最強のふたりのシネマレビュー、評価、クチコミ、感想です。

Menu
 > 作品
 > サ行
 > 最強のふたり
 > (レビュー・クチコミ)

最強のふたり

[サイキョウノフタリ]
Untouchable
(Intouchables)
2011年【仏】 上映時間:113分
平均点:7.14 / 10(Review 111人) (点数分布表示)
公開開始日(2012-09-01)
公開終了日(2013-03-22)
ドラマコメディ実話もの
新規登録(2012-08-18)【+】さん
タイトル情報更新(2014-06-19)【ESPERANZA】さん
Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索
Twitterにて検索
ブログに映画情報を貼り付け
監督エリック・トレダノ
オリヴィエ・ナカシュ
キャストフランソワ・クリュゼ(男優)フィリップ
オマール・シー(男優)ドリス
アルバ・ガイア・クラゲード・ベルージ(女優)
小川真司〔声優・男優〕フィリップ(日本語吹き替え版)
菅原正志ドリス(日本語吹き替え版)
佐古真弓マガリー(日本語吹き替え版)
脚本エリック・トレダノ
オリヴィエ・ナカシュ
音楽ルドヴィコ・エイナウディ
作曲フランツ・シューベルト「アヴェ・マリア」
アントニオ・ヴィヴァルディ「和声と創意への試み」より「春」「夏」
ウォルフガング・アマデウス・モーツァルト歌劇「魔笛」より「おれは鳥刺し」
配給ギャガ
あらすじ
失業中のドリス(オマール・シー)は、生活保護を受けるため必要な不採用通知が欲しくて形式だけの就職活動のため介護者募集の面接を受ける。新しい介護者を募集していたのは、パラグライダーの事故で首から下が麻痺した大富豪のフィリップ(フランソワ・クリュゼ)だった。何を思ったか、フィリップは彼を2週間の期限付きで採用する。予想通り、ドリスは一切気を使うことなく、身障者を身障者と思わない言葉をはき、ハチャメチャな行いをする。だがフィリップは唯一本音をぶつけてくるドリスに魅力を感じるようになる。二人は次第に不思議な絆で結ばれていく。
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)

【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
123456
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
111.《ネタバレ》 主役の2人の俳優の存在感が素晴らしいと思う。
ストーリー自体は地味で特筆するものはないが、テンポが良いのとキャラクターが良いので飽きなかった。
対照的な2人の主人公はどちらも「社会的立場」や「身体能力」で大きな欠点を抱えているが、
その部分で互いを差別せずに内面だけをみて本当の友人になっていく姿が素晴らしい。
性善説に基づいたこの上なく優しい映画だと思う。
あと音楽のピアノのメインテーマが良かった。
Nigさん [ブルーレイ(字幕)] 7点(2018-08-18 01:36:40)
110.《ネタバレ》 昔、2年ほどこの映画と似たようなシチュエーションで仕事をしたことがあります。私は小心者なので主人公の次に雇われた白衣の人のような状態で、毎日がとても大変でしたがお給金が良かったので頑張りました。リアルに経験した私から言わせてもらうと、正直、実際にはドリスのようにふるまうには雇い主がかなりの理解者でないと難しいでしょう。(現実問題、うわべだけではこういう仕事は回りません。かなりの経験値ときめ細やかな配慮が必要な仕事ですコレ)

映画としてはコンパクトで綺麗にまとまっていますが、これが実話でも脚色でもかなりベタな流れです。終盤に続きが展開されるオープニングシーン以降の物語ですが、これがいったいどれくらい盛り上がるのかと期待しましたが、まさかの後妻との会食。(まあ、ネタはそれしか残っていないんですが) 個人的にはなぜ車椅子の写真を送らなかったのかと小一時間説教が欲しかったところです。

