怒りのシネマレビュー、評価、クチコミ、感想です。

Menu
 > 作品
 > イ行
 > 怒り
 > (レビュー・クチコミ)

怒り

[イカリ]
2016年【日】 上映時間:142分
平均点:6.39 / 10(Review 46人) (点数分布表示)
公開開始日(2016-09-17)
公開終了日(2017-04-12)
ドラマサスペンス犯罪ものミステリーロマンス同性愛もの小説の映画化
新規登録(2016-05-09)【DAIMETAL】さん
タイトル情報更新(2018-01-09)【イニシャルK】さん
Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索
Twitterにて検索
ブログに映画情報を貼り付け
監督李相日
キャスト渡辺謙(男優)槙洋平
宮崎あおい(女優)槙愛子
松山ケンイチ(男優)田代哲也
池脇千鶴(女優)明日香
広瀬すず(女優)小宮山泉
森山未來(男優)田中信吾
粟田麗(女優)小宮山泉の母
妻夫木聡(男優)藤田優馬
綾野剛(男優)大西直人
高畑充希(女優)
原日出子(女優)藤田貴子
ピエール瀧(男優)南条邦久
三浦貴大(男優)北見壮介
田中隆三(男優)
原作吉田修一「怒り」(中公文庫)
脚本李相日
音楽坂本龍一
作曲坂本龍一
編曲坂本龍一
主題歌坂本龍一(坂本龍一 feat.2CELLOS)
撮影笠松則通
製作市川南〔製作〕
東宝(「怒り」製作委員会)
電通(「怒り」製作委員会)
企画川村元気
プロデューサー川村元気(プロデュース)
山内章弘(エグゼクティブ・プロデューサー)
配給東宝
美術都築雄二
衣装小川久美子(衣装デザイン)
ヘアメイク豊川京子
編集今井剛
録音白取貢
北田雅也(サウンドエフェクト)
照明中村裕樹
その他坂本龍一(指揮・演奏)
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)

