ブラジルから来た少年のシネマレビュー、評価、クチコミ、感想です。

Menu
 > 作品
 > フ行
 > ブラジルから来た少年
 > (レビュー・クチコミ)

ブラジルから来た少年

[ブラジルカラキタショウネン]
The Boys from Brazil
1978年【英・米】 上映時間:124分
平均点:7.25 / 10(Review 48人) (点数分布表示)
公開開始日(1978-10-06)
ドラマサスペンスSFミステリー小説の映画化
新規登録(不明)【シネマレビュー管理人】さん
タイトル情報更新(2018-02-22)【S&S】さん
Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索
Twitterにて検索
ブログに映画情報を貼り付け
監督フランクリン・J・シャフナー
キャストグレゴリー・ペック(男優)ヨーゼフ・メンゲレ
ローレンス・オリヴィエ(男優)エズラ・リーベルマン
ジェームズ・メイソン(男優)エドゥアルド
リリー・パルマー(女優)エスター・リーベルマン
スティーヴ・グッテンバーグ(男優)バリー・ケーラー
デンホルム・エリオット(男優)シドニー・バイノン
ローズマリー・ハリス(女優)ドーニング夫人
アン・メアラ(女優)カリー夫人
ブルーノ・ガンツ(男優)ブルックナー教授
ウォルター・ゴテル(男優)
ウォルフガング・プライス(男優)
マイケル・ガフ〔1916年生〕(男優)ハリントン氏
カール・ドゥーリング(男優)
ギュンター・マイスナー(男優)
城達也ヨーゼフ・メンゲレ(日本語吹き替え版【フジテレビ】)
西村晃エズラ・リーベルマン(日本語吹き替え版【フジテレビ】)
宮内幸平エドゥアルド(日本語吹き替え版【フジテレビ】)
岡部政明ブルックナー教授(日本語吹き替え版【フジテレビ】)
阪脩ハリントン氏(日本語吹き替え版【フジテレビ】)
加藤精三(日本語吹き替え版【フジテレビ】)
塩屋翼バリー・ケーラー(日本語吹き替え版【フジテレビ】)
原作アイラ・レヴィン「ブラジルから来た少年」(早川書房)
脚本ヘイウッド・グールド
音楽ジェリー・ゴールドスミス
編曲アーサー・モートン〔編曲〕
撮影アンリ・ドカエ
ジェームズ・デヴィス(カメラ・オペレーター)
製作総指揮ロバート・フライヤー
美術ピーター・ラモント(美術監督)
ジル・パロンド(プロダクション・デザイン)
ヴァーノン・ディクソン(セット装飾)
衣装アンソニー・メンデルソン
編集ロバート・スウィンク
その他モード・スペクター(キャスティング)
あらすじ
ナチの残党メンゲレがある指令を出す。それは「2年半以内に、65歳の男性を94人殺せ」という不可解なものだった。ナチハンター、リーバーマンはこの不思議な指令を追ううちに、背後にいる謎の少年、そして驚くべき計画を知る・・・
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)

