グリーンブックのシネマレビュー、評価、クチコミ、感想です。

Menu
 > 作品
 > ク行
 > グリーンブック
 > (レビュー・クチコミ)

グリーンブック

[グリーンブック]
Green Book
2018年【米】 上映時間:130分
平均点:7.74 / 10(Review 47人) (点数分布表示)
公開開始日(2019-03-01)
公開終了日(2019-10-02)
ドラマコメディ実話もの音楽ものロードムービー
新規登録(2018-12-24)【皐月Goro】さん
タイトル情報更新(2019-10-21)【イニシャルK】さん
Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索
Twitterにて検索
ブログに映画情報を貼り付け
監督ピーター・ファレリー
キャストヴィゴ・モーテンセン(男優)トニー・“リップ”・バレロンガ
マハーシャラ・アリ(男優)ドクター・ドナルド・シャーリー
リンダ・カーデリニ(女優)ドロレス・バレロンガ
大塚芳忠トニー・“リップ”・バレロンガ(日本語吹き替え版)
諏訪部順一ドクター・ドナルド・シャーリー(日本語吹き替え版)
中村千絵ドロレス・バレロンガ(日本語吹き替え版)
飛田展男(日本語吹き替え版)
石住昭彦(日本語吹き替え版)
てらそままさき(日本語吹き替え版)
村治学(日本語吹き替え版)
梅津秀行(日本語吹き替え版)
魚建(日本語吹き替え版)
脚本ピーター・ファレリー
製作ピーター・ファレリー
チャールズ・B・ウェスラー
製作総指揮オクタヴィア・スペンサー
ジェフ・スコール
ジョン・スロス
美術ティム・ガルヴィン(プロダクションデザイン)
字幕翻訳戸田奈津子
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)

【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
123
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
47.《ネタバレ》 大好きなロードムービー。
人種偏見ものって最後重かったりするけど、今回はハッピーエンド。
アラゴルン太りすぎ、全然気づかなかったし。
あとトニーの奥さん魅力的。あんな奥さんいいなー。
木村一号さん [CS・衛星(字幕)] 8点(2020-02-16 14:49:01)
46.退屈せず最後まで見れたけど、今ひとつ心に残るものがなかったな。
クロエさん [CS・衛星(吹替)] 6点(2020-02-13 13:58:18)
45.《ネタバレ》 「人生は複雑だよな」
この一言の後のドクター・シャーリーの表情!
このシーンだけでなく、あらゆる意味で孤独な黒人ピアニストを繊細に演じたマハーシャラ・アリはアカデミー助演男優賞受賞も納得の演技。

物語自体は全く価値観の異なる二人が長時間同じ場所で過ごす事で友情が生まれ・・・と言う普遍的な、悪く書くとありきたりなもの。
それでも最後までしっかりと魅せてくれるのは、芸達者なヴィゴ・モーテンセンとマハーシャラ・アリあっての事かと。

好きなシーンは車中で本場のケンタッキーフライドチキンを食べる所と、やはり終盤の演奏シーンだろうか。

家財修理に来ていた黒人作業員が使ったグラスを、洗いもせずに捨てていた様な主人公の改心振りが極端すぎる気が些かするが、
実話がベースの物語と言う事も有り、素直に良い映画を観たという爽やかな気分になった。

