミリオネア」司会 プレーム・クマール(日本語吹き替え版)
青山穣警部(日本語吹き替え版)
原作ヴィカス・スワラップ「ぼくと1ルピーの神様」(ランダムハウス講談社)
脚本サイモン・ビューフォイ
音楽A・R・ラフマーン
挿入曲A・R・ラフマーン"O... Saya"
撮影アンソニー・ドッド・マントル
製作総指揮ポール・スミス〔製作総指揮〕
配給ギャガ・コミュニケーションズ
美術マーク・ディグビー(プロダクション・デザイン)
衣装スティラット・アン・ラーラーブ
編集クリス・ディケンズ
字幕翻訳松浦美奈
あらすじ
なぜ、無学のスラム出の青年がミリオネーアで次々と正解していくのか?その過酷な人生こそが彼に知識を与えていました。ムンバイに生まれ、唯一の母が死に兄と共にたくましく生きるジャマール。同じ境遇のラティカと出会い3人で行動を共にしていたが、親切な人達だと思っていた人達が大変な悪党だった!ラティカを残し彼らはより過酷な人生へ....
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)

【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
123456789101112
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
98.《ネタバレ》 ここの評価点が高いのと、「クイズミリオネア」が絡んでる興味で、ネットの無料視聴で観てしまったが、娯楽的価値は無い映画。児童の道徳教育的主観で考えると良い部分もあるかもしれないが、いろいろな意味で汚すぎるシーンもある為、一概には、子供の為に良い映画とも言えない。エンディングのダンスには思わず苦笑い。この映画の中で、ある意味最も怖い。
爽やか林檎さん [インターネット(字幕)] 3点(2009-12-23 00:24:17)
97.つまらなくはないが,話が全然練られておらず,せいぜい「出来のいいB級」止まり.元々期待はしていないが,アカデミー作品賞も地に落ちちゃったかな.
マー君さん [DVD(字幕)] 6点(2009-12-12 16:34:28)
96.《ネタバレ》 おいおい踊ってる場合ちゃうで、はよ逃げな・・・
代書屋さん [DVD(字幕)] 7点(2009-12-05 01:33:38)
95.《ネタバレ》 実に感慨深い映画。編集もまとまっており、大衆向けの映画と言える。
最後のダンスに救われますね。
ナラタージュさん [DVD(字幕)] 7点(2009-11-22 18:59:16)
94.《ネタバレ》 スラムに生活するふつうの少年が、クイズミリオネアに出場し次々と正解していく。―それは、運命だった。彼の半生とクイズ問題がうまく絡み合い、大変面白い編集がなされている。スピード感があり、最後まで飽きさせずに楽しませてくれるエンターテインメントムービー。この映画に出演した子役たちはホントにスラムに生活する子たちで、映画作品以外のところでも何かと話題になった。プロデューサーの狙い通りですな。それにしても、大衆受けしなさそうでする不思議な映画ですねぇ。
kanekoさん [映画館(字幕)] 5点(2009-11-18 21:59:32)
93.《ネタバレ》 スラム街の映像が、一瞬ドキュメンタリーを見てるような感覚にさせられるのですが、ストーリーとしては、現実ではありえないとっても素敵なラブファンタジーでした。重い部分はたくさんありつつも爽快に見れました。
最後の「D:運命だった」にずきゅんでした。
カルーアさん [DVD(字幕)] 8点(2009-11-15 09:54:24)
92.帝国主義的、演出不在、自堕落でいい加減で、良心のかけらもない。
思いつきのアイデアで映画を撮るな、映画を舐めるな。
まぶぜたろうさん [DVD(字幕)] 0点(2009-11-11 12:22:37)
91.《ネタバレ》 前評判が高過ぎたせいか、イマイチ拍子抜けでした。人生をクイズにからめて表現しているのは面白いんですが、クイズ番組をテーマにしなければならないほどの必然性は感じられませんでした。最後の問題も、せっかく幼少期に三銃士うんぬんの伏線を張っていたので、「僕にとっての三銃士の最後の一人はラティカ」とかなんとか答えて、賞金よりも愛をとる、みたいなラストにするのかと思ったら、まったくの勘で正解して、愛も金も手に入れるって…。主人公も、その兄も、キャラがイマイチ不明瞭なのもマイナスポイント。決して面白くないことはない作品なんですが、それも全体的にラティカの可愛さに助けられている印象を受けた作品でした。
hum7en-j%:?#?さん [DVD(吹替)] 6点(2009-11-10 12:53:50)
90.《ネタバレ》 スラムを扱ったおかげで、アカデミー賞をゲットしたのかな?確かに巧みな編集具合だが、なんか賞を狙ったつくりに思えて仕方ないですね。最近、こんな雰囲気の映画が増えているような気がします。司会者が悪役になっちゃたのはどうかと思う??ラティカが途中から綺麗に見えてきます。自分で言うのもなんだが、白人主義の私には珍しい現象・・・。誰かも言っていましたが、少女時代の雨に打たれているシーンと線路で置いていかれるシーンは頭に焼きつきます。 個人的にエンディングのダンスが一番の見所です。なんか楽しい気分になっちゃいます☆☆☆
マーク・ハントさん [DVD(字幕)] 7点(2009-11-10 02:50:37)
89.《ネタバレ》 目をつぶされた少年が自分を「運がなかった」と自分の運命を受け入れた事も「D:運命だった」に入っているかと思うと、やりきれません。
かのっささん [DVD(字幕)] 9点(2009-11-07 01:20:37)
88.《ネタバレ》 よくわからない映画。
司会者や兄のキャラ設定が不明。司会者はなぜ悪者なのか理由がわからない。
ヒロインは長い間なぜ逃げないのか。ほんとに逃げられないのか。

