オブリビオン(2013)のシネマレビュー、評価、クチコミ、感想です。

Menu
 > 作品
 > オ行
 > オブリビオン(2013)
 > (レビュー・クチコミ)

オブリビオン(2013)

[オブリビオン]
OBLIVION
2013年【米】 上映時間:124分
平均点:5.96 / 10(Review 114人) (点数分布表示)
公開開始日(2013-05-31)
アクションSFミステリー
新規登録(2013-04-07)【目隠シスト】さん
タイトル情報更新(2013-10-13)【M・R・サイケデリコン】さん
Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索
Twitterにて検索
ブログに映画情報を貼り付け
監督ジョセフ・コシンスキー[監督]
助監督ブルース・フランクリン
キャストトム・クルーズ(男優)ジャック・ハーパー
モーガン・フリーマン(男優)ビーチ
オルガ・キュリレンコ(女優)ジュリア
アンドレア・ライズブロー(女優)ヴィクトリア
ニコライ・コスター=ワルドー(男優)サイクス
メリッサ・レオ(女優)サリー
ゾーイ・ベル(女優)カラ
森川智之ジャック・ハーパー(日本語吹き替え版)
坂口芳貞ビーチ(日本語吹き替え版)
中村千絵ジュリア(日本語吹き替え版)
岡寛恵ヴィクトリア(日本語吹き替え版)
西凜太朗サイクス(日本語吹き替え版)
池田昌子[声]サリー(日本語吹き替え版)
原作ジョセフ・コシンスキー[監督](原案)
脚本ウィリアム・モナハン
撮影クラウディオ・ミランダ
製作ダンカン・ヘンダーソン
ジョセフ・コシンスキー[監督]
ブルース・フランクリン(共同製作)
ライアン・カヴァナー(ノンクレジット)
配給東宝東和
特撮デジタル・ドメイン社(視覚効果)
美術ケヴィン・イシオカ(美術監督スーパーバイザー)
衣装マルレーネ・スチュワート
編集リチャード・フランシス=ブルース
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)