私も時間が有れば、アメリカを車でゆっくり旅して回りたい。
ロードムービーは本当に良いですね。
たくわんさん [CS・衛星(字幕)] 8点(2020-02-13 10:40:45)
44.《ネタバレ》 黒人ピアニストと白人運転者の8週間の旅。初めはお金のためだったが、徐々に友情が芽生え…という大筋の流れは言ってしまえばありきたりかもしれない。なにか驚きの展開があるわけじゃない。しかしこの映画はとても面白かった。会話だけでもそう思わせるセンス。二人のキャラクター設定に、演じた俳優の力量もあるだろう。すべてが洗練されていて、中だるみもなく、最後は少しだけ嫌な予感を持たせてからの~~ ハッピーエンド。こういう上質な映画はちょっとした幸福感を与えてくれる。期待通りの秀作。
リーム555さん [CS・衛星(字幕)] 8点(2020-02-09 22:30:31)
43.《ネタバレ》 天才的な技術で名声を欲しいままにしながらもその偏屈な性格が災いし孤独な生活を送る黒人ピアニストドクター・シャーリー、ガサツで口の悪いチンピラとして様々な職を転々としながらも根っからの人の良さから家族や友人たちには恵まれたイタリア系用心棒トニー。そんな正反対の二人がひょんなことから相棒となり、まだ黒人への偏見が根強く残る60年代アメリカの南部を巡るコンサート・ツアーへと出ることに――。最初は反発し合っていた二人だったが、様々な経験を経るうちにいつしか強い友情が芽生え始めるのだったが……。実話を基に描かれたという本作、アカデミー作品賞の栄誉に輝いたということで今回鑑賞してみました。確かにベタではありますが、なかなか完成度の高い良品であったと思います。人種差別の問題をことさら強調するわけでもなく、あくまでこの二人の友情に焦点を当てたロードムービーとして描いているところがいい。何よりトニーの手紙だとかケンタッキーフライドチキンなどと言った一つ一つのエピソードの扱い方が抜群に巧い!物語の進行とともに彼らにどんどんと感情移入している自分が居ました。特に警察署に拘留され窮地に陥った彼らが、一本の電話によって警察と立場が逆転するところなんてなかなかのカタルシス(電話の相手はまさかのあの人!)。そして、公然と黒人客を拒否するレストランや仕立て屋、警察の不当な偏見などという人種差別問題にもさりげなく言及するその手腕の鮮やかさも見事。全編を彩るピアノの楽曲がどれも素晴らしいクオリティなのも聴いていて心地いいですね。二人の旅路が終わるころにはなんだか自分もほっこりといい気分になれました。あまりにもオーソドックス過ぎて若干物足りなく感じる部分もなきにしもあらずですが、充実した映画体験をさせていただきました。うん、7点!
かたゆきさん [DVD(字幕)] 7点(2020-01-21 23:18:55)
42.白人なのに黒人のような生活 黒人なのに白人のような生活をしている2人のロードムービー、素敵なラストは忘れられません。良い映画でした。
東京ロッキーさん [インターネット(字幕)] 9点(2020-01-12 18:19:34)
41.《ネタバレ》 いや、なかなかの良作。
まずヴィゴモーテンセンがすっかり太ってしまったことに驚く。

その彼が演じるトニーがなかなか良いのだ。
一見、汚い言葉連発するわ、すぐ殴るわ、チキンを食べた手でハンドル握るわ・・
しかしそんな粗野な彼が、物語が進むにつれ、情の細やかな頭のいい男と分かる。
奥さんもそんな彼を知ってるからか、家庭は貧しいが温かい。

対する天才ピアニスト。複雑な事情を持ち、当時にしては珍しく、黒人なのにエスタブリッシュ。
そんな彼と一緒に偏見の強いアメリカ南部を通って、ツアーに行くのだ。
色々あるが、ラストはしっとりと・・

これはアメリカ人て、誤解されやすいかもしれないけど、情の細やかな人たちなんですよ~と
トランプアメリカ時代に外国に発信されたメッセージなのかもしれない。
トントさん [DVD(字幕)] 7点(2020-01-11 19:24:58)
40.《ネタバレ》 様々な違い・価値観を受け入れることの難しさはいつの時代も、どこの国でも変わらない。
ただ、そこを「そういうものだ」と放置するのでなく、変えていこうとする気持ちが大切なのだということを教えてくれる作品。
TMさん [DVD(吹替)] 8点(2019-12-31 12:00:44)
39.白人の運転手兼用心棒と黒人のピアニストのロードムービー。シリアスとコメディのバランスが良いくて、見終わった後に素直に良い映画だったなぁと思える作品でした。
alianさん [映画館(字幕)] 8点(2019-12-31 11:08:39)
38.育ちも性格も全く異なる2人が旅に出る。ロードムービー定番の作品の始まり。
それ程の大事件は起こりませんが、小さな出来事を丁寧に積み重ねていき、
街から街へ、2人が固い絆で結ばれていく過程が見事なテンポの良さで綴られていきます。
しかし、60年代、アメリカの南部、黒人と白人、実話。
これから旅先の南部の地でどういうことが起こるのかは容易に想像がつく。
コメディにするには非常に難しいテーマですが、
シリアスさとコミカルさを見事に両立させてみせた脚本が素晴らしい。
また、これが両立したのはヴィゴ・モーテンセンの存在があってこそであると思います。
彼が主演という前提で見たので分かりましたが、予備知識なしで見たら彼だと気付かなかったかも。
演技の素晴らしさと共に、本作にかけたその役作りもまた見事です。
色々あった旅の終わりだけに、終盤に度々登場する「メリークリスマス」の使い方がいい。
ラストの「手紙をありがとう」には参ったな・・・。クリスマスにいい映画を見ることができてよかったです。
とらやさん [DVD(字幕)] 8点(2019-12-26 15:19:26)
37.ラストシーンが素晴らしい
綿密に練られた脚本で観客の感情を揺さぶる作りになっている
助演男優賞を獲ったマハーシャーラ・アリの演技というか表情も良いし
2010年代のオスカー作品賞をとった映画の中では随一の出来だと思う
Nigさん [インターネット(字幕)] 10点(2019-11-21 14:23:09)
36.目立った粗もなく非常に良い映画でした。しかしどうにも高得点がつけにくい、いってしまえば地味で退屈な映画であったようにも感じました。昔からアカデミー賞といったら一般感覚から少しズレた作品が受賞するものですが、本作も作品賞と脚本賞を受賞した映画には感じられませんでした。

