アナベル 死霊人形の誕生のシネマレビュー、評価、クチコミ、感想です。 > english page

Menu
 > 映画作品情報
 > 映画作品情報 ア行
 > アナベル 死霊人形の誕生の口コミ・評価
 > (レビュー・クチコミ)

アナベル 死霊人形の誕生

[アナベルシリョウニンギョウノタンジョウ]
Annabelle: Creation
2017年上映時間:109分
平均点:6.15 / 10(Review 13人) (点数分布表示)
公開開始日(2017-10-13)
ホラーシリーズものミステリー
新規登録(2017-10-06)【たろさ】さん
タイトル情報更新(2021-02-12)【イニシャルK】さん
Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索
Twitterにて検索
ブログに映画情報を貼り付け
監督デヴィッド・F・サンドバーグ
キャストステファニー・シグマン(女優)シスター・シャーロット
アンソニー・ラパリア(男優)サミュエル・マリンズ
ミランダ・オットー(女優)エスター・マリンズ
渡辺明乃シスター・シャーロット(日本語吹き替え版)
宇山玲加ジャニス(日本語吹き替え版)
星野充昭サミュエル・マリンズ(日本語吹き替え版)
小林優子エスター・マリンズ(日本語吹き替え版)
脚本ゲイリー・ドーベルマン
音楽ベンジャミン・ウォルフィッシュ
撮影マキシム・アレクサンドル
製作ジェームズ・ワン
製作総指揮ウォルター・ハマダ
配給ワーナー・ブラザース
美術ジェニファー・スペンス(プロダクションデザイン)
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)