【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
123456
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
94.《ネタバレ》 話的にはよくあるSFストーリーでしたが、脚本の妙と映像と音楽の美しさは素晴らしかったです。「静」なカメラワークは個人的に好みで、最近、動きすぎな画面にうんざり気味だったので嬉しかったです。元カメラマンだったスタンリー・キューブリックを思い出させました。
もしかしたら「カメラマン」的な仕事や勉強をしたことがある人なのかも。
人類存続の他に「男女の三角関係」がからんできますが、なんで最近のSF映画は「愛」をいれないと気が済まないんでしょうか~
万人の共感が得やすいのかもしれませんが、そこから脱出しないと「マンネリ感」からの脱出は無理な気がします。
「エイリアン」「アンドロメダ」「2001年宇宙の旅」のような容赦ないSF映画がまた観てみたいな~と思いました。
果月さん [地上波(吹替)] 7点(2016-08-27 22:34:10)
93.この世界観も悪くはない。全体的に落ち着いたトーンで進むが、要所要所はそれなりにダイナミックでもある。
ただし、このスケールで描きながら、何故か大作感は無い。普通の出来の作品か。
simpleさん [地上波(吹替)] 6点(2016-08-27 15:46:39)
92.《ネタバレ》 トム・クルーズが乗る空中バイク(?)や球形ドローンなど、ガジェット好きには堪らない完成度でしたね。もちろんCG使ってますけどこれらのガジェットの飛翔感がまた良く出来ていて、スタッフにも飛行機操縦の経験者がいることがうかがえます。「前に観た映画の寄せ集め」みたいな意見ももっともだとは思いますけど、自分としては元ネタにされた映画よりもこっちの方が良く出来ていると感じました。映像もとっても綺麗でしたしね。でもトム・クルーズが主演のSF作品はなんか最近多いですし、トムが出てるだけでデジャブ感が溢れてきてしまうのもたしかなんですよね。 モーガン・フリーマンが登場してからはありきたりな抵抗モノになるかとテンション下がりましたが、その後も意外と捻った展開で何とか持ちこたえた感があります。でもラスト・シーンは余計というかアホとしか言いようがありませんでした。ということは、あの女は外見がトム・クルーズなら誰でもいいんかい!残りの1,000人のトムが押し寄せてきたら、どうするつもりじゃ(笑)
S&Sさん [CS・衛星(字幕)] 7点(2016-01-19 22:26:16)
91.どのシーンも、どこかで見たことあるなぁ・・というもので新鮮味や新しい発見はありませんでしたが、次から次へとテンポよく進むストーリーに十分引き込まれました。
中弛みすることなく、むしろ終盤にかけて一気に駆け抜けてみせてくれました。
詰めが甘い所もあると思いますが、伏線もしっかり回収してくれているし、映画としての満足感は高いです。
今回はDVDでの鑑賞ですが、映像も綺麗だし映画館で見たかったなぁと思える作品でした。
はりねずみさん [DVD(吹替)] 7点(2015-10-20 18:31:38)
90.いろいろ突っ込みたいところがあるけど、映画を純粋に楽しむことにして目をつぶりましょう。
センブリーヌさん [インターネット(字幕)] 6点(2015-05-05 13:24:55)
89.《ネタバレ》 映像、CGの鮮やかさ、や近未来の意匠には素晴らしいものがありました。大スターのトムクルーズだからこその見ごたえもありました。が、内容としては、最初はトータルリコール風、次はテーマが月に囚われた男風、最後はインデペンデンスデイ風と、ドローンはターミネーター風か、すぐに連想されるものばかりなのが非常に残念。最後敵役があまりにあっさりやられるのも物足りない。女優さんがとてもきれいなのはプラス点。こういった役どころはトムクルーズが随一だと思うのだけど、そろそろ限界かな。
タッチッチさん [ブルーレイ(字幕)] 7点(2015-02-05 14:12:35)
88.《ネタバレ》 映像が美しい。清涼な雰囲気の映像が印象に残った。ストーリーは中盤以降失速気味で結末もあまりカタルシスがない。クローンという設定もあまり活かせていない。
さん [DVD(字幕)] 6点(2015-01-24 16:56:38)
87.《ネタバレ》 物語の要点を説明ゼリフで片付けちゃったのはマイナス。
開始30分たっても本筋に入らなかったのも眠くなる要因となりました。
物語が終わって結局まだ生き残っている複製のトム・クルーズがどうなったか解説できる方がいらっしゃいましたら、お知らせください。
クロエさん [CS・衛星(字幕)] 6点(2014-12-30 21:14:27)
86.《ネタバレ》 この作品は近来ない美しさと空間的な解放感を感じさせるものでした。廃墟の地球のビジョンも秀逸で、主人公の単独行に惹かれました。主要登場人物3人の心模様もよくわかり複雑で切ない気持ちがよく伝わります。惜しいのは終盤の展開と敵の説明不足、決着のつけかたです。最近カミカゼ核攻撃が米国ではお気に入りのようですが、安易すぎます。もうひとひねりできれば傑作になったと非常に残念です。
○主人公のクローンと結ばれるような結末に不服な人も多いようですが、これは手塚治虫のマンガを思い出して好印象でした。○クローンのヴィカはがんばって生きててほしい。あんまり可哀想です。
みみさん [ブルーレイ(字幕)] 6点(2014-12-22 14:48:44)
85.《ネタバレ》 近未来の乗り物やドローン、タワーなどの描写はものすごく綺麗で良かった。この映画はドローンが重要な役割をもつ一つの存在だが、その攻撃力がものすごく高いゆえ、油断できないといういい緊張感を持たせてくれた。全体的な設定としてはやや難解で、後半部分は紐解かれていくが釈然としない部分も存在した。最後のクローン52号とジュリアがひっつくのは、逆にこの映画の価値を下げてしまっていると思う。亡きジャックを湖畔の家で偲びながら過ごすほうが印象に残る。
カジノ愛さん [DVD(字幕)] 6点(2014-12-09 23:22:51)
84.まあまあ楽しめたし、映像もよく出来てたので。でも、分かりにくい所が幾つかありました。後で知恵袋を見て納得しましたが。よくありそうなSF映画なので新鮮さはあまり感じませんでした。
♯34さん [DVD(吹替)] 6点(2014-12-05 22:53:25)
83.《ネタバレ》 テッドの形や、テッド関連施設(スーツについたマークや監視施設のドアボタン)が、三角であったことに注目。
それら三角のマークは、この物語で描きたかったことをシンボライズしているのだ。

すなわち、ジャック、彼女の妻ジュリア、そして同じ職場の女クルーのヴィカ・・・NASAに努めるこの3人は、60年前、三角関係だった。
ヴィカは、ジュリアを愛するジャックに片思いをしていたということだ。

家に置かれた”夫婦2ショット”風の額縁入り写真も、60年前に宇宙人に拉致させる寸前に、宇宙船の中でジュリアが別室に入ったチャンスにヴィカかジャックに突然顔を寄せて、強引に撮影した2ショット自撮り(ジャックは「ちょっ・・・いきなり なんだよオイ?」と、ヴィカのほうに顔を向けた瞬間のショット)したものにすぎない。