そして何を描きたい映画なのだろう。
ラブストーリーなのかサスペンスなのか社会派作品なのか。
いろんな要素が混ざった映画。
Yuさん [DVD(字幕)] 5点(2009-11-02 00:00:35)
87.《ネタバレ》 アカデミー作品賞ということで期待が大きかったせいか、あらすじ(といってもさわりのところだけではあるが)を聞いていたせいかはわからないけど、思っていたほどではなかった。ムンバイで生きる人生が壮絶だということを見せたいということであればそれはそれなりに伝わってきた。ただ最後の問題、あまり難しくないのではないだろうか。語呂から考えても誤りの選択肢が紛らわしくもないし、そもそも生放送のクイズ番組で知り合いに電話をかけて聞くっていったらいくらでも調べる余裕がありそうで、それを許すクイズ番組の構成自体がいんちきだと思った。
HKさん [DVD(字幕)] 7点(2009-11-01 19:48:08)
86.《ネタバレ》 無学の人間が何故?というストーリーを「運命だった」とオチをつける。始めと終わりだけ聞くとアホみたいな話だが、そこまでの流れが見事。彼の境遇からの経験で知りえた情報と諦めない姿勢からの奇跡だと拍手を送りたくなる。爽快な音楽もマッチしてたし、ラストは本当に良かった想える作品。個人的には弟を想うお兄ちゃんに感動した。後、こういうファンタジーにまだ感動できる自分に感動!
ラグさん [DVD(字幕)] 9点(2009-11-01 19:17:23)
85.《ネタバレ》 期待した程ではなかったが最後まで飽きずに観られました。兄ちゃんの死に方がチョット安っぽいのが残念だったのと、ジャマールとラティカはその後、安全に暮らしていけるのかが気がかりです・・・。
よりさん [DVD(字幕)] 6点(2009-10-31 23:52:18)
84.《ネタバレ》 切なくてたくましい映画。音楽も素晴らしい。土砂降りのなかにたたずむラティカ、そして線路脇に取り残されるラティカが脳裏から離れない。
kaaazさん [DVD(字幕)] 10点(2009-10-31 01:20:28)
83.《ネタバレ》 スラムの生活が如何にたまらないか、がよく分かりました。インドはITで潤っている、なんて言うけど、この映画の主人公たちの頃より少しは良くなったのでしょうか?ドキュメンタリーで見るインドは皆、目がキラキラしてて、悪い人いないんじゃないか、なんて思ってましたけど、大違いでした。観終わって、エンドクレジットが出た時、エラク寂しい気分になりました。3人で過ごした子供時代。結局、唯一の肉親のお兄さんが殺されて、金だけ手に入っても、幸せになれるのでしょうか?インド映画の力を見せつけた、駅でのダンスシーン。見事ですが、この映画が創りものだという感じを強く受け、また寂しくなりました。面白かったです。でも深~いところで寂しい気分にさせられました。救いはラティカの素敵な笑顔。駅での笑顔はとても素敵だった。
トントさん [DVD(字幕)] 8点(2009-10-23 21:30:21)
82.クイズ番組と上手く絡めた展開はいいです。が、アカデミー賞で多部門受賞ってとこまではわかりません。スラムの様子はそれほどインパクトがあるわけではないし、『シティ・オブ・ゴッド』の方が強烈です。
nojiさん [映画館(字幕)] 5点(2009-09-24 01:08:09)