【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
123
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
48.《ネタバレ》 これは、大変戦慄を覚えました。序盤のうちにポリス・アカデミー出身S・グッテンバーグが早々と死んでしまう。彼が主役となって話を回してゆくのだろうと思っていた私は度肝を抜かれました。世界中の94人の公務員の男を殺せという指令の意味不明なことや、世界のあちこちに見つけられたそっくりの男の子等、謎の提示とその解明が予測もつかないし、判って震えるしでサスペンスの一級品と思います。
個人の感想ですけどこの年代の作品て、共通して淡々としたところがあって、今作は人の死ぬ場面がどれも恐ろしい。「ああー、逃げないと殺されちゃうよ!」と思っていたら本当に殺されちゃう。カメラはあまり動かず騒がず、すっ、と殺っちゃうんだ。あまりの生々しさにいちいち「ひっ」とビビります。ダムなんかトラウマになりそうだ。
整形かメイクか、顔に違和感のG・ペックの怪演や、クローンアドルフの男の子ともに不気味でいっぱい。遺伝子と環境の二つを揃えてやればもしかして、と思えなくもない現状も怖い。特に21世紀の今なんか欧州各国で極右政党が台頭してますから、メンゲレ博士の狙いも実現しやすい土壌は十分ですし。怖い。
tottokoさん [CS・衛星(字幕)] 8点(2020-01-15 00:11:38)
47.フランクリン・J・シャフナーは「猿の惑星」、「パットン大戦車軍団」、「パピヨン」は見たことがありましたが、本作はレンタル店にも動画サイトにもなかったので見たことありませんでした。
最近TSUTAYAレンタルでたまたま見つけたので見ました。
タイトルは「浦安鉄筋家族」の単行本に収録されていた作品に引用されていたので有名な作品なんだろうと思っていました。
タイトルだけでいつも「未来世紀ブラジル」と混同していた作品です。
実際見てみたら割かしちゃんとしていて「ナチス」とか「クローン」とか、当時としては斬新な内容だったんじゃないかと思います。
確かルパンの最初の映画版と並んでクローンを題材にした代表的な作品…と書いてあった気がします。
キャスティングは年老いたグレゴリー・ペックとローレンス・オリヴィエと大御所。
バットマンの執事役で有名なマイケル・ガフ(この時点でもうジジイ)、ヴィム・ヴェンダースの映画に出てたブルーノ・ガンツと地味に知ってる人が出ています。
ま~、「ナチス」と「クローン」を題材にすれば、やっぱりそれなりに面白いです。
しかし、フランクリン・J・シャフナーの作品は先に挙げた作品も含め、質が高く、斬新だったり、題材から着眼点が面白かったりするんですが、僕の中では良くも悪くも7点なんです。
個人的に作風的にはもっと高い点数を付けたい気もするんですが、客観的に評価するとやっぱり7点です。
ま~客観的にといっても評価しているのは私なので結局は主観的ではありますが…
映画の夢さん [DVD(字幕)] 7点(2019-12-03 23:44:10)
46.《ネタバレ》 なかなか面白かったですね〜。
メンゲレ博士がヒトラー復活のために複製を何十人も作るという。
70年代ですでにクローン話を持ってくる斬新さ、ナチスというヒストリーとSFの噛み合わせ、
そしてまた終盤の展開や終わり方なんかはホラー的ですらある。
いろんな要素の組み合わせで、一つの映画としてとても面白く見ることが出来ました。
あろえりーなさん [CS・衛星(字幕)] 7点(2019-06-04 18:15:44)
45.小説を見てから鑑賞。あまり期待していなかったけど、まぁまぁ楽しめた。
ホットチョコレートさん [CS・衛星(字幕)] 5点(2019-05-20 19:25:17)
44.《ネタバレ》 秘密の会合でメンバーに伝えられたのは、リストアップされた65才くらいの公務員の男たち94人を暗殺する指令。
どういう目的があるのか見当がつかないので、サスペンスとしてまず興味を惹かれる。
こうした不可思議な謎を提示する場合、無理のあるこじつけのような納得できないネタバラシになることもしばしばあるけれど、これは十分納得できた。
確かに遺伝子をコピーしても、同じ環境にしないと、同じような人間に育つ確率は低くなる。

恐るべき男のクローン少年たちを、まだ罪を犯してもいないのに抹殺することなどできない。
でも、ラストで少年の垣間見せた残虐性が、将来恐ろしい事態になることを示唆して余韻が残る。
飛鳥さん [CS・衛星(字幕)] 7点(2018-12-10 20:19:56)
43.《ネタバレ》 1978年のイギリス映画。恥ずかしながら今回初めて観た。
遺伝子技術によるシリアスなサイエンススリラーと言うより、エンターテイメント性重視の荒唐無稽なナチス陰謀物だと思う。