【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
13.《ネタバレ》  いや、もう怖くてドキドキしてんだか、驚かされてドキドキしてんだかわからないくらいビックリさせてくれるじゃない。
 今まで同様お化け屋敷映画でしたね。特に終盤はもうその手のアトラクションにしか見えなくて、なんか花火でも上がりそうな勢い。ホラーは派手にしちゃうと逆に怖くなくなっちゃいますね。
 やっぱ個人手に怖いシチュエーションは『一人きり』『暗闇』『密室』です。このどれかにあてはまると、途端にガクブル。この映画はそんなシチュエーションが盛りだくさん。もうほんとやめてほしい。
 大きな音で驚かされたくないので、音量はいつもの半分以下に。そして『大丈夫、これは作り物』と自分に言い聞かせながらの鑑賞です。
 で、ストーリーは結構ちゃんとしてて、しかもわかりやすい。
 娘を失った夫婦が、もう一度娘に会いたい一心で悪魔と契約しちゃったってのが何とも切ない。
 足が悪いジャニスが悪魔に魂奪われて、体を乗っ取られちゃうってのは予想通りだしお約束ですが、まさか取り戻せないままエンディングを迎えるとは・・・。だけどそのまま前作のラストにつながる終わり方がすごく良かったので、まあ、映画的にはアリなんでしょう。
 養父母に名前を尋ねられて『アナベル』って答えちゃうシーンは悲しくて仕方がなかったです。
 それにしてもジャニスの体を乗っ取った悪魔アナベルが、ジャニスの体が成長するまで待っていたかと思うと、それはそれで気の長い話で・・・。ご苦労様です。
 なんとなく『エスター』や『チャイルドプレイ』を思い出しちゃいますね。
たきたてさん [ブルーレイ(字幕)] 7点(2024-04-03 03:18:04)
12.《ネタバレ》 最後に出てきた、リアル・アナベル人形に一番ビビった!!
センブリーヌさん [インターネット(吹替)] 6点(2023-11-25 01:12:50)(良:1票)
11.《ネタバレ》 まあそれを言っちゃあおしまいよ、なんだけど。
そもそもあんな気持ちの悪い人形を作って飾ろうという神経が理解できないのだが。
日本人形もかなり不気味な雰囲気を醸し出すが、その比ではない造形の薄気味悪さ。
私なら絶対にあんな人形を買わないし、部屋にも置かないとそればっかり気になってしまった。
ホラーとしては驚かせ要素も満載だし、椅子付きの移動エレベーター?といった小道具も充実していて見応えはあるのだが、驚かせる相手がいたいけな少女なので、ちょっと気の毒。
シリーズものとしてはまあ及第点ではないかと。
roadster316さん [インターネット(字幕)] 6点(2022-10-18 17:56:39)
10.《ネタバレ》 基本的にはお化け屋敷ホラーで、でっかい屋敷に住むことになった孤児6人と尼さんがあの手、この手で、悪魔にビビらせられる展開。1作目よりは楽しめたけど、このシリーズ、いつも悪魔が悪魔的な造形で登場しちゃうのが、なんだかなーって感じです。オチは1作目を観てると、なるほどねと、なんか納得
なにわ君さん [インターネット(吹替)] 5点(2022-02-23 20:59:06)(良:1票)
9.《ネタバレ》 怖がらせ方のパターンはわかってきた。静かになってドカンとくるから注意です。アナベルシリーズ、面白くなくはないけど、どれも似てますね。話がつながってるのでそれは良いです。
ブリーバンデカンプさん [インターネット(字幕)] 5点(2021-08-21 00:23:30)
8.《ネタバレ》 エンドロールを眺めてましたら、亡くなった子、ビーの名前がファーストクレジットされている事に驚いた。なぜだ ジャニスやリンダのほうが余程しっかりと演技していたのになぁ。
そんなこんなで、一作目については別に大した面白さもなく、どうせその延長線なんだろとたかをくくっていましたが、それがどうして 子供たちの頑張りもあり、ビクビク系のホラーとしてはなかなかよかった。その後住み家を無くしたシスターとあの子たちは一体何処へゆくのだろう。気の毒な子たちだ。
しかし最後、ああなるのであれば これ アナベルじゃなくてタイトル➡ ジャニスになるんじゃないのかとか思ってみたりして。
あとタイトルといえば、日本で付けられた邦題、①死霊館の人形➡ ②死霊人形の誕生➡ ③死霊博物館 とタイトル似すぎてて どれがどれやら分からなくなりゃせんですか センスわるぅ~
3737さん [CS・衛星(字幕)] 8点(2020-02-08 20:15:54)
7.《ネタバレ》 アナベルって驚かすだけじゃなく力技もできるのね。どこまで創作か分からんけど。
真尋さん [DVD(吹替)] 6点(2020-01-01 23:48:06)
6.《ネタバレ》 アナベルシリーズ初視聴です。個人的にはドキッとはするけど、そんなに怖くない。脅かし系ばかりだからかな?足の不自由な女の子だけが不幸になるのが可哀想。
はりねずみさん [DVD(字幕)] 4点(2019-10-26 19:58:36)
5.《ネタバレ》 スピンオフの続編にしてはかなりいい出来栄えですね。
驚かせるシーンがいずれも秀逸だなと思うし、子供達も、みんないい演技してたと思います。
最近のホラーは理解不能な展開が多いですが、ストーリーも破綻してなく筋が通っているのにも好感持てます。
アナベルの人形は、女の子の霊が取り憑いているのかと思いきや、実は悪魔だったのですね、、、。
あろえりーなさん [ブルーレイ(字幕)] 7点(2018-04-23 20:06:04)(良:1票)
4.このシリーズ、ワンパターン過ぎない?
でかい屋敷を舞台に繰り広げられる、お化けによる驚かしの数々。次第に追い詰めていってラストは大変な事になるといういつものアレ。
今回は被害に合うのが足の不自由な孤児の女の子だったので、純粋にホラーを楽しめないというか、可哀想だなぁってのがまず先に来ちゃった感じだった。
ヴレアさん [ブルーレイ(吹替)] 6点(2018-02-14 14:12:05)
3.《ネタバレ》 前半は思わせぶりな映像の連続でゾクゾク感を充填し、いよいよ後半の絶叫へ~と思ったら、なんかバタバタと進んで終わってしまいました。このシリーズは初見なんで、こんな感じなんでしょうかね。見ていて後ろの席の人が自分の椅子を足で蹴ったのが一番驚きましたw。
Banjojoさん [映画館(字幕)] 6点(2017-11-07 23:42:27)
2.《ネタバレ》 「死霊館」とそのスピンオフである「アナベル」は安定のクオリティですね。本作も特に前半が素晴らしい。久々に怖いと感じた。これは子役の演技が真に迫っているからでしょうね。終盤少しサービス精神が過ぎたかホラーハウスみたいになってしまったが、充分楽しめた。ラストのおまけ映像は意味が分からないと思いますが、次回作の予告なんであまり気にしなくていいです。個人的には次回も楽しみです。
ぴのづかさん [映画館(字幕)] 7点(2017-10-16 00:03:34)
1.《ネタバレ》 心霊研究家ウォーレン夫婦の博物館に保管されている1アイテムだったアナベル人形。すっかりシリーズの顔とも言える扱いで今回は前日譚まで作られるとは恐れ入りました。今回はその人形の生い立ちの物語でしたが、いつも通りに丁寧な伏線の貼り方と上手いカメラワークと恐怖演出で構成されているし子役の子たちはいつもどおり巧い子を探して起用しているので安心(?)して観ることが出来ました。狙いを定め、自分の存在を知らせ、相手を精神的に弱らせ憑依を狙うというお決まりの三段攻撃は理に適ってますね。終盤に本物として存在している可愛らしいアナベル人形が出てきた時は「おおっ」と思いましたが、シリーズを観てきている人にもお約束ネタありで楽しめるし、コレが初見の人でも分かりやすく納得できる出来ではないでしょうかね。「死霊館」「アナベル 死霊館の人形」「死霊館 エンフィールド事件」そして今作とユニバース化も進んでますがどこまで広がるんでしょうね。次回は「エンフィールド事件」に出てきた修道女の話だそうで楽しみです。
ロカホリさん [映画館(字幕)] 7点(2017-10-14 23:39:40)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 13人
平均点数 6.15点
000.00%
100.00%
200.00%
300.00%
417.69%
5215.38%
6538.46%
7430.77%
817.69%
900.00%
1000.00%

【その他点数情報】

No名前平均Review数
1 邦題マッチング評価 7.00点 Review1人
2 ストーリー評価 7.00点 Review1人
3 鑑賞後の後味 6.00点 Review1人
4 音楽評価 6.00点 Review1人
5 感泣評価 6.00点 Review1人
chart

■ ヘルプ
© 1997 JTNEWS