81.《ネタバレ》 2度目観賞。「運命」に導かれるように最後の土俵に立つジャマール少年、息詰まる“その瞬間”。貧しかったスラム時代を共に生きた兄を失い、大きな夢と愛する人を掴むフィナーレは圧巻です。お馴染みのミリオネアテーマ曲。スピード感を強調した演出・カメラワーク。インドを舞台にした異色の米アカデミー作品賞受賞作。
獅子-平常心さん [映画館(字幕)] 8点(2009-09-01 01:24:35)
80.《ネタバレ》 評価の低かった「28日後...」の絵心に、個人的に非常に嵌ったので楽しみにしておりました。斬新な脚本に眼を奪われがちですが、期待を裏切らない秀逸なカメラワークに釘付け!貧民街の雑踏から高度成長を続けるインドのビル群まで、静と動をカメラの眼は冷徹に切り取っていきます、エスニックな色彩感を満載にして。ドキュメンタリー風の現実的な写実と「ドッグヴィル」のパラノイア的映像が見事に融合して、この現代お伽噺を昇華しています。シリアスな展開から脳天気なラストシーンもこの監督なら得意技ですね。ボイル+マントルの作品には今後も目が離せません。
つむじ風さん [映画館(字幕)] 7点(2009-08-15 01:52:26)
79.周りの評判がイマイチやったのでそんなに期待してなかったけどおもろいやないかい!
最後のたたみかけるような展開が最高!
久しぶりに映画館でハラハラドキドキが味わえた。
あんまり深く考えずに、奇跡譚を楽しむつもりで観るのがええと思う。
最近映画のストーリー進行にしょうもない理屈をつけたがる風潮はよくない。
音楽賞もらってるだけあって音楽もいい。
CBパークビューさん [映画館(字幕)] 8点(2009-07-24 22:14:25)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
123456789101112
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 238人
平均点数 7.13点
010.42%
110.42%
200.00%
352.10%
452.10%
5187.56%
63514.71%
77431.09%
85723.95%
93313.87%
1093.78%

【その他点数情報】

No名前平均Review数
1 邦題マッチング評価 7.72点 Review22人
2 ストーリー評価 7.22点 Review35人
3 鑑賞後の後味 7.65点 Review35人
4 音楽評価 7.90点 Review33人
5 感泣評価 6.27点 Review29人
chart

【アカデミー賞 情報】

2008年 81回
作品賞 受賞 
監督賞ダニー・ボイル受賞 
撮影賞アンソニー・ドッド・マントル受賞 
オリジナル主題歌A・R・ラフマーン受賞"Jai Ho"(作曲)
オリジナル主題歌A・R・ラフマーン候補(ノミネート)"O Saya"(作曲)
作曲賞(ドラマ)A・R・ラフマーン受賞 
音響効果賞 候補(ノミネート) 
音響賞 受賞 
脚色賞サイモン・ビューフォイ受賞 
編集賞クリス・ディケンズ受賞 

【ゴールデングローブ賞 情報】

2008年 66回
作品賞(ドラマ部門) 受賞 
監督賞ダニー・ボイル受賞 
脚本賞サイモン・ビューフォイ受賞 
作曲賞A・R・ラフマーン受賞 

■ ヘルプ
© 1997 JTNEWS