風が強く吹いているのシネマレビュー、評価、クチコミ、感想です。

Menu
 > 作品
 > カ行
 > 風が強く吹いている
 > (レビュー・クチコミ)

風が強く吹いている

[カゼガツヨクフイテイル]
2009年【日】 上映時間:133分
平均点:6.56 / 10(Review 27人) (点数分布表示)
公開開始日(2009-10-31)
ドラマスポーツもの青春もの小説の映画化
新規登録(2009-11-03)【かずろう】さん
タイトル情報更新(2018-11-03)【イニシャルK】さん
Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索
Twitterにて検索
ブログに映画情報を貼り付け
監督大森寿美男
助監督中西健二(監督補)
キャスト小出恵介(男優)清瀬灰二(ハイジ)
林遣都(男優)蔵原走(カケル)
中村優一(男優)柏崎茜(王子)
斉藤慶太(男優)城太郎(ジョータ)
斉藤祥太(男優)城次郎(ジョージ)
内野謙太(男優)坂口洋平(キング)
森廉(男優)岩倉雪彦(ユキ)
五十嵐隼士(男優)榊浩介
渡辺大(男優)藤岡一真
津川雅彦(男優)田崎源一郎
寺脇康文(男優)カケルの高校時代の陸上部監督(特別出演)
近藤芳正(男優)東京体育大学陸上部コーチ(友情出演)
鈴木京香(女優)ハイジの主治医(特別出演)
高橋ひとみ(女優)寛政大学事務局員(友情出演)
水沢エレナ(女優)勝田葉菜子
和久井映見神童の母(友情出演)
原作三浦しをん「風が強く吹いている」
脚本大森寿美男
音楽千住明
撮影佐光朗
栢野直樹
製作松竹(「風が強く吹いている」製作委員会)
バンダイビジュアル(「風が強く吹いている」製作委員会)
博報堂(「風が強く吹いている」製作委員会)
木下グループ(「風が強く吹いている」製作委員会)
配給松竹
特殊メイク松井祐一
編集田中愼二
照明加瀬弘行
その他日本テレビ(特別協力)
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)

