アンノウン(2011)のシネマレビュー、評価、クチコミ、感想です。

Menu
 > 作品
 > ア行
 > アンノウン(2011)
 > (レビュー・クチコミ)

アンノウン(2011)

[アンノウン]
UNKNOWN
2011年【米・独・カナダ・英・日・仏】 上映時間:113分
平均点:5.77 / 10(Review 87人) (点数分布表示)
公開開始日(2011-05-07)
アクションサスペンスミステリー小説の映画化
新規登録(2011-04-04)【マーク・ハント】さん
タイトル情報更新(2012-07-22)【イニシャルK】さん
Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索
Twitterにて検索
ブログに映画情報を貼り付け
監督ジャウマ・コレット=セラ
キャストリーアム・ニーソン(男優)マーティン・ハリス博士
ダイアン・クルーガー(女優)ジーナ
ジャニュアリー・ジョーンズ(女優)エリザベス・ハリス
エイダン・クイン(男優)もうひとりのマーティン・ハリス
ブルーノ・ガンツ(男優)エルンスト・ユルゲン
フランク・ランジェラ(男優)ロドニー・コール
セバスチャン・コッホ(男優)レオ・ブレスラー教授
スタイプ・エルツェッグ(男優)ジョーンズ
石塚運昇マーティン・ハリス博士(日本語吹き替え版)
岡寛恵ジーナ(日本語吹き替え版)
辻親八もうひとりのマーティン・ハリス(日本語吹き替え版)
小島敏彦エルンスト・ユルゲン(日本語吹き替え版)
楠見尚己ロドニー・コール(日本語吹き替え版)
佐古真弓エリザベス・ハリス(日本語吹き替え版)
音楽ジョン・オットマン
製作ジョエル・シルヴァー
レナード・ゴールドバーグ〔製作〕
アンドリュー・ローナ
ダークキャッスル・エンタテインメント
製作総指揮スーザン・ダウニー
スティーヴ・リチャーズ
配給ワーナー・ブラザース
衣装ルース・マイヤーズ[衣装]
編集ティモシー・アルバーソン
あらすじ
学会出席のため、妻とともにベルリンに降り立った植物学者のマーティン。彼は、ホテルで妻がチェックインする間、大切な鞄を置き忘れたことに気付いて一人空港へ引き返すが、乗っていたタクシーが交通事故に巻き込まれ川に転落して意識を失ってしまう。そして、病院で意識を取り戻した彼は宿泊先のホテルに向うが、妻は彼のことを全く知らないと言い、しかもそこにはもう一人の「マーティン」が居たのだった。彼は、自分こそが本物の「マーティン」だと主張するのだが、彼自身も記憶を失っていて…。
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)

【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
12345
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
87.《ネタバレ》 視聴者をなんで、なんで?って引き込む導入が良かった【7点】

最初バッグを取りにタクシーで空港に戻るときに事故に遭い記憶が飛んでしまい、そこからなんで?なんで?
とリーアム・ニーソン演じるマーティン博士と共に視聴者もunknownへと導くのはよくある導入のひとつかも
しれませんが、最初に学会とか博士とか夫婦の会話等があったのでそこは直ぐには疑わなかった。というか全く
気がつかなかった。

でも博士なのにカーチェイス凄いやんとか格闘もなんかできるんじゃね?とか劇中のマーティン博士とは別の疑問
がプラスされ完全にunknownでした。普通に偽のマーティン博士による背乗りかと思わせられました。でも都合良く
忘れ物+事故が腑に落ちませんけどね。

そして物語の核心は中盤を過ぎた当たりの写真展での奥さんとのシーンで微妙な思いに駆られました。奥さんは理解
した上で二人の妻の演技してるようでモヤモヤが募るシーンでしたね。それと真相究明に協力した元スパイ?ユルゲン
は入管のマーティン博士夫妻の写真を手に入れ、本来は感謝祭で休暇のはずのブレスラー教授がライプチヒの学会から
来る事に矛盾を感じているようでしたが実際何処まで突き詰めていたのかチョットあいまいでした。でも渋くて良かった
ですね。