ハマープロの後を継ぐ、ネオ英国ホラー路線と言うべきか。
そう思うのは、これの2年前に公開され世界中で大ヒットしたホラー映画『オーメン』の影響が感じられるから。
グレゴリー・ペック主演ということ以上に、悪魔の子=世界を破滅に導く者の復活と、それ守護する組織VS阻止する個人の闘いを謎解きのミステリーとして描くプロットが、まったく同じ。

また、『オーメン』の様なA級の芸術性(特に撮影の美意識的こだわり)が無く、気合の入ったグレゴリー・ペックの演技も逆に浮いて見える。
他にも、ユーモアが中途半端だったり、配役やガジェットが同時期に製作された『007』シリーズからの流用だったりと、廉価版であることは否めない。

一層のこと、思いっきりドライに描くか、B級に寄せた方が完成度は高くなったのでは?
クローン技術に着目して逸早く描いた価値は高いが、A級の映画に成り得なかったことが何とも勿体ない。
墨石亜乱さん [ブルーレイ(吹替)] 6点(2018-11-11 11:28:57)
42.コメディにもなりそうな話を、大真面目に作っているところがいい。かつてローマの街を王女とともにバイクで疾走していたアメリカ随一の好青年が、老成してドイツのマッドサイエンティストに変貌するというのは、なかなか感慨深いものがあります。それに、クローン少年の表情のなんとも憎たらしいこと。よくぞこういう子役を見つけてくるものです。
そしてきわめつけは、終盤の老優2人による取っ組み合い。大昔に見た「ゆきゆきて、神軍」を思い出しました。そういえばテーマも似て非なるものがあるし。容赦のない残酷な描写もありますが、また多少退屈する場面もありますが、なかなか傑作だと思います。
眉山さん [CS・衛星(字幕)] 8点(2018-09-26 01:22:02)(良:2票)
41.《ネタバレ》 クローン・ネタってのも今となってはすっかり手垢がついてしまった感もありますが、それでもなお本作が魅力を保っているのは、謎の提示のうまさですね。最初の方で、犯人一味の正体も明かされるし、彼らの計画も明かされる。だけど、何のための計画なのか、ってのが謎になってて、それが徐々に明らかさにされていく。で、その明かされる謎というのが、正直、「んなアホな」と言いたくなるような、荒唐無稽なものなんですが、「荒唐無稽な事件の裏を、実は一本の荒唐無稽な理屈が貫いていた」というところに狂気、残酷さ、恐怖、といったものを感じさせるワケで。
ま、バカミスの嚆矢とでも言いますかね。
ほとんどセリフの無い冒頭シーンの緊迫感。何やらよくワカランうちに唐突に発生する殺人事件。厚化粧ですっかり誰だかわからなくなってるグレゴリー・ペックの不気味さ。一方の探偵役、ローレンス・オリヴィエの、いかにも頼りない感じと好対照です。まあ、クライマックスがジジイの取っ組み合い、ってのがいささか盛り上がりに欠けるところではありますが。
ジェリー・ゴールドスミスの音楽、ここでも器用なところを見せて、しばしばドイツ音楽を想起させるようなスコアを披露しています。メインのテーマはワルツ風ですが、リヒャルト・シュトラウスばりの濃厚なオーケストレーション。また中盤ではワーグナーのパロディ?みたいな音楽も聴かせてくれます。
鱗歌さん [CS・衛星(字幕)] 7点(2018-09-03 21:16:46)
40. クローン技術を使っても全く同じ人間を作れないとはよく言われること。「新たなモーツァルトやピカソが誕生」するためには環境を同じにしなければ不可能、という要素が加わるためだが、少々雲行きが怪しくなってきた。
 クローン人間の作成は倫理を無視すれば技術的に可能な段階に達している。そして、現代の技術では不可能だがそう遠くない時期に意識や記憶の移植が可能になるとのこと。そうなれば(ヒトラーの時代には間に合わなかったが)、やがてどこかの国の独裁者をクローン+意識・記憶移植でコピーする悪夢が現実にならないとは言い切れない。そういった意味で、この映画は時代を先取りした怖さがある。
 老優二人の鬼気迫る競演は見ごたえがあった。特にG・ペックはメンゲレの狂気をオーバーアクトで魅せてくれる。
 ドーリング家の鏡に映る数多くのエリック(ヒトラーのクローン)は作品のテーマを暗示する名場面。テレビ放映当時、「ヒトラーのクローン役の子供が可愛くない」という意見に対し、「ヒトラーの子供時代が可愛いわけがない」と反論があったが、後者の意見に1票。
風小僧さん [CS・衛星(字幕)] 8点(2018-09-02 14:20:10)