感動の押し売りが無いのがせめてもの救いで、最後までサラッと見ることができましたが「だからどうした的」な、「可もなく不可もない無難な映画」という言葉がぴったりの映画でした。実話ということで+1点献上です。
アラジン2014さん [インターネット(吹替)] 5点(2018-02-25 16:40:54)
109.得体の知れない介護人について心配する友人に対してフィリップが言う「彼は同情しない」という言葉が二人の関係の原点なのだろうと思う。ほぼ全身が不随となった人にはどうしても腫れ物に触るような対応になってしまうだろうが、相手がどういう境遇だろうが思ったことを正直に言う嫌みのない主人公の言動に劇中の周囲も乗せられてくるし見ているこちらも応援したくなってくる。ドリスの一見乱暴とも取れる言葉をいつも満面の笑みで聞いているフィリップの表情が印象に残る心の温まる映画であった。好み40/50、演出12/15、脚本9/15、演技8/10、技術9/10、合計78/100→8/10点
chachaboneさん [DVD(字幕)] 8点(2018-02-18 10:48:58)
108.優雅な世界の人間が、自分とは異なる世界に生きてきた人間に刺激を受けて、本来関わりあうはずのない二人が出会い、結ばれるという設定はわりとありふれている。例えばタイタニックもそうだし美女と野獣もそれに近い。
もちろん実話なんだからそんなこと言っても仕方がないのだけれど、この映画には実話ならではの良さみたいなものが僕には感じられなかった。なんだかそこそこできのいいフィクションものの映画を観たという感じ。
ばかぽんさん [インターネット(字幕)] 6点(2018-02-12 07:07:41)
107.なかなかいいお話だけど、富豪の気持ちはイマイチ理解できなかったなあ。
「部下や召使いが欲しいんじゃない、相棒が欲しいんだ」って気持ちは分かるけど、オペラ観劇でバカ笑いとか、いくらなんでも非常識すぎ。
でも誕生会のダンスシーンは、ちょっと良かった。
車椅子の雇い主を目の前に即興ダンスって、邦画じゃまずできないだろうなあ。
そしてそれがまたカッコイイの。
まかださん [ブルーレイ(吹替)] 6点(2017-12-30 22:09:56)
106.後味がよくて、気持ちいのいい作品!
へまちさん [DVD(字幕)] 9点(2017-12-01 23:33:05)
105.《ネタバレ》 数年前まで住んでいたマンションの隣になんとシネコンができまして(文字通りの隣にです)、今もあのマンションに住んでいたら「うちの隣はシネコンなんだぜ」と他人に言えたんだな、と思うわけですがそれはさておき、そのシネコンのこけら落としにシネコン関係者それぞれがおススメする映画を500円で上映するという企画をやっておりました。
で、そのシネコンの支配人のおススメとしてかかっていたのがこの映画です。
ちょうど未見だったので、こりゃいいや、と観てきたわけですが…

主人公の大金持ちの方、パラグライダーで大けがをして首から下が完全に動かないわけですが、しかし仕事もしてないのにものすごく裕福なんですよね。
豪邸に住み多くの使用人をかかえ高価な美術品をポンと買いつけちょっと遠くに行きい気分のときはプライベートジェットでひとっとび、これが裕福じゃなくて何なんだ?というレベル。
子供のころから割と貧乏だった自分としては、体は動いても食べるものにも困る生活と、体は動かなくても多くの使用人をかかえてそのサポートで悠々自適で暮せる生活、どっちが幸せなのか、ちょっと考えさせられる映画ではありました。
そして、その疑問それ自体、実はこの映画の裏テーマなんじゃないかと思ったりします。

さて、この映画の内容ですが、いろいろ問題ある主人公2人を偽善的に描きすぎな点がとにかくハナにつきます。
パラグライダー遊びがすぎて勝手に付随になった人が金にあかしてわがまま放題、まっとうな介護士はかたっぱしからクビにして1週間も居着かないって、あんた、そもそも金はあるけど人間的には最低だよ…って人だったからこそ、失業手当目当てにやってきたチンピラと仲良くなれたっていう、単にゲス方向で「類は友を呼ぶ」ってだけの話にもかかわらず、なぜか美談風に描かれているのがどうにもこうにも不愉快です。

個人的にはこの2人とは仲良くなれそうにはありませんし、仲良くしたくもありません。

…という事は、この映画を名画としてお勧めしてくるそのシネコンの支配人とは仲良くできないって事なんでしょうか、おおう…
あばれて万歳さん [映画館(字幕)] 4点(2017-10-17 20:27:19)(良:1票)
104.実話もの。