そして物語は一気に架橋に入って行きマーティン博士が何者かようやく思い出していきますが、ここから少し変な展開
になってゆきます。自分の目的を思い出したのに何故それを自分で阻止しようとするのか謎です。事故が原因とはいえ
私だったら散々な目に遭わされたわけですから彼女とさっさと国外逃亡ですよ。
カワイイ彼女と行動を共にする内に良心に目覚めたのでしょうかね?笑

導入から中盤以降までストーリーは良かったです。エンディングもハッピーで何よりです。
いつもリーアム・ニーソンは渋いのである。
hibari_21stさん [インターネット(吹替)] 7点(2022-05-14 10:59:42)
86.《ネタバレ》 予想がつきそうな展開かな、と中盤ダレそうになるが、そうでもなく、まあまあ面白い。
多少イライラすることも多いけど。
simpleさん [地上波(邦画)] 6点(2022-03-27 14:51:43)
85.《ネタバレ》 私のレビューリストをみていただけたらわかるかもしれませんが、最近の私は家族の趣味に付き合い、悪魔系の映画ばかりみてきたので、久しぶりにそれ以外の映画がみられて本当に嬉しい(>_<)
リーアム・ニーソンが本来はコロシヤだったというところには本当にびっくりした。そういう結末か!
ブリーバンデカンプさん [インターネット(字幕)] 7点(2021-08-21 00:28:21)
84.設定が面白く、序盤から期待出来る展開だったが、本人(主演)の正体が解るのが早すぎて後半は面白くない。残念な作品の印象。
SUPISUTAさん [インターネット(字幕)] 5点(2021-07-07 19:26:07)
83.「たぶん見たことある映画だなぁ、でも全然覚えてないから見てみるか。」「やっぱり見たころある映画だなぁ、でも結末とか全然覚えてないなぁ。」「ああ、やっぱり見た事ある映画だ、でもまだこの後どうなるか覚えていない。」この繰り返しが最後まで続きました。映画の主題とあいまって不思議な映画でした。
珈琲時間さん [インターネット(字幕)] 6点(2021-06-22 14:28:28)
82.《ネタバレ》 何の予備知識もなく見始めたので、最初は面白かった。
少なくとも終盤で真相が明かされるまではハラハラドキドキさせられた。
でも、冷静になって考えてみると納得できないことがいろいろ出てくる。
ここまで用意周到に計画してたのに空港に忘れ物しちゃうのがアホ過ぎる。
もし中身を確認されたら計画は失敗だった。
取りに戻ろうとしたら通信障害で連絡できず、事故に巻き込まれるという強引な展開。
しかも、シナリオ的に都合の良いように記憶が改変されるという無理な設定。
無免許で派手な事故を起こしたのに警察が捜査してなさそうなのも不思議。
不法滞在なので逃げたのは理解できるけど、怪我した被害者を警察が放置する意味は理解できない。
意識が戻ったら警察が調べるはずで、簡単に退院させた担当医はアホ過ぎる。
それから、ユルゲンが自殺するのも諦めが早過ぎるような気がする。
すべてを悟ってたなら直ぐに連絡してあげたら何かの手助けになったかも知れない。
逆にユルゲンに正体がバレてたのに本人にはまだ知られてないと思ってたのも謎。
既に連絡されて正体がバレてる前提で計画を練り直すでしょ。
パスワードを知ってたのも都合が良過ぎて、娘の名前から推理したなんて納得できない。
あと、嫁が爆発を止めようとしたのは、どう考えても自殺行為。
爆発したとしても、止めて爆弾が残ったとしても、疑われることに変わりはなかったはず。
あそこはさっさと逃げるのが正解だったはずなので、プロの行動とは思えなかった。
シナリオ的には嫁をラスボスにした方が盛り上がったかも知れない。
記憶がどうあれ犯罪者に変わりはないので、計画を阻止してハッピーエンドというのはモヤモヤする。
2回見るといろいろと整合性が取れなくて納得はできないけど、初見限定でそこそこの評価。
もとやさん [インターネット(吹替)] 6点(2021-05-21 22:23:43)
81.《ネタバレ》 主人公が何者かが分かった時は完全に予想外でした。そういった意味ではずっとドキドキしながらストーリーを追えたと言えます。何度も観るタイプの映画ではないのかもしれません。
いっちぃさん [CS・衛星(字幕)] 7点(2019-11-02 04:05:35)
80.《ネタバレ》 リーアム・ニーソンには、その風貌から英国コスチューム物、社会派ドラマ、人間ドラマで演技力を見せる俳優というイメージがあるんですが、本人はアクションが好きなんですね。「96時間」のインタビューで「なぜアクションに?」という質問に「ラクだから、パリに行けるから」と答えていたと何かで読んだ記憶があります。

