オーバー・フェンスのシネマレビュー、評価、クチコミ、感想です。

Menu
 > 作品
 > オ行
 > オーバー・フェンス
 > (レビュー・クチコミ)

オーバー・フェンス

[オーバーフェンス]
2016年【日】 上映時間:112分
平均点:4.33 / 10(Review 6人) (点数分布表示)
公開開始日(2016-09-17)
ドラマ青春もの小説の映画化
新規登録(2016-11-09)【ヴレア】さん
タイトル情報更新(2019-10-21)【イニシャルK】さん
Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索
Twitterにて検索
ブログに映画情報を貼り付け
監督山下敦弘
キャストオダギリジョー(男優)
蒼井優(女優)
松田翔太(男優)
満島真之介(男優)
北村有起哉(男優)
優香(女優)
塚本晋也
原作佐藤泰志「オーバー・フェンス」(「黄金の服」所収・小学館)
脚本高田亮
撮影近藤龍人
製作東京テアトル(「オーバー・フェンス」製作委員会)
配給東京テアトル
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)

【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
6.《ネタバレ》 世間から取り残されたダメ人間のためのファンタジー

本当に、山下敦弘という人はダメ人間を描くのが絶妙に上手い。この作品も、ダメ人間たちの日常をただ描いているだけなのに、最後まで引き込まれてしまいました。

それにしても函館という町は、どこかノスタルジックで映画映えしますね。
TMさん [DVD(邦画)] 8点(2017-11-03 09:30:00)
5.《ネタバレ》 俺は好きだった、この映画。絶妙のニュアンスを演じる蒼井優にため息が出るばかり。自分も職業訓練校に行ってたので、このけだるい中にもたくましく生きていく人たちに見覚えがあった。オダギリジョーがあそこでホームランを打てるのは疑問だが、再生をうたった映画であることは間違いない。でも男と女の話はそんなに簡単であるのかな?
トントさん [DVD(邦画)] 7点(2017-06-10 01:46:31)
4.どこに面白さを感じたらいいかわからない映画。
登場人物のだれにも共感ができない。
miumichimiaさん [DVD(邦画)] 3点(2017-04-08 16:30:21)
3.重苦しい映画なんだが、何が言いたいのかよくわからない。蒼井優のぶっ飛び度合いがひたすら痛い・・・
あきぴー@武蔵国さん [DVD(邦画)] 3点(2017-03-30 00:57:35)
2.何か訴えたいことがあるような映画でしたが、伝わりませんでした。 娯楽映画ではありません。
紫電さん [DVD(邦画)] 1点(2017-03-15 14:41:21)
1.「海炭市叙景」、「そこのみにて光輝く」に続く函館3部作(?)の3作目。
3作に共通して言えることだが、その作品全体の雰囲気が重く、陰鬱としている。
同じ原作者なのだから当たり前かもしれないが、函館がそういった暗いイメージでとられないか心配してしまうほどだ。
物語的には「そこのみ~」に非常に似ている。主人公も無職で、いつも暗い部屋で鬱屈した日々を過ごしている。やがてホステスの女性と出会う事で変わっていくのだが・・・。
池脇千鶴が蒼井優になっただけやん!と言えなくもない。
しかし、このヒロインである蒼井のキャラがかなりヤバい。池脇のキャラがどこにでもいそうなリアルな人物だったのに対し、かなり作りこまれているというか、ぶっ飛んでるというか、メンヘラ過ぎるので、主人公に対してもそいつだけは止めとけと終始思ってしまった。
おまけに音楽までもの悲しい感じで、より空虚さが感じられ、「そこのみ~」よりもさらに希望のない物語だったように思う。
とにかくこの主人公が何を目指しているのか全然わからないし、ヒロインにしても病気としか言いようがない壊れキャラなので絶対明るい未来は見えないし、一体この映画は何を訴えているのかすらわからなかったというのが正直な所。

でも、そういう心に闇を抱えた人物達の描写は非常に丁寧に描かれていたのでそこは良いと思った。しかし、これだけ厳しくなってる近年において堂々と飲酒運転する場面があるのはよろしくないかと・・・。
ヴレアさん [映画館(邦画)] 4点(2016-11-10 21:20:16)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 6人
平均点数 4.33点
000.00%
1116.67%
200.00%
3233.33%
4116.67%
500.00%
600.00%
7116.67%
8116.67%
900.00%
1000.00%

【その他点数情報】

No名前平均Review数
1 邦題マッチング評価 Review0人
2 ストーリー評価 3.00点 Review1人
3 鑑賞後の後味 5.00点 Review1人
4 音楽評価 Review0人
5 感泣評価 Review0人
chart

■ ヘルプ
© 1997 JTNEWS