【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
123
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
26.《ネタバレ》 だれが犯人か?
3人を合成したような人相書きは絶妙なバランス。
私的には『こりゃ全員が同一人物で時間軸の違うエピソードなんだろうな』と推測してたら全然違いました(笑)
演者の好演もあって、どんどん深まる各エピソードに引き込まれはしたものの、犯人探しを残したまま進んでいくのは、いささか悪趣味な印象。
残忍な犯行現場を描写して、掴みはOKですか?
わたしの予想に反しての犯人暴露も、それそのものについては深堀されることもなく、ある意味偶然に刺されるという結末。
この監督はどうももったいない印象なんですよね。
細かいことはうまくできてるのに大事なところがまとまってないというか。
見応えはあるだけに惜しい作品でした。
ろにまささん [CS・衛星(邦画)] 5点(2017-09-24 17:31:47)
25.キャストは豪華だけど、それだけのような気がする。
ミステリーがあまり魅力的でないから?
あきぴー@武蔵国さん [DVD(邦画)] 5点(2017-07-28 20:36:23)
24.《ネタバレ》 犯人捜しというミステリー的面白さを持たせながら、やり場のない怒りであったり、他者や自分を信じ抜く事の困難さ、社会問題といったテーマ的深みを出そうといるのだろうが、娯楽性と深みを両立させようとしすぎて、登場人物が物語の展開やテーマを引き立たせる為の補助的な役割になり下がり、一人一人がパズルの一片、もしくは展開やテーマを知りながら、それを強調するように役割を演じるという茶番に見えてしまった。
だから、「真相はこうだった」という強引な後だしじゃんけんが多発しているし、それぞれの人物に軸がなく、意味ありげに人物描写を小出しにするので、結局は他者とのコミュニケーション不足が原因という元も子もない話になってしまう。
犯人をサイコパスとして片付けるのも、強引すぎるし、この映画においてそれをやるのは安易であるとも思う。
ただ宮崎あおいが連れて帰られる存在から、連れて帰るという存在になるという視点で見ればシンプルな成長譚とも思えた。
叫ぶ、壊す、泣くという短絡的で稚拙な感情表現、感情移入をさせようと促す仰々しいピアノの旋律、広瀬すずに当たり続ける不自然なライティング、鈍重で説明過多なフラッシュバックなど全体的にあざとく過剰な作りでもあった。
ちゃじじさん [DVD(邦画)] 4点(2017-07-22 17:47:18)
23.《ネタバレ》 鑑賞後は何も言えなかった。ただ愕然としていた。色んな要素の入っている映画である。一つの殺人事件の容疑者3人とその周辺を描くことでこの国の見えにくい、もう一つの側面を描き出している。李相日監督は新潟出身の方ではあるが、日本人映画監督が描くことから逃げている、米兵暴行事件を素材に取り上げていることは感謝したい。
トントさん [DVD(邦画)] 9点(2017-07-22 17:05:19)
22.観客に謎かけするために事件とは関係のない2つの話をくっつけたの?なんだか騙された感じで釈然としません。犯人の人格や犯行動機が理解不能でまったくリアリティを感じられませんでした。これが実話だったらかなりビビるところですが。でも、なんだかんだいっても最後までダラけずに観られたし、俳優さんの熱演は好印象。
la_spagnaさん [DVD(邦画)] 6点(2017-05-23 23:30:10)
21.《ネタバレ》 なんか犯人像があれに似てるって思って調べてみたら、これ、市橋事件をモデルにしてたみたい。役者の素晴らしい表現や殺人事件の犯人とゆう要因で退屈ではなかったけど、僕的には、特別に各物語に興味をひかれるものはなく、観終っても特に心に響くことはありませんでした。この監督さんと相性が悪いのかな。3つの話はそれぞれ、せつないんですけどね。僕には少々、高尚過ぎたかも
なにわ君さん [インターネット(邦画)] 5点(2017-05-19 21:46:38)
20.ゲイって たくさんいるんだなと驚いたのと、ゲイにとって一番住みよい街は東京なんだろなと思った。
ケンジさん [ブルーレイ(邦画)] 8点(2017-05-07 18:35:45)
19.《ネタバレ》 まず、演技はすばらしい(一押しは宮崎あおいです)。ただ、サスペンスとしてはイマイチで、誰が犯人なんだろうと期待して観れる作品では無い。沖縄のパートに、特に泉に感情移入できてこその作品だと思うので、その部分が自分には弱かった。原作では出来たのだが。広瀬すずは好きなんだけど・・・ 
ラグさん [DVD(邦画)] 5点(2017-05-07 01:24:37)
18.李相日 監督らしい、重厚な物語.. 殺人事件を機に、まったく違う、別々の3つの物語が並列で進行していく..そこには、新宿2丁目ゲイタウン、歌舞伎町..かと思えば、千葉の漁港..そして、リゾート地 沖縄..3種3様の、深くて重い物語が展開される..ずらりと揃った、主役級の役者陣は、すごい!の一言(見応えあり、演技がすばらしい)..起きるエピソードは、恋愛あり、友情あり、親子愛あり、レイプあり、猟奇的事件あり..と、盛りだくさん..監督の力量が、思う存分発揮された仕上がりになっています..私的には、3作続いて社会派の暗くて重~い作品が続いたので..「フラガール」 のような、心に響く感動ものを、次回は期待してます...
コナンが一番さん [DVD(邦画)] 8点(2017-05-05 19:54:43)
17.《ネタバレ》 東京、千葉、沖縄を舞台に三つの話が並行しているので、どこかで絡んでいくのかと思えば、まったくリンクしていかなかったので拍子抜け。
群像劇というより3本のオムニバスで、それを犯人のミスリードに利用した感じ。サスペンス効果はあるけど、どうしても一つの作品としてのまとまりに欠ける印象は拭えない。
少し気になったのは沖縄の米兵の描き方。好意を寄せている少女が米兵に乱暴されているのに、震え上がって何もできないほど怖いというのがちょっとリアリティがないような…。米兵なら大声だせば民家が近いこともあって立場的にも絶対逃げるだろうし、それなら地元のチンピラや不良少年のほうがタチが悪くてよっぽど怖いはず。そこに政治的偏向性のようなものを感じたのは気のせいか。
豪華キャストの競演は見応えがあった。
飛鳥さん [DVD(邦画)] 5点(2017-04-16 10:29:43)(良:1票)
16.《ネタバレ》 最初に言っときます・・長ーーーーーーすぎる。最後もっと編集カットできるやろ。
3つの話が平行して進み、巷をにぎわしている指名手配殺人犯は3つの話のどの男でしょう?
みたいな事を観客に投げかける撮り方で、これも少し鼻につく。
とにかく引っ張るだけ引っ張って、一番犯人じゃなさそうな奴が犯人というお決まりのパターンでした。
それも動機がよくわかりません・・格差社会の世の中に対しての怒りなのか知らないが、
とにかく・・面白くなかった。
要するに、重厚なサスペンス(クリントイーストウッド監督の作品のような)と思わせる撮り方をしたが、
一番肝心な犯人の動機が薄っぺらすぎるのです。哀れんで水をやったら殺されても仕方ないでしょう・・・えっ?
最後は感動させようと3つの話のその後を流すのだがもうどうでもいい。尻が痛かった。
ラストに広瀬すずが沖縄の青い海で叫びます。怒りの表情だがどうしてもポカリスエット
のCMに見えて、なんだかなという感じでした。
キャメルさん [DVD(邦画)] 3点(2017-04-09 01:09:33)
15.とにかく俳優陣の演技が凄まじい。
◆◇◆◇◆ raindrops ◆◇◆◇◆さん [映画館(邦画)] 5点(2017-02-19 01:54:59)
14.《ネタバレ》 鑑賞してから3週間経過し、ようやく気持ちも落ち着きレビューが可能な状態になった。
それほどに、本作は観る人の心に重くのしかかる作品だった。