【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
12
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
27.一つ一つのエピソードが浅いし、トレーニングシーンが苦しそうじゃないので、それで箱根に出場できてしまうことやシード権を取ってしまうことに違和感が残る。
nojiさん [インターネット(邦画)] 4点(2018-05-12 23:51:31)
26.《ネタバレ》 ストーリーにこれといった起伏意外性はなし。アンカーが故障しながらシード権は獲得する等不自然な展開もあります。しかし、それを上回るプラスポイントがあります。①選手たちの体型や走りのリアリティ。等間隔で走るチームを遠景で撮影するなど美しい構図も多い。箱根駅伝の現場描写もすごい。どこが映画で、どこが既存の素材なのか分かりません。②実際のレースをライバルとのデッドヒートよりも専ら自分との勝負に絞ったのも良いと思いました。マラソンから受けるイメージのためでしょうか。
次郎丸三郎さん [DVD(邦画)] 7点(2016-01-19 14:53:38)
25.いい映画でしたねぇ…自分は日頃ほとんどスポーツには関心がないのですが、これを観るとやっぱもっと一生懸命部活やっとけばよかったのかなと思ってしまいます。仲間と一緒に一つの目標に向かって力を合わせるってのはホントいいですね。出てるのはみんないいヤツばっかりです。さわやかな感動をありがとうございました。
イサオマンさん [地上波(邦画)] 8点(2016-01-03 13:56:22)
24.「意味を問い続けながら走る」という事が走る意味や目的なんでしょうね。人生もそうなんでしょうけど。
東京50km圏道路地図さん [DVD(邦画)] 6点(2013-01-03 14:27:21)
23.《ネタバレ》 ドラマの作り方があざとくて、少し鼻に付くところもありますが、「走ることの意味」を追い求めている姿勢には感じるところがありました。潔く「答えの出ない問いかけ」と言い切っているところも好感でした。「走る」ことは、誰にでも出来る最も基本的な運動。孤独が基本で、走り続けるとしんどくて、いつでも止まることができる。なにか意味を求めない限り続けることは出来ません。市民ランナーの多くは健康のために走っていると思いますが、フルマラソンに挑戦するような人は、たぶんそれを越える意義を模索しているのだと思います。本作は、その多様な意義を表現しようと個性豊かな選手たちを時間が許す限り掘り下げようとしていました。以前に「バッテリー」という作品のなかで林遣都が走る姿に感心してそのレビューでも褒めていますが、ホントに美しく走ります。実際に速いかどうか別にして、陸上をやっていた自分が見ても理にかなったフォームです。本作の彼のキャスティングはとても意味があったと思います。
アンドレ・タカシさん [CS・衛星(邦画)] 7点(2012-07-29 14:39:45)
22.《ネタバレ》 なかなか楽しめました。現実的な箱根駅伝出場の厳しさはわかりませんが(もちろん大変なのはわかりますが、どれぐらい大変なのかは正直わかりません)、映画ですのでそこはともかくとして、非常に魅力的に観ることができました。
それも楽しい寮生活をベースにそれぞれのキャラクターが活きていたおかげでしょう。
優勝争いなどではなくてシード権争いに焦点を持っていったのも良かったですね。
ただ寛政大学にとってシード権にどれほどの意味があるのかは不明でしたけど。
とにもかくにも練習風景、本番前に体調を崩しちゃうヤツ、ライバル校とのやりとりなどなどスポーツものの醍醐味を感じさせつつ軽やかにまとめられていたと思います。
ろにまささん [CS・衛星(邦画)] 7点(2012-07-11 21:14:05)
21.《ネタバレ》 爽やかな青春映画としてだけでなく、「走る」という一生のテーマ?をきれいに描いているように思えました。個人的には小出恵介が林遣都に殴りかかるシーンや、神童とお母さんの電話での会話がよかったです。林遣都子どものときの方がオーラあったなぁというのはさておき、小出恵介は予想していたより好演。箱根出場までにもうちょっとリアリティが感じられればもっと高評価だったかなと思います。
なこちんさん [DVD(邦画)] 6点(2011-12-25 02:29:22)
20.野球やサッカーだと競技場にいれば試合の全貌を見られるが、マラソンや駅伝はテレビを通してでしか見渡せないスポーツだ。最初っからテレビに依存している。だからテレビ中継も図に乗って、やたらドラマチックに盛り上げようとする。タスキがぎりぎりで渡らずにランナーの目の前で繰り上げスタートになったときなんか、アナウンサーは悲劇的に絶叫しつつ「してやったり」という気分を隠せない。映画はできることなら、そういうテレビからスポーツ本来の興奮を奪い返して映像化してほしいのだが、この映画なんか「理想的にドラマチックなテレビ中継」をテレビ関係者が実現したような世界になってしまっている。せっかく上映時間がほぼマラソンのタイムと同じにできているのに、ここでは長距離レースの時間が感じられなかった。役者では、灰ニを演じた小出恵介の顔に、時々ただの青春もの用ではない表情が出ていた。
なんのかんのさん [DVD(邦画)] 5点(2010-11-04 10:06:39)
19.原作未読。
半年のトレーニングで箱根駅伝に出られちゃうんだと言うところはおいといて、爽やかな映画ですね。
基本、爽やかなんだけど、ゴールシーンだけはしつこいよ。もう少し爽やかにゴールして欲しいものだ。
走役の林遣都の走るフォームは綺麗ですね。
あきぴー@武蔵国さん [DVD(邦画)] 7点(2010-10-24 01:04:33)
18.予選会まではかなり楽しめる。
1年生役の主役のランニングフォームがとにかくキレイ。
寮生活も楽しそう。
いろいろと問題もあるけど、一緒に箱根駅伝を目指そうぜ!っていうのは共感できる。
でも予選会以後はなあ...
そりゃありえねえだろってツッコミまくるのにもそのうち飽きて、最後の方はかなり眠たくなった。
夢のあるお話に現実の映像入れてしまうっていう撮り方は、マズイんじゃないかなあ。
まかださん [DVD(邦画)] 4点(2010-06-13 19:03:28)
17.《ネタバレ》 陸上競技映画は秀作が多い。それは体を使ってやるスポーツが美しいからだろう。音楽とマッチする。「炎のランナー」「ランニング」「800」「奈緒子」「マイウェイ」など。仲間と一つの目標に向かう、という青春は忘れられない。爽やかだし。この映画、ラストはちょっと観てて苦しかったが、仲間の迎えるゴールになだれ込んだシーンはちょっとジーンと来た。監督が実は金メダリストの高橋尚子の小出監督みたいにスグレモンだったら面白いと思ったが、最後までやはり、ただの大家さんだったのはちょっと残念だった。でも10人みんなの想いを丁寧につづっており、いい映画だった。特に主人公の小出は声も表情もいい。これからも色んな映画に出て頑張って欲しい。
トントさん [DVD(邦画)] 8点(2010-05-17 00:33:21)
16.《ネタバレ》 箱根駅伝を目指すある陸上部を描いた青春映画。個人的には箱根駅伝になんの興味もないのだが、それでも駅伝シーンは実際の駅伝に参加して撮ったんじゃねーのというくらいに臨場感があり、見ごたえも充分。しかし、実際の駅伝だとちょっとありえないだろうと思う部分や、最後の小出恵介がゴールするシーンはちょっとやりすぎな感じがした。それに箱根駅伝を目指すという部分に焦点があたりすぎてて、主人公二人の背景などイマイチ人間ドラマに深みが感じられなかったのが残念。ここらへんをもうちょっとなんとかしてほしかったが、まあ全体的に爽やかな青春映画という感じで見終わった後の後味もいいので、見て損をしたような気にはならないし、細かいことを気にしなければまあまあそこそこ楽しめる映画だと思う。ところで、「ウルトラマンメビウス」で怪獣マニアの隊員役を演じていた内野謙太がこの映画ではクイズマニアの部員役というのが妙に笑える。
イニシャルKさん [DVD(邦画)] 5点(2010-04-13 17:45:29)
15.《ネタバレ》 結構簡単に出れちゃうのね箱根って。と言う部分に突っ込まなければ爽やかな青春映画ですね。最後のゴールシーンはくど過ぎるように思えますが・・
東京ロッキーさん [DVD(邦画)] 6点(2010-04-12 19:42:41)
14.毎年、母校が箱根を走っていてくれているし、箱根駅伝は大好き。当然、原作も読んで観に行きました。もちろん、原作とは違う部分もあるけど、日テレ・読売新聞・SAPPORO・PASCO・HONDAもちろん、関東学生陸連とホンモノの駅伝を支えるチームが作ったら臨場感あるなぁ・・。中継の映像も出身高校の表示もホンモノと同じだぁ・・と関心しちゃった。感動は原作の方が大きいかな・・でも・・この映像・再現力はすばらしい。俳優さんたちもフォームが綺麗で関心しました。映画が良かった方々、是非、原作も読んでね。 (1点、我がままなんだけど「ネヴァーエンディング・ストリー」の飛翔の曲で映画を〆ていただけたら、良かったのなぁーと思っちゃいました)
グレースさん [映画館(邦画)] 8点(2010-01-11 22:15:41)
13.実は、わたしは駅伝をやっている。
同い年のランナーが集まってチームを作って大会に出る。
もちろん、血を吐くような特訓があるわけではないが、レベルがどうであれ、それぞれのランナーにとって走るということはきっと「単なる趣味」の域を超えた何かをもたらしてくれているのではないかと思う。
「人は何故走るか」
原作は、単なるスポコンものに留まらず、その深淵なテーマに向き合いながら、成長を遂げていく10人の姿を爽やかに描いている。

