あの頃エッフェル塔の下でのシネマレビュー、評価、クチコミ、感想です。

Menu
 > 作品
 > ア行
 > あの頃エッフェル塔の下で
 > (レビュー・クチコミ)

あの頃エッフェル塔の下で

[アノコロエッフェルトウノシタデ]
(Trois souvenirs de ma jeunesse)
2015年【仏】 上映時間:123分
平均点:4.67 / 10(Review 3人) (点数分布表示)
公開開始日(2015-12-19)
ドラマ青春ものロマンス
新規登録(2015-12-16)【もっつぁれら】さん
Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索
Twitterにて検索
ブログに映画情報を貼り付け
監督アルノー・デプレシャン
キャストマチュー・アマルリック(男優)
アンドレ・デュソリエ(男優)
ディナーラ・ドルカーロワ(女優)
脚本アルノー・デプレシャン
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)

【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
3.《ネタバレ》 空港での足止めの件及びパスポート売り渡しの件は物語の肉付けに過ぎず、本筋は少年少女の恋愛話。ダラダラ繰り広げられる双方の好き勝手な振舞は幼い事を差し引いてもウンザリさせられる。後年再会したコヴァルキに恨みつらみを吐き散らかす、無様さ極まれるザマをお目当てマチュー・アマルリックが流石の芸達者ぶりで見せてくれるこのシーン以外観るべきものが無い期待大外れの作品。残念。
The Grey Heronさん [DVD(字幕)] 3点(2019-01-20 16:17:24)
2.《ネタバレ》 「キングス&クイーン」や「ジミーとジョルジュ」のデプレシャン作品を観ると、
相当悩みぬいた痕跡がうかがわれる。
そんな彼の青春ロマンスはやはり一味違う。

冒頭のスパイ映画風の自分のパスポートを偽造するところから、
一転青春ロマンスになる、この映画。
観終わって、彼の恋愛が終わってしまうのは、自分を切り売りしたあの事件が
非常に象徴的なものであるという余韻がじわ~と伝わってくる演出だったのだと分かる。
知的な映画でとても好きだ。

彼の作品の顔でもあるマチュー・アマルリックもいかにもフランスっぽくていい。
アルノーデプレシャン作品は、今後もマークだな。
トントさん [DVD(字幕)] 8点(2018-04-07 14:52:35)
1.《ネタバレ》 なんか軽~い若い男女のお話し。男も女も尻軽っぷりがフランス風なんでしょうかね、なにかちょっと残念。冒頭の空港でのスパイ容疑といういきなり面白くなってきそうな雰囲気があったけど、そんな「おいしい」設定は丸無視でお話しは進みますね(苦笑) まぁちょっと申し訳ないですけどワタシには今一つでゴザイマシタ
Kanameさん [CS・衛星(字幕)] 3点(2018-02-21 18:38:14)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 3人
平均点数 4.67点
000.00%
100.00%
200.00%
3266.67%
400.00%
500.00%
600.00%
700.00%
8133.33%
900.00%
1000.00%

■ ヘルプ
© 1997 JTNEWS