60年後の現在、記憶操作をされたクローンのトムとヴィカは夫婦として監視役のチームとなっているが、途中でNASAの睡眠保管ケースにいた妻を見つけたトムがそのケースを基地に持ち帰ったとき、ヴィカは透明の扉を開けずに、彼を見て無言で涙を流す。
またヴィカは、ジュリアが目覚めたら彼女に謎の注射(ひょっとして恋路を邪魔する女を消すための筋肉弛緩剤か!?)を打とうともする。

ジャックもヴィカも60年前に宇宙人に拉致された際、記憶を消され、宇宙人と人類の敵味方の記憶を逆転させたクローンにされた。しかし、二人の心の奥に記憶された恋という感情は、クローンになった現在も完全に消すことはできなかったんですね。

ヴィカはジャックが夫という設定であることは、彼を愛する彼女にとっては受け入れることは容易、いやむしろ大歓迎なものだったのだろう。
だからこそジャックへの片思いの記憶が削除されて、ジャックと夫婦とされたリプログラミングもスムーズに成功していていて、ジャックとは違い、置かれた状況をありのままに積極的に受け入れている。

ひょっとしたら、ジャックが片思いの仕事仲間であることや、発見されたジュリアがかつての恋敵だと悟ってしまう瞬間があったかもしれない。
(特に透明扉で涙を流すあたりとか)
が、それを頭の中で懸命に否定し<ジャック=任務を共同で行う夫><ジュリア=任務を邪魔する外敵>として認識することで、彼女は自分の女としてのプライドを保とうとすらしていたかもしれない。

しかしながらジャックは記憶を消されてもなお妻への愛情までは消せなかった。宇宙人のハイテク技術をもってしても消せなかった、その強固な思い。


この3人の恋模様に注目してね、ってことで、あの”▽”マークなのだ。
そう、だからこの映画は、SFの世界観で描いた、時空を超えるせつないラブストーリー。

レビューで、「ストーリーがよくわからない」という人達の多さに驚く。
こんなにシンプルなのに?なぜ?


ちなみに全てが解決してからラストで何食わぬ顔でヒョッコリ出てきたジャックのクローンである52番君。ジャックが時間をかけて築いたあの楽園の家と奥さんをそっくりそのままオイラがイタダキーって、ずるいけど、なんかにくめない。
まぁ亡くなったもともとのジャックもそもそもクローンだから、オリジナルのまま人工睡眠機に入っていたジュリアにとっては「まぁ、どっちでも同じかな♪(どっちもクローン)」ということで、見る側もなんか納得。
フィンセントさん [CS・衛星(吹替)] 9点(2014-11-07 11:31:54)(良:1票)
82.《ネタバレ》 謎めいた雰囲気、謎めいた男女、美しい景色、不穏な空気、これらの具合から前半は非常に良い雰囲気を醸し出しているのですが、ネタバレが始まる中盤以降一気に無理無理感が出てきます。実は他の人間がクローン人間(主人公)の動向を監視していたというプロットは非常に素晴らしいものでしたが、嫁ネタと宇宙人ネタがあるがゆえに少し散漫になってしまっています。
無理にスケール感を出してしまったせいか、後半は一気にB級臭い陳腐なラストへ進んでゆきます。極めつけは52号の出現。ヒロインと無理にくっつける必要性はなかったと思いますね。素直に、普通にジャングルで一人たくましく生きている52号の描写のほうがずっと気が利いてるんじゃないか?って思いました。

もっと大人志向&抑えた演出で、宇宙人以降の展開をシックにまとめて頂きたかったです。雰囲気や世界観は非常に良いものがありましたので惜しい感満載の映画でした。ただ、この美しい映像の為だけに鑑賞するというのもアリな作品です。
アラジン2014さん [ブルーレイ(字幕)] 6点(2014-09-23 11:01:11)★《更新》★
81.《ネタバレ》 良作のSF映画。映像が他のSF映画でありがちな暗いシーンが少なく、明るくて非常に綺麗なシーンが多いのが良い。
ストーリーとしてはありがちな内容で驚くようなものではないが、一定のレベルは保っていて悪くはない。
ラストの突撃でカプセルからヒロインではなく、モーガン・フリーマンが出てきたところは吹いてしまった、あれは卑怯(笑

