ロング・キス・グッドナイトのシネマレビュー、評価、クチコミ、感想です。

Menu
 > 作品
 > ロ行
 > ロング・キス・グッドナイト
 > (レビュー・クチコミ)

ロング・キス・グッドナイト

[ロングキスグッドナイト]
The Long Kiss Goodnight
1996年【米】 上映時間:120分
平均点:6.65 / 10(Review 110人) (点数分布表示)
公開開始日(1997-04-26)
アクションサスペンススパイもの
新規登録(不明)【シネマレビュー管理人】さん
タイトル情報更新(2015-06-21)【イニシャルK】さん
Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索
Twitterにて検索
ブログに映画情報を貼り付け
監督レニー・ハーリン
助監督チェリン・グラック(第二班助監督)
ルーウィン・ウェブ(第二助監督)
キャストジーナ・デイビス(女優)サマンサ・ケイン/チャーリー・バルティモア
サミュエル・L・ジャクソン(男優)ミッチ・ヘネシー
クレイグ・ビアーコ(男優)ティモシー
パトリック・マラハイド(男優)リーランド・パーキンス
ブライアン・コックス〔男優・1946年生〕(男優)ネイサン・ウォルドマン博士
デヴィッド・モース(男優)ルーク/ダエダルス
チャド・ドネッラ(男優)若い麻薬中毒者
レックス・リン(男優)ベッドの男
G・D・スプラドリン(男優)大統領
小山茉美サマンサ・ケイン/チャーリー・バルティモア(日本語吹き替え版【VHS/DVD/フジテレビ】)
福田信昭ミッチ・ヘネシー(日本語吹き替え版【VHS/DVD】)
有本欽隆リーランド・パーキンス(日本語吹き替え版【VHS/DVD】)
中村秀利ティモシー(日本語吹き替え版【VHS/DVD】)
川田妙子ケイトリン・ケイン(日本語吹き替え版【VHS/DVD】)
掛川裕彦ハル(日本語吹き替え版【VHS/DVD】)
野島昭生ルーク/ダエダルス(日本語吹き替え版【VHS/DVD】)
大木民夫ネイサン・ウォルドマン博士(日本語吹き替え版【VHS/DVD】)
江原正士ミッチ・ヘネシー(日本語吹き替え版【フジテレビ】)
羽佐間道夫リーランド・パーキンス(日本語吹き替え版【フジテレビ】)
大塚芳忠ティモシー(日本語吹き替え版【フジテレビ】)
牛山茂ハル(日本語吹き替え版【フジテレビ】)
小林修ネイサン・ウォルドマン博士(日本語吹き替え版【フジテレビ】)
原康義(日本語吹き替え版【フジテレビ】)
青野武(日本語吹き替え版【フジテレビ】)
脚本シェーン・ブラック
音楽アラン・シルヴェストリ
トビー・エメリッヒ(音楽総指揮)
編曲コンラッド・ポープ
ウィリアム・ロス〔編曲〕
挿入曲エルヴィス・プレスリー"Santa Claus Is Back In Town"
ディーン・マーティン"Let It Snow, Let It Snow, Let It Snow"
サンタナ"She's Not There"
撮影ギレルモ・ナヴァロ
製作レニー・ハーリン
ジーナ・デイビス(ノンクレジット)
シェーン・ブラック
ステファニー・オースティン
ニュー・ライン・シネマ(共同製作)
製作総指揮マイケル・デ・ルカ
スティーヴ・ティッシュ
配給ギャガ・コミュニケーションズ
特殊メイクゴードン・J・スミス
美術スティーヴ・アーノルド[美術](美術監督)
デニス・ダヴェンポ-ト(美術監督)
衣装マイケル・カプラン〔衣装〕
編集ウィリアム・ゴールデンバーグ
録音スティーブン・ハンター・フリック
ゲイリー・A・ヘッカー
ポール・マッシー[録音]
字幕翻訳松浦美奈
その他ウエリ・スタイガー(スペシャル・サンクス)
アラン・シルヴェストリ(指揮)
あらすじ
サマンサ(ジーナ・デイヴィス)は記憶喪失の女性。優しい夫と娘がいて、幸せな人生を送っているのだが、交通事故をきっかけに過去の記憶を断片的に思い出す。彼女の身体には驚異的な運動能力が眠っていた。次々と襲いくる謎の敵たち。自分は何者なのか?冴えない探偵ミッチ(サミュエル・L・ジャクソン)とともに、サマンサは自分探しの旅に出るのだが・・・。『ダイ・ハード2』のレニー・ハーリン監督がおくる、アクション大作。ハリウッド史上最高額の脚本料(当時)が話題に。
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)