で、ここでは植物学者ということで夫婦でベルリンに到着したのはいいけどすぐに不測の事態に。
ポランスキーの「フランティック」みたいな感じだなと思ったんですが、植物学者らしからぬ見事なハンドルさばきを見せたカーチェイスで「これはご都合主義」と受け取っていいのか?と。
しかし真実がわかった時点でだからあの運転なのかと納得しました。そして某アクション映画シリーズが浮かんだ方は多いはずだと思います。
最初からなんかどっかで見たことある感じはあるんですが、とうもろこしは守られたし展開が早くて退屈はしませんでしたし、やっぱりニーソンを筆頭にブルーノ・ガンツ、フランク・ランジェラという俳優の持つイメージ、雰囲気がそれなりに重みをもたらす結果になってよかったんじゃないかと思います、クールなダイアン・クルーガーもキレイです。
御年66歳のリーアム・ニーソン、お元気そうでなによりです。
envyさん [CS・衛星(字幕)] 6点(2019-04-25 18:31:06)
79.《ネタバレ》 最初から最後まで、サスペンス一杯で面白かった。自己存在の不確かの意味もあり、怖い映画。ダイアンクルーガーが、セクシーで素敵。
にけさん [映画館(字幕)] 8点(2019-01-14 11:03:41)
78.《ネタバレ》 フライトゲームを見たのちに鑑賞。デジャブ感があるほどテイストが似てる。もちろん謎解きを楽しみにしてずっと見続けるんだけど、ふいうちで明かされて戸惑う。マーティンが急に善の心に目覚めるのも変。いくらなんでも超一流の科学者になりすまし続けることができたというのも強引な気がする。そんな緩いムードの中でユルゲンさんだけは超熱演(笑)そのあたりのツッコミどころを横に置いといて楽しむのがいい作品かもしれない。楽しめたのでおまけ1点。
タッチッチさん [DVD(吹替)] 6点(2018-05-22 11:39:49)
77.なかなか楽しめたんだけど、あまりに荒唐無稽な内容で、リアリティは感じなかった。リーアム・ニーソンはこういう巻き込まれ型のヒーローを演じさせたらハマりますねぇ。
全体的にB級なノリと、そこそこのアクションもあるので、初見は楽しめると思う。
ヴレアさん [インターネット(吹替)] 6点(2018-04-01 18:52:35)
76.《ネタバレ》 序盤で期待させられただけに、
種明かしからエンディングまでの流れに納得いかず。
妻の役(パートナーといっていたが)は、

そこまで親密になっていたのか。キスをして心を惑わせるほどに。

偽造パスポートをもってどこへいくのか。
記憶喪失の前にまっさら、戻りたいのか。

ある意味夢も希望もない現実の裏社会というのはこういうものなのかもしれない。
元祖さん [インターネット(字幕)] 5点(2018-03-19 21:57:24)
75.《ネタバレ》 予想外に面白かったしハラハラとさせてくれて楽しめました。別人が自分に成り替わり、妻にもしかとされて、これを納得の行くように説明するのは不可能だろうと思ったのですが、そうきましたか。それぞれの場面や要素はどこかでみたようなものばかりでしたが(ハードトゥーキルだったり、トータルリコールだったり)、なぜ主人公が大学教授のくせに強いのか、なぜ替え玉は主人公の素性を全て知っていたのか、など一応納得させられました。全てのは偶然の事故による主人公の一部の記憶喪失が原因ということになるのですね。
しかしいくら莫大な富を得られるからといって、一人の教授を殺してその研究を盗むのにここまで手の込んだ作戦を練るものでしょうか。病院の職員やタクシー運転手、暗殺チームも全滅、一体何人の人が死んだのでしょうか。それなら教授の娘でも誘拐した方が話は簡単だったのではないでしょうか。あんな暗殺チームがいたらJFK暗殺ももっとスマートに行えたかもしれない、などと良からぬことを考えてしまいます。