障碍者が主人公のお話。
タイトルだけを見ると、こういう話だとは想像も出来ないのがちょっともったいない。
見終われば、これ以外のタイトルは思い浮かばないのだけど。

重くなりがちなテーマがコメディタッチに描かれている。
笑ったことに罪悪感を感じるほどブラックな部分もあり、実際に障碍者の方が見たらどう感じるのかと、少し気になってしまった。

素直に感動すると思うので、多くの人に見てもらいたいです。
R.P.さん [CS・衛星(字幕)] 8点(2017-10-05 09:24:21)
103.これぞ映画だと思いました。
実話は苦手なので、100%フィクションだとなおよかった…。
Donatelloさん [DVD(字幕)] 9点(2017-07-17 01:14:20)
102.《ネタバレ》 開始数分で「この映画好き」となる作品は久しぶり。
言葉では説明できない絆。感動ゴリ押し映画ではなく、時間をかけてじんわり温まるヒューマンドラマ。最後には、ほろりと一筋の涙。
異色の男二人が主人公で最初はどうなることやらと思ったが、二人の人となりが描かれていくにつれ、この映画が終わらなければいいのにという心地よさも感じることができた。
屈託のない笑顔を見せ合える伴侶がいるっていいですね。
カジノ愛さん [DVD(字幕)] 8点(2017-06-03 23:16:19)
101.触れ得ざるもの。障碍者と人種の壁。若いころの事故で首から下が麻痺した大富豪フィリップ。フィリップの介護人となったスラム街出身の黒人青年ドリス。そんな二人の友情を描く物語だ。「障碍者」「黒人」という「社会の枠組み」に押し込められて窮屈に暮らしていた二人が、交流することで様々な「壁」を、そして己が知らず知らずのうちに積み重ねてしまった「心の壁」をも乗り越えていく姿は、観ていて心地よく感動的だ。差別的なブラックジョークもバンバン交わされるが、何故だか嫌な気分にはならない。無知と包容力。彼らそれぞれの立場を思いやる「言葉」であることが伝わるからだろう。この物語は、どのような相手でも「触れ得ざるもの」としてではなく、対等の立場で関わって行こうと言っているかのようだ。観終えた後は爽快感に包まれること間違いなし。ハナマル!
しぇんみんさん [DVD(吹替)] 7点(2017-03-09 23:13:43)
100.《ネタバレ》 フィリップとドリスのやりとりが最大の魅力。
首から下が不随という生きていく上で困難を極める状況のなか、コメディータッチで登場人物たちを巻き込んでいく自由奔放なドリスのキャラクターが光る、いかにもフランスらしい上質な大人の作品に仕上がっている。
もちろん映画ゆえに介護の面倒くさい部分は大幅に削られており、実話がベースといってもあくまで夢物語ではある。
いったん辞めて他の人が雇われる展開は良かった。
こうあるべき、という常識に囚われない柔軟な思考や行動こそが大切なんだと思い出させてくれる。
mhiroさん [CS・衛星(字幕)] 7点(2017-02-14 19:53:13)
99.起承転結を捨て切れなかった感があって、ふたりがいる日常で十分だった。
michellさん [CS・衛星(字幕)] 7点(2017-02-12 23:43:08)
98.コメディとしても優秀。ブラックジョークがいい。
感動の押し売り映画が嫌いな僕は楽しめました。
たろささん [CS・衛星(字幕)] 9点(2017-02-11 20:37:22)
97.私は気が小さく、人の顔色をうかがって…というタイプなのでドリスの言動には若干ヒヤヒヤした。いつ怒鳴られるんだろうって。でもフィリップはむしろそれが嬉しいんだね。年齢差や人種の違い、障がい者と健常者、雇用主と被雇用者…と様々な立場を超えて二人は真の友人であった。美しい物語を見せてもらいました。しかし、この作品がフランス映画史に残る大ヒットになったのは不思議といえば不思議。フランスの映画事情は知らないが、少なくとも新しい感じはしなかった。他になにか決め手があったのかな?
リーム555さん [CS・衛星(字幕)] 7点(2017-02-10 18:38:22)
96.世の中に何となくある認識や、何となく認められている価値観にコメディータッチで冷や水を浴びせているのが楽しい。