確かに友情物語や差別描写など一見すると非常によく描かれています。しかしこの監督さんは事の顛末を端折り過ぎる傾向があるようで、結果しか画面に表現されていないことが多いです。手紙の一件、お風呂場(室内プール?)の一件、二人して拘留される一件など、いくらでも深く掘り下げられるシーンはありましたがサラっと流して次へ。これらのことから各シーンが表面的に見えてしまい深みを損なう軽い仕上がりになってしまったのではないかと感じます。他の映画を引き合いに出して申し訳ないですが、先に見た「ロリータ1997(エイドリアン版)」などは画面の端々から各自の内面が感じられ、不謹慎な題材の割にとても感情移入しやすい作品でした。

好みの問題と言ってしまえばそれまでですが、この映画はコメディであったとしても中途半端、感動ドラマであったとしても中途半端だったように思えました(そもそもコメディとして描かれていないような気もしますが)。 しかし主演と助演の演技力は大変に素晴らしく、彼ら二人がノミネート(ドクターは受賞)されたことには納得です。十分に素晴らしい映画でしたが作品全体のトータルバランスで見た場合、私の中では並の上レベル(6点に近い7点)の映画でした。
アラジン2014さん [インターネット(字幕)] 7点(2019-11-14 11:34:23)
35.う~ん、絵に描いたようなイイ話~ 良作でした~ 私的にストーリーが ど真ん中!です..イタリア野郎トニーとピアニストドクターのコンビが、実に面白おかしくからみ、そして徐々に 徐々に互いを認め 深く信頼し友情が生まれる..ロードムービーとしては定番ですが、よく出来ています~ タイトルの「グリーンブック」 センスがいいですね~ 作者のいろんな思いが込められていて すばらしい~
コナンが一番さん [DVD(字幕)] 9点(2019-10-26 09:55:47)
34.《ネタバレ》 これは本当に素晴らしい作品ですね。傑作だなと思いました。
久しぶりに、映画の役割というか、映画の存在意義を再認識した作品。
トニーとドクターシャーリーは、全くの正反対の凸凹キャラで、最初はその対照っぷりが見てて面白いんですよね。
すごく育ちがいい、丁寧な言葉遣いで律儀なシャーリーと、悪キャラで粗暴で言葉遣いの荒いトニー。
もちろん序盤ではそれでぎくしゃくしたりもするんですが、やっぱりケンタッキーのシーンですよね。
見ていてニンマリしちゃいました。そこから段々と距離が縮まって、ボディーガードやったり
手紙の代筆やったりしているうちに友情のようなものが芽生えていく。二人が密になっていく変化が見てて微笑ましいです。
そして、トニーが自分は黒人より黒いんだって話して、シャーリーが車から出て自分は何者なんだって吐露するシーンはグッときました。
心揺さぶられました。人種差別とその融和というテーマを、物語としてこれほどまでに凝縮して見せてくれた作品は他に知りません。
ボヘミアンラプソディを破って作品賞に輝いた本作。どれどれと思い鑑賞しましたが、完全に納得です。
あろえりーなさん [ブルーレイ(字幕)] 9点(2019-10-21 00:47:20)
33.《ネタバレ》 2番館でやっと観れました。社会性に重きを置く見方をすればなるほどやや浅く軽いかもですが、音楽ロードムービーのエンターティメントとしては満点の作品という気がします。ちりばめられたウィット、ほんわかした布石の回収、ごきげんなBGM。手紙のくだりは何よりもあったか〜い気持ちになれます。きっとクリスマス時期に放送されたら何度も観ちゃうんだろうな〜。煙草をやめて長いですがこういうの見るとまた吸っちゃいたくなるってところが困りもの。
jetter3さん [映画館(字幕)] 9点(2019-09-02 17:03:12)(良:1票)
32.《ネタバレ》 飛行機で観ました。ジャズそのものに対する描写が少なく、マイノリティの葛藤や友情にフォーカスを集約したことが逆に良かった(セッションやラ・ラ・ランドのようにならずに済んだ)。自分はアメリカ在住ですがアジア系、移民、アメリカ国籍なしとザ・マイノリティなのでかなり響きました。最後のシーン"Thank you for helping him with the letters"も良かった。