【追記】2022/03/23
4年前に観ていたけど部分的には覚えていても物語のキモ(自ら作り上げた偽りの記憶を自動車事故の後遺症により
本物だと思ってしまった)は全く忘れていて結構楽しめました。
医学的処理により虚偽記憶を脳に植え付けるのではなく、あくまで事故による混乱が原因としていたのがより
リアル感が出ていたようです。殺し屋が心を入れ替えて真人間になるというラストも事故のせいということ
なのでしょうか、いつかまた殺し屋に戻ってしまうのがちょっと心配ではあります。
キムリンさん [地上波(吹替)] 6点(2018-02-22 19:55:57)
74.記憶を一つの題材にするなら、記憶を取り戻した後の行動に説得力を持たせて欲しかった。
でも魅せ方は良かったので概ね満足です。
TAKIさん [DVD(字幕)] 7点(2017-11-26 12:18:12)
73.《ネタバレ》 お約束のカーチェイスと殴り合いは既視感満載ですが、飽きずに観れます。
でも、美術館でキスしたのはなんでだろ?
東京ロッキーさん [インターネット(字幕)] 6点(2017-10-26 18:23:15)
72.何度目かの鑑賞になるか。殺し屋さんの手口や手段が雑。でもなぜか好きなB級映画です。
真尋さん [DVD(吹替)] 7点(2017-02-26 18:17:07)
71.《ネタバレ》 2016.04/15 鑑賞。これぞB級作品と言うのであろうか? 基本ネタのみで後は好き勝手に筋を作ってゆく、疑問・矛盾・不可能・荒唐無稽にはお構いなし。でも最後まで観れたのには驚き。
ご自由さんさん [CS・衛星(字幕)] 5点(2016-04-15 22:46:01)
70.《ネタバレ》 インパクトのある導入部からタクシー事故と救出劇、緊張感のあるシーンの連続で、その後に続く他人が自分になりすまし妻も同調するミステリアスな物語へと引き込まれます。が、一般人であるはずの博士がプロフェッショナルな立ち回りとカーチェイスを演じるあたりから、実はプロなの?と思い始め、次第にストーリーの無理矢理感も強くなってきます。記憶が戻っても殺し屋がいい人でいるあたりを含めて脚本の粗さが目につき、最初にそそられたのと同じくらい物足りなさも大きかったです。
ProPaceさん [CS・衛星(吹替)] 5点(2016-01-20 22:50:29)
69.《ネタバレ》 全体としては、『まあまあ面白かった』という感じだが、
ユルゲン氏のシーンだけは、とてつもなく印象的ですばらしい。
これだけでも見る価値は十分にあるとさえ思う。
ヒトラーを演じた俳優ですな、さすが。
kosukeさん [CS・衛星(字幕)] 6点(2016-01-20 02:28:14)
68.《ネタバレ》 なかなか面白いな~、話の持っていきかたが上手い。全く状況がのみ込めなくて「??」の連続(笑)。いや~リーアムさんはこういう役がホント似合うよね~。後半がちょっと大味になっちゃった感があるので+最後、ダイアン・クルーガーと夫婦?でメデタシメデタシじゃないでしょ!ww。作戦は妨害するは、同僚・上司を殺すは、で組織から追われる身になるんじゃないの普通は!?  ちょいとそこらへんがアレな感じでゴザイマシタ
Kanameさん [CS・衛星(字幕)] 6点(2015-10-22 07:25:50)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
12345
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 87人
平均点数 5.77点
000.00%
111.15%
200.00%
366.90%
444.60%
52326.44%
63236.78%
71213.79%
866.90%
922.30%
1011.15%

【その他点数情報】

No名前平均Review数
1 邦題マッチング評価 5.50点 Review4人
2 ストーリー評価 3.85点 Review7人
3 鑑賞後の後味 2.80点 Review5人
4 音楽評価 3.33点 Review3人
5 感泣評価 2.00点 Review3人
chart

■ ヘルプ
© 1997 JTNEWS