特に言うと、ミュージカルかオペラかで木が歌っているのをドリスが爆笑するところは私もツボでした笑
ただこの作品は色々なドラマの要素がありすぎていて、映画としては時間が足りなくまとまっていない何を主張したいのかがボヤけた印象が残りました。
さわきさん [CS・衛星(字幕)] 7点(2017-02-07 18:50:08)
95.《ネタバレ》 全くタイプの違う二人がここまで意気投合するとは・・。特にこれというシーンがあるわけではないが、全体的に楽しく癒されるさりげないシーンの連続でまたいい映画だなと感じました
ラスウェルさん [ブルーレイ(字幕)] 8点(2017-01-16 00:40:17)
94.心が洗われる様な作品。全く境遇の違う2人が次第に信頼感を高めていく過程が面白い。誤解でお互い会わなくなるが、やはり1番信頼出来るのは彼。
SUPISUTAさん [DVD(字幕)] 8点(2016-11-27 23:11:44)
93.異色コンビの物語であれば「反発→共感→対立→和解」というプロセスを辿ることが一般的なのですが、本作が特殊なのはドラマにそうした起伏がほとんどないことであり、主人公二人に人間的なぶつかり合いはなく、喧嘩のひとつもしません。後半にて二人は一旦離れることになるものの、それにしても二人の関係性を揺さぶるような深刻なトラブルがあったわけではなく、「ドリスにも家族や生活があるのだから、住み込みでの介助はそろそろ限界ですね」という中でお互いに空気を読み合った結果の判断であり、それは円満退社のようなものでした。
本作に唯一あった山場とは、障がい者としての姿を見せずに関係性を維持できていた文通相手の前にフィリップが今の姿を見せるかどうかというものでしたが、それにしても大した葛藤が描かれるわけではないので見ごたえに欠けました。押しつけがましさを徹底的に排除した作風には好感を持つものの、やはり一波乱くらいはないと映画としては盛り上がらないのです。また、以下の点も気になったのでドラマへの没入感も低くなりました。
・フィリップは、ドリスの何が気に入って採用したのかが分からない。面接時点では無資格・無教養で言葉遣いの悪い盗っ人でしかなかったんだし。
・フィリップがさほど気難しそうに見えない
・ドリスが来る前から屋敷にいたイヴォンヌやマガリーがフィリップの性格に手を焼いている様子がなく、また、彼女達もサバサバとした性格でフィリップに対して過度な遠慮をしている様子がないために、フィリップとその周囲の人たちがドリスのような変化球を求めていたという背景が弱い。
・ドリスがフィリップから与えられたものは豪邸での生活や高級車の運転といった金銭面での驚きのみであり、人格面での影響を受けていないことから下世話な内容になっている。さらに、介護のめんどくさい点、見栄えの悪い点が端折られていることもあって、途中から王様に雇われた道化の話に見えてしまう。
ザ・チャンバラさん [インターネット(字幕)] 5点(2016-11-11 12:28:17)
92.かったるいタイトルで敬遠しがちだが案外見れたもの?いやいやけっこうグイグイ引き込まれる感じで。
お金持ちだから成り立った話ではあるけども。少しでも障害者の方へのエールになれそうな、そんな絆のパワーを感じた。良作です。
Mighty Guardさん [CS・衛星(字幕)] 8点(2016-09-27 00:46:20)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
123456
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 111人
平均点数 7.14点
000.00%
110.90%
210.90%
300.00%
432.70%
598.11%
61715.32%
73228.83%
82825.23%
91715.32%
1032.70%

【その他点数情報】

No名前平均Review数
1 邦題マッチング評価 4.54点 Review11人
2 ストーリー評価 7.36点 Review11人
3 鑑賞後の後味 7.58点 Review12人
4 音楽評価 7.50点 Review10人
5 感泣評価 6.11点 Review9人
chart

■ ヘルプ
© 1997 JTNEWS