【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
123456
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
110.この映画は2015年以前に観た人と2016年以後に観た人でおそらくその印象が大きく異なる事でしょう。

2015年以前にこの映画を観た人の感想は「強い女が暴れるよくあるアクション映画の一つ」
しかし2016年以降に見た人の印象は違います。

「平野ノラじゃん!」
この映画のジーナデイビス、髪型から顔立ちから、もろ平野ノラなのです。
あまりにそっくりすぎて映画の内容が頭にはいってきません。
困ったことに中盤のアクションシーンの衣装、これがいけません。
バブル期のような赤いジャケット…もう完璧に平野ノラのコスプレです。
さらに平野ノラ度をアップさせてどうする?

しかし、そこから映画は急展開、彼女の髪型も化粧も変わり、いきなり映画から平野ノラがいなくなるのです。

まさに平野ノラロス、映画を観ている途中でのこの急激な展開。
観客はついていけずただただとまどうばかりです。

しかしご安心、ラストシーンで彼女は再び平野ノラに戻ります。
安心安心。
平野ノラロスの観客の心も癒される、まさにこれこそが真のハッピーエンドなのです。
あばれて万歳さん [地上波(吹替)] 6点(2017-03-09 23:46:25)
109.あの後急いで病院連れて行ったんかな。というか、ジーナ、死にかけてたのに元気すぎ。
ケンジさん [ブルーレイ(字幕)] 6点(2016-08-15 17:24:44)
108.《ネタバレ》 隠された過去が明らかに、といったサスペンスかと思ったらド派手なアクション映画になってびっくり。強いジーナ・デイヴィス、珍しく無能な役のサミュエル・ジャクソンが最後にきっちり活躍、小山茉美&川田妙子の新旧アラレちゃん共演と色々楽しませていただきました。
にしきのさん [CS・衛星(吹替)] 7点(2016-05-28 03:41:50)
107.ジーナはね、そりゃやろうと思えばできるのです。妙な隈取りメイクをして銃をぶっ放し、走る殴る蹴るのアクションだって、やろうと思えば。さらにフトコロの深い女性ですから夫の為と思えば半裸で水責めにも耐えるし、シャワーシーンもやるでしょう。
できてますけど、でも、結果「彼女じゃなきゃダメだった?」という疑問がしっかり残る。馬鹿監督の女優妻の誤った使い方の見本、という感想も。
つまりジーナファンとして抱くのはカットスロート~といい、彼女を雑に扱わないで、っていう怒りの感情ですな。
アクション女優なら他にいくらでも。ジーナはもっと多彩な表情、演技のできる人。
今ケイト・ブランシェットを爆炎をバックに全力ダッシュさせるようなことがあったら、みんな いや、それはないよと思うでしょ。
tottokoさん [ビデオ(字幕)] 5点(2016-04-09 00:06:04)
106.《ネタバレ》 20年前の非常に正しい映画です。
記憶喪失モノとしてはなかなか面白い脚本で、そこにコメディー、サスペンス、アクション、家族愛などいろんな要素が加わって、サラッとまとまってます。
最後は超人的な戦いになってしまいましたが、それもまた時代かな、と。
実に多彩な表情を見せてくれたジーナ・デイビス、抜群の安定感(キャラ的には不安定なw)のサミュエルと、キャストも最高。
実にお得感満載の映画です。
ろにまささん [CS・衛星(字幕)] 8点(2016-02-25 04:43:43)
105.《ネタバレ》 まさに90年代のアクション映画といった感じでCGもそれ程なくゴリゴリと実写で押しまくりながら、昔のヘビィメタルバンドのPVを彷彿とさせるような爆発と炎で画面を満たして話が進んでいきます。
アクション、コメディ的要素、ストーリー等平均点以上に楽しめるのですがどれも突き抜けるような特出したものはなく、それらが絡み合ってもそれ以上に感じさせてくれる相乗効果も生み出せてはいなかった様に思えます。
良い意味でA級の雰囲気を持ったB級の内容の作品と言った感じでした。