39.《ネタバレ》 国外からの抑圧の鬱憤を晴らしてくれそうなちょび髭先導者。そんなリーダーを熱狂的に支えた国民と自己中的忠誠心旺盛な取り巻き連中。そんな背景がなければ第三帝国の野望なんて存在すらしなかったはずですが、独裁者のクローンを94人も作って第四帝国って、荒唐無稽で面白過ぎて怖いです。
ProPaceさん [CS・衛星(字幕)] 6点(2018-09-01 23:59:19)
38.70年代後半サスペンス特有の、じわじわ~っと危機が迫ってくるような雰囲気は悪くないのですが・・・ミステリーとして見た場合のウラはともかく、登場人物の行動に変化やドラマがないので、映画を見ているというよりも、よくできた小説の映像再現版を見ているような気になるのです。
Oliasさん [CS・衛星(字幕)] 4点(2018-08-28 23:49:54)
37.何度めかの鑑賞。
オチが分かっていて見るのと多少魅力は下がるが、初見を考えると評価できる作品か。
simpleさん [CS・衛星(字幕)] 7点(2018-08-19 16:43:55)
36.ヨーゼフ・メンゲレという実在した鬼畜医師を演じたのが「アメリカの良心」ともいうべきグレゴリー・ペックというのに仰天。私だって一度はこういう役をやってみたかったんだよと言わんばかりの怪演が特筆もの。ナチハンターのローレンス・オリビエ(この人もメンゲレ役が似合いそう)との肉弾戦はご老体同士とは思えない迫力で、それ以上にドーベルマンとの肉弾戦もどうやって撮影したのだろうと思うもの凄い迫力。意図が不明な陰謀の全容が明らかになってゆく過程に引き込まれ、荒唐無稽であるのに妙なリアリティがあり余韻が残る。お目当てジェームズ・メイソン(この人が一番メンゲレ役が似合う)の存在感の薄さを補って余りある秀作。
The Grey Heronさん [DVD(字幕)] 8点(2018-05-06 00:17:27)
35.《ネタバレ》 住所地もバラバラな65歳の公務員男性九十何人を殺すという不思議な指令の意味、主人公にメンゲレが選ばれた理由が一挙に明かされる中盤以降のスリリングさは推理小説を読んでいるようでした。考えてみると確かに、遠大過ぎてツッコミどころの多い計画ではありますが、ヒトラーと同じ遺伝子を持つ少年の冷徹な態度を見せられると、背筋がヒヤリとする思いがしました。
次郎丸三郎さん [DVD(字幕)] 8点(2017-09-16 17:41:08)
34.《ネタバレ》 これはスゴイ。なんといっても謎が謎を呼ぶ展開の影にある壮大な計画の存在がいいですね、よく考えられていてますホント(まぁちと雑な感は否めませんがw)。そして、意表を突くキャスティングもまた良い。あのグレゴリー・ペックがこういう役をやるとはね~まさに怪演。やっぱりいい人のイメージがあるから、そのギャップがまたよいスパイスになってます。 ちなみに、この映画がスタートして最初10分ぐらい?殆んどセリフらしいセリフが発せられませんね。一瞬なにか機械が壊れたかと思いました(苦笑) 。なかなかでゴザイマシタ
Kanameさん [DVD(字幕)] 7点(2017-04-11 07:41:01)
33.《ネタバレ》 ストーリーの構成要素が豊富です。再興を目論む元ナチス、世間から忘却された反ナチス活動家、同じ顔を持つ少年たち、父親を殺す謎、人体実験、当時としては新しかったクローニング、etc。それがら上手にサスペンスとして纏まっています。現代のサスペンスに比して映像的には地味だけど、それが却って上質を醸していました。
3~5%。ヒトラーのクローンにヒトラーと同じ生い立ちを与えた場合に、ヒトラーと同じ人格が形成されるパーセンテージです。2~30人に一人がヒトラーになるってことですね。なんとも大味な計画でした。徹底的にナチスを憎んでいるリーベルマンが少年を生かそうと思ったのは、そんな不明瞭な成功率を元に人を殺すことへ疑念です。さらに、たとえ少年にヒトラーの人格が宿ったとしても少年から未来を奪う正当性への懐疑だった思います。突飛とも云える設定の基底に人間性を感じさせる秀作です。
アンドレ・タカシさん [CS・衛星(字幕)] 7点(2016-09-16 03:36:52)(良:2票)
32.《ネタバレ》 ○カルト映画としては個人的に金字塔的作品だな。○多少の中だるみこそあるが、次々と明らかになる事実に驚かされる。ラストシーンのインパクトもかなり大きい。
TOSHIさん [CS・衛星(字幕)] 7点(2016-05-11 21:44:50)
31.《ネタバレ》 これは面白い。
邦題も原題の直訳で正解、非常に惹かれるタイトルです。
ストーリーも明確だし、ジワリジワリ明らかになる真相の展開が非常にうまく、目が離せませんでした。

