ファイティング・ダディ 怒りの除雪車のシネマレビュー、評価、クチコミ、感想です。

Menu
 > 作品
 > フ行
 > ファイティング・ダディ 怒りの除雪車
 > (レビュー・クチコミ)

ファイティング・ダディ 怒りの除雪車

[ファイティングダディイカリノジョセツシャ]
In Order of Disappearance[米]
(Kraftidioten)
2014年【ノルウェー・スウェーデン・デンマーク】 上映時間:112分
平均点:8.00 / 10(Review 3人) (点数分布表示)
アクションサスペンスコメディ犯罪ものヤクザ・マフィア
新規登録(2018-04-04)【たろさ】さん
タイトル情報更新(2019-05-27)【たろさ】さん
Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索
Twitterにて検索
ブログに映画情報を貼り付け
監督ハンス・ペーター・モランド
キャストステラン・スカルスガルド(男優)ニルス
ブルーノ・ガンツ(男優)パパ
ペーター・アンデション(男優)エギル・ディックマン(ウィングマン)
クリストファー・ヒヴュ(男優)スティグ・エリック・スミス(ストライク)
製作総指揮ステラン・スカルスガルド
ハンス・ペーター・モランド
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)

【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
3.《ネタバレ》 いやあー何これ面白い!二回続けて観ちゃった。二度観てわかったけど、これ笑っていいやつだった。同系のキレるオヤジもの「96時間」がマジ物件なのと違ってコメディなんだね。ちなみにリメイクはやっぱりL・ニーソンだとか。
テンポが素晴らしいじゃありませんか。わかりきった説明は一切省き、どんどん進む。さくさく悪い奴が死ぬ。死人が出るたび、ぽっと表示される墓標。宗教によって十字架等の種類もちゃんと変えている凝りよう。クールだなあ。
話はガンガン進むのに、末端キャラに至るまでなんでかやけにしっかり存在感がある。おかげで全員の顔が覚えられます。ノルウェー組織の構成員が「福祉国家は寒い国ばかり」と”福祉か日差しか”と社会福祉論に切り込んでみせたかと思うと、セルビアギャングはノルウェーの刑務所における人権意識の高さに国民性の違いを見るのであった。なにこの描写。「無駄話」がこんなに活きているのはタランティーノ以来の衝撃。
あまりに早い日系殺し屋の退場っぷり、ドライすぎる中国人の嫁、雪ではしゃいでしまうセルビア人、等ふふっと笑わせたかと思えば「重機カタログの本読み」で爆笑させられたり。
ニルス、ウィングマン、ブルーノ・ガンツら渋い顔のオヤジ(じいさん)らがやたらかっこ良い。
息子を殺された同士ゆえか、なぜか心通じ銃を収めるラストシーン。ぐっときそうになったところへ、まさかあんなトコからもう一人分十字架追加とは(!)
いやあ参った。シュールでありつつ、脚本は良く整理されているし。桁違いに大量の雪景色と巨大重機の画にも圧倒されるしで。おそるべき珠玉の北欧映画であります。
現題はスウェーデン語で「大馬鹿野郎」だそうで、いや馬鹿はたくさん出てくるのですが。やはり親の家督を継いだだけのボンボン、器の小さいこと、判断の正しくないこと、部下に売られる末路、と伯爵こそがタイトルにふさわしい馬鹿ですね。
tottokoさん [CS・衛星(字幕)] 10点(2020-03-26 16:42:28)
2.《ネタバレ》 本作と同じ監督のセルフリメイクであるアメリカ映画「スノー・ロワイヤル」を先に見ました。
当然ではあるのですが、ストーリーは同じです。印象的な十字架の使い方とか細かい部分も同じです。
「スノー・ロワイヤル」でファイティングダディを演じたのは最強オヤジ、リーアム・ニーソン。
同じような年恰好で、これほどに強いオヤジ役が北欧にいるのか?と思っていたら、
そうだ、北欧にはステラン・スカルスガルドがいたじゃないか。
顔のいかつさもガタイも、全くひけを取らないファイティングダディぶりです。
リーアムは模範市民で雪国の除雪作業員のおじさんには全く見えなかったけど、
ステランの方が田舎町の労働者のおじさんに見えるいい意味での普通っぽさがあるのも良かった。
途中から参戦するギャングのボス役にドイツの名優、ブルーノ・ガンツの登場にはビックリでした。
とらやさん [CS・衛星(字幕)] 6点(2020-03-01 22:37:39)
1.《ネタバレ》 ようけ死んだ。でもそれでいいのだ。死んで供養されて当然なのは最初の息子だけなのだから。 

オリジナル一本に絞っての鑑賞です。後にリーアム・ニーソンでハリウッドリメイクされているものもありますが、そちらには一切興味がありません。 

ただ、正確にはこちら、
ファイティング・ダディ 怒りの除雪車ではなく➡ ファイティング・ジジイ 怒りの除雪作業員と言ったほうがピンとくる感じです。しかし、なかなかハードで激おこな しっかりとしたクライムアクションになっていたかと思います。一人死ぬ度に表示される十字架マークがメリハリ利いていまして かなりグッドな感じです。息子の死亡時を除いては。
3737さん [CS・衛星(字幕)] 8点(2020-02-25 00:15:29)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 3人
平均点数 8.00点
000.00%
100.00%
200.00%
300.00%
400.00%
500.00%
6133.33%
700.00%
8133.33%
900.00%
10133.33%

■ ヘルプ
© 1997 JTNEWS