塔の上のラプンツェルのシネマレビュー、評価、クチコミ、感想です。

Menu
 > 作品
 > ト行
 > 塔の上のラプンツェル
 > (レビュー・クチコミ)

塔の上のラプンツェル

[トウノウエノラプンツェル]
Tangled
2010年【米】 上映時間:101分
平均点:7.54 / 10(Review 100人) (点数分布表示)
公開開始日(2011-03-12)
ラブストーリーコメディアドベンチャーファンタジー3D映画
新規登録(2011-03-17)【青観】さん
タイトル情報更新(2019-07-07)【Olias】さん
Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索
Twitterにて検索
ブログに映画情報を貼り付け
監督バイロン・ハワード
マンディ・ムーア〔女優〕ラプンツェル
ザッカリー・リーヴァイフリン・ライダー
ドナ・マーフィゴーテル
ブラッド・ギャレットフックハンド
ジェフリー・タンバービッグノーズ
M・C・ゲイニー警護隊長
バイロン・ハワード
ロン・パールマンスタビントン兄弟
リチャード・キールバルド
ニコラス・ゲスト
中川翔子ラプンツェル(日本語吹き替え版)
佐山陽規警護隊長(日本語吹き替え版)
諸星すみれラプンツェル(幼少期)(日本語吹き替え版)
根本泰彦グレノ(日本語吹き替え版)
多田野曜平ショーティー(日本語吹き替え版)
音楽アラン・メンケン
製作総指揮ジョン・ラセター
制作ウォルト・ディズニー・ピクチャーズ
配給ウォルト・ディズニー・ジャパン
あらすじ
塔に閉じ込められて育った少女が、泥棒の侵入がきっかけで、生まれてはじめて外界に出る。そこで泥棒と旅をし、さまざまな真実を知ることになる。
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)

【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
12345
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
80.面白い。
ピクサーのいいところをディズニーが学んだのか、
これからのディズニー作品も定点観測が必要だと思わされた1本。
miumichimiaさん [DVD(字幕)] 8点(2014-08-19 01:32:21)
79.井の中の蛙大河を知る映画。不満なのは、この世の悪が全く出てこないことかな。物語に登場する悪は過保護な親の恐怖だけじゃないですか。それじゃあ「世の中には怖いことがいっぱい」というラプンツェルを塔に幽閉するための表面的な理由に重みが出ないじゃん!悪そうな奴はだいたい良い奴だし……。悪役はヴィラン以外にも必要ですよ。物足りないなぁ…。
カニばさみさん [DVD(字幕)] 6点(2014-08-06 21:44:55)
78.《ネタバレ》 映画館ではなく、自宅のノートパソコンのちいさい画面でこの映画を観てしまった自分に、バッカジャネーノと言いたい。
no_the_warさん [DVD(字幕)] 7点(2014-05-08 02:06:50)(良:1票)
77.映像も歌もストーリーもよかった。
黒ネコさん [地上波(字幕)] 8点(2014-05-04 15:13:24)
76.完璧なディズニーワールド。素晴らしい。王道だけど、突っ込みどころもあるけれど、ラプンツエルの可愛さとアクションと歌声とウィットのとんだ会話のおかげで全く気になりません。老若男女とわず楽しめること間違いなし!問答無用で幸せな気分にさせてくれます。
うらわっこさん [地上波(吹替)] 9点(2014-04-30 23:37:02)
75.《ネタバレ》 魔法の力を宿す金のロングヘアーを持つ王女が、魔女に閉じ込められた塔から飛び出して盗人と大冒険、ディズニー・ミュージカルアニメ。夜空に輝く満天の光、映像は美しいですが内容は単調な印象。
獅子-平常心さん [DVD(字幕)] 6点(2014-04-27 01:58:35)
74.《ネタバレ》 ディズニーらしい王道のプリンセスストーリーといった印象です。観賞は吹き替えでしたが、歌も良かったですし、映像も美しかったです。不思議な力と魅力を持っているラプンツェルと共に感情移入しながら観ていられますが、ある意味全て予定調和で物語が進みます。それは安心して観ていられるというのはあるんですが、全体的に小奇麗にまとまりすぎて逆に地味に感じてしまったというか、他のディズニープリンセス系の映画に比べるとどこか一つ突出したものがないなぁと感じました。
Nerrucさん [地上波(吹替)] 6点(2014-04-23 14:20:08)
73.これは素晴らしい映画でしたよ!
よしふみさん [DVD(吹替)] 10点(2014-04-20 01:28:07)
72.《ネタバレ》 映画の内容は詳しく覚えていないが当然ハッピーエンド。
自信をもって言えることは、ラプンツェルはかわいい。
アナと氷の女王よりも・・・以上です。
たかしろさん [DVD(字幕)] 6点(2014-04-07 15:57:14)
71.《ネタバレ》 ラプンツェルが真相に気づいて育ての親である魔女を憎むところが急すぎる印象でした。もう少し徐々に流れてくれればよかったのだけど。