今リメイクしても十分面白い作品になると思う(ナチ云々がOKならば・・)が、やはりこのオリジナルを超えるのは無理だろうな。
夜光華さん [ビデオ(吹替)] 8点(2015-06-24 09:22:48)
30.《ネタバレ》 30年経ってちょっと時代背景がもう違うので、感慨も違う。聞いたことのあるメンゲレやナチス追跡隊の題材が嬉しい。ちょっとテンポの悪さもあるけど、これも時代か。やっぱり演技がいいよねえ。メンゲレリーベルマンそして子役ヒトラーコピー。うまく人物の特徴を演じている。メンゲレの偏執的な、リーベルマンの知的さ、ヒトラーコピーのヒトラーらしさ。ちょっと感心した。
タッチッチさん [DVD(字幕)] 7点(2014-11-07 12:29:41)
29.オリヴィエとペック、2人の名優が顔を揃えながらも未公開に終わっている作品です。
やはり製作当時、その内容が問題視されたのでしょうか。
敢えて地味な作風となっていますが、
その分ナチ・ハンターと元ナチスの狂気の科学者を演じるオリヴィエとペック、
名優2人の存在感が引き立っており見応えのある作品となっています。
中でも見どころは大熱演を見せる、悪役が似合わないペックの怪演でしょう。
一方オリヴィエは「マラソンマン」では本作とは逆の元ナチスの博士という役で実に不気味な雰囲気を醸し出していました。
オリヴィエとペック、このキャストが入れ替わっていたらどんな作品になっていたでしょうか?
それも見てみたかった気がします。
とらやさん [DVD(字幕)] 7点(2014-10-18 15:36:33)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
123
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 48人
平均点数 7.25点
000.00%
100.00%
200.00%
312.08%
412.08%
524.17%
6612.50%
71429.17%
81939.58%
9510.42%
1000.00%

【その他点数情報】

No名前平均Review数
1 邦題マッチング評価 6.50点 Review2人
2 ストーリー評価 4.33点 Review3人
3 鑑賞後の後味 6.66点 Review3人
4 音楽評価 7.00点 Review1人
5 感泣評価 Review0人
chart

【アカデミー賞 情報】

1978年 51回
主演男優賞ローレンス・オリヴィエ候補(ノミネート) 
作曲賞(ドラマ)ジェリー・ゴールドスミス候補(ノミネート) 
編集賞ロバート・スウィンク候補(ノミネート) 

【ゴールデングローブ賞 情報】

1978年 36回
主演男優賞(ドラマ部門)グレゴリー・ペック候補(ノミネート) 

■ ヘルプ
© 1997 JTNEWS