本サイトにてレビュアー登録されている方の殆どは恐らく本作を鑑賞されている筈。
にも関わらず、2016/11/25時点のレビュー数は僅か「13」。
邪推ながら、皆、自分の気持ちをどの様に文章に表せば良いのか少なからず迷われているのではないだろうか。 

物語の発端は今や日本の原風景になりつつ有る、何処にでも有る新興住宅地で起こった凄惨な殺人事件。
この殺人事件の犯人探しが物語を進めていく上で織物の縦糸の様な役目を果たし、
今の日本を司る大多数を占める市井の人々が横糸の役目を果たす。
そして、格差社会・LGBT・社会的弱者の存在・沖縄問題と言う社会的な問題は、
織物に鮮烈な印象と陰影を与える指し色の様なものだと思う。

本作で綴られる幾つかのエピソード全てをここで仔細に記述するつもりは無いが、
それらエピソードを通じて提示される様々な問題・通切な思いは、
日本に住んでいる者ならば程度の差こそあれ少なからず感じている事ばかりで有り、
たちの悪い事に小市民の存在では解決など到底不可能な事ばかりだ。

その様々な「問題」の中で翻弄されて行く登場人物達を観ながら、スクリーンのこちら側にいる私は
ただ、どうしようも無い思いを抱いた。 これこそがまさしく製作者側が訴えたかった「怒り」だったのだと思う。
この思いは本作を鑑賞しなければ恐らく判らないだろう。

登場人物は皆、神懸り的な演技をしている。
特に宮崎あおいと綾野剛は素晴らしい演技をしており鮮烈な印象を残す。

青い海と白い砂浜、風光明媚な光景とは真逆の現実がそこには確実に有り、
本作を観る・観ないで、今の日本を取り巻く様々な出来事に対する印象は確実に変わる。
映画の力をまた別の形で思い知らされた。
たくわんさん [映画館(邦画)] 8点(2016-11-25 13:27:38)(良:1票)
13.《ネタバレ》 身元不明男への殺人犯疑惑を中心に据えた3つの群像ミステリー。千葉、東京、沖縄。それぞれの舞台に登場する謎の男に共通しているのは、心に闇を抱えていて何だかアヤシイということ。序盤の東京でのゲイシーンは、見苦しくて吐き気してゲンメツ。後半は人を信用できなくなって、心の葛藤から感情が溢れ出る様子がよく伝わってきた。3通りのエピソードは決して交わらないが、何だか繋がっているように感じた。久々の良作。
獅子-平常心さん [映画館(邦画)] 7点(2016-11-11 00:18:25)
12.東京出張中、時刻は0時前、いつものように新宿の映画館を後にする。
歌舞伎町の雑踏を抜け、大久保のビジネスホテルまで歩いていく。
その間ずうっと言葉にならない感情がこびりついて離れない。
その感情が、映画のタイトルの通り“怒り”なのか、または“悲しみ”なのか、まったく別の何かなのか、判別がつかなかった。

“怒り”というものは、殆どすべての動物が持つ感情であり、衝動だ。
ただし、その中でも人間が不自由で面倒なのは、“怒り”の矛先を自分自身に向けてしまえることだと思う。
もし、自分自身に対して怒るなんてことが出来なければ、人間はもっと単純で呑気な動物として存在していたことだろう。

この群像劇で描かれる人間たちが抱える“怒り”も然り。
最初は外部に撒き散らせていたとしても、次第に自身の内面に向けられ、やがて膨れ上がったその感情は行き場を見失う。