それでも、いい映画でした。
Yuさん [地上波(吹替)] 7点(2014-04-07 11:41:08)(良:1票)
70.《ネタバレ》 魔女は若さのためだけに、あんなに苦労してラプンツェルを閉じ込めておいたのか。野望もなく?(それを言えばシンデレラとか白雪姫もあんまり変わらないかもしれないが…)あと、相手の男、ただの盗人でしょ?アラジンみたいに生活に困ってる感もなく、人助けのために盗みをやっている描写もなかったような(テレビ版だから?)安心して鑑賞できるディズニー映画でしたが、いまひとつ盛り上がりに欠ける気もします。
なこちんさん [地上波(字幕)] 5点(2014-04-06 23:48:03)
69.ディズニーアニメとしてオーソドックスで素晴らしい。
もちろん、作品としての深い意味とかないので、観終わった後はほとんど忘れてしまうけど、息抜きとしてはいいんじゃないかと思う。そういうのも映画としてはまあいいかと。
simpleさん [地上波(吹替)] 7点(2014-03-20 22:23:15)
68.元々はグリム童話だったらしい。それを明るく元気なお姫様とハンサムな泥棒というディズニーらしい映画に変えユーモラスに描く。そのユーモラスさの極めつけは何と言っても馬のマキシマス、表情たっぷりの滑稽さは最高。その他の登場人物もすべて良く、ミュージカルというよりコメディの要素が勝っているように思える。これなら万人受けするのでは・・・。
ESPERANZAさん [DVD(字幕)] 8点(2014-03-20 21:27:10)
67.《ネタバレ》 とりあえずラプンツェルが可愛かった。
それからめっちゃ怖そうな人たちが歌ったらサイコーに愉快だった。
これがまさにディズニーマジック。
あと、ラプンツェルの気分の浮き沈みが激し過ぎたりとか、
なんかネタが現代的な感じがした。

長い髪をまるで鞭のようにし、ステージを生かしたジャンプアクションなど、
もしかしてゲーム化してガッポガッポの予定ですか?なんてしょーもないこと考えてしまった。
本作の敵はディズニー史上もっとも恐ろしい悪キャラ。
「過保護の母親」を上手く表し、愛と鞭で相手を支配するなんて怖すぎる。
トイストーリー3のピンクの奴といい怖すぎるでしょコレ。
美少女の18年どうしてくれんだよババア。

・・・ファンタジーとしてのレベルは高く、無数の灯篭が湖上を覆う場面とかはもうファンタジーの極致といえます。
そしてアラジンと同じくらいロマンチックだと思う。

ここで同意を得られない喩をすると、
FFⅨっぽいなと思ってたらラプンツェルの最後はFFXのユウナみたいになってビックリした。
そして衰退の一途をたどるFFとは違い、ディズニーマジックは衰退という言葉をまだ知らないようだ(なんちゅー喩だ・・・)。
ゴシックヘッドさん [地上波(吹替)] 8点(2014-03-19 23:20:06)
66.《ネタバレ》 勤務先のアルバイトの女子高生が「ラプンツェル、あれ、ヤバかったです!もう最初から最後までキュンキュンきちゃいました!」とべた褒めしていたので、「どれ、じゃあ色んな経験をつんで酸いも甘いも噛み分けた中年オヤジであるわしのハートも果たしてキュンキュンさせられるかいのぉ~」と挑戦するかのような心持ちで鑑賞してみました。は、はは、見事に負けちまった…。ベタですけど、中年オヤジであるわしの薄汚れたハートにもちゃんとキュンときたではないか(笑)。確かに、童心に返りたい女子高生のハートを鷲掴みにするようなネタ(ラプンツェルのキューティクル感MAXな長い金髪、キモ可愛い相棒のカメレオン、最強の武器は何故かフライパン、そしてお調子者の泥棒とのちょっぴり切ない恋愛要素…)がてんこ盛り。ガミガミうるさいお母さんにうんざりしてる反抗期の女の子の心情にも憎いくらいに応えてくれてるしね。最後まで飽きさせない練られたストーリー展開、魅力的なキャラクターたち、適度なユーモア、そしてセンス溢れる美しい映像の数々…。こういう観客の求めているものをしっかりと把握して製作されただろうエンタメ映画も素直に素晴らしいと思います。先入観に捉われず、多くのわしのような中年オヤジの皆様にも是非観て貰いたい完成度の高い作品でありました。ラプンツェルのナイスなお転婆感が可愛いっす! でも、その職場の女子高生に「ありがとう、面白かったよ!」と伝える勇気はないけどね(笑)。
かたゆきさん [DVD(字幕)] 8点(2013-11-18 11:54:13)(良:2票)★《更新》★
65.《ネタバレ》 これは面白いです。馬が素晴らしい。
自分が王女であることを思い出す理由が弱く、
きっかけはあるにはあるが、いきなり全てを思い出してしまうので
これだけは納得のいくしっかりした理由がほしかった。
虎王さん [DVD(字幕)] 8点(2013-11-12 19:39:44)
64.「アナと雪の女王」を観た後にこちらを再見したのですが、あらためてこの映画のすごさを思い知りました。