原作に沿って丁寧に物語をなぞる作りには好感が持てたものの、安易に感動を誘う演出が鼻につく。
もっと、エピソードを取捨選択したうえで、それぞれの人物の背景がキチンと描けていたらなぁ、と少し残念だが、走ることの楽しさ、苦しさや、駅伝の熱さは充分伝わってきた。

それにしても、走役の林遣都クンは、見事なランナー体型でフォームもキレイだったなぁ。
(11月29日・新宿ピカデリー)
poppoさん [映画館(邦画)] 7点(2009-12-16 10:05:29)
12.《ネタバレ》 まさにルーキーズ駅伝版といえるベタベタ熱血スポコンですね。ホントにベタなストーリーだと分かっててもすごく感情移入してしまいます。鑑賞後の余韻で走りたくなりました。
獅子-平常心さん [映画館(邦画)] 8点(2009-12-04 01:34:48)
11.《ネタバレ》 ありきたりな展開だしところどころ不要なシーンがあったりでとても完璧な作品とは言えないが面白い作品
テンポよく進み少し笑いあり少し感動ありそして真剣に見なくても自然に作品に入り込めて飽きさせません
終わって時計を見たら意外に長かったんだなーってのが素直な感想
この映画で駅伝には全く興味がもてなかった私も興味がわいてきました
気楽に映画を楽しみたい人におすすめだとおもいます
青陽さん [映画館(邦画)] 7点(2009-11-29 13:31:46)
10.《ネタバレ》 実は、地元でロケがあったようで、エキストラの募集をしていたのを覚えている。というわけで、見に行ったのですが、まったく確認できませんでした。ということは、けっこう後半の駅伝シーンは見ごたえがありました。林君は「バツテリー」の時も感じましたが、身体能力が高いようでスポーツものにはうってつけのようです。最後、シード権を取った後の後日談がもう少し色をつけてもよかったような気がします。
ジブラルタの星さん [映画館(邦画)] 8点(2009-11-23 17:46:27)
9.《ネタバレ》 原作が面白かったので期待していましたが私には少しベタ過ぎた。原作を尊重する様な展開で何とか箱根駅伝までひっぱったけどそこから息切れしてしまった感じがします。特に最後、いくらなんでもあれだけトラブれば追い抜かれているか少なくとも11位のままだと思うのにさらっと目標をクリアしてしまうのはやはり都合が良すぎるように思えてしまい残念でした。ただ、原作を読んだときから映画化したら駅伝をどう表現するのだろうと思っていたのですが、そこは実物と作りを混ぜながら(多分)頑張ったし、前半は原作の良いところも出ていました。
ことひきさん [映画館(邦画)] 6点(2009-11-13 17:12:21)
8.これを観た後、走りたくなっちゃいますね。
Yoshiさん [映画館(邦画)] 5点(2009-11-12 22:34:23)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
12
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 27人
平均点数 6.56点
000.00%
100.00%
213.70%
300.00%
4311.11%
5311.11%
6414.81%
7725.93%
8622.22%
9311.11%
1000.00%

【その他点数情報】

No名前平均Review数
1 邦題マッチング評価 9.00点 Review1人
2 ストーリー評価 8.20点 Review5人
3 鑑賞後の後味 9.00点 Review5人
4 音楽評価 8.33点 Review3人
5 感泣評価 8.75点 Review4人
chart

■ ヘルプ
© 1997 JTNEWS