必然的にそこには悲しみが生まれ、傷つき、絶望に突き落とされる。

「嗚呼、なんて惨い映画なんだろう」と思った。あまりにも悲しくて、胸を掻きむしりたくなった。

ただ同時に、その惨さも、不自由さも、面倒臭さも、悲しみも、そして怒りも、全部ひっくるめて人間なのだと思い知った。
泣き叫ぼうが、怒り狂おうが、何をしようがそれを認めて人間として存在するしか我々に術はないのだと思った。

この惨い映画に安直な救いは無い。
あるのは、声にならない声を虚空に打ち付け、それでも生きていく人間の姿だ。
ラストの烈しく悲しい少女の慟哭はその極みだ。


敢えて言うまでもないが、キャストが皆凄い。
メインキャストのそれぞれがキャリアハイの演技を見せていると言って過言ではない。
渡辺謙の貫禄、宮崎あおいの意地、妻夫木聡の艶めかしさ、綾野剛の妖しさ、松山ケンイチの危うさ、森山未來の狂気、そして、広瀬すずの伝説。
彼らが剥き出す感情の総てを李相日監督がコントロールし、坂本龍一の壮大なスコアが包み込む。
危ういバランスを孕んだ映画だが、ちょっと凄すぎる。
当然作品としての好き嫌いはあろうが、この映画を観ずして今後の日本映画は語れないだろうとすら思える。



自身の感情の整理がまったくつかぬまま、虚無感に苛まれつつ大久保に辿り着いた。
とてもそのまま眠れる気がしなかったので、虚無に反発するように強引に欲望を掻き立て、中華料理屋でラーメンとビールを流し込んだ0時過ぎ。
鉄腕麗人さん [映画館(邦画)] 10点(2016-10-20 23:45:30)
11.他者への怒りに感情が高ぶり
世間への怒りに疎外感を募らせて
社会への怒りに無力を感じ
自分への怒りに絶望する

事件の犯人はだれなのか?

怒りとは?

見終わったときには、
日常の中には怒りと悲しみと後悔や希望と絶望が混在していることを改めて思い知らされる。
確実に「怒り」は常にそこにあるのだが、
他者の真剣さは自分にとってはまるで絵空事のようであり論理的に理解はできても、
心情的に本質的な意味で伝わっていない。
善悪の尺度だけでは測れない、言葉だけでも表現できない「怒り」
彼等の持つそれぞれの怒りと向き合うとき、あなたは何を感じるだろうか?

【贅沢なストーリー展開】

一つの事件を核として3つのストーリーが進んでいきますが、
主役級を集めた豪華キャストだからこそ成立している重厚な3つのストーリー。
映画3本分のそれぞれの見どころだけを再編集しているのだから面白くないわけがない。
いやダイジェストなので飽きる間がないと言った方がよいのか?

【圧倒的な演技力】

演劇の舞台を見ているような緊張感とドキュメンタリーのような透明感に圧倒されました。
映画館では派手なアクション映画を見るべきだと思っていましたが、
圧倒的な演技力に気圧される映画こそ映画館でその世界観にドップリと浸るべきです。

見事な小姑ぶりの池脇千鶴と、松山ケンイチの得体のしれない抑えた空気感の不気味さ

現実主義の妻夫木聡の狡猾さと、虚構の世界の住人のような綾野剛の優しさと共にある儚げな薄気味悪さ

広瀬すずの天真爛漫な明るさと、森山未來の滑りのある笑顔に見え隠れする影

とにかくすべてのキャスティングが素晴らしいのと、彼らの演技にただただ脱帽するばかり。

特に宮崎あおいの孤高の存在感は圧巻ですが、
その宮崎あおいですら隙あらば喰らいつくす勢いのモビーディックのような渡辺謙には戦慄すら覚えました。

【余韻を楽しめる映画】

原作は未読ですが、原作には4つ目のストーリーが存在するらしいので読んでみたくなりました。
重いテーマの重厚な作品ですが、ひたすら気分が悪くなるような重さではないので、
秋の夜長に余韻を楽しめるとても良い映画でした。
はいぷさん [映画館(邦画)] 8点(2016-10-19 14:37:31)
10.原作・吉田修一、監督・李相日という『悪人』コンビということで大いに期待していたが、期待に違わずの出来栄え。『悪人』同様、キャストの良さで描き切った感じ。ただ3つのドラマがもっと絡むのかと思ったが、現実的にはこれでいいのかも。
Q兵衛さん [映画館(邦画)] 8点(2016-10-19 06:51:53)
9.《ネタバレ》 真犯人が社会の不条理によって生まれたモンスターならば、その生い立ちから丹念に描くべきでした。(群像劇という時間の制約上もあるのでしょうが) 彼の成長過程が一切描かれていないために、それは蓄積された怒りがとうとう大爆発した、というよりは短気をおこして突然ブチ切れたふうにしか映らない。ロケーションはよかったです。天国のように碧く美しい沖縄の風景は、どうして人間の狂気と相性がよいのだろうか。演出について。坂本龍一さんの音楽と役者の泣き演技が過剰演出でかなり苦手でした。これほどのキャストならば、抑えのきいた演技と音楽でじっくりと魅せてもいいのではないか。感情を題材にした映画だからこそ、もっと緻密に丁寧に描いてほしかった気がする。本作ではっきりと確信したが、この監督の演出はシリアスより、フラガールのような直球勝負の感動路線がだんぜん向いていると思う。
タケノコさん [映画館(邦画)] 5点(2016-10-03 23:11:15)
8.《ネタバレ》 その人を信じているから、信じていたいから、疑ってしまう・・・ということなのだろうか。