ケチをつけるとすれば、52号を含めて多数生存しているであろう主人公のクローンたちに、もう少し良い落とし所を提示して欲しかった。
さすがにラストの52号はジュリアと一緒に幸せに暮らしましたは蛇足にもほどがあった。
ポトフさん [ブルーレイ(字幕)] 7点(2014-09-12 18:08:15)
80.《ネタバレ》 雰囲気は良かったですが、物足りなかったです。ジュリアを連れて帰った時、無言でドアを開けないヴィクトリアが怖すぎて良かったです。
DAIMETALさん [映画館(字幕)] 4点(2014-08-22 10:47:56)
79.タイトルはたまたまかもしれませんが、映像は洋ゲーからかなり影響を受けているんだろうなという感じがして、ゲーム好きとしては映像だけでもかなり楽しめました。全体的に映像もストーリーもスッキリしていて非常に見やすく、気になる謎も最後までに一通り解明されるので見終わった後はスッキリして見終えることが出来ました。ヴィクトリア役の人の表情によるリアクションはわかりやすくてとてもいいと思います。
映画大好きっ子さん [CS・衛星(字幕)] 8点(2014-08-10 11:26:40)
78.《ネタバレ》 全編を通して「謎」が散りばめられ、観客を惹きつける。主人公ジャック・ハーパーの正体は?脱出カプセルで眠っていたジュリアは誰?ジャックは何故ジュリアの夢を見るのか?地球を侵略した異星人の正体は?そして次々に明かされてゆく意外な真実に驚愕すること間違いなし。なので、序盤から中盤に掛けてはワクワクする展開なのだが、最終的にイマイチって感じになってしまうのが残念。様々な謎を提示して観客を飽きさせない流れは良いのだが、それらの謎が解明されていく終盤の展開がいきなりすぎて説得力が無く、スッキリしない。特に特に、ラストは「それってどうよ」と思ってしまう。何の説明もないので、あれだと何千人もの****が集まって来て・・・・となるのではないかな?おまけに***も一緒に連れてきたらどうなるかね?でも、突っ込みどころが多いにしても、その映像は実に荘厳で、SF映画としての魅力は十二分に描き出せていると思う。また、物語の根底に流れるものが、純粋な「愛」の物語であることは評価できると思う。十分及第点ってことで。
しぇんみんさん [DVD(吹替)] 7点(2014-07-22 23:23:06)
77.《ネタバレ》 あの映画とこの映画とその映画をごちゃまぜにしたような作品でした。SFアクションとしては楽しめましたが、新鮮味はありません。何千人ものジャックがテッドから来たということなら、まだ地球上に大勢いるのかとか、エンディングであまりにも簡単にボスのところまで到達するとか、???と感じるストーリーも今ひとつです。
モリーさん [DVD(字幕)] 6点(2014-07-09 17:50:48)
76.うーん。ドローンが良かった。弱そうなのに結構高火力で、ガーって変な機械音立てて人を怖がらせて、味方だって認識できてるのかできてないのか分かんないような微妙な性能ぶりが、とってもドキドキでチャーミング。
54dayoさん [ブルーレイ(字幕)] 7点(2014-06-13 00:13:59)
75.トム・クルーズは自分の見せ方、売り方を良く知っていて、“得意分野”での実績はそりゃもうハリウッド一。意外性のある役に時たまチャレンジしても、“できる範囲”“コケない限界”に留める。冤罪に苦しむ囚人役だとか、自らの矮小さをさらけ出す役だとかは絶対にやらないだろう。
本作はトム十八番のヒーローぶりがしっかりはまっているので、映画全体に完全なる安定感を与えていて、おまけにM・フリーマンまで長老的なリーダーとして登場した日には全方向隙の無い完璧な仕上がり。わートムかっこいいなーと思い、真相を知って単純にへーと驚く。娯楽映画の楽しさを満喫できた。クローンの存在の倫理的な意味あいをすっぽりスルーしてしまっているのには、いやちょっと、とは思ったけど。
tottokoさん [DVD(字幕)] 6点(2014-06-12 00:33:29)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
123456
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 114人
平均点数 5.96点
000.00%
110.88%
210.88%
365.26%
487.02%
51916.67%
63934.21%
72622.81%
8119.65%
921.75%
1010.88%

【その他点数情報】

No名前平均Review数
1 邦題マッチング評価 6.11点 Review9人
2 ストーリー評価 5.64点 Review14人
3 鑑賞後の後味 5.76点 Review13人
4 音楽評価 6.55点 Review9人
5 感泣評価 4.50点 Review8人
chart

■ ヘルプ
© 1997 JTNEWS