そのような中でサミュエル・L・ジャクソンが演じたミッチの役どころが印象に残りました。
過去に犯した罪によって別居中の(元?)奥さんの信用は0。
その為に息子との関係も微妙…。
現在進行形で家庭が崩壊しているミッチがサマンサと彼女の娘の絆を命懸けで守ろうとするその行動原理の中に反省や後悔、自分の家族に対する想いやサマンサに同じ想いをさせたくない等、彼の複雑な感情から導き出された潔い行動には好感が持てました。
また、彼のこの感情がサマンサとの関係を分かり易く処理して行き、最終的な2人の関係性も収まりの良いものにしているのと同時に話そのものにも厚みを持たせています。
ミッチを演じたサミュエル・L・ジャクソンもいつも通り良かったです。
若干のヒステリックさを要所に散りばめつつ教養の無さを表現している台詞回しで喋る彼の長台詞はアクセントや声の高低による不安定さと故意的と思われるリズム感をわざと外した間の悪さで彼独特のものとなっていますが、肯定的に彼の演技を見ている私には心地良く観賞する事が出来ました。

ブロックバスター的な安直なハッピーエンドでの話の纏め方でも解かるように作品全体として雑とまでは行かないまでの大雑把な作りになっていて、そのお陰で逆に見易くなっていた感じですが、音楽だけがその大雑把の恩恵に与れていない印象でした。
作中あれだけ良い曲を使っているにも拘らず、的確なタイミングで流れてこないのでどのシーンでも全く魅力が感じられませんでした。
本作の監督は映画に於ける音楽の説得力や破壊力といったものを軽視しているのではないかという印象を持ってしまいました。
しってるねこのちさん [CS・衛星(字幕)] 7点(2015-09-12 22:26:10)
104.引き込まれたのはミステリアスな最初の方だけで、その後のリアリティのないストーリーにはガッカリです。
ProPaceさん [CS・衛星(字幕)] 5点(2014-09-27 15:36:22)
103.かなりすっきりします、ふた昔以上前だから懐かしい通信機器が出たりしますが、リメイクするならどうなるのかな、ヒロインは誰かなと思ったり見ていました。ジーナ・デイビスかっこよすぎ!
HRM36さん [DVD(字幕)] 7点(2014-09-01 13:45:05)
102.《ネタバレ》  設定・ストーリーは凄く好き。記憶を失った良き母親が、実は政府直属の凄腕のスパイであり殺し屋っていうのは、よくある話かもしれませんが、わくわくしちゃいますよね。事故で頭を打ったことで、少しだけ記憶が蘇ったのか、包丁さばきが突然すごいことになるのが最高です。
 ですが、このシーン以降、思いの外このおいしい設定が活かされていない気がするんです。サマンサからチャーリーに入れ替わることでの戦闘能力にもう少し差をつけてほしいです。サマンサとチャーリーという二人の人格による心の葛藤がいまいち描ききれていません。せっかくの家族持ちという背景がほとんど効果的に働いていません。ドラマとアクションがうまく融合しているとは思えず、ひとつひとつのシーンの完成度に対して爽快感が薄いんです。
 俯瞰して観れば、娯楽作品として充実した内容になっているのかもしれません。にも関わらず、なんか思ったより楽しめなかった本作。観る前の期待値や、ジーナ・デイビスに対する好みの問題をふまえても、意外にいまひとつな作品でした。
たきたてさん [ブルーレイ(字幕)] 5点(2014-05-01 00:38:14)(良:1票)
101.王道を行くアクション映画。
この時代はとても分かりやすい展開が多かったんじゃないかな、とか思う。
(結果的に)無敵の主人公が数々の危機を乗り越えて悪役をぎりぎりの状況で倒していく。それが女性というのも素敵な感じか。
simpleさん [地上波(吹替)] 7点(2014-04-20 14:11:34)
100.これは女性向き、または強い女性が好きな方向きかも。ジーナがかっこいい!前半も後半もファッションも可愛いしカッコいい。今だとミラ・ジョボビッチあたりがやりたがりそうな役だけど、これはこのままで良い。
movie海馬さん [映画館(字幕)] 8点(2012-06-25 17:03:34)
99.CGがはびこる前のアクション映画としては末期の作品ですよね。
ある意味、古き良き時代だったなぁ、と感傷深かったです。
こねさん [DVD(字幕)] 6点(2012-06-03 21:47:46)(良:1票)
98.《ネタバレ》 突出して派手じゃないもののアクションとサスペンスで構成された良作。登場人物に設定された性格もメリハリがあり、終盤の瀕死になった母親を幼い娘が蘇生したシーンは思いのほかホロっと来た。