会話のセンスや気の利いたユーモア、何より目を離せない完璧なストーリー展開は「アナと雪の女王」では足元にも及びません。特にストーリーは…アナは穴だらけすぎて…って駄洒落言ってる場合じゃないっす。
アナが上回るのは、楽曲と吹替え声優の質くらいしか思いつかないです。

欠点らしい欠点がなくほとんど非の打ち所のない完璧な出来の本映画は現代のアニメーション映画の金字塔と言って過言ではないと思います。いえ、断言します。現代アニメーション映画の金字塔です。断言しました。やりました。僕だってやるときはやります。

そもそも映画とは人に夢と希望を与えるべきものだ、と僕は思っているのですが、その映画としての魅力が目一杯に詰め込まれすぎた宝石箱のような素敵な映画です。

本当に大好きです、この映画。
(というレビューを書いてるのが50歳の男性だという怖さったらもう!)
あばれて万歳さん [CS・衛星(字幕)] 10点(2013-10-17 21:38:41)
63.童話のラプンツェルというと、金色のゆたかな長ーい髪を塔からたらすイメージ。 「メリダとおそろしの森」もそうですが、最近のCGアニメの髪のテクスチャーは精緻をきわめ、キューティクルまで見えそう。 このアニメでは彼女のふだんの生活ではそのヘアがお荷物でしかないように見せていて、だから最後の大胆なアレンジがあざやか! おなじみの童話でもアイディア次第で斬新な作品になることを証明。(ひとふさ切れたのが×色なのがヒントでしたね) 王子さまともイロイロあって、出会ってすぐにメデタシメデタシなのは遠い昔。 夜の湖が光のページェントとなる場面が幻想的な美しさで、作品のハイライト。
レインさん [CS・衛星(字幕)] 7点(2013-10-03 07:00:03)
62.《ネタバレ》 ポスター、パッケージのイメージで「キラキラ甘々な夢見る少女専用」という感じがして全く興味が湧かず一生見ることはないと思っていたのですが、ここでの評価が良いのでレンタルして見ました。見て良かったです! 中学生の息子は見ないだろうなぁと思っていたら楽しんで一緒に見てました。ポスターで見るラプンツェルにはさっぱり魅力を感じませんでしたが、アニメーションで見る彼女は美しく可愛らしく魅力的でしたし、ストーリーの語り始めは彼女ではなく男のキャラで、べっとり女の子向けみたいに思わせない上手な切り出し方だったと思います。男のキャラも甘々な少女用の反吐が出るような王子様キャラではなく、同性から見ても違和感や嫌味がなく程よいハンサムで好感持てるキャラでした。それに加えて警察犬のようなスゴイ馬がうまいこと引き込んでくれます。悪役の偽母は「はい、こいつが悪者です」と分かりやすく作られていますが、子供の自立過程でそれなりに心配する親が、子供を必要以上にコントロールしてしまうような良くない部分だとか「あなたのため」と恩着せがましい言い訳をしながら「実のところ親本人のエゴのためだけじゃねぇかよ!」というケースをシンボル化したキャラでもあります。締めくくりも「一緒に幸せに暮らしましたとさ、めでたしめでたし」という感じのベタではあるけれども、語り出しと同じく男側の語りになってニヤリと笑える粋な工夫は良かったです。1点気になったのは、花を独り占めしていた偽母は褒められたもんじゃないけれど、勝手に持って行かれちゃ気分良くないのも分かるし、他人の子をさらって監禁するのはワルだけれども、あんな風に墜落させなくてもよかったかなぁと…オズの魔法使いの悪い魔女が消えてしまうみたいに、老化→風化→消滅くらいで済ませて欲しかった気がします。あの墜落が「やったぜ、いい気味!」というほどは憎めなかったので…
だみおさん [DVD(吹替)] 8点(2013-07-21 00:10:33)
61.《ネタバレ》 ベタだけど、面白いね。ラプンツェルまっすぐでかわいいなぁ。でもベタだから8点。
亡者Aさん [ビデオ(吹替)] 8点(2013-07-06 23:37:11)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
12345
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 100人
平均点数 7.54点
000.00%
100.00%
200.00%
333.00%
411.00%
555.00%
61313.00%
72424.00%
82727.00%
91616.00%
101111.00%

【その他点数情報】

No名前平均Review数
1 邦題マッチング評価 7.20点 Review5人
2 ストーリー評価 6.83点 Review6人
3 鑑賞後の後味 7.16点 Review6人
4 音楽評価 6.20点 Review5人
5 感泣評価 4.75点 Review4人
chart

【アカデミー賞 情報】

2010年 83回
オリジナル主題歌アラン・メンケン候補(ノミネート)作曲"I See the Light"

【ゴールデングローブ賞 情報】

2010年 68回
主題歌賞アラン・メンケン候補(ノミネート)"I See The Light"
アニメ映画賞 候補(ノミネート) 

■ ヘルプ
© 1997 JTNEWS