冒頭に紹介される殺人事件の犯人が、本作の登場人物の誰かだということを仄めかす演出をしているので、観ている側の緊張感も高まり、グイグイと引き込まれた。本作はジャンルとしてはドラマに分類されるのだろうが、『犯人探し』というサスペンスが加わることによって、よりスリリングな映画になっている。
全貌をヴェールに包んだ状態から少しずつそれを剥がしなら観客に見せていく、美しいストーリーテリングだ。

千葉、東京、沖縄。3つの場所で別々のストーリーが展開されるのだが、その結末のコントラストも興味深い。
洋平と愛子は信じることを諦めかけたものの、田代をもう一度迎え入れることができた。
直人への疑いが晴れないまま時が過ぎた結果、優馬は予期もしなかった永遠の別れに涙することとなった。
そして、田中を信用していた辰哉は、完全に裏切られることになってしまった。

しかし、こうして見ると実はあまりコントラストにもなっていないような気もする。その人を信じていたかどうかなんて関係なく、裏のありそうな人間を勝手に信じたり疑ったりしていただけで、他の人間が知らなかった現実がただそこにあるって感じ・・・かな?

「辰哉は山神容疑者の顔写真を見ていないから何も疑っていなかっただけなんじゃないか」とも思ったが、例えば洋平は初めから田代に不信感を抱いていたから、彼を八王子の事件の犯人だと疑ったのかもしれない。田代のことを信用していたら、山神に似てるとすら思わなかったんじゃないかな?優馬に関してもそうで、知り合いの多くが空き巣に遭っているということと、若い女性と一緒にいる直人を目撃したことが重なって、直人に不信感を抱いていた。だから、テレビに映った山神の顔が直人に見えてしまっていた、なんてことはないだろうか?

いずれにせよ!良い映画だ。役者たちの熱演ぶりにはただただ感動するしかない。
Y-300さん [映画館(邦画)] 9点(2016-09-27 00:43:27)
7.《ネタバレ》 いつもはなるたけネタバレ無しのレビューを心がけている私ですが、今回はがっつりネタバレせずには語れないので、未見の方は読まないで下さい。

とにかくキャストが豪華なので、この豪華な登場人物が複雑に絡み合い、何か壮大な物語が展開していくのかと勝手に期待していたため、ちょっと肩透かしを食らった格好だった。絡み合う所か全く関係のないドラマを同時に展開させて、どれが犯人の話なのか推理させるという新しいスタイル!そうか、この手があったか!ってならんわ!ただ物語を引き延ばしているようにしか思えなかった。
「怒り」というタイトルだけに、皆怒りまくるのかと思ったら怒っているのは一部だけで、殆どの登場人物が泣き叫んでいるだけという・・・。何か壮大なドラマが展開されているかのような大げさな演出が多く、ただ勘違いだったり過ちだったり不幸な話を寄せ集めただけにしか思えず、あまり共感できなかった。結局何が言いたい映画だったのか・・・。人を信じる事の大切さを訴えているのかな。
ヴレアさん [映画館(邦画)] 4点(2016-09-26 23:04:46)(良:3票)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
123
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 46人
平均点数 6.39点
000.00%
100.00%
212.17%
324.35%
436.52%
51123.91%
6510.87%
71021.74%
8817.39%
9510.87%
1012.17%

【その他点数情報】

No名前平均Review数
1 邦題マッチング評価 5.00点 Review1人
2 ストーリー評価 6.00点 Review2人
3 鑑賞後の後味 6.50点 Review2人
4 音楽評価 8.00点 Review1人
5 感泣評価 6.50点 Review2人
chart

■ ヘルプ
© 1997 JTNEWS