シバラク・オバマさん [DVD(字幕)] 8点(2011-05-04 16:49:38)
97.《ネタバレ》 過激なスーパーアクションの連続、まさに女性版ダイ・ハードですね。記憶を取り戻した彼女を突き動かしていたのは娘への母性本能なのでしょうか。優しい一般家庭の主婦と決して死なない女、ジーナ・デイビスは対照的な役柄を見事に演じ分けていました。
獅子-平常心さん [CS・衛星(字幕)] 7点(2009-09-25 00:39:18)
96.《ネタバレ》 主婦が押し入ってきた凶悪犯を返り討ちにする。当時使い古されたネタかはわかりませんが、とても満足しました
spputnさん [DVD(字幕)] 7点(2009-02-17 14:14:34)
95.基礎知識なしで観た。題名見て最初は家族ものか、次に記憶喪失もののサスペンスかと思ったらアクションだった。サミュエルがでてきたんでこれは本格物かと悟る。前半は少しテンポ悪かったけど、中盤以降右肩上がりグングン引き込まれた。なんか敵役が少しヌルイとこがあったけど、ジーナデービスは良かったと思う。髪切りまえあとキャラがガラッと変わったもの好感持てる。サミュエルの演技はギュッと作品引き締めたと思う。自分にとっては掘り出し物だった。
タッチッチさん [CS・衛星(字幕)] 7点(2008-05-20 17:49:35)
94.《ネタバレ》 記憶喪失が出発点なんだったら、もっと記憶が戻っていく段階を順を追って見せてくれてもいいと思うんだけどな・・・ある一時で一気に戻ってそのまんまなんて、工夫なさすぎです。前半のジーナは撮る角度が悪いのか照明が悪いのか、やたら顔がごつごつした感じだし、後半は似合わない短髪でごてごてメイクだったりして、その点でもがっかり。ただ、水車シーンの執拗な変態演出はお見事だったので、そこに+1点。
Oliasさん [CS・衛星(字幕)] 5点(2008-01-15 02:00:06)
93.《ネタバレ》 設定などはボーン・アイデンティティを思わせるがこちらはかなりコミカル。サミュエルも悪党もどちらもゾンビのようにしぶといし、細かな点でのツッコミどころには事欠かないが、展開もテンポも悪くないので気楽に楽しむには中々の出来。ただ、暗殺者という設定上しかたないとはいえ、人の殺し方が残酷で楽しさに水を差される感じはある。ラストシーンで「こんな生活を続けたいか」という問いへの返事にナイフを木に投げつけるというのも、一体どっちの意味の答えなのか判りにくい。この辺はもっと判り易く、すっきり終わらせて欲しかった。何千人も死ぬだろうテロを起こして、それをアラブ人の仕業に仕立てるという計画は今見ると笑えないネタですな。
MARK25さん [CS・衛星(字幕)] 6点(2007-07-11 21:57:49)(良:1票)
92.原題はどういう意味なのだろう。ニュアンスを生かす邦題は?
記憶喪失の驚くべき過去を持った女の話。後半は荒唐無稽に近く、てんこ盛りの割りに、面白くなく残念。
ご自由さんさん [CS・衛星(字幕)] 5点(2007-04-09 17:25:16)
91.《ネタバレ》 ○記憶を亡くしたスパイというと某シリーズが思い浮かぶが、これが当時最高額の脚本だったとはにわかに信じがたい。行き当たりばったりで、ピンチを抜け出す場面もいまいちアイデア不足。○演者も豪華で文句なしだが、ジーナ・デイヴィスの後半の格好は個人的にいまいち。色っぽい主婦って感じの前半の方が魅力的だったかな。
TOSHIさん [CS・衛星(字幕)] 4点(2007-02-25 11:09:05)(良:1票)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
123456
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 110人
平均点数 6.65点
000.00%
110.91%
200.00%
300.00%
443.64%
51715.45%
62320.91%
73531.82%
82421.82%
954.55%
1010.91%

【その他点数情報】

No名前平均Review数
1 邦題マッチング評価 7.50点 Review2人
2 ストーリー評価 6.33点 Review6人
3 鑑賞後の後味 7.25点 Review4人
4 音楽評価 6.00点 Review4人
5 感泣評価 5.00点 Review3人
chart

■ ヘルプ
© 1997 JTNEWS