しかしヴィゴモーテンセンが主演してたことに気づきもしなかった。映画館で観てたら9点だったかな。クリスマスにもう一度観たい。
なすさん [インターネット(字幕)] 8点(2019-06-22 06:31:27)
31.《ネタバレ》 映画自体は黒人と白人が理解しあうよくあるパターンのストーリーで面白いのだが、
酒場で主人公が弾く曲がショパンであったり、白人文化に迎合する黒人という感じで違和感があった。

この監督は黒人音楽の豊穣さを分かっていないのだろうな。
そこが黒人が拒否反応を示したと思うと彼らにとっては鬼子みたいな感じなんだろうな。
rosebudさん [映画館(字幕)] 5点(2019-06-13 07:03:57)
30.《ネタバレ》 ここ数年で一番良かった。セリフが秀逸でした。アラゴルン(ヴィゴさん)、素敵でした。唯一のマイナスはゲイだった?って描写かな。真の男の友情に一ミリでも疑いを持ちたくなかったからです。ただ、実話で、本当にゲイだったのならあの描写も必要だったんでしょうね。
ギニュー隊長★さん [映画館(字幕)] 9点(2019-06-09 23:07:50)
29.人種差別というテーマを描いているが、テンポが良くコミカルなシーンを織り交ぜられていて重くなり過ぎていない。
主人公たちは絶妙なコンビで、その掛け合いを楽しむことが出来る。
アクアマリンさん [映画館(字幕)] 7点(2019-05-18 18:10:48)
28.《ネタバレ》 嫁とシネコンのレイトショーで鑑賞。アメリカの公民権運動の時代が好みのテーマなので私の趣味に合わせてもらいました。うん、悪くなかったのですが、小綺麗というかなんか期待の手前くらいまでで終わっちゃう感じでですね。さわやかな友情モノというか、デート終わって門限までに玄関前に乗り付けてノータッチのままおやすみなさいみたいなね。思えば80年代から90年代にかけて何本か観てきた黒人社会やそれを含めたアメリカ社会を描いた作品、あれらに比べれば本当に軽い薄い味気ない印象です。50年代から60年代にかけての公民権運動の時代を実体験した世代が居なくなってしまったからなのか、昨今のポリコレによる自主規制なのか。ドンは黒人らしくない白人好みの黒人だし、トニーも下流の白人ながら優等生的な素直さで偏見をなくしてゆき、そして芽生える美しい友情…。いや実話がベースってことだし、一応南部社会の理不尽な差別・暴力や黒人社会の下衆い部分にも触れてましたが、全体的に「きれいなジャイアン」のような印象でなんだか素直に入って来ませんでした。こういうのが最近の流行りで作品賞とか取っちゃうんだ、どうなったんだアメリカ?てか、私が年老いただけなのか。
ま、悪くはないんですよ。
ごりちんですさん [映画館(字幕)] 6点(2019-05-14 09:57:18)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
123
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 47人
平均点数 7.74点
000.00%
100.00%
200.00%
300.00%
400.00%
512.13%
6612.77%
71021.28%
81838.30%
91123.40%
1012.13%

【その他点数情報】

No名前平均Review数
1 邦題マッチング評価 7.00点 Review4人
2 ストーリー評価 7.57点 Review7人
3 鑑賞後の後味 7.71点 Review7人
4 音楽評価 7.87点 Review8人
5 感泣評価 6.66点 Review6人
chart

【アカデミー賞 情報】

2018年 91回
作品賞 受賞 
主演男優賞ヴィゴ・モーテンセン候補(ノミネート) 
助演男優賞マハーシャラ・アリ受賞 
脚本賞ピーター・ファレリー受賞 
編集賞 候補(ノミネート) 

【ゴールデングローブ賞 情報】

2018年 76回
作品賞(ミュージカル・コメディ部門) 受賞https://www.goldenglobes.com/film/green-book
主演男優賞(ミュージカル・コメディ部門)ヴィゴ・モーテンセン候補(ノミネート) 
助演男優賞マハーシャラ・アリ候補(ノミネート) 
監督賞ピーター・ファレリー候補(ノミネート) 
脚本賞ピーター・ファレリー受賞&ニック・ヴァレロンガ&ブライアン・クリーhttps://www.goldenglobes.com/

■ ヘルプ
